無題ドキュメント

渋谷区で屋根工事・雨漏り修理なら街の屋根やさん東京

渋谷区で屋根のことなら街の屋根やさんにお任せください!

渋谷区で屋根のことなら街の屋根やさんにお任せください!

渋谷区で屋根工事の依頼が初めての方へ

雨漏りにお困りの渋谷区にお住まいの方へ雨漏り修理15000円~

渋谷区で屋根工事をお考えの方各工事はこちらから

渋谷区は街の屋根やさん多摩川が対応致します

街の屋根やさん多摩川
〒182-0025 東京都調布市多摩川3-68-1

<?php echo 渋谷区; ?>での屋根工事は東京

工事メニューと価格

工事メニューと価格

屋根葺き替え 屋根カバー 漆喰工事
屋根塗装・外壁塗装 棟板金工事 雨樋工事
防水工事 アパートマンションメンテナンス
火災保険 施工の流れ 瑕疵保険
無料点検

工事メニューと価格

工事メニューと価格

渋谷区で屋根葺き替え 渋谷区で屋根カバー 渋谷区で漆喰工事 渋谷区で屋根塗装・外壁塗装
渋谷区で棟板金工事 渋谷区で雨樋工事 渋谷区で防水工事 渋谷区でアパートマンションメンテナンス
渋谷区で火災保険 渋谷区で施工の流れ 渋谷区で瑕疵保険 渋谷区で無料点検

渋谷区にお住まいの方へ

渋谷区で屋根工事や点検をお考えの方へ、こちらのページでは渋谷区で行った工事の事例や、日々の現場ブログ、渋谷区で実際に工事を行ったお客様の声を掲載しております。
お住いの屋根は1年を通して、紫外線や雨風の影響を受け続け、劣化が起こりやすい箇所です。一般的なスレート屋根などは寿命は約20~30年ほどとされています。
しかし、定期的な点検やメンテナンスを行っていないと、寿命になる前に屋根が傷んでしまい、葺き替えやカバー工事が必要になってきてしまいます。
ですので、ご自宅の屋根は定期的に点検やメンテナンスを行うように心がけましょう。

渋谷区で行った施工事例をご紹介

渋谷区幡ヶ谷でサビて穴が空いたアパートの瓦棒屋根をガルバリウム鋼板で葺き替え工事

【施工前】
渋谷区のビフォー写真

【施工後】
渋谷区のアフター写真

【お問い合わせのきっかけ】
 渋谷区幡ヶ谷で屋根葺き替え工事をおこないました。アパートの屋根はトタンの瓦棒葺きで、何度か塗装工事をおこなった跡はありましたが塗装が大分劣化していてトタンにサビが広がっていました。  トタンなどの古い金属屋根は塗装工事が必要な屋根材です。特に重要なのはサビ止めで、サビが侵食してしまうとトタンなどの鉄板を腐食させてしまい穴が空く事もあります。屋根材の下には防水紙(ルーフィング)が葺いてありますが、防水紙も経年によって劣化しヒビ割れたり切れたりしてしまいますので、トタンに穴が空いたら屋根材の裏側に雨水が回り込み、劣化した防水紙部分から雨漏りする事になります。  屋根の葺き方は瓦棒葺きといい、45cm間隔に打った瓦棒という木の間に軒先から棟までが一枚で作られた板金を折り曲げて嵌め込んでいき、瓦棒に釘で固定していきます。その作業が終わったら瓦棒の上から合羽(カッパ)を被せて横から釘で固定する屋根の施工方法です。  屋根の勾配(角度)が緩い屋根などは、横葺きという軒先から上の段の屋根材を重ねて葺く方法ですと、毛細管現象などで雨水を吸い上げてしまう事がありますので選択されません。瓦棒葺きの様に軒先から棟までが一枚の板金で作られた屋根をタテ葺きといい、勾配の緩い屋根でも使用する事が出来ます。  今回の葺き替え工事では、トタンの腐食が大分進行していましたので同じ瓦棒に葺き替えたのですが、元々のトタンではなく耐久性の高いガルバリウム鋼板を使用して瓦棒葺きをおこなっております。非常にサビにくい材料ですので工事後の塗装工事などのメンテナンスまでの期間を大幅に延ばす事が出来ます。  また、屋根に開口の跡がありましたが現在では全く使用していないという事でしたので、撤去して下地を作り直して完全に塞いでから屋根の葺き替え工事をおこなっております。トップライトなどの開口部は雨水が入らない様にしっかりと防水処理をおこなっておりますが、何年もすればメンテナンスをおこなわなければなりませんので、長く見た時には屋根は何もないシンプルな造りが雨漏りのリスクも低くする事が出来ます。  今回おこなったアパートの屋根葺き替え工事では、大分腐食が進んだトタンの瓦棒葺き屋根をガルバリウム鋼板で葺き替えておりますので、工事後は雨漏りの可能性が無くなり入居者の方も安心してお住まいになれる様になりました。  私たち街の屋根やさんでは、新型コロナウイルス対策としてマスク着用・アルコール消毒を徹底しておりますので、安心して工事をお任せください。

【工事内容】
屋根葺き替え
【工事詳細】
使用材料
瓦棒葺き(ガルバリウム鋼板)
施工期間
6日間(足場含む)
築年数
40年
平米数
135㎡

屋根を調査します

サビた瓦棒屋根

 アパートの屋根はトタンの瓦棒葺きになっています。トタンは塗装工事でメンテナンスをおこなわないとサビが広がってしまい、酷くなると穴が空き雨漏りの原因になる事があります。元々が赤い塗装で仕上げてあるので遠目からでは分かりにくいのですが、色が濃い部分はサビが大分酷いところです。

 屋根は下から見えにく部分ですのでなかなか劣化の状態に気づきにくいと思いますので、なるべく定期的に屋根の状況を確認する事をお勧めしております。

屋根に開口部があります サビて穴が空いています

 屋根は2面で作られている切り妻屋根になっていますが、一か所銀色の箱の様なものが屋根に接地されています。オーナー様も何の跡なのか記憶にないそうですが、天窓(トップライト)の様に屋根に穴を開けて設置してありましたので、この部分も経年によって雨漏りの原因になりやすい部分です。

続きはこちらから

渋谷区初台でヒートアイランド対策、遮熱塗料で屋根塗装

【施工前】
渋谷区のビフォー写真

【施工後】
渋谷区のアフター写真

【お問い合わせのきっかけ】
約10年前に瓦から金属屋根に葺き替えたという渋谷区初台のお客様です。金属屋根の基材はガルバリウム鋼板なのですが、赤茶色に変色していると訪問業者に指摘されてから、「錆が出ているのではないか」とかなり心配しているということでした。通常、10年程度でガルバリウム鋼板が赤茶色に変色するほど錆が出るはずはありません。点検したところ、塗膜の褪色は進んでいましたが、ガルバリウム鋼板に異常はありませんでした。日本の中でも特別に暑い都内ということで、遮熱塗料での屋根塗装を行います。

【工事内容】
屋根塗装
【工事詳細】
使用材料
サーモアイSi
施工期間
6日間
築年数
30年
平米数
54.0㎡

【点検の様子】

屋根は赤茶色に変色しておらずペールブラウン 棟違いの破風の傷み

訪問業者はいい加減なことを言うものです。屋根は赤茶色に変色しておらず、ペールブラウンでした。赤茶色の部分や錆はどこも見られません。ただ、棟違いの破風の塗膜は傷んでおり、剥げているところもあります。

 

チョーキングが酷い状態 お隣との間が狭い

屋根のこのペールブラウン、もともとはもっと濃い色で色褪せてこの色になってしまったのではないでしょうか。チョーキングが酷い状態でベッタリと粉化した塗料が手についてきます。都内ということもあって、お隣との間が狭いのですが、塗るのに支障はありません。ただ、塗装する際にはお隣の屋根などに養生をするなど配慮する必要はあります。

続きはこちらから

渋谷区で行ったその他の施工事例をご紹介

渋谷区new!
渋谷区施行事例、施工前
渋谷区施行事例、施工後
施工内容
屋根カバー工法
使用材料
スーパーガルテクト
渋谷区new!
渋谷区施行事例、施工前
渋谷区施行事例、施工後
施工内容
雨樋交換
使用材料
シビルスケア PC77

施工事例一覧はこちら

渋谷区で屋根工事を行ったお客様の声

渋谷区初台にて屋根の調査、棟板金交換工事をご提案

【施工前】

渋谷区工事前アンケート!

Q1.工事を検討したきっかけは何ですか?どんなことで悩まれていましたか?
近くの家で工事をしている業者という者から「おたくの家の屋根の棟板金が浮きあがってしまっている」という指摘をうけたので、点検してもらおうと思った。
Q2.業者や工事会社をどのように探されましたか?
(ネット)で探した。
Q3.当社を知りすぐにお問合せをされましたか?もし悩まれたとしたらどんなことがご不安でしたか?
すぐに問い合わせた。
Q4.何が決め手となり当社にお問合せをされましたか?
ていねいに、くわしく、説明があったので。
Q5.実際に当社担当者がお伺いしていかがでしたでしょうか?
考えていたとおり、ていねいに聞いてもらったので、良かった。

お客様の声一覧はこちら

渋谷区での現場ブログをご紹介

渋谷区で行われた日々の現場ブログをご紹介いたします。

2021/8/24 渋谷区笹塚で雨水で塗膜が劣化したアパートの鉄骨階段塗装工事 渋谷区笹塚で雨水で塗膜が劣化したアパートの鉄骨階段塗装工事

 渋谷区笹塚でアパートの調査をおこないました。  外階段が設置されているのですが、鉄骨製でサビが段々出てきていました。鉄骨階段は定期的に塗装工事をおこなわないとサビが広がってしまい、酷くなると鉄骨が腐食してしまい外れてしまうなど大きな被害が出てしまう事があります。  そのようにならない...続きを読む

2021/7/6 渋谷区初台でオシャレなスレート屋根「アーバニー」の点検を行いました 渋谷区初台でオシャレなスレート屋根「アーバニー」の点検を行いました

街でたまに見かけるおしゃれなスレート屋根  渋谷区初台で点検させていただいた屋根は「アーバニー」という屋根材が使われていました。アーバニーはクボタという会社(現在はケイミュー)で造られていた屋根材で、1982年~1994年まで製造・販売されていました。後継品としてニューアーバニーやアーバニ...続きを読む

2021/2/3 渋谷区初台の棟板金の浮きには、補強か交換がおすすめです 渋谷区初台の棟板金の浮きには、補強か交換がおすすめです

釘が浮いた棟板金  渋谷区初台にお住まいのお客様から、築25年ほど経過したので屋根の点検をしてほしいとご要望をいただき、現地にお伺いしてきました。私たち街の屋根やさんでは点検・見積もりまでは無料で対応しておりますので、同じようなご要望をお持ちの方はお気軽にお問い合わせください。  早...続きを読む

2020/10/19 渋谷区代々木で劣化したウレタン防水バルコニーからの雨漏りを調査しました 渋谷区代々木で劣化したウレタン防水バルコニーからの雨漏りを調査しました

バルコニーの床下からの雨漏り  渋谷区代々木のお客様のお住まいのバルコニーから、雨漏りが発生してバルコニーの裏側から雨漏りが起きている状態でした。バルコニーは建物からせり出して造られているため、雨を受けやすい部分になります。床面はもちろんFRPやウレタンの防水処理がされていますが、メンテナ...続きを読む

2020/10/18 渋谷区代々木で劣化した棟板金を調査しました 渋谷区代々木で劣化した棟板金を調査しました

棟板金の劣化具合を調査  渋谷区代々木のお客様より、ご自宅が築20年を過ぎたので、屋根や外壁を全体的に点検してほしいとのご依頼をいただき、現地を調査して参りました。今回のブログでは、その中で調査した棟板金を取り上げます。一般的に、棟板金は築10年を過ぎたあたりから劣化が確認できるようになっ...続きを読む

2020/7/7 渋谷区神宮前で棟板金の釘が浮いていないか調査してきました 渋谷区神宮前で棟板金の釘が浮いていないか調査してきました

「棟板金の釘が浮いてますよ」というフレーズ  渋谷区神宮前にお住まいのお客様より、近くで工事していた業者の人が突然訪問してきて「棟板金の釘が浮いてますよ」と言われ、心配なので調査してほしいとのご依頼を頂きました。  この「棟板金の釘が浮いてますよ」と訪問業者に言われたというお話は、本...続きを読む

2020/7/7 渋谷区恵比寿南で鉄筋コンクリート造の建物の雨漏りの原因調査をおこないます 渋谷区恵比寿南で鉄筋コンクリート造の建物の雨漏りの原因調査をおこないます

 渋谷区恵比寿南で雨漏りの調査に伺いました。雨が降るたびに壁から雨漏りしていて大変お困りになっていました。雨漏りは、雨が降るたびに漏ったり、雨量が多いときや風を伴った時しかもらないなど様々です。  雨漏りの仕方によって原因も変わってきますので、細かく状況をお聞きして特定していきます。雨水の浸入...続きを読む

2020/6/10 渋谷区初台で棟板金の釘浮きを指摘された屋根を調査してきました 渋谷区初台で棟板金の釘浮きを指摘された屋根を調査してきました

通りすがりの業者から、棟板金の釘が浮いてますよと指摘を受けたとのこと  街の屋根やさんでは、日々様々な屋根についてのお問合せを受けていますが、「通りすがりの業者から、棟板金の釘が浮いてますよと指摘を受けた」というお問い合わせは非常に多いお問い合わせ内容の一つです。今回渋谷区初台のお客様も同...続きを読む

2020/6/9 渋谷区東で発生したマンション屋上の天窓からの雨漏を調査します 渋谷区東で発生したマンション屋上の天窓からの雨漏を調査します

雨漏りの原因となっている天窓を調査します  渋谷区東でマンションの天窓からの雨漏りを調査してきました。  天窓は最近ではトップライトやTLと呼ばれることも多くなってきましたが、どの呼び方でも写真のように屋根や天井に取り付けられた窓のことを指します。都心などの住宅密集地などで外からの光...続きを読む

2019/6/17 渋谷区上原でエコグラーニでカバー工事した屋根の定期点検を実施しました 渋谷区上原でエコグラーニでカバー工事した屋根の定期点検を実施しました

渋谷区上原で屋根の定期点検をおこないました。スレートが葺いてあった屋根の上に、ジンカリウム鋼板製のエコグラーニでカバー工事しました。工事から一年が経過しましたので定期点検の一年点検をおこないました。防水紙(ルーフィング)には耐久性が高いニューライナールーフィングを使用して、雨漏りなどのリスクも軽減し...続きを読む

2019/6/4 渋谷区代々木で下地が劣化した瓦棒葺き屋根は葺き替え工事で直します 渋谷区代々木で下地が劣化した瓦棒葺き屋根は葺き替え工事で直します

渋谷区代々木で屋根の調査をおこないました。お問合せのきっかけは『近所で工事している業者から屋根がめくれているので直ぐに直さないと駄目だ!』と言われたそうです。最近同じ様なお問合せが良くあり、実際には何の被害も受けていな事が多々あります。とはいえ、この様に言われたら心配になりますよね?実際に被害を受け...続きを読む

2018/8/31 渋谷区で瓦のずれから雨漏り発生!部分的な屋根葺き直し工事で改善いたしました 渋谷区で瓦のずれから雨漏り発生!部分的な屋根葺き直し工事で改善いたしました

本日ご紹介いたしますのは渋谷区でおこなった屋根葺き直し工事の様子です。雨漏りがしているということでお問合せをいただき、詳しく話をお聞きすると瓦がずれているようだとのことです。和瓦の固定にはさまざまな方法がありますが、釘などを使用せずに固定している場合経年によってずれる場合があります。また、雨漏りして...続きを読む

2018/7/14 渋谷区でファインパーフェクトベストを使ったスレート屋根の塗装 渋谷区でファインパーフェクトベストを使ったスレート屋根の塗装

スレート屋根は定期的なメンテナンスで長持ちさせる 本日ご紹介いたしますのは渋谷区で行ったファインパーフェクトベストによる屋根塗装の様子です。スレート(コロニアル)屋根において、メンテナンスは切っても切れない関係にあります。それは経年による劣化で、20年ほど何もせずに経てば表面には苔が生えたり紫外線...続きを読む

2018/7/11 渋谷区|倉庫の傷んだ折板屋根を重ね葺き(屋根カバー工法) 渋谷区|倉庫の傷んだ折板屋根を重ね葺き(屋根カバー工法)

ご自宅の倉庫も定期的にメンテナンスが必要です 本日ご紹介いたしますのは倉庫の屋根のカバー工法です。倉庫に使われる屋根にはさまざまな種類がありますが、今回は折板屋根の工事です。30年以上経っている屋根ということで、過去にも塗装を何度も行っているそうですが、屋根材自体の寿命で腐食が進んでしまったため今...続きを読む

2016/4/22 渋谷区の化粧スレート棟板金調査釘浮き錆の発生 渋谷区の化粧スレート棟板金調査釘浮き錆の発生

本日は、渋谷区に化粧スレートの棟板金調査にお伺いいたしました。先日の強風により屋根から音がするとの事でお問い合わせをいただき調査にお伺いました。 それでは調査に入ります。棟板金に一部変形が見られたので確認した所内部の貫板が腐食し棟板金のを固定する釘が効いていない状態の為浮いてしまっています。屋...続きを読む

2016/4/7 渋谷区の屋根施工上の問題による木部の腐食 渋谷区の屋根施工上の問題による木部の腐食

本日の様な大雨が降りますと、今まで雨が降っても何も起きなったお住まいでも急に雨漏りが起きたとお問い合わせをいただきます。雨漏りが起きる原因として化粧スレート屋根ですと、棟板金の飛散や塗装によって屋根材同士の隙間を埋めてしまった事によって雨水の逃げ道が無くなり毛細管現象によって逆流し化粧スレートを固定...続きを読む

2014/12/12 アパートの修繕工事はお任せください|渋谷区 アパートの修繕工事はお任せください|渋谷区

気が付けば、12月も中盤。 今年はいつもより、クリスマスムードを感じないのですが、私だけでしょうか? さて、今日ご紹介するのは、渋谷区のアパート。 オーナー様から、「住人の方から、雨が降るとうるさくて寝れない。との苦情が来るので何とかしてほしい。」 という、お問い合わせです。...続きを読む

2014/12/5 店舗のトタン屋根葺き替え工事|渋谷区 店舗のトタン屋根葺き替え工事|渋谷区

いきなり、真冬になってしまいました。 ほんの1週間前ぐらいまで、昼間は汗かくぐらいでしたのに・・・。 さて今日は、渋谷区に伺っております。 BARのオーナー様から、雨漏りのお問い合わせです。 もうしばらく前から、大雨になると雨漏りがして困っているとのこと。 直ぐに対処す...続きを読む

2014/11/25 瓦棒屋根|ガルバリウム|渋谷区 瓦棒屋根|ガルバリウム|渋谷区

朝から降ったりやんだりのぐずついたお天気。寒くなってきました。 本日は、渋谷区に点検にお邪魔しました。 お問い合わせは、 「棟板金が剥がれたようなので、この際屋根の葺き替えを検討している。点検して見積もってほしい」 とのこと。廻りに対して、高台に建っているお住まいで、隣家とも...続きを読む

2014/11/7 漆喰詰め増し工事|渋谷区 漆喰詰め増し工事|渋谷区

朝夕は、寒くなってきました、年末まで2カ月を切って冬本番まで、あと少し。 渋谷区の、漆喰の詰め増し工事の様子をご紹介します。 漆喰というのは、瓦葺き屋根の棟瓦の中の粘土が外に流れ出ないよう 水の侵入を止める役割がある、屋根の上の半月状のものです。 瓦屋根の方は、たまに屋根を見...続きを読む

ブログの一覧はこちら

お問い合わせから工事までの流れ

渋谷区、お問い合わせから工事までの流れ

渋谷区、お問い合わせから工事までの流れ

渋谷区にお住まいの方へ助成金制度のご紹介

<渋谷区で対応しているリフォーム助成金の一覧>
・木造住宅耐震診断コンサルタント派遣
・木造住宅耐震改修助成
・住宅簡易改修工事費助成

<各助成金に対する説明>
木造住宅耐震診断コンサルタント派遣は、昭和56年(1981年)5月31日以前に建築された木造住宅を対象に、無料で耐震診断コンサルタントを派遣してもらえる制度です。
コンサルタントによる耐震診断を受けた結果、構造評点が1.0未満であった建築物は、木造住宅耐震改修助成を受けることができます。この助成では、耐震改修工事に必要な費用の一部が助成されます。
住宅簡易改修工事費助成は、渋谷区が協定を結んだ施工業者の渋谷区協定業者によって住宅の簡易改修工事を行う場合に、工事費の一部が助成される制度です。対象は区内の住宅です。対象の工事は住宅の改修工事や、住宅と一体となっている敷地内の外回り工事で、税抜きの工事費用が5万円以上のものです。

<助成金申請方法や注意点>
木造住宅耐震診断コンサルタント派遣を受けるには、まず区に申請します。その後、決定通知を受け取ったら診断調査日を調整し、立会いのもと調査実施となります。その後コンサルタントによって結果が報告され、結果次第では耐震改修の助成を受けられます。
木造住宅耐震改修助成を受けるには、区の耐震診断コンサルタントが耐震設計及び耐震化工事の工事監理を行う必要があります。住宅として使われている建物が対象です。申請時には、耐震設計書とその内容についての東京都建築士事務所協会の判定書等が必要になります。その他の助成の条件は、申請者が建物を所有する個人で、その建物に居住していることや、建物の敷地が借地の場合は土地の所有者が工事に同意していること、これまで区の耐震関係の助成金の交付を受けていない建物であること等が挙げられます。 住宅簡易改修工事費助成の対象工事は下記のような工事です。土台または基礎の改修、屋根・外壁等の改修や模様替え、天井・壁・床等の改修や模様替え、外階段・ベランダ等の改修や模様替え、手すり・造り付け家具等の修繕や設置、窓・扉等の建具の改修や取替え、台所・浴室・便所等の設備器具等の取替え、そして門または塀・土間またはたたき等の改修や模様替えが対象工事です。

<お問い合わせ先>
まちづくり課防災まちづくり係
住所:〒150-8010 東京都渋谷区宇田川町1-1
TEL:03-3463-2647 FAX:03-5458-4918

渋谷区は街の屋根やさん多摩川が対応致します

街の屋根やさん多摩川は東京都調布市多摩川にあります。直接のご来店によるご相談も大歓迎です。
お気軽にご来店ください。

街の屋根やさん多摩川
〒182-0025 東京都調布市多摩川3-68-1

<?php echo 渋谷区; ?>での屋根工事は東京

お問い合わせフォーム

街の屋根やさん東京では、お住まいの点検・調査・お見積り・ご相談を無料で承っております。お気軽にご相談ください。

渋谷区、お問い合わせはこちらへ

屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

お問い合わせ・資料請求
新型コロナウィルス
対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について
台風16号接近中、台風への備えは出来ていますか? 台風16号接近中、台風への備えは出来ています>か?
  • 屋根リフォームの流れ
  • 徹底したお住まい調査
  • 不安ゼロ宣

言
  • 屋根のお役立ち情報
  • 当社のご案内
  • 屋根の資料請求

点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん東京
東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
TEL :0120-989-936 
E-mail : info@sharetech.co.jp
品川支店
〒141-0031
東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
多摩川支店
〒182-0025
東京都調布市多摩川3-68-1
Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
ページトップへ戻る