無題ドキュメント

HOME > 屋根工事・屋根のリフォームに対する不安を解消致します!不安ゼ.....

屋根工事・屋根のリフォームに対する不安を解消致します!不安ゼロ宣言

 街の屋根やさんのサイトをご覧いただき、まことにありがとうございます。今このページをご覧になっている方の多くが、屋根リフォームに対して心配や気がかりな事があるのではないでしょうか?

【動画で確認「不安ゼロ宣言」】
長い文章のページとなっていますので、内容を動画でもまとめています。動画で見たいという方はこちらをご覧ください!
 ↓ ↓ ↓
【動画で確認「不安ゼロ宣言」】
長い文章のページとなっていますので、内容を動画でもまとめています。
動画で見たいという方は是非ご覧ください!

 昨今、住宅リフォームでトラブルが頻発しているのはメディアでも度々取り上げられている通りです。「頼んでもいない工事をされた」、「相場の何倍もの金額を請求された」、「施工ミスがあり、以前よりも酷い状態なった」、「手抜き工事で、家をボロボロにされてしまった」と目も覆いたくなるような被害が後を断ちません。
私たちもそのような被害を受けたお客様からご相談いただくことがあります。特に屋根周辺はお住まいを雨風から守る大切な部分だけに訪問してきた業者から不具合の指摘を受け、「このままだと雨漏りして余計に修繕費がかかりますよ」などと言われると、焦りを感じて契約してしまう方も多いようです。高齢化社会に付けこんで何も知らないお年寄りを騙す事案も増えています。

国民生活センターに寄せられる相談や苦情は年々増加傾向に

 PIO-NET(全国消費生活情報ネットワークシステム)に寄せられたリフォーム工事への相談や苦情は2013年度には7000件を越えました。PIO-NETに寄せられただけでこの数なのですから、水面下ではもっとトラブルが発生しているかもしれません。相談の中でも特に多いのは訪問業者によるトラブルだそうです。

リフォーム費用に明確な価格がない

 例えば、貴方が新車を買うとします。ネットで調べれば希望販売価格が分かるし、地域によってその価格が違うことも明記されています。それに対してリフォームは店舗で売られている商品と違い、明確な価格がないのです。

 例えば、同じお住まいでも「新築でいざ住みだしてみたら、思ったよりも雨音が気になったので、すぐに屋根を葺き替えた」場合と「屋根の寿命が来て葺き替えた」場合とでは費用は大きく異なります。屋根葺き替えという行為自体は同じですが、必要となる工事や工程が違ってくるからです。新築後ならほぼ表面の屋根材だけを葺き替えるだけで済みますが、寿命が来て葺き替える場合は屋根材の下の防水紙の貼り直しや野地板の交換や貼り増しが必要になってきます。材料費も手間代も日数も大きく変わってくるのです。リフォームはお住まいの状態によって、どうしてもケースバイケースになってしまうのです。

内部や工事が見られない

 それに屋根リフォーム、外壁リフォーム、内装リフォーム、どれであっても工事が終了してしまえば内部を見ることはできません。見えない部分であれば、お客様に提示した建材を使わなくても分からないのです。悪意がある業者であれば、手抜き工事し放題なのです。
例えば、屋根材の下の防水紙をお客様には耐久性の高いものを使うと言っておきながらも安いものを使っても分からずに終わることは多いでしょう。屋根塗装だって仕上げ工程の上塗りを省いても、中塗りで同じ色が塗られていれば見た目はほとんど変わりません。しかも、工事は屋根の上で行われているので、お客様からはほとんど見えません。違いが出てくるのはある程度の期間が経過してからですから、それが故意に行われたか、たまたまなのか、自然現象なのかを見分けるのは非常に難しいのです。

お客様に安心して屋根リフォームを行っていただくために

 街の屋根やさんでは皆様に点検からご契約・施工、その後の保証までの不安を取り除くため10のルールマイスター制度を定めております。
このルールや制度には正確な情報提供、ご契約といった大きな部分はもちろんのこと、施工時の心配事まで盛り込みました。

 ご提案書では実際にリフォームをおこなった場合どのようになるのか、完工報告書ではリフォームを行った部位がどのように変わったのかを画像で記録し、お渡ししています。また万が一の際にお客様にご迷惑をかけないよう、リフォーム瑕疵保険にも事業者登録しております。

関連するブログ一覧

  • 三鷹市新川にて築31年のスレート屋根のご相談|方角によって変わる屋根の劣化具合

    南と北で変わる屋根の劣化具合

     三鷹市新川にて「築年数の経った屋根のメンテナンスを考えています」とのお問い合わせを受けてお伺いしました。築31年とのことですが、約20年前に屋根・外壁共に塗装によるメンテナンスを行ったそうで、その後は何もメンテナンスをしていなかったそうです。 屋根全体の劣化具合  お客様のお宅は切妻屋根であり、屋根材はスレートです。全体としては経年劣化によって以下の劣化症状が見られます。 ・棟板金の釘のゆるみ ...続きはこちら

  • 中野区鷺宮で屋根カバー工事が可能かどうか小屋裏を確認します

    雨漏りしていないか確認

     中野区鷺宮で屋根の調査をおこないました。築22年の建物で10年程前に屋根と外壁の塗装工事をおこなったそうです。  スレート葺き屋根は塗装工事でのメンテナンスが必要なのですが、築年数が20年を経過してくるとスレートの下に葺いてある防水紙(ルーフィング)の寿命も考えなければならなくなります。防水紙が劣化していると塗装工事をおこなったとしても雨漏りする事がありますので、タイミング的には屋根工事も検討し...続きはこちら

  • 調布市飛田給でヒビ割れが進んだコロニアルNEOは屋根カバー工事をおこないます

    スレートが割れていました

     調布市飛田給で屋根の調査をおこないました。  近所で工事をおこなっているという職人から屋根の板金が浮いていると指摘をされたそうですが、屋根に上って確認しましたが棟板金には全く問題がありませんでした。下から屋根の状況をお客様が確認出来ない様な建物の場合、この様に言ってくる業者が居るようですが、そもそも近所で工事をおこなっているところ自体が無いなど、非常に怪しい場合がありますので注意が必要です。  ...続きはこちら

  • 関連する施工事例一覧

    府中市是政にて、スレート屋根へのカバー工事、アイジー工業のスーパーガルテクトを使用しました

    【施工内容】

    狛江市西野川にて雨水でお困りの駐車場にポリカーボネートで屋根を新設しました

    【施工内容】

    屋根新設

    文京区白山で棟板金の飛散から火災保険を使用し、棟板金の修繕も含めた屋根カバー工事を施工

    【施工内容】

    屋根カバー工法

    あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

     街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

    屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

    お問い合わせ・資料請求
    新型コロナウィルス
    対策について
    オンラインでの無料相談・ご提案について
    • 屋根リフォームの流れ
    • 徹底したお住まい調査
    • 不安ゼロ宣

言
    • 屋根のお役立ち情報
    • 当社のご案内
    • 屋根の資料請求

    点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

    株式会社シェアテック
    街の屋根やさん東京
    東東京支店
    〒132-0023
    東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
    TEL :0120-989-936 
    E-mail : info@sharetech.co.jp
    品川支店
    〒141-0031
    東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
    多摩川支店
    〒182-0025
    東京都調布市多摩川3-68-1
    Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
    ページトップへ戻る