無題ドキュメント

清瀬市で屋根工事・雨漏り修理なら街の屋根やさん東京

清瀬市で屋根のことなら街の屋根やさんにお任せください!

清瀬市で屋根のことなら街の屋根やさんにお任せください!

清瀬市で屋根工事の依頼が初めての方へ

雨漏りにお困りの清瀬市にお住まいの方へ雨漏り修理15000円~

清瀬市で屋根工事をお考えの方各工事はこちらから

清瀬市は街の屋根やさん多摩川が対応致します

街の屋根やさん多摩川
〒182-0025 東京都調布市多摩川3-68-1

<?php echo 清瀬市; ?>での屋根工事は東京

工事メニューと価格

工事メニューと価格

屋根葺き替え 屋根カバー 漆喰工事
屋根塗装・外壁塗装 棟板金工事 雨樋工事
防水工事 アパートマンションメンテナンス
火災保険 施工の流れ 瑕疵保険
無料点検

工事メニューと価格

工事メニューと価格

清瀬市で屋根葺き替え 清瀬市で屋根カバー 清瀬市で漆喰工事 清瀬市で屋根塗装・外壁塗装
清瀬市で棟板金工事 清瀬市で雨樋工事 清瀬市で防水工事 清瀬市でアパートマンションメンテナンス
清瀬市で火災保険 清瀬市で施工の流れ 清瀬市で瑕疵保険 清瀬市で無料点検

清瀬市にお住まいの方へ

清瀬市で屋根の点検やメンテナンスをお考えの方、こちらのページでは、清瀬市で行った工事の事例や実際に現場を確認しているスタッフの現場ブログを掲載しております。
また、清瀬市で屋根工事を行ったお客様のご感想やご意見を掲載しておりますのでぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。
お住まいの中でも特に大切な屋根は、外壁同様約10年に1度の間隔でメンテナンスを行うことがおすすめです。
清瀬市で屋根・外壁のメンテナンスにお悩みを抱えている方は、街の屋根やさんへお気軽にご相談ください。

清瀬市で行った施工事例をご紹介

清瀬市元町で雨漏りを止めるため瓦屋根の葺き直し工事で下地を直しました

【施工前】
清瀬市のビフォー写真

【施工後】
清瀬市のアフター写真

【お問い合わせのきっかけ】
 清瀬市元町で瓦屋根の葺き替え工事をおこないました。  お問合せのきっかけは二階の天井に雨漏りの染みが出来てお困りになっているという事でお問合せいただきました。瓦葺き屋根は瓦自体が長持ちする屋根材ですのでメンテナンスが必要無いと思われることが多いのですが、実際には必ずメンテナンスが必要です。  瓦に限らず屋根材の下には防水紙(ルーフィング)が葺いてあります。屋根は、屋根材と防水紙によって雨から建物を守っているのですが、防水紙には寿命が有り20年~25年程が目安となります。日本瓦で葺かれている屋根は、瓦桟という横向きに固定された木に引っかけて有るだけのことが多いので、簡単に外して下地の状態を確認する事が可能です。  今回の雨漏りの原因は下地にありましたので、一旦瓦を剥がして下地を直してから瓦を元の状態に戻す葺き直し工事おこないました。入母屋造りになっているので、屋根が入り組んだ造りになっている事も雨漏りの原因になっています。葺き直し工事で使用する防水紙(ルーフィング)は耐久性が高くて綺麗にくい、田島のニューライナールーフィングを使用しました。極端な言い方をすれば、屋根材が無くなってしまっても防水紙(ルーフィング)がしっかりとしていれば雨漏りする事はありません。それだけ下地の状態が重要だという事です。  建物が複雑な造りになればなるほど雨漏りのリスクが高くなっていきますので、デザイン性の高い建物などは特に要注意です。  雨漏り修理工事は、下地の葺き直しで止める事が出来ましたので、台風が来る前に工事が終わってお客様にも安心していただけました。  私たち街の屋根やさんでは、新型コロナウイルス対策でマスク着用・アルコール消毒を徹底しておりますので、安心して工事をお任せください!

【工事内容】
瓦屋根工事 屋根葺き直し 雨漏り修理
【工事詳細】
使用材料
三州陶器瓦、シルガード、ニューライナールーフィング
施工期間
5日間(足場含む)
築年数
25年
平米数
70㎡

雨漏り箇所を確認します

和室の天井にシミが 天井には雨染みが出来ています

 雨漏りしているのは二階の和室の天井です。木目の敷目天井には雨水が垂れた雨染みが出ています。天井の上が屋根になっている場合は、天井裏に断熱材が敷いてあります。ガラス繊維を含んだ綿の様なグラスウールという断熱材の事が多いのですが、多少の雨漏りの場合はグラスウールが雨水を吸い込んでしまうので、天井に症状が現れない事があります。その様な場合雨漏りの発見が遅れてしまうので、天井に症状が出た時には被害が大分広がっている事があります。

 そこまで広範囲に雨染みが広がっている訳ではありませんでしたので、屋根の状況を確認して雨漏りの原因を特定していきます。

瓦葺き屋根はメンテナンスが必要です

雨漏りの原因になっている部分 棟が上になっているので注意が必要

 天井に雨染みが出来ている部分の真上です。嘉新葺き屋根は入母屋造りになっていて、複雑な屋根の納めになっています。屋根は複雑になればなる程雨漏りのリスクが高くなっていきますので、原因を特定して適切な工事をおこなう必要があります。

続きはこちらから

清瀬市下清戸で強風に負けない樹脂製貫板を使用した棟板金交換

【施工前】
清瀬市のビフォー写真

【施工後】
清瀬市のアフター写真

【お問い合わせのきっかけ】
昨年(2018年)の台風で棟板金を剥がされてしまったという清瀬市下清戸のお客様です。これまでは清瀬市で活動している馴染みの業者がおり、そこに頼んでいたそうですが、一度は養生に来てくれたものの、他の案件が立て込んでおり、なかなか工事に来てくれないということでした。そろそろ春一番も吹く頃なので、さすがにこのままではまずいと思い、清瀬市が対応地域の業者を探し私達へご相談くださいました。確かに冬が終わり、これから雨が多くなる季節です。不安を抱えたまま新たな季節を迎えるのは建物とっても、お客様にとってもよろしくありません。直して、すっきりした気分で新しい季節を迎えましょう。

【工事内容】
棟板金交換
【工事詳細】
使用材料
樹脂製貫板タフモック,ガルバリウム鋼板製棟板金
施工期間
1日
築年数
17年

【点検の様子】

養生された棟板金 剥がされた棟板金

台風は清瀬市でも甚大な爪痕を残したようです。棟板金が剥がされたという屋根は被害が拡大しないようにとビニールシートと重しを入れた土嚢袋、ロープで養生されていました。初期対応を行った清瀬市の業者様によって非常に丁寧な養生がされていました。それをどかしてみると、剥がされた棟板金が出てきました。

 

飛散した棟板金 養生を戻す

残っていた棟板金は変形、一部は剥がれ飛散し行方不明になってしまったということです。スレートの褪色と変色から屋根塗装した方がいいと思うのですが、まずは棟板金を直すのが先決です。

続きはこちらから

清瀬市で行ったその他の施工事例をご紹介

清瀬市new!
清瀬市施行事例、施工前
清瀬市施行事例、施工後
施工内容
屋根カバー工法
使用材料
MSリフレアルーフⅡ
清瀬市new!
清瀬市施行事例、施工前
清瀬市施行事例、施工後
施工内容
棟瓦取り直し 
使用材料
軽量なんばん

施工事例一覧はこちら

清瀬市で屋根工事を行ったお客様の声

お客様の声一覧はこちら

清瀬市での現場ブログをご紹介

清瀬市で行われた日々の現場ブログをご紹介いたします。

2021/10/16 清瀬市野塩にて築22年になる化粧スレート屋根を調査し、屋根カバー工事をご提案 清瀬市野塩にて築22年になる化粧スレート屋根を調査し、屋根カバー工事をご提案

 清瀬市野塩で築22年になるお住いの屋根メンテナンスをご検討になったお客様より、街の屋根やさんにお問い合わせを頂きました。どうやらご近所の方が屋根リフォームを行っていて、ご自身の屋根の色褪せも気になるようになったそうです。屋根の状態からどのようなメンテナンスが最適なのかを確認するため、調査にお伺い...続きを読む

2020/9/12 清瀬市元町で屋根葺き直し工事で瓦葺き屋根の雨漏りを止めます 清瀬市元町で屋根葺き直し工事で瓦葺き屋根の雨漏りを止めます

 清瀬市元町で屋根の葺き直し工事が始まりました。  雨漏りでお困りの建物で、屋根の状態を調べた結果下地の劣化が原因になっていましたので、下地を直す葺き直し工事をおこなう事になりました。  瓦屋根は瓦自体は何十年ももつ耐久性がありますが、下地は経年によって劣化してしまいますので、棟瓦の下に...続きを読む

2020/9/4 清瀬市元町で雨漏りしている瓦葺き屋根のメンテナンスは葺き直し工事 清瀬市元町で雨漏りしている瓦葺き屋根のメンテナンスは葺き直し工事

 清瀬市元町で雨漏りの原因調査をおこないました。  天井に雨漏りの染みが出来ているので屋根の原因を調べます。2階の和室の敷目天井には雨漏りの跡が彼方此方に出ていて、雨漏り修理工事が必要です。  瓦葺き屋根は入母屋造りになっていて納まりが複雑になっています。入り組んだ屋根部分は下地の納め方...続きを読む

2020/7/28 清瀬市上清戸でトタン屋根の塗装工事が始まりました 清瀬市上清戸でトタン屋根の塗装工事が始まりました

 清瀬市上清戸で屋根の塗装工事をおこなっています。  トタン屋根はサビが出始めていて塗膜も剥がれているところがあります。トタンが剥き出しになっているので放置するとサビが広がってしまい、穴が空く事もあります。  金属屋根は温度による収縮が結構ありますので、塗膜がヒビ割れしやすくなります。金...続きを読む

2020/7/10 清瀬市あたごで苔の生えた屋根を調査しました 清瀬市あたごで苔の生えた屋根を調査しました

日が当たりにくい北側は苔が生えやすい  清瀬市あたごで調査した屋根の写真です。屋根も全体的に傷んでいる状態ですが、黄色い苔が屋根を覆うように生えていることがわかります。よく見ると苔がよく生えている面とそうでない面が別れていますが、これは屋根の面している方角が関係しています。苔は直射日光を嫌...続きを読む

2020/6/26 清瀬市中清戸で棟板金と雨樋・軒天など屋根全体の調査を行いました 清瀬市中清戸で棟板金と雨樋・軒天など屋根全体の調査を行いました

雨樋から草が生えていたら詰まりのサイン  清瀬市中清戸にお住いのお客様より、屋根全体が傷んできているので調査をしてほしいとのご依頼をいただきました。現地にお伺いすると、軒天(のきてん)が剥がれ、雨樋から草が生えている屋根が確認できました。軒天とは、屋根が外壁からせり出ている部分の裏側のこと...続きを読む

2020/6/14 清瀬市元町で瓦葺き屋根の雨漏り原因は複雑な屋根の取り合い部分でした 清瀬市元町で瓦葺き屋根の雨漏り原因は複雑な屋根の取り合い部分でした

 清瀬市元町で雨漏り調査をおこないました。和室の天井には雨漏りの跡が残っており原因は屋根にあると想定できます。雨が降るたびに雨漏りしている訳ではないそうで、台風などの強風を伴った雨の時に雨漏りしている様です。  屋根は瓦葺きで雨漏りしている部分の上は屋根が複雑に入り組んだ納まりになっていました...続きを読む

2019/3/11 清瀬市下清戸で屋根塗装の事前点検をしたら塗れない屋根材パミールでした 清瀬市下清戸で屋根塗装の事前点検をしたら塗れない屋根材パミールでした

「築13年を迎えたが、これまで屋根のメンテナンスを行っていないので屋根塗装を検討している」と清瀬市下清戸のお客様からご相談がありました。清瀬市周辺の他業者にも問い合わせたようですが、提案されるメンテナンス方法が違い頭を抱えているとのことでした。お客様のお家はスレート屋根で遮熱塗料による屋根塗装を考え...続きを読む

2019/3/6 清瀬市中清戸で屋根葺き替えか屋根カバー工法をご検討中のお家を点検 清瀬市中清戸で屋根葺き替えか屋根カバー工法をご検討中のお家を点検

築30年で、「そろそろ屋根葺き替えか屋根カバー工法による屋根のリフォームを検討している」という清瀬市中清戸のお客様です。これまで屋根も、外壁も、定期的にメンテナンスを行ってきたそうで、外壁の状態を見る限りではお家を大事にしているということが分かるお客様です。今までは清瀬市の業者様に頼んでいらっしゃっ...続きを読む

2019/3/5 清瀬市下清戸で雨漏り調査の結果、原因はバルコニーと判明 清瀬市下清戸で雨漏り調査の結果、原因はバルコニーと判明

「バルコニーのサッシから雨漏りしているようなので点検してほしい、対応可能なエリアか?」と清瀬市下清戸のお客様からご相談を承りました。清瀬市は街の屋根やさん多摩川店のスタッフがお伺いいたしますのでご安心ください。お客様邸のバルコニーの幅はお二階の横幅分だけあり、とても広くて使い勝手も良さそうです。狭い...続きを読む

2019/1/27 清瀬市中里でセメント瓦屋根のメンテナンスは塗装と葺き替え、どちらが正解か 清瀬市中里でセメント瓦屋根のメンテナンスは塗装と葺き替え、どちらが正解か

清瀬市中里にお住まいのお客様からセメント瓦屋根に関してご相談を頂きました。お住まいに近い清瀬市の業者に問い合わせたところ「セメント瓦は在庫がない」と断られてしまったようです。建材のほとんどが工業製品と言っても間違いではない現在、「以前はあったけど、現在はない」という廃盤商品なとが存在します。サイズや...続きを読む

ブログの一覧はこちら

お問い合わせから工事までの流れ

清瀬市、お問い合わせから工事までの流れ

清瀬市、お問い合わせから工事までの流れ

清瀬市にお住まいの方へ助成金制度のご紹介

<清瀬市で対応しているリフォーム助成金の一覧>
・木造住宅耐震診断助成制度
・木造住宅耐震改修等助成制度
・特定緊急輸送道路沿道建築物の耐震化助成

<各助成金に対する説明>
木造住宅耐震診断とは、古い木造住宅に地震に耐えうる耐震性能があるかどうかの診断です。一定の条件を満たすと、診断費用の一部が助成されます。
木造住宅耐震改修等助成制度とは、木造住宅の耐震改修工事や耐震シェルター等の設置工事の費用の一部が助成される制度です。助成を受けて耐震診断を行い、その結果上部構造評点が1.0未満と診断された住宅が対象となります。
災害時に建物が倒壊してしまうと、主要な道路が閉塞して緊急車両が通行できなくなる危険があります。その予防が特定緊急輸送道路沿道建築物の耐震化です。緊急輸送道路のうち特に沿道の建築物の耐震化を推進する必要がある、特定緊急輸送道路に指定された道路沿いの建物は耐震化が促進されます。耐震診断の助成が受けられたり、耐震化状況の報告が義務付けられたりしています。特定緊急輸送道路に指定されているのは、志木街道、小金井街道の一部、そして市役所通りの一部です。

<助成金申請方法や注意点>
木造住宅耐震診断助成制度を利用するには、必ず事前の相談が必要になります。対象の住宅は、昭和56年(1981年)5月31日以前に建築され、床面積の2分の1以上が住居として使われている木造住宅です。助成額は費用の3分の2以内で、上限は10万円です。耐震診断を行う機関は、建築士法第23条第1項に基づく登録を受けて社団法人東京都建築士事務所協会北部支部に属している建築士事務所や、東京都木造住宅耐震診断事務所登録制度に基づく耐震診断事務所などの市の指定する機関となります。
木造住宅耐震改修等助成制度を受ける条件は、市税を滞納していないことです。上部構造評点を1.0以上まで向上させる耐震改修工事の場合、助成額は費用の3分の1以内で上限は30万円です。一方耐震シェルター等設置工事の場合は、助成額は費用の10分の9以内で上限は30万円です。ただし、耐震シェルター等設置工事の助成対象は、東京都が安価で信頼できるとして都民に公表しているものに限られます。
特定緊急輸送道路沿道建築物の耐震化助成の対象となるのは、耐震基準改正前に建築された、敷地が特定緊急輸送道路に接する建物です。さらに、建物の高さが道路の幅の約2分の1以上の建物が対象になります。

<お問い合わせ先>
まちづくり課まちづくり係
住所:〒204-8511 東京都清瀬市中里5-842 清瀬市役所3階
TEL:042-497-2093 FAX:042-492-2415

清瀬市は街の屋根やさん多摩川が対応致します

街の屋根やさん多摩川は東京都調布市多摩川にあります。直接のご来店によるご相談も大歓迎です。
お気軽にご来店ください。

街の屋根やさん多摩川
〒182-0025 東京都調布市多摩川3-68-1

<?php echo 清瀬市; ?>での屋根工事は東京

お問い合わせフォーム

街の屋根やさん東京では、お住まいの点検・調査・お見積り・ご相談を無料で承っております。お気軽にご相談ください。

清瀬市、お問い合わせはこちらへ

屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

お問い合わせ・資料請求
新型コロナウィルス
対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について
台風15号によりお住まいに被害を受けた、受けたかもしれない方は街の屋根やさんの無料点検をご利用ください 台風15号によりお住まいに被害を受けた、受けたかもしれない方は街の屋根やさんの無料点検をご利用ください
  • 屋根リフォームの流れ
  • 徹底したお住まい調査
  • 不安ゼロ宣

言
  • 屋根のお役立ち情報
  • 当社のご案内
  • 屋根の資料請求
点検・調査・お見積りなど無料で承ります!お電話でのお問い合わせは0120-989-936へ。8時半から20時まで受付中!メールでのお問合せは24時間受付中。

点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん東京
東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
TEL :0120-989-936 
E-mail : info@sharetech.co.jp
品川支店
〒141-0031
東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
多摩川支店
〒182-0025
東京都調布市多摩川3-68-1
Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
ページトップへ戻る