無題ドキュメント

東大和市で屋根工事・雨漏り修理なら街の屋根やさん東京

東大和市で屋根のことなら街の屋根やさんにお任せください!

東大和市で屋根のことなら街の屋根やさんにお任せください!

東大和市で屋根工事の依頼が初めての方へ

雨漏りにお困りの東大和市にお住まいの方へ雨漏り修理15000円~

東大和市で屋根工事をお考えの方各工事はこちらから

東大和市は街の屋根やさん多摩川が対応致します

街の屋根やさん多摩川
〒182-0025 東京都調布市多摩川3-68-1

<?php echo 東大和市; ?>での屋根工事は東京

工事メニューと価格

工事メニューと価格

屋根葺き替え 屋根カバー 漆喰工事
屋根塗装・外壁塗装 棟板金工事 雨樋工事
防水工事 アパートマンションメンテナンス
火災保険 施工の流れ 瑕疵保険
無料点検

工事メニューと価格

工事メニューと価格

東大和市で屋根葺き替え 東大和市で屋根カバー 東大和市で漆喰工事 東大和市で屋根塗装・外壁塗装
東大和市で棟板金工事 東大和市で雨樋工事 東大和市で防水工事 東大和市でアパートマンションメンテナンス
東大和市で火災保険 東大和市で施工の流れ 東大和市で瑕疵保険 東大和市で無料点検

東大和市にお住まいの方へ

東大和市にお住まいの方、ご自宅の屋根の状態は把握できていますか?
屋根は普段からあまり見る機会も無いため、劣化に気づきにくいかと思います。
しかし、屋根の劣化症状を放置しておくのは、雨漏りに繋がる危険性もありますので大変危険です。
こちらのページでは、東大和市で行った工事の事例や現場ブログ、実際に工事を行ったお客様の声を掲載しております。
これを機に、東大和市でまだご自宅の屋根の点検やメンテナンスを行ったことのない方は専門の業者に相談してみてはいかがでしょうか。

東大和市で行った施工事例をご紹介

東大和市仲原で2018年5月の雹被害に遭った波板をポリカーボネートの波板に交換しました

【施工前】
東大和市のビフォー写真

【施工後】
東大和市のアフター写真

【お問い合わせのきっかけ】
 東大和市仲町にお住まいのS様から、雹被害にあったバルコニーの波板修理を考えているので、状態をみて見積をお願いしたいとお問合せをいただいたことが今回の工事のきっかけでした。詳しくお話をお伺いすると、2018年に降った雹が原因でバルコニーの波板屋根に穴が空いてしまい、ひとまずそのまま使っていたが、経年と共に穴も大きくなってきて、ここ最近は風に煽られてバタバタと大きな音を立てるようになってしまったとのことでした。音はご近所の方々に迷惑をかけてしまうことも心配とのことで、今回修理を本格的に考えるようになったそうです。  2018年の雹というと、2018年の5月に東京で広範囲に雹が降りました。パチンコ玉ほどの大きさのものが降ったため、同様の被害を受けた方々も多いのではないでしょうか。あまり知られていませんが、雹によってお住まいが被害を受けた場合は、火災保険に加入していれば申請の対象となることが多くなっています。火災保険と聞くと火災による被害の保険と思われがちですが、一般的には風災や雪害といったような自然災害による被害もカバーしていることが多く、雹災も対象となる場合がほとんどです。  今回は火災保険に加入されていなかったため保険適応とはいきませんでしたが、同様の被害でお困りの方は申請をご検討いただいてもよいかもしれません。ちなみに、多くの火災保険では申請期限が被災してから3年以内と指定されていることが多く、2018年5月の雹となると今年(2021年)の5月が期限となってしまいます。申請される場合は早めにご対応いただくことをオススメいたします。  既存で使われていた波板は塩化ビニル製のものでしたが、耐用年数が短いという欠点があるため今回はポリカーボネート製の波板に交換いたしました。綺麗になった波板をS様にとても喜んでいただけました。

【工事内容】
その他の工事
【工事詳細】
使用材料
ポリカーボネート
施工期間
1日
築年数
30年以上
平米数
4.32㎡

2018年5月の雹被害を受けたバルコニーの波板屋根

雹で大きな穴の開いた波板

 東大和市仲原にお住まいのS様より、2018年5月の雹被害にあったバルコニーの波板屋根の点検・修理見積をお願いしたいとご連絡をいただいたことが今回の工事のきっかけでした。被害に遭った当時は仕方がないかと諦めていたそうですが、ここ最近になって劣化が進み強風の日にはバタバタと大きな音を立てるようになってしまったとのことでした。穴が空いている分には雨の日に濡れてしまうことを我慢していればよかったが、大きな音を立てるようになってしまうとご近所に迷惑が掛かってしまうので、今回の修理に踏み切ったとのことでした。確かにご近所に迷惑をかけてしまうのは何とかしたいところです。

雹の大きさのたくさんの穴が空いてしまっていました

雹で穴が空いた波板 雹の被害に遭った波板

 現場にお伺いして状態を拝見したところ、雹によって空いた小さな穴がたくさん空いてしまっており、小さな穴が繋がった結果大きな穴になってしまっている部分も見受けられました。このようになってしまった場合は部分補修してもまたすぐに他の部分がボロボロと崩れてきてしまうため、部分的な補修は基本的にできません。波板全てを交換することで、復旧する方向性になります。

 使われていた素材は塩化ビニール製の波板でした。一昔前には一般的に広く使われていた素材ですが、経年と共に強度が弱まり少し叩いただけでもバリバリと割れてしまう特徴があります。築30年を超えるようなお住まいにはよく使われていますので、扱いには注意が必要です。

続きはこちらから

東大和市新堀で雹(ひょう)の被害を受けたスレート屋根をスーパーガルテクトで屋根カバー工事

【施工前】
東大和市のビフォー写真

【施工後】
東大和市のアフター写真

【お問い合わせのきっかけ】
 東大和市新堀で屋根カバー工事をおこないました。  築30年のスレート葺き屋根は、以前に塗装工事をおこなった事が有るようですが、表面の塗膜がだいぶ傷んでいて雨水を弾く撥水性が落ちていました。スレート自体は大分古いのですが、アスベストを含んでいるためか、反りなどは殆ど出ていませんでした。  築30年も経過しているとスレートの下に葺いてある防水紙(ルーフィング)の劣化も出ていますので、塗装工事でのメンテナンスはお勧めできません。屋根工事をおこなう必要があり、今回は上からガルバリウム鋼板製の屋根材『スーパーガルテクト』を被せる屋根カバー工事をおこなう事になりました。  調査の時に気になったのが、屋根全体についている黒い斑点です。スレートの表面や棟板金についた斑点は、雹(ひょう)がぶつかって出来た雹痕(ひょうこん)といいます。  雹(ひょう)などの自然災害で建物が被害を受けた場合は火災保険が適用になりますので、今回の被害も火災保険を適用して直す事になりました。被害を受けた部分を元に戻す為の費用を保険会社が負担してくれますが、被害の状況によって適用になる範囲が変わります。  耐久性の高いスーパーガルテクトでの屋根カバー工事が完了し、殆どメンテナンスが必要無くなりましたのでお客様にも安心していただけました。  私たち街の屋根やさんでは、工事中もマスクを着用して新型コロナウイルス対策をおこなっておりますので、安心してお任せください。

【工事内容】
屋根カバー工法
【工事詳細】
使用材料
スーパーガルテクト
施工期間
10日間
築年数
30年
平米数
87㎡

屋根に上って調査開始です

塗装工事をおこなった形跡があるスレート葺き屋根 色が濃くなった部分は雨染みです

 スレート葺き屋根は過去に塗装工事をおこなった跡がありますが、表面の塗膜が大分劣化してチョーキングが出ているのでズルズルと滑りそうになります。築30年でアスベストを含んだスレート屋根で、屋根材自体の耐久性はありますので反りなどは出ていませんでした。

スレート葺き屋根の表面は劣化しています 複雑な納まりの部分が有ります

 スレートを縁取る様に色が濃くなっているのは、雨水を弾く撥水性が落ちてしまった為に雨水を吸い込んだ雨染みです。スレート屋根は塗装工事でのメンテナンスが必須の屋根材で、雨水を吸い込む様になると反りが出たり、割れてしまう事があります。しかし、塗装工事で保護できるのはスレートの表面だけですので、スレートに下に葺いてある防水紙は経年によって劣化してしまいますので、築年数によっては塗装工事ではなく屋根工事が必要になります。

黒い斑点は雹(ひょう)がぶつかった跡

雹がぶつかった跡が付いています

続きはこちらから

東大和市で行ったその他の施工事例をご紹介

東大和市new!
東大和市施行事例、施工前
東大和市施行事例、施工後
施工内容
屋根補修工事
使用材料
ポリカーボネート製波板
東大和市new!
東大和市施行事例、施工前
東大和市施行事例、施工後
施工内容
その他の工事
使用材料
カラーステンレス谷板金

施工事例一覧はこちら

東大和市で屋根工事を行ったお客様の声

東大和市仲原のお客様よりバルコニー屋根についてご相談いただきました

東大和市工事前お客様写真

【工事前】 東大和市工事前アンケート

Q2.工事を検討したきっかけは何ですか?どんなことで悩まれていましたか?
古くなったトタンの修理。亀裂が入り、大きな音を立てていたため
Q3.弊社をどのように探しましたか?
スマホのホームページ
Q4.弊社を知りすぐにお問合せをされましたか?もし悩まれたとしたらどんなことがご不安でしたか?
即日中に即決しました。
Q5.何が決め手となり弊社にお問合せをされましたか?
ホームページに工事の内容などが詳しくのっていたため。また、同じような依頼をされている方の口コミを見て、決めました。
Q6.実際に弊社担当者がお伺いしていかがでしたでしょうか?
分かりやすく、ていねいでした。

【施工後】

東大和市工事後アンケート

Q2.当初、工事を依頼する会社にどんなことを期待されていましたか?
どれだけ自分達の要望を聞いていただけるかでした。
Q3.弊社にご依頼いただく際に他社と比較しました方はどこの会社と比較しましたか?
Q4.弊社に工事をご依頼いただいた決め手は何ですか?
ネットに書かれていた現場ブログを見てです。3年前?雪が降って、我が家のベランダのトタンはボロボロになりました。それと同じ被害に遭い、修理されている方を知ったのがきっかけです。
Q5.工事が終わってみていかがですか?良かった事・嬉しかったことを忌憚なく頂戴出来ましたら幸いです。
我が家は火災保険に入っていなかったために、金額自己負担と聞いた時は、どれだけの費用がかかるのかと不安で一杯でしたが、担当して下さった高田さんのおかげで、当初の予定のベランダだけでなく階段のトタンまで修理していただけました。高田さんには、本当に感謝しかないです。
Q6.街の屋根やさんを他の方に紹介するとしたらなんと紹介しますか?
親切かつ安心です。親身になってご相談にのって下さるので、疑問に思った事、不安な点は話して下さい。きっと、満足のいく結果になります。

お客様の声一覧はこちら

東大和市での現場ブログをご紹介

東大和市で行われた日々の現場ブログをご紹介いたします。

2021/8/26 東大和市立野にて瓦屋根の点検、風で棟瓦の一部が落ちてしまっておりました 東大和市立野にて瓦屋根の点検、風で棟瓦の一部が落ちてしまっておりました

棟瓦は屋根の合わさった部分にある部材です  東大和市立野にお住いのお客様より、棟瓦が落ちてきてしまっているようなので一度点検してほしいとのご依頼を受けました。棟瓦というのは屋根の取り合い部分に存在する瓦で、雨水が内部に侵入するのを防いでくれる働きがあります。棟瓦は冠瓦とのし瓦、漆喰で構成され...続きを読む

2021/2/12 東大和市向原にて棟板金の点検、釘が利かないのは貫板が劣化している可能性があります 東大和市向原にて棟板金の点検、釘が利かないのは貫板が劣化している可能性があります

 東大和市向原にて近くを通りかかった業者に棟板金の浮きを指摘され、このままだと雨漏りすると言われたので見てほしいというご依頼受けまして調査へ行ってまいりました。棟板金とはその名の通り屋根の棟の部分を覆う板金(薄い金属板)のことで、屋根の取り合いの部分を保護する役割があります。棟板金は風の影響を受けや...続きを読む

2020/10/23 東大和市蔵敷で雨漏りの調査を行いました 東大和市蔵敷で雨漏りの調査を行いました

屋根裏収納からの雨漏り  東大和市蔵敷にお住まいのお客様より、屋根裏の収納部屋で雨漏りを発見したので調査してほしいとのお問い合わせをいただき、現地を確認して参りました。お話しをお伺いすると、屋根裏の収納部屋は普段あまり行き来する部屋ではないため、発見が遅れてしまったとのことでした。同じよう...続きを読む

2020/8/28 東大和市桜が丘で歪んだ雨樋を確認しました 東大和市桜が丘で歪んだ雨樋を確認しました

雨樋の歪みを確認  雨樋は屋根に降り注いだ雨水が外壁を伝わないように集めて排水する役割があります。雨樋がない、もしくは不具合が生じていると、雨水が直接外壁を伝ってしまい、藻やカビの発生による汚れの原因になったり、さらに進行すると外壁のクラック(ひび割れ)や外壁からの雨漏りの原因にもなります...続きを読む

2020/7/22 東大和市桜が丘で、落ち葉が詰まった雨樋には落ち葉除けネットをオススメします 東大和市桜が丘で、落ち葉が詰まった雨樋には落ち葉除けネットをオススメします

雨樋からの水漏れで異変を察知  東大和市桜が丘のお客様より、雨樋から水漏れしているので調査をお願いしたいとのお問い合わせを受け、早速現地に行って参りました。下から雨樋を見上げると、軒樋同士の接続部分に水滴ができており、ポタポタとたれていることが確認できました。雨が上がってしばらく経ってから...続きを読む

2020/5/18 東大和市新堀で台風と雹の被害を受けたスレート屋根にカバー工事をおこなっています 東大和市新堀で台風と雹の被害を受けたスレート屋根にカバー工事をおこなっています

 東大和市でスレート屋根のカバー工事をおこなっています。  スレート葺き屋根は表面が劣化していましたが、台風の強風と雹(ひょう)による被害を受けていました。屋根の表面に見える黒い斑点は雹(ひょう)がぶつかった跡ですので、台風で浮いてしまった棟板金と一緒に火災保険の対象になります。  元に...続きを読む

2019/10/26 東大和市新堀で台風と雹の被害を受けたスレート屋根を火災保険で直します 東大和市新堀で台風と雹の被害を受けたスレート屋根を火災保険で直します

東大和市新堀で屋根の調査をおこないました。お問合せのきっかけは台風の強風でスレートが割れて落ちてきたことと、棟板金が浮いてしまったという事でした。確かに棟板金が浮いていて釘が抜け掛かっている所もあり、被害を受けた部分以外の棟板金もまた強風が吹けば飛ばされてしまう状態になっています。棟板金の浮きは台風...続きを読む

2019/5/12 東大和市清原で雹によって被害を受けたのは波板だけではありません 東大和市清原で雹によって被害を受けたのは波板だけではありません

東大和市清原で屋根の調査をおこないました。5月4日に降った大粒の雹(ひょう)によってバルコニーの屋根に穴が空いてしまったというお問い合わせでした。東大和市周辺では結構長い時間降り続けましたので、被害も広がっている様です。バルコニーの屋根には波板が葺いてありましたが、雹がぶつかって穴が空いてボロボロに...続きを読む

2018/12/16 東大和市にて剥がれて長く垂れ下がった軒天の張り替えのご案内 東大和市にて剥がれて長く垂れ下がった軒天の張り替えのご案内

「台風後、軒天が剥がれてきたことは確認していたけど、今朝見たら、軒から長く垂れ下がるようになってしまっていた」と東大和市のお客様からご相談がありました。台風で剥がれてしまったという話はよく聞きますし東大和市も大きな被害に遭ったことは判断できます。しかし通過してから数ヶ月も経って垂れ下がってくるという...続きを読む

2018/12/12 東大和市奈良橋にてアンテナのせいでスレート屋根に汚れと傷が発生 東大和市奈良橋にてアンテナのせいでスレート屋根に汚れと傷が発生

先日、東大和市奈良橋で行った屋根の点検の際、改めて気付いたことがありました。屋根の点検というと、屋根とその付帯部を隈なく点検するのですが、屋根の上にある屋根以外のものもしっかりと調査した方がいいということです。もちろん、屋根の上に太陽光ょ利用した設備などがあれば、それが屋根にどのような影響を与えてい...続きを読む

2018/12/9 東大和市でアンテナが倒れたのをきっかけに屋根を無料点検 東大和市でアンテナが倒れたのをきっかけに屋根を無料点検

東大和市のお客様から屋根を点検してほしいというご相談を受けました。台風でアンテナが倒れたので最初は電気屋さんに修理を頼もうとしたが、屋根も古くなっているので一回点検しておこうと思って私達にご依頼くださったそうです。   屋根は化粧スレートで、確かにアンテナが倒れていまし...続きを読む

2018/12/3 東大和市にて訪問業者から指摘された棟板金の浮きの嘘を暴く 東大和市にて訪問業者から指摘された棟板金の浮きの嘘を暴く

突然、やってきた訪問販売業者から「棟板金が浮いているので、すぐに直した方がいい」と言われて不安になったという東大和市のお客様です。ネットで東大和市で工事が可能な業者を調べている最中に街の屋根やさんのサイトを見つけ、「点検が無料」だということでご相談をいただきました。 その業者、いきなりやってき...続きを読む

2018/12/2 東大和市で台風によりカーポートの屋根が飛散 東大和市で台風によりカーポートの屋根が飛散

「10月の台風でカーポートの屋根が飛散して、休みの度に直してくれそうな業者を探しては電話していたが、どこも忙しいの一点張りで、なかなか見に来てくれるところがなかった。いつも頼んでいる東大和市の業者様は暇を見つけては行くというから待っていたが、そこも来なかった」という東大和市のお客様です。 &n...続きを読む

ブログの一覧はこちら

お問い合わせから工事までの流れ

東大和市、お問い合わせから工事までの流れ

東大和市、お問い合わせから工事までの流れ

東大和市にお住まいの方へ助成金制度のご紹介

<東大和市で対応しているリフォーム助成金の一覧>
・耐震診断の助成
・耐震改修の助成

<各助成金に対する説明>
耐震診断の助成は、昭和56年(1981年)5月31日以前に着工された建物の耐震診断に対する助成です。市内にある木造2階建て以下の戸建て住宅が対象です。耐震改修の助成は、助成を受けて耐震診断を利用し、診断結果として耐震改修が必要と認められた住宅が対象です。

<助成金申請方法や注意点>
耐震診断の助成による診断は、東京都建築士事務所協会たちかわ支部に所属する建築士事務所、または東京都木造住宅耐震診断事務所登録制度実施要綱に基づく耐震診断事務所が行います。助成金額は耐震診断費用の3分の1で、限度額は5万円です。
耐震改修の助成を受けるには、診断機関による工事監理を受けることが必要です。助成金額は、耐震改修費用の3分の1で、限度額は30万円です。
助成制度を利用するには、診断や改修を実施する前に市に相談する必要があります。

<お問い合わせ先>
都市計画課 地域整備係
住所:〒207-8585 東京都東大和市中央3-930
TEL:042-563-2111 FAX:042-563-5930

東大和市は街の屋根やさん多摩川が対応致します

街の屋根やさん多摩川は東京都調布市多摩川にあります。直接のご来店によるご相談も大歓迎です。
お気軽にご来店ください。

街の屋根やさん多摩川
〒182-0025 東京都調布市多摩川3-68-1

<?php echo 東大和市; ?>での屋根工事は東京

お問い合わせフォーム

街の屋根やさん東京では、お住まいの点検・調査・お見積り・ご相談を無料で承っております。お気軽にご相談ください。

東大和市、お問い合わせはこちらへ

屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

お問い合わせ・資料請求
新型コロナウィルス
対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について
  • 屋根リフォームの流れ
  • 徹底したお住まい調査
  • 不安ゼロ宣

言
  • 屋根のお役立ち情報
  • 当社のご案内
  • 屋根の資料請求

点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん東京
東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
TEL :0120-989-936 
E-mail : info@sharetech.co.jp
品川支店
〒141-0031
東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
多摩川支店
〒182-0025
東京都調布市多摩川3-68-1
Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
ページトップへ戻る