無題ドキュメント

大田区で屋根工事・雨漏り修理なら街の屋根やさん東京

大田区で屋根のことなら街の屋根やさんにお任せください!

大田区で屋根のことなら街の屋根やさんにお任せください!

大田区で屋根工事の依頼が初めての方へ

雨漏りにお困りの大田区にお住まいの方へ雨漏り修理15000円~

大田区で屋根工事をお考えの方各工事はこちらから

大田区は街の屋根やさん品川が対応致します

街の屋根やさん品川
〒141-0031 東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F

<?php echo 大田区; ?>での屋根工事は東京

工事メニューと価格

工事メニューと価格

屋根葺き替え 屋根カバー 漆喰工事
屋根塗装・外壁塗装 棟板金工事 雨樋工事
防水工事 アパートマンションメンテナンス
火災保険 施工の流れ 瑕疵保険
無料点検

工事メニューと価格

工事メニューと価格

大田区で屋根葺き替え 大田区で屋根カバー 大田区で漆喰工事 大田区で屋根塗装・外壁塗装
大田区で棟板金工事 大田区で雨樋工事 大田区で防水工事 大田区でアパートマンションメンテナンス
大田区で火災保険 大田区で施工の流れ 大田区で瑕疵保険 大田区で無料点検

大田区にお住まいの方へ

 大田区にお住まいの皆様、屋根リフォーム工事によって建物の耐震性を向上させることができるのをご存知でしょうか?瓦屋根から軽量なスレート、金属屋根に葺き替えた場合、屋根が軽くなりますので建物の耐震性を上げることができます。地震などの自然災害に備えて、屋根のリフォーム工事を行っておくと 安心ですよね。屋根の軽量化をお考えの方もお気軽にご相談ください。
 スレート材や金属屋根材には様々な種類がありますので、お客様のご希望をお聞きし、それに合った屋根材をご提案します。お住まいの点検、工事のご提案、お見積りは無料で承っております。
 また、こちらのページでは大田区の施工事例やお客様の声、現場ブログ、助成金制度について掲載しています。屋根だけではなく、幅広く工事を行っていますので、建物に関する些細な質問、ご相談もお問合せください。

大田区で行った施工事例をご紹介

大田区本羽田にて台風によって飛散したパラペットの笠木の交換工事を火災保険を適応し行いました

【施工前】
大田区のビフォー写真

【施工後】
大田区のアフター写真

【お問い合わせのきっかけ】
 大田区本羽田にお住いのS様より2019年の台風で板金が一部飛んでしまっているみたいなので修理をお願いしたいとのご依頼をいただいたことがきっかけでした。  調査にお伺いすると、パラペットの笠木板金の一部が飛散してしまい天板がむき出しの状態でした。幸い透湿防水シートが機能しておりましたので雨漏りは起こしておりませんでしたが、いつ内側に水が廻ってきてもおかしくない状況です。  既存の笠木板金を確認すると、固定しているのが脳天打ちで2列分だけで打たれており、間隔も広くとられていましたので風の影響で飛んでしまってもおかしくないという施工がされておりました。    同じように施工してしまうとまた同じことが起きてしまいますので施工方法を考えなければなりません。今回は瓦棒葺きの屋根の軒先納めによく使われるつかみという方法で納めを行いました。固定するためのビスが表に出ないので雨漏りに強い納め方になります。また、板金をしっかりと折って固定をしているのでちょっとやそっとの風では飛んでいきません。  また、火災保険の申請も併せて行いました。風災や雹災、雪災などの自然災害による被害は火災保険の適応を行うことができます。  工事終了後にお客様よりきれいに仕上がっていてよかったとおっしゃっていただきました。

【工事内容】
その他の工事
【工事詳細】
使用材料
カラーGL鋼板、防水紙(ライナールーフ)
施工期間
3日間(足場架け払い込み)
築年数
築20年
平米数
4.2m

パラペットの笠木が飛散しておりました

 大田区本羽田にお住いのお客様よりご依頼をいただきましてパラペットの笠木の交換工事を行わせていただきました。

 パラペットとは、陸屋根(マンション屋上によくみられる勾配がほとんどついていないもの)などについている低い腰壁のことを指し、屋根に取り付けることにより建物を四角く見せることができるので、外観をオシャレに見せることができるというものです。

 パラペットには笠木と言われる部分があります。笠木はバルコニーやパラペットの腰壁の最上部にかぶせられている仕上げ材で金属製のものやモルタル製、木製のものもあります。

 防水性を高めるという働きをしており、実際に雨漏りの調査を行った時、笠木からの雨漏りが発生していたという事も非常に多いので気を付けましょう。

2枚分飛んでしまっておりました

続きはこちらから

大田区西馬込で造りがおかしな折板屋根からの雨漏り修理を行いました

【施工前】
大田区のビフォー写真

【施工後】
大田区のアフター写真

【お問い合わせのきっかけ】
 大田区西馬込の建物で新築当時から雨漏りをしているので、状態の確認と雨漏り修理の工事をお願いしたいとお問い合わせをいただいたことが今回の工事のキッカケでした。  現場にお伺いすると、屋根は工場などでよく使われる金属製の折板屋根の建物でした。半地下の造りになっており、元々は地下からの浸水があって困っていたが、そちらは既に工事をして無事に止まったとのことでした。やっと止まったと思いきや、外壁に染みを見つけて屋根からも雨漏りをしていたことが分かり、今回のお問い合わせとなったとのことでした。  新築から10年以内の雨漏りは施工した会社が修理を保証するということが基本ですが、今回の建物については建設中に施工会社が倒産してしまい、別の会社が引き継いで何とか完工となった経緯がありました。そのため、施工会社の保証が受けられず、今回のような困った状況になってしまったのです。  問題の屋根を確認すると、折板屋根の軒先におかしな部分を発見しました。左右両端部分に大きな穴が空いている状態だったのです。穴の中は建物の柱になっている鉄骨が見えている状態だったので、簡単に水が入り建物内部にあっという間に雨漏りするような造りで、建設時の施工不良としか言いようがありません。  根本的に修理するのであれば笠木の板金を延長して穴を覆ってしまう方法が考えられますが、施工には足場が必要になります。お客様のご要望ではなるべく安く修理がしたいとのことでしたので、はしごでできる作業の範囲ということで、穴にバックアップ材を詰めてコーキング材で穴を埋めてしまう工事を行うことになりました。  作業も1日で終わり、無事に穴がふさがってお客様にも喜んでいただけました。

【工事内容】
雨漏り修理
【工事詳細】
使用材料
オートンイクシード
施工期間
1日
築年数
2年
平米数
2カ所

雨漏りした折半屋根

折半屋根

 大田区西馬込の建物で新築当時から雨漏りを起こしてしまっており、屋根の状態の確認と雨漏り修理の工事をお願いしたいとお問い合わせをいただいたことが今回の工事のキッカケでした。

現場にお伺いすると、屋根は工場などでよく使われる金属製の折板屋根の建物でした。半地下の造りになっており、元々は地下からの浸水があって困っていたが、そちらは既に工事をして無事に止まったとのことでした。やっと水が止まったと思いきや、外壁に染みを見つけて屋根からも雨漏りをしていたことが分かり、今回のお問い合わせとなったとのことでした。

築浅の建物で雨漏り

雨漏りのあと 雨染み

 新築からまだ2年しか経過していない状況での雨漏り発生。築10年以内の雨漏りは施工した会社が修理を保証するということが基本です。しかしながら、今回の建物については建設中に施工会社が倒産してしまい、別の会社が引き継いで何とか完工となったという経緯がありました。そのため、施工会社の保証が受けられず、今回のような困った状況になってしまったのです。施工会社が倒産しても保証を受けられる制度としては、JIO住宅瑕疵保険というものが存在しますが、こちらは施工会社が事前に加入していて、注文するお客様が施工会社経由で別途料金を支払い入る必要があります。JIO保証を付けた工事は、施工会社が倒産してしまっても建物に瑕疵が見つかった場合はJIOが保証してくれるようになります。JIOに加入するには企業側が厳しい条件をクリアする必要があるため、そもそもJIOに入れる会社も多くはありません。JIOに入るかどうかは別としても、JIOを扱える会社であるかどうかも施工を頼む会社の選定基準としていただくのも良いかも知れません。もちろん、街の屋根やさんではJIOも扱えるようになっています。

問題の箇所を確認

続きはこちらから

大田区で行ったその他の施工事例をご紹介

大田区new!
大田区施行事例、施工前
大田区施行事例、施工後
施工内容
陸屋根工事  天窓工事
使用材料
ジャポニカ株式会社 イージーフラッシュ
大田区new!
大田区施行事例、施工前
大田区施行事例、施工後
施工内容
屋根補修工事 雨樋交換
使用材料
ポリカーボネート波板、角型雨樋

施工事例一覧はこちら

大田区で屋根工事を行ったお客様の声

大田区羽田にて雨樋の調査を行なわせていただきました

大田区工事前お客様写真

【工事前】 大田区工事前アンケート

Q1.工事を検討したきっかけは何ですか?どんなことで悩まれていましたか?
自宅の木を切ったことでお隣さんの雨どいが外れてしまった。
Q2.業者や工事会社をどのように探されましたか?
インターネット
Q3.当社を知りすぐにお問合せをされましたか?もし悩まれたとしたらどんなことがご不安でしたか?
すぐに問合わせをした。
Q4.何が決め手となり当社にお問合せをされましたか?
ホームページが親切そう。
Q5.実際に当社担当者がお伺いしていかがでしたでしょうか?
結局は直さなくても良い状態でしたが、こちらの都合で2度も現場を見に来ていただきました。それでも嫌な声、嫌な顔もせず対応して下さって本当に感謝しています。富田さんありがとうございました。

お客様の声一覧はこちら

大田区での現場ブログをご紹介

大田区で行われた日々の現場ブログをご紹介いたします。

2022/11/4 大田区中央にて飛び込み業者に棟板金の剥がれを指摘されたスレート屋根の調査 大田区中央にて飛び込み業者に棟板金の剥がれを指摘されたスレート屋根の調査

 大田区中央にお住まいのお客様より、飛び込みの訪問業者にスレート屋根の棟板金の剥がれを指摘されたので調査してほしいとご相談をいただきました。現地調査にお伺いし、実際に棟板金がはがれてしまっているのか、その他に問題のある箇所はないかどうか確認させていただきました。  こちらが調査当時の...続きを読む

2021/8/22 大田区北糀谷で強風で崩れた瓦屋根は火災保険で直します 大田区北糀谷で強風で崩れた瓦屋根は火災保険で直します

 大田区北糀谷で屋根の調査をおこないました。  強風によって屋根の葺かれている瓦が崩れてしまったとお問合せをいただきました。台風などの強風による被害の場合、元の状態に戻す為に掛かる費用を火災保険でまかなう事が出来ます。今回の被害も強風によって瓦が崩れてしまい落下して割れていますので、火災保険...続きを読む

2021/7/24 大田区萩中にて棟板金は釘を残したまま貫板ごと飛散していました 大田区萩中にて棟板金は釘を残したまま貫板ごと飛散していました

大田区萩中にお住まいのお客様より「棟板金が飛んでしまった」とのご連絡をいただき現地調査へ伺いました。強風による被害とのことで、原状回復には火災保険が適用されました。私たち街の屋根やさんでは、火災保険を使用した復旧工事も多く施工させていただいております。まずは何でもご相談ください。 状況確認 棟板...続きを読む

2021/7/8 大田区田園調布にて棟板金の点検を行いました 大田区田園調布にて棟板金の点検を行いました

棟板金の浮きを指摘されたとのことでした  大田区田園調布にお住いのお客様より、近くを通りかかった業者に棟板金の浮きを指摘されたとのことで調査のご依頼を頂きました。  早速屋根に登って調査を行ったところ、指摘された箇所に関しては問題の無い状態でした。しかしながら全体を確認させていただいた際に釘...続きを読む

2021/5/25 大田区南馬込でグリシェイドNEOの屋根を点検しました 大田区南馬込でグリシェイドNEOの屋根を点検しました

グリシェイドNEOで葺かれた屋根  大田区南馬込にお住まいのお客様より屋根の点検のご依頼をいただき、現地に調査にお伺いしてきました。グリシェイドNEOは2001年からクボタという会社(現在はケイミュー)から販売されていた屋根材ですが、現在では廃盤品となっています。グリシェイドNEOの特徴と...続きを読む

2021/5/17 大田区中馬込で調査した屋根はアスベスト入りのグリシェイドでした 大田区中馬込で調査した屋根はアスベスト入りのグリシェイドでした

グリシェイドで葺かれた屋根  大田区中馬込で屋根の調査をさせていただきました。登ってみると、軒先側の切り口がまっすぐになっている特徴的な形のスレート屋根でした。これは「グリシェイド」というクボタ(現:ケイミュー)から出ていた屋根材です。グリシェイドはロングセラーの屋根材で、何度かバージョン...続きを読む

2021/1/17 大田区東六郷で軒天の調査、塗装でメンテナンスしておかないと剥がれやすくなります 大田区東六郷で軒天の調査、塗装でメンテナンスしておかないと剥がれやすくなります

 建物の外部は、屋根や外壁のメンテナンスが必要であることは知っている方も多いようです。外壁塗装を行う際に、雨樋や霧除け、雨戸などを付帯部として塗ることをご提案しておりますが、外壁以外の部分も塗装でメンテナンスが必要であることは案外知っている方が少ないようです。特に初めて外壁塗装をされる方はほとんど知...続きを読む

2021/1/10 大田区鵜の木で雨樋から落ちてくる水滴を調査、雨樋が歪んで外側に開いておりました 大田区鵜の木で雨樋から落ちてくる水滴を調査、雨樋が歪んで外側に開いておりました

 大田区鵜の木にお住いになられているT様より「雨が降ってるときに、建物外側でピチャピチャ音がする。雨樋ではないか」とお困りのご相談がございましたので調査にお伺いいたしました。最近になって雨が降る度に滴る音がするそうで、特に夜に降るときは音が気になって寝づらいこともあるそうです。私も経験ありますが、雨...続きを読む

2020/12/22 大田区大森で落ち葉が詰まってしまった和風門の雨樋を清掃します 大田区大森で落ち葉が詰まってしまった和風門の雨樋を清掃します

本日は大田区大森の立派な瓦葺きの和風門のあるお宅へと事前調査に伺いました。 お客様にいただいたご相談は 「雨の日に門の上から大量の雨水が落ちてくる。以前はそんなことはなかったのに。」とお困りでした。 ご家族やお客様をお迎えする門ですからお住まいと同じようにしっかり点検し、メンテ...続きを読む

2020/12/19 大田区東蒲田でスレート屋根の棟板金を点検、指が入り込むほど浮いておりました 大田区東蒲田でスレート屋根の棟板金を点検、指が入り込むほど浮いておりました

 大田区東蒲田にお住いになられているF様より「屋根の板金が壊れているようだ」とご心配のご相談がございました。屋根はメンテナンスが必要です。屋根材に対するメンテナンスは知られておりますが、屋根には屋根材以外にも使用されている部材があり、その部材にもメンテナンスが必要になってきます。特に屋根面の変わる棟...続きを読む

2020/12/18 大田区西糀谷にて屋根と同時にモルタル外壁も無料点検、外壁塗装も承ります 大田区西糀谷にて屋根と同時にモルタル外壁も無料点検、外壁塗装も承ります

大田区西糀谷のお客様のお宅に瓦屋根の漆喰の詰め直しのための事前調査に伺いました。 その際お客様に「外壁にヒビが入っているのも一緒に見てもらえるか?」とご相談いただき屋根と一緒に外壁点検もさせていただくことになりました。 モルタル外壁に目立つヒビ割れ お客様のお宅の外壁はモルタルが使用されて...続きを読む

2020/12/16 大田区東六郷で外れた軒樋・集水機、雨樋は火災保険で修理できる? 大田区東六郷で外れた軒樋・集水機、雨樋は火災保険で修理できる?

壊れた雨樋を修理したいとのご連絡をいただき大田区東六郷のお客様のお宅へ伺いました。 地上から破損箇所を確認いたしました。 集水機が破損して外れてしまい軒樋の一部が落下しています。 放っておくと雨樋がなくなった箇所は雨水を必要以上に浴びることになり、外壁や屋根周りの劣化が...続きを読む

2020/12/15 ケイカル板が割れ剥がれてしまった軒天と雨樋修理のため点検│大田区多摩川 ケイカル板が割れ剥がれてしまった軒天と雨樋修理のため点検│大田区多摩川

軒天修理のご依頼があり大田区多摩川のお宅へ伺いました。軒天(軒天井・軒裏)とは、突き出した屋根の裏側部分です。 軒天の板が割れています 住宅の軒天には通常、化粧板が貼られます。屋根内部の木造構造を隠したり、吹き上げる風から屋根を守ったりするためです。しかしご覧のように割れて穴が空い...続きを読む

2020/12/15 大田区東糀谷、小屋裏で雨漏りしているセメント瓦は屋根葺き替えで解決! 大田区東糀谷、小屋裏で雨漏りしているセメント瓦は屋根葺き替えで解決!

本日は大田区東糀谷のお客様のお宅に雨漏り点検に伺いました。 ご相談内容は「天井裏で雨垂れの音がする、雨漏りではないか。」とのことです。 築年数も40年を超えているとのことですのでしっかり点検させていただきます。 まずは小屋裏を点検   小屋裏を見てみるとカビや雨染みが確認でき、...続きを読む

2020/12/14 大田区北千束、古い庇や錆びた水切り板金は雨漏り原因になります 大田区北千束、古い庇や錆びた水切り板金は雨漏り原因になります

大田区北千束のお客様にお宅へ錆びた庇を修繕するために事前調査をさせていただきました。 築年数が古く、いろんなところが錆びたり割れたりしているので、必要に応じて直したい、とのご希望です。 まずはご相談のきっかけとなった庇を拝見します。 トタン波板の庇 庇があることで開口部へ雨が...続きを読む

2020/12/4 大田区矢口で平屋住宅の雨樋の継ぎ目が外れ雨が漏れてくるので修理のご依頼 大田区矢口で平屋住宅の雨樋の継ぎ目が外れ雨が漏れてくるので修理のご依頼

雨樋修理のご依頼をいただき大田区矢口へ伺いました。築年数の経った平屋の住宅で、雨樋も長く交換されないままだったとのことです。 タイルが敷かれたバルコニー 今回はこちらの雨樋が途中から外れてしまったとのことでお問合せいただきました。横樋を流れた雨は集水器に集まり、そこから下へ排水され...続きを読む

2020/12/4 大田区鵜の木で外壁・屋根塗装、足場仮設時にやっておきたいメンテナンス 大田区鵜の木で外壁・屋根塗装、足場仮設時にやっておきたいメンテナンス

足場仮設が完了した大田区鵜の木のお客様のお宅です。 今回は屋根・外壁塗装の他、不具合が発生している箇所も同時に修繕することになっています。 地上から手が届かない場所に不具合が発生した場合、修繕を行うためには足場を仮設しなくてはなりません。 比較的軽微な工事となる雨樋交換や軒天の張り...続きを読む

2020/12/3 大田区東矢口で錆びた金属屋根と落ち葉が詰まりやすい箱樋改修のための無料点検 大田区東矢口で錆びた金属屋根と落ち葉が詰まりやすい箱樋改修のための無料点検

屋根リフォームのご相談を受け大田区東矢口の住宅へ伺いました。大屋根にはスレートが葺かれた二階建て住宅ですが、一階部分の屋根(下屋)は金属の瓦棒葺きで、古く錆びてきたのでリフォームした方が良いかとのお問合せです。 また、下屋の周りにはパラペットが立ち上げられていて、そこに雨水が溜められ排...続きを読む

2020/12/1 大田区久が原でスレート屋根の点検、過去に塗装した塗膜の劣化と棟板金の破損がありました 大田区久が原でスレート屋根の点検、過去に塗装した塗膜の劣化と棟板金の破損がありました

 大田区久が原にお住いになられているH様より「以前に塗装をした屋根の状態を見てほしい」と点検のご相談がございましたのでお伺いいたしました。過去に塗装をして10年が経過した屋根とのことでした。過去に塗装をしている屋根も塗り替えが必要であることを知ったそうで、今回は屋根の状態がどのようになっているかを点...続きを読む

2020/11/25 大田区上池台で漆喰の剥がれ、冠瓦の釘の浮きを発見しました 大田区上池台で漆喰の剥がれ、冠瓦の釘の浮きを発見しました

漆喰が剥がれて落ちてきているので見て欲しいとのご依頼をいただき、大田区上池台のお客様のお宅へ無料点検に伺いました。 剥がれた漆喰   屋根の上で確認させていただくと多くの箇所で漆喰の剥がれが確認できます。   大きな塊が屋根の上に落ちています。 こちらは瓦葺きの屋...続きを読む

ブログの一覧はこちら

お問い合わせから工事までの流れ

大田区、お問い合わせから工事までの流れ

大田区、お問い合わせから工事までの流れ

大田区にお住まいの方へ助成金制度のご紹介

<大田区で対応しているリフォーム助成金の一覧>
・木造建築物耐震化助成事業
・木造以外の住宅の耐震化助成事業
・住宅リフォーム助成事業
・高齢者自立支援住宅改修助成事業

<各助成金に対する説明>
木造建築物耐震化助成事業は、昭和56年(1981年)5月31日以前に建てられた木造建築物を対象に耐震化に関する助成を受けられる制度です。耐震化の内容は、耐震診断・耐震改修設計・耐震改修工事です。住宅の場合は2階建て以下で、延べ床面積の過半が住宅であるものが対象です。住宅以外の建築物は耐震診断のみ助成対象になります。
木造以外の住宅の耐震化助成事業は、非木造の住宅を対象に、耐震化に関する助成を受けられる制度です。
住宅リフォーム助成事業は、区内に本社がある中小事業者に発注し、住宅のリフォームを行う際に受けられる助成です。対象の工事は、バリアフリー化、環境への配慮、防犯・防災対策、住まいの長寿命化のための住宅リフォーム工事および吹付アスベスト除去工事、新しい生活様式への対応工事です。
高齢者自立支援住宅改修助成事業は、高齢者の居住する住宅の改修に要する費用に助成が受けられる制度です。対象工事は、浴槽や流し、洗面台の取替えや、便器の洋式化等です。自己負担額は1~3割になります。

<助成金申請方法や注意点>
木造建築物耐震化助成事業を受けられるのは、住民税を滞納していない人です。助成を受けるにはまず事前の相談が必要です。まず耐震診断を受け、その結果Iw値が1.0未満と診断された場合、Iw値を1.0以上にする工事に助成が出ます。まず改修設計を行い、その後改修工事を行います。
非木造建築物耐震化助成事業の対象は、住宅の場合は一戸建て住宅、長屋及び共同住宅(マンションを除く)です。
住宅リフォーム助成を受けるには事前申し込みが必要です。
高齢者自立支援住宅改修助成の対象は、65歳以上の高齢者で介護保険によって要支援または要介護と認定された人です。助成を受けるには、身体状況等により住宅の改修が必要と認められる必要があります。

<お問い合わせ先>
・耐震化助成のお問い合わせ先
防災まちづくり課
TEL:03-5744-1349 FAX:03-5744-1526

・住宅リフォーム助成のお問い合わせ先
建築調整課
TEL:03-5744-1343 FAX:03-5744-1558

・区役所住所:〒144-8621 東京都大田区蒲田5-13-14

大田区は街の屋根やさん品川が対応致します

街の屋根やさん品川は東京都品川区西五反田にあります。直接のご来店によるご相談も大歓迎です。
お気軽にご来店ください。

街の屋根やさん品川
〒141-0031 東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F

お問い合わせフォーム

街の屋根やさん東京では、お住まいの点検・調査・お見積り・ご相談を無料で承っております。お気軽にご相談ください。

大田区、お問い合わせはこちらへ

屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

お問い合わせ・資料請求
新型コロナウィルス
対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について
  • 屋根リフォームの流れ
  • 徹底したお住まい調査
  • 不安ゼロ宣

言
  • 屋根のお役立ち情報
  • 当社のご案内
  • 屋根の資料請求
点検・調査・お見積りなど無料で承ります!お電話でのお問い合わせは0120-989-936へ。8時半から20時まで受付中!メールでのお問合せは24時間受付中。

点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん東京
東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
TEL :0120-989-936 
E-mail : info@sharetech.co.jp
品川支店
〒141-0031
東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
多摩川支店
〒182-0025
東京都調布市多摩川3-68-1
Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
ページトップへ戻る