無題ドキュメント

HOME > 瓦屋根は地震に弱い?地震対策チェックポイント

瓦屋根は地震に弱い?地震対策チェックポイント

更新日 : 2024年04月24日

更新日 : 2024年04月24日

瓦屋根は地震に弱い?地震対策チェックポイント

 2024年1月1日午後4時10分頃、石川県能登地方を襲った大地震。
 マグニチュードは7.6と大きく、1995年に起きた阪神・淡路大震災(M7.3)、2006年に起きた熊本地震(M6.5)を上回る規模でした。

 発生から数か月経った現在も、未だ避難者は多く、復旧にとても時間がかかっています。
 特に被害の大きかった輪島市と珠洲市では、古い住宅や建物の倒壊が目立ちました。その多くが、昔ながらの工法で建てられた瓦屋根だったことはご存知でしょうか。

 ガルバリウム鋼板やスレートなど軽量の屋根材が主流となっているなか、重い瓦屋根の耐震性を心配されている人は多いでしょう。
 瓦屋根の耐震性が気になる人へ向けて、従来工法による瓦屋根の問題点と地震対策について解説していきます。

瓦屋根の家は地震で倒壊する?

地震で倒壊した瓦屋根の家

 能登半島地震で大きな被害を受けた建物のほとんどが、昔ながらの工法で建てられた瓦屋根の家でした。
 瓦は1枚あたり約3kgの重さがあり、土葺きの土や下地の重さもあわせて1坪に換算しただけでも約240kgと相当な重量になることは想像に難くありません。

屋根の重さによる地震の揺れの違い

 瓦屋根は非常に重いがゆえに、家の重心が上がり地震時の揺れが大きくなるといわれています。そのため、近年では、重い瓦屋根より耐震性に優れたガルバリウム鋼板やスレートといった軽量の屋根材を選ぶ人が増えています。

瓦屋根から軽い屋根へ

 屋根材が軽いほど建物自体の揺れは小さくなりますが、重い瓦屋根だからといって必ずしも倒壊の危険があるというわけではありません。またガルバリウム鋼板やスレートといった軽い屋根材だから絶対に倒壊しないというわけでもないのです
 家の耐震性は、屋根の材質や重さだけでは決まらないということをまずは頭に入れておいてください。

 確かに能登半島地震で倒壊した建物のほとんどは、築年数が長く古い工法で建てられた家ばかりでした。
 しかし、瓦屋根でも、新しく制定された「ガイドライン工法」※で施工された調査対象の住宅は倒壊せずに被害を免れていたことがわかっています。
 能登半島地震で瓦屋根の家の被害が大きかったのは、昔ながらの工法で瓦が固定されていなかったこと、家そのものの耐震性能が不十分なままだったことが要因といえるでしょう。

能登半島地震後の状況,ガイドライン工法で施工した住宅の瓦屋根

※国土交通省 国土技術政策総合研究所「令和 6 年能登半島地震による建築物の津波被害及び瓦屋根の地震被害現地調査報告 速報」より引用

※「ガイドライン工法」とは
 2001年に制定された「瓦屋根標準設計・施工ガイドライン」に準拠した施工方法のこと。平部(屋根)の瓦は全て釘打ち、棟部は芯材・補強金物を用いて施工することが推奨された。

古い瓦屋根は何が問題なのか

 能登半島地震で倒壊した建物の多くが、築年数の長い耐震性能の不十分な住宅でした。
 そして、「瓦屋根標準設計・施工ガイドライン」の制定前に建てられた瓦屋根の住宅は、そのほとんどが土葺きもしくは引っ掛け桟葺きで施工されており、屋根の下地に固定されていない瓦が崩落したことで地域全体に大きな被害をもたらしました。

土葺き工法(湿式工法)

引っ掛け桟工法(乾式工法)

瓦屋根の施工方法の違い

土葺き 土で屋根瓦を固定する工法
(1923年の関東大震災と1995年の阪神・淡路大震災をきっかけに、倒壊の危険が周知され施工数は大幅に減少)
引っ掛け桟葺き 桟木を屋根の下地に留め、瓦を桟木に引っ掛けて釘で固定する工法
(瓦4枚につき釘1本を打ち付けるが、棟瓦は土と漆喰で積み上げられているのが主流)
ガイドライン工法 瓦を桟木に引っ掛けて、瓦1枚につき釘1本を打ち付けるのを最低基準とした新しい工法
地域ごとに風速や地表面区分の基準も設けられる

 昔ながらの土葺きは、土の粘着力だけで固定するため経年劣化により瓦が剥がれやすく、地震で落下する危険が非常に高くなっています。

 引っ掛け桟葺きは現在も使われている工法ですが、ガイドライン制定後は打ち付ける釘の本数が増え、明確な基準を設けたことでより頑丈で強い仕様に変わりつつあります。

 ガイドライン工法による瓦屋根が能登半島地震で落下しなかったことから、瓦屋根が地震に弱いのではなく、瓦屋根のこれまでの施工方法が地震に弱かったことが明らかになったのです。

土葺き

引っ掛け桟葺き

ガイドライン工法

 ▼関連記事 

土葺き瓦屋根を災害に強く!
築年数が長く土葺きの瓦屋根は、地震や台風対策として葺き替えが推奨されます。今のままではダメなのか?おすすめのリフォーム方法とともに解説します。

瓦屋根の地震対策

 ガイドライン工法による最新の瓦屋根は、高耐久性や美観という瓦本来の持ち味をいかしつつ、地震に備えた対災害化が進んでいます

 2022年1月からは新築住宅では全ての瓦の固定が義務付けられています。さらに、災害に強い防災瓦が使われていることがほとんどです。

建築物の瓦屋根に係る基準についてガイドライン工法を踏まえて告示基準を改正

 とはいえ、築年数が古い瓦屋根の家はまだまだ多く、予期せぬ地震で瓦の落下・倒壊してしまうリスクを抱えたままです。

 屋根は外壁とともに家を守っているとても重要な部分なので、現在古い瓦屋根の家に住んでいるという方は以下の3つの地震対策を強くおすすめします

ガイドライン工法での棟取り直し

防災瓦への葺き替え

軽量な屋根材への葺き替え

①ガイドライン工法での棟取り直し

ガイドライン工法による棟取り直し

 瓦屋根の地震対策として、まずガイドライン工法による棟取り直しが挙げられます。
 棟瓦の取り直しとは、屋根の頂点にあたる棟瓦のずれや漆喰の剥がれを一新するための補修工事です。

 瓦の棟部は経年でだんだんと固定力が弱まり、地震の際に崩れやすい部分ですから、棟だけでも地震対策をしておくことで被害を抑えられるかもしれません。
 厳しい基準の設けられたガイドライン工法では、古い棟瓦を撤去してから、棟補強金物や芯材を取り付け、防水材やシリコンを含んだ耐久性のある南蛮漆喰を用いて棟瓦を積み直します

ガイドライン工法で耐久性のある棟を実現

 昔ながらの瓦屋根は棟部を高く積み上げていることも多く、それを棟取り直しによって低く施工しなおすことでも重量が減り、耐震性と耐久性があがります。

棟部の熨斗瓦の段数を減らして軽量化

②防災瓦への葺き替え

防災瓦への葺き替え

 瓦屋根の地震対策として次に推奨したいのが、防災瓦への葺き替えです。
 防災瓦とは、従来の瓦にみられた重くて落下しやすいという弱点を見直し、地震や台風に耐えられるよう改良された瓦のことを言います。
 なかでも、ツメのついた特殊な形の瓦同士を連結させて固定するロックアームは、ずれや浮きに強く、瓦屋根全体の耐震性能を向上させています。

従来の瓦よりズレや浮きに強い防災瓦

防災瓦の特徴

チェックマーク

チェックマーク

瓦1枚1枚をツメで連結することで、ずれや浮きが起こりにくい

チェックマーク

チェックマーク

ビスや釘で1枚ずつ固定するため、落下しにくい

チェックマーク

チェックマーク

従来の瓦より10%程度軽いため、耐震性に優れている

 現在の瓦屋根のほとんどは防災瓦なので、築20年以内に建てられた比較的新しい家は心配ないでしょう。
 しかし、2001年以前に建てられてから、一度も瓦屋根を補修していなかったり、すでに瓦にずれや浮き上がりが見られたりする場合は、万が一のときに崩落してしまうことも考えられます。

 ▼関連記事 

地震に強い防災瓦とは?
地震でも安心な瓦の特徴を詳しく解説。工事事例や費用とともに防災瓦の主要製品もご紹介します。

③軽量な屋根材への葺き替え

軽量な屋根材への葺き替え

 瓦屋根の地震対策として、軽量な屋根材への葺き替えも有効です。
 瓦屋根を軽い金属屋根に葺き替えた場合、柱や壁の強度はそのままで屋根の重量だけが小さくなるため、耐震等級が上がり耐震性もアップします

耐震等級と耐震性能

瓦屋根から金属屋根に葺き替え軽量化

 瓦に代わる軽量な屋根材のなかでも、軽くて丈夫なガルバリウム鋼板は、金属屋根材として主流になってきており、新築やリフォームどちらにおいても人気を集めています。

 瓦より軽量な屋根材

チェックマーク

チェックマーク

ガルバリウム鋼板

チェックマーク

チェックマーク

アスファルトシングル

チェックマーク

チェックマーク

化粧スレート

チェックマーク

チェックマーク

樹脂繊維入り軽量瓦

ガルバリウム鋼板

ガルバリウム鋼板、重量は瓦屋根の約10分の1

 ガルバリウム鋼板屋根は、近年主流となってきている最もメジャーな金属屋根材なので聞いたことがあるという方も多いでしょう。重さは瓦屋根の約10分の1です。
 金属屋根が「暑そう」「雨音が響く」「見た目が安っぽい」などと言われていたのはもはや過去のことです。最近では、断熱材一体型だったり、遮熱塗料が塗布されていたりと、断熱性にも遮音性にも優れているものが増え、デザインもおしゃれで美観にこだわったものが豊富に揃っています。
 瓦屋根からの葺き替えには、耐久性とともに断熱性と遮音性まで兼ね備えた、見た目も美しいガルバリウム鋼板屋根がおすすめです。

アスファルトシングル

アスファルトシングル、重量は瓦屋根の約5分の1

 北米で100年以上も前から採用されているアスファルトシングルは、グラスファイバーの芯材にアスファルトを染み込ませてコーティングし、表面に石粒を吹き付けた屋根材です。
 日本国内でも、戸建ての新築工事で徐々に需要が高まってきていますよ。
 重さは瓦屋根の約5分の1です。

化粧スレート

化粧スレート、重量は瓦屋根の約3分の1

 セメントを主成分とした薄い屋根材で、重さは瓦屋根の約3分の1です。瓦に台頭し一気にシェアが増えました。
 最近では金属屋根に人気を譲りつつあるものの、比較的リーズナブルで施工ができる業者も多いことから、まだまだシェアがある屋根材です。

樹脂繊維入り軽量瓦

樹脂繊維入り軽量瓦、重量は瓦屋根の約半分以下

 製品としてはケイミュー「ROOGA」が有名です。
 瓦のような高級感のある見た目のまま、重さは半分以下、釘で1枚1枚屋根に打ち付けるので、地震での落下の心配もありません。

 ▼関連記事 

屋根材の種類を徹底解説!
リフォームするならどの屋根材が良いのか?主要な6種類の屋根材の耐用年数・費用・重さを比べました。
瓦からガルバリウムへの葺き替え
ガルバリウム鋼板製の屋根が良いというけれど、これまでずっと瓦屋根だったから不安。デザインや耐久性は?という疑問にお答えします。

 なお、瓦屋根の葺き替え工事は、住宅の防災性を向上させるとして費用の一部が助成されることがあります。
 住んでいる自治体によって助成金や補助金の制度は異なるので、工事を検討している場合はまず自治体に問い合わせてみると良いでしょう。

地震が心配な瓦屋根は、街の屋根やさんへまず相談!

築年数の長い瓦屋根の家は倒壊の危険も!

 2001年以前の瓦屋根は多くが固定されていないため、落下の恐れがあります。

 しかしそもそも築年数の長い瓦屋根の家に倒壊の危険があるのは、耐震性が十分でなく、長い年数のうちに劣化が進んでいるからです。
 家の耐震強度は屋根の重さと施工方法で大きく差が出るため、昔ながらの工法で施工されたままの瓦屋根は高い確率で崩落し、最悪家ごと潰れてしまう可能性も否定できません。

瓦屋根の葺き替えの様子

 「築30年の瓦屋根が心配…」「能登半島地震の被害は他人事と思えない」そんなお悩みを抱えているという方は、街の屋根やさんへご相談ください。

 大きな地震は、いつどこで発生するか誰も予想できません。地震で家が倒壊してから「あのとき直しておけばよかった」と後悔しても手遅れなのです。

早めのご相談がおすすめです!私たち街の屋根やさんの無料点検をご活用ください!

 私たち街の屋根やさんでは、まずは無料点検にて、屋根の修理が本当に必要かどうか、工事後に問題なく生活していけるのかなど、築年数や屋根の状態を徹底的に調査します。
 お客様立ち会いのもと、屋根を知り尽くしたプロが住まい全体をくまなく検査していきますのでご安心ください。

24時間受付お問合せフォーム

瓦屋根は地震に弱い?まとめ

●瓦屋根だから必ずしも地震に弱いわけではありません
●地震で瓦屋根の家が崩落する理由は、築年数が長くそもそもの耐震性が弱いこと、瓦屋根が昔の工法で屋根に固定されていないことが理由です
●築年数が長く地震での影響が懸念される方は以下の地震対策を推奨します
 ①崩れやすい棟部の取り直し
 ②地震や災害に強い防災瓦への葺き替え
 ③ガルバリウム鋼板などの軽量な屋根材への葺き替え
●大地震はいつどこを襲うか分かりません。一度無料点検にて屋根やお住まいを見直してみませんか

関連するブログ一覧

  • 杉並区高円寺東で屋根葺き替え工事のご提案、葺き替え工事は税込み1,097,800円から実施します!

    瓦葺き屋根

       杉並区高円寺東で建物の調査をおこないました!    屋根や外壁など建物外装全体の工事をご検討中という事で、現在の状態を調べたうえでお客様のご要望をお聞きしてご提案させていただきます。     外壁の状態    建物は木造2階建てで、屋根は瓦葺き外壁はモルタル吹き付け塗装で仕上げてあります。築年数を考えて屋根を重い瓦から軽い屋根材に変えたいという事で、葺き替え工事をご検討されています。    ...続きはこちら

  • ガルバリウム鋼板を錆びにくくするめっき層の特徴とは?屋根葺き替え・カバー工法それぞれのメリット

    ガルバリウム鋼板が錆びにくい理由

     ガルバリウム鋼板とは、アルミニウム、亜鉛、シリコンによる合金でめっきされた鋼板です。 ガルバリウム鋼板を基材とした屋根材や外壁材は現在のリフォームにおいて需要が高く、それを物語るように数多くの製品が販売されています(^▽^)/  屋根リフォームでも使用する屋根材の候補に挙がりやすいガルバリウム鋼板のメリットなどをご紹介いたします! ガルバリウム鋼板の特徴  ガルバリウム鋼板は元々アメリカの会社が...続きはこちら

  • 足立区北加平町にて築30年が経過したスレート屋根のメンテナンスのご相談をいただき無料点検を実施!屋根カバー工事と屋根葺き替え工事をご提案致しました!

    無料点検の様子  足立区北加平町にて行ったスレート屋根の無料点検の様子をご紹介致します。  「築30年が経過している屋根の塗装が剥がれておりメンテナンスを検討しているので点検してほしい。」と、お問い合わせをいただき調査にお伺い致しました。   無料点検の様子です。  梯子を使い屋根に上がるとお問い合わせのきっかけになりました塗装の剥がれを発見しました。  屋根材のスレートは塗膜で保護されており防水...続きはこちら

  • 関連する施工事例一覧

    立川市柴崎町で重い瓦屋根から耐久性が高くて軽い金属屋根への葺き替え工事!税込み1,097,800円から実施します!

    【施工内容】

    金属屋根工事 屋根葺き替え

    葛飾区水元にて樹脂製の貫板を使用した棟板金交換工事(税込473,000円)を実施!

    【施工内容】

    棟板金交換

    調布市下石原にて棟の取り直し工事を行わせていただきました、棟の取り直しは税込18,150円/mから承っております

    【施工内容】

    瓦屋根工事

    あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

     街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

    お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 神奈川県 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県

    屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

    お問い合わせ・資料請求
    • 屋根リフォームの流れ
    • 徹底したお住まい調査
    • 不安ゼロ宣

言
    • 屋根のお役立ち情報
    • 当社のご案内
    • 屋根の資料請求
    点検・調査・お見積りなど無料で承ります!お電話でのお問い合わせは0120-989-936へ。8時半から20時まで受付中!メールでのお問合せは24時間受付中。

    点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

    株式会社シェアテック
    街の屋根やさん東京
    東東京支店
    〒132-0023
    東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
    TEL :0120-989-936 
    E-mail : info@sharetech.co.jp
    多摩川支店
    〒182-0025
    東京都調布市多摩川3-68-1
    Copyright © 2024 街の屋根やさん All Rights Reserved.
    ページトップへ戻る