無題ドキュメント

HOME > 屋根修理の相場と後悔しない工事を行う方法をご紹介

屋根修理の相場と後悔しない工事を行う方法をご紹介

知っておきたい屋根修理の相場と後悔しない工事を行う方法。高額な請求、ずさんな工事などのトラブルを未然に回避!

 築年数の経過から屋根リフォームをしよう、自然災害で思いがけず屋根修理が必要になった、急に雨漏りを起こしてしまった。事情や状況は様々ですが、思いの外皆さんが考えているよりも修理を検討する機会が多いのが屋根です。
 一般的には築10年程度で初めてのメンテナンス、施工方法によって異なるものの築20年程度で2度目のメンテナンスを検討されるかと思いますが、災害に見舞われた場合などは悠長に構えてられません。ライフプラン設計・維持の為にも、あらかじめどの程度の費用が必要になるのか、どの程度準備しておけば良いのかを把握しておくことで、安心や生活のゆとりを得られるかと思います。
そこで今回は私たち街の屋根やさんが屋根修理の相場をご紹介したいと思います。もちろん屋根の面積や使用している屋根材、必要な修理によって費用が異なりますが、相場が分かっていればあまりに高額な金額での契約、杜撰な工事の上二度手間といったトラブルを起こすリスクを避けられます。相場よりもっと詳しく知りたいという方はお気軽に私たち街の屋根やさんにご相談ください。

屋根修理の相場を一挙ご紹介

 まずは皆さんが最も気になっている費用、屋根修理の相場をご紹介します。

瓦修理の相場

瓦の差し替え 30,000円〜50,000円
(税込 33,000円〜55,000円)
漆喰詰め直し 30,000円〜300,000円
(税込 33,000円〜330,000円)
谷板金交換 20,000円〜100,000円
(税込 22,000円〜110,000円)
棟の取り直し 60,000円〜600,000円
(税込 66,000円〜660,000円)
葺き直し 300,000円〜,1,500,000円
(税込 330,000円〜1,650,000円)

瓦の差し替え (¥30,000〜50,000)

瓦の差し替え

瓦の差し替え 30,000円〜50,000円(税込33,000円〜55,000円)

瓦の差し替えbefore after

 飛来物によって瓦が割れてしまうトラブルはよくありますが、通常は差し替えで対応可能です。周囲の瓦を容易に外せる状態であればそれほど高い修理にはなりませんが、釘止めされている防災瓦などの場合は破損した周囲の瓦は全て取り外さなければならない為、葺き直し工事の費用を参考に考えましょう。
 セメント瓦は廃盤になり在庫も数少ない為、一部分が欠損してしまった場合葺き替え工事を余儀なくされるケースが多々存在します。継続的なメンテナンスもしくは葺き替えを検討していきましょう。
※築年数が経過している場合は差し替えた瓦のみ色が異なりますのであらかじめご了承ください。

防災瓦についてはこちら


セメント瓦の修理方法について詳しくはこちら

漆喰詰め直し (¥30,000〜300,000)

漆喰詰め直し

漆喰詰め直し 30,000円〜300,000円(税込33,000円〜330,000円)

漆喰詰め直しbefore after

 漆喰は大棟(両側面)、隅棟及び瓦の形状や種類によっては下屋根の雨押え(外壁との取り合い部分)にも施工されています。もちろん部分的な漆喰詰め直し工事も可能ですが、一部分が剥がれている場合他の部位も少なからず劣化している為、雨漏りや瓦のずれを防ぐためにも全体的な補修がオススメです。
既存漆喰を撤去せずに重ねて施工する詰め増し工事の方が安価ですが、剥がれるリスクを考え私たち街 の屋根やさんは推奨しておりません。

漆喰工事についてはこちら

谷板金交換 (¥20,000〜100,000)

谷板金交換

谷板金交換 20,000円〜100,000円(税込22,000円〜110,000円)

谷板金交換before after

 半永久的に使用できると言われている瓦屋根でも劣化してしまうのが板金部分です。屋根の形状によってはある谷板金は、錆びにくく劣化しにくいステンレスや銅、ガルバリウム鋼板で施工されていますが、劣化が進行すると錆や穴あきを起こし雨漏りを起こしてしまいます。谷板金のみを修理する場合は周囲の棟・瓦を取り除く必要があるため、別箇所のメンテナンスを行う際に合わせて行っておくことが大切です。

谷板金についてはこちら

棟の取り直し (¥60,000〜600,000)

棟の取り直し

棟の取り直し 60,000円〜600,000円(税込66,000円〜660,000円)

棟の取り直しbefore after

 漆喰の劣化や地震をきっかけに棟の並びが徐々に崩れてしまうのが瓦の難点です。棟はお住まいによって段数も施工方法も異なりますので、お住まいに合わせて乾式工法等、最適な修理方法をご提案致します。 漆喰や棟の取り直しも部分的な修理であればそれほど高くありませんが、入母屋屋根のお住まいなどは必然的に棟も高く屋根も大きい為、費用も高額になります。

乾式工法についてはこちら

葺き直し (¥300,000〜1,500,000)

葺き直し

葺き直し 300,000円〜1,500,000円(税込33,000円〜1,500,000円)

葺き直しbefore after

 既存の瓦を再利用し葺き直す工事です。この際に防水紙を施工し直すことが出来る為部分的な修理には最適ですが、全面改修時には葺き替えの方がお薦めです。長く使用している瓦は強風等でずれるうちにぶつかり合い、角が丸みを帯びる為ずれやすさを助長してしまうのです。また一文字葺きは、通常の瓦と違い軒先の納めが全く変わる為に金額が大きく変わるほか、しっかり施工するためには雨樋の脱着も必要となり別途料金もかかります。新規屋根材が不要なため安いかと思いきや、破損させないために慎重に扱う分手間もかかり高額になりますので、葺き替えとの比較を行いましょう

葺き直し工事について詳しくはこちら

スレート修理の相場

屋根材のひび割れ 10,000円〜10,000円
(税込 11,000円〜33,000円)
屋根材の割れ・欠損 10,000円〜50,000円
(税込 11,000円〜55,000円)
棟板金交換 30,000円〜150,000円
(税込 33,000円〜165,000円)
屋根塗装 400,000円〜800,000円
(税込 440,000円〜880,000円)
屋根カバー工法 800,000円〜,1,200,000円
(税込 880,000円〜1,320,000円)
屋根葺き替え工事 600,000円〜,2,000,000円
(税込 660,000円〜2,200,000円)
足場架設工事 100,000円〜200,000円
(税込 110,000円〜220,000円)

屋根材のひび割れ (¥10,000〜30,000)

屋根材のひび割れ補修

屋根材のひび割れ 10,000円〜30,000円(税込11,000円〜33,000円)

屋根材のひび割れbefore after

 厚み 5 mmの硬い化粧スレートは、劣化や強風でひび割れを起こすことがあります。ひび割れが多いからといって雨漏りを起こすわけではありませんが、放置すればするほどスレートが割れ、防水紙が露出する機会が増えてしまうため、早い段階でのシーリング補修がオススメです。通常であれば屋根塗装メンテナンスと同時に行う為、単体で行う事はありませんが見つけたタイミングでの修理が大事です。
※クボタのアーバニーやコロニアル NEO、グリシェイド NEO、ニチハのパミールは屋根材自体に問題があるため、シーリング補修では改善できません。

ニチハパミールの特徴について詳しくはこちら

屋根材の割れ・欠損 (¥10,000〜50,000)

屋根材の割れ・欠損補修

屋根材の割れ・欠損 10,000円〜50,000円(税込11,000円〜55,000円)

屋根材の割れ・欠損before after

 強風での煽り・飛来物によりスレートも割れてしまう事があります。この際理想的な修理は破損した部分までスレート屋根材を剥がし交換、元通りに復旧していく施工です。しかしスレートは剥がすタイミングで割れれば再利用も出来ず棟板金も取り外す必要があるため、葺き直し工事と同じ考えで臨まなければなりません。
費用をかけたくない、雨漏りを一先ず防ぎたいという方にご提案するのは割れたスレートをシーリング材で接着する方法です。但しあくまで応急処置・一時凌ぎです。いずれは広範囲での修理が行えるよう頭に入れておきましょう。

軽微な修理について詳しくはこちら

棟板金交換 (¥30,000〜150,000)

棟板金交換

棟板金交換 30,000円〜150,000円(税込33,000円〜165,000円)

棟板金交換before after

 台風通過時に最も多くご相談をいただくのが棟板金の飛散です。築 10 年を過ぎ、まだメンテナンス等を行っていないというお住まいはいつ被害が生じてもおかしくありません。棟板金と同時に、経年劣化や腐食により割れや痩せを起こしてしまう貫板と呼ばれる下地材も交換します。棟板金交換のメインは貫板の交換といっても過言ではありません。より強固に固定できるよう私たち街の屋根やさんでは、新築時の釘止めとは違いステンレス製のビスで固定しますので修理後は安心です。金属屋根材・アスファルトシングルの場合も棟板金が飛散してしまうという事がありますので、上記を参考にメンテナンスをご検討ください。

棟板金交換工事について詳しくはこちら

屋根塗装 (¥400,000〜800,000)

屋根塗装

屋根塗装 400,000円〜800,000円(税込44,000円〜880,000円)

屋根塗装before after

 吸水性の高いスレート・セメント瓦、錆びてしまうトタン屋根、表面保護が推奨されているアスファルトシングルは定期的なメンテナンスとして屋根塗装を行います施工面積・使用する塗料によって費用は大きく異なりますが、今後のメンテナンスサイクルを考慮し決めていきましょう。またこの際に棟板金や屋根材をまとめて修理することで、個別にメンテナンスを行うよりも安価に施工することが出来ます。

屋根・外壁塗装について詳しくはこちら

屋根カバー工法 (¥800,000〜1,200,000)

屋根カバー工法

屋根カバー工法 800,000円〜1,200,000円(税込88,000円〜1,320,000円)

屋根カバー工法before after

 瓦以外の全面改修時になるべく費用を抑えたい場合の選択肢が屋根カバー工法です。こちらも施工面積・使用する屋根材によって費用が異なりますが、屋根材を二重に仕上げることで断熱性・遮音性も向上します。注意点としてはまず屋根材を重ねて施工するため、重量が重くなりお住まいにも負担をかけてしまいます。そのため軽量な金属屋根材など、使用出来る屋根材に制限がかかります。屋根の勾配によっては金属屋根材も限られますので、見積り時の確認が重要です。
雨漏りが酷く下地まで腐食している、築年数が経過し野地板が傷んでいる場合は、修理が出来ない為葺き替え工事に切り替える必要があります。

屋根カバー工法について詳しくはこちら

屋根葺き替え工事 (¥600,000〜2,000,000)

屋根葺き替え工事

屋根葺き替え工事 600,000円〜2,000,000円(税込660,000円〜2,200,000円)

屋根葺き替え工事before after

 既存屋根材を撤去し新規屋根材で葺き替える工事です。新たに使用する屋根材によって費用が大きく異なりますが、原則として既存屋根材よりも軽量な屋根材しか使用できません。
また葺き替え費用を左右するのは下地の補修です。築年数と状態次第にもなりますが、野地板の張替または増し張りは基本的に必要ですので割高となります。

屋根葺き替え工事について詳しくはこちら

足場架設工事 (¥100,000〜200,000)

足場架設工事

足場架設工事 100,000円〜200,000円(税込100,000円〜220,000円)

 高所作業にあたる屋根工事は危険ですので、足場架設工事がほとんどのケースで必要になります。また屋根修理時に埃やごみの飛散が考えられる場合は、メッシュシートも欠かせません。工事後に残るものではなく、無駄な印象が大きいと思いますが最低限必要な経費です。

足場の有効活用について詳しくはこちら

雨漏りの相場は?

雨漏り被害

 屋根修理を検討するきっかけの一つに雨漏りがありますよね?雨漏りを修理する場合の相場は ¥30,000〜2,000,000 と、正直なところ参考になりません。これはシーリング補修から屋根葺き替え工事の範囲を表していますが、その雨漏りの原因と補修方法は調査してみないと分からないからです。よく小規模な補修の場合と表記されていることもありますが、小規模がどの程度を指しているかもわかりませんよね?天井に雨染みがあればその補修内容が小規模と言えど、住まわれている方からすれば一大事です。

雨漏り修理相場 30,000円〜2,000,000円(税込33,000円〜2,200,000円)

雨漏りの原因と適切な補修補法はしっかりとした調査を行うことで分かります

 雨漏りを起こしてしまっている場合は一つ、私たち街の屋根やさんにご相談ください。室内の状態を確認させて頂く為、お立合いの上雨漏りの原因を追究し、最適な屋根修理をご提案させて頂きます。最終的な費用を抑えるために散水試験をご提案させて頂くこともありますが、むやみやたらに修理を重ねるよりもはるかに効果的です。

散水試験

 雨漏りは放置すればただ被害を拡大させてしまうだけですので、最低限の修理でも適切に行っておくべきです。補修範囲によっていくつか補修内容を提示させて頂くことも可能ですので、しっかり相談した上で補修方法を決めていきましょう。

雨漏りでお困りの方はこちら

台風・雹・積雪による被害には火災保険の利用を!

 屋根修理の方法と相場を簡単にご紹介しましたが、簡単な屋根修理一つとっても「高い」と思われる方も多いでしょう。セメント瓦で 1 枚欠損してしまい、150 万円の葺き替え工事が必要と言われること程の悲劇はありませんよね?

セメント瓦の破損

 しかしこの瓦が破損してしまった原因が台風や突風によるものであればどうでしょう?更に火災保険に加入されていればまさに不幸中の幸いです。火災保険は近年認知されてきていますが、台風や積雪・雹等の自然災害での破損を修理する際に利用することが可能です ( 加入条件のご確認をお願いいたします )。

自然災害で屋根が破損してしまった場合火災保険や共済を利用することが可能です!

 原則は「原状復旧」です。つまり破損した部分のみの復旧工事が対象となります。但し廃盤で代替品もないセメント瓦の場合、復旧自体が不可能な為同等品での葺き替えが申請できます
これはあくまで一例ですが、火災保険を利用することで「高い」と感じていた屋根修理を自己負担なく行えることもあります。

原状回復○

もちろん今回伝えたいことは屋根修理の相場を把握した上でメンテナンスに活用し、後悔のない屋根工事を行いましょう!という事です。しかし自然災害が原因で破損してしまった場合には火災保険や共済も利用し、自身に負担がない屋根修理を行う事も大事です。台風によって雨漏りが生じた際にも火災保険が適用となりますので、お早めにご相談ください。

火災保険を活用した屋根工事や申請のお手伝いは私たち街の屋根やさんにお気軽にご相談ください!

火災保険について詳しくはこちら


無料点検について詳しくはこちら

屋根修理を安く抑えるためには?

 相場を把握した上でやはり「なるべく安く仕上げたい!」「より良く仕上げたい!」と考えますよね?当然です。相場内での提案・信頼できそうな人柄、最後にチェックして頂きたいのが見積もりの内訳です。
全体的な費用としては似通っていても、中には中間マージンや広告宣伝費が余計にかかっているハウスメーカーや工務店があります。当然運営のためには必要な経費ですが、屋根材がその分安価なものに変わっていないか等はチェックしておきましょう。

街の屋根屋さんは直接一括施工のため中間マージンをカット

見積もり内容の内訳を確認しましょう!

私たち街の屋根やさんはインターネットでの集客を行っており、広告宣伝費等に余計なコストをかけておりません。そのためお客様にとって最適な屋根修理を適切な価格でご提案させて頂いておりますのでご安心ください。

屋根工事料金プランはこちら

後悔しないために!お住まいで気になることはぜひ私たち街の屋根やさんにご相談ください!

屋根修理の相場と後悔しない工事を行う方法まとめ

●屋根修理の相場はお住まいの状態と施工内容、面積や長さ等の数量によって大きく異なります。あくまで参考の費用としてご紹介しておりますので、相場よりも詳しい費用を知りたい方は無料調査をご利用ください。

●雨漏りを起こしてしまっている場合は原因追及が最優先です。原因に合わせて適切な屋根修理をご提案させて頂きますので、費用をなるべく抑えた上で補修をしたいという方はお気軽にご相談ください。

●台風等の自然災害で屋根が破損してしまった場合は火災保険や共済を利用することが出来ます。特に火災保険の場合は自己負担なく原状復旧を行える可能性がありますので、加入条件等の確認をしておきましょう。

●屋根修理の相場を把握した上で更に後悔のない工事を行うためには、見積り内容の内訳を確認することです。希望に添った屋根材であるのか、余計なコストがかかっていないかを確認した上で信頼できる屋根工事業者に依頼しましょう。

関連するブログ一覧

  • 小金井市緑町で割れたスレートを屋根工事までのあいだ仮固定します

    補修作業

     小金井市緑町で屋根の補修工事をおこないました。  スレートにひび割れが入っていてズレ落ちてしまいそうになっています。この様なクラックが屋根全体に入っており、メンテナンスとしては屋根カバー工事や葺き替え工事などの屋根工事が必要です。  今後屋根工事を進める予定なのですが、工事までの間このままの状態にしてしまうと割れたスレートが落下して危険ですので、工事期間迄の仮固定をおこなう事になりました。 スレ...続きはこちら

  • 漆喰の劣化は瓦屋根に悪影響!詰め直しでメンテナンス|大田区大森

    本日は大田区大森の立派な瓦屋根のお宅へ無料点検に伺いました。 ご相談内容は「屋根の上に漆喰が剥がれて落ちているので早めに修繕して欲しい。」とのことです。 お客様は漆喰が剥がれることで瓦が崩れてしまうのではないかと心配されていました。 ご心配事を解決するため、早速屋根に上って劣化状態を確認させていただきました。 漆喰の劣化具合の確認   お客様の仰るように屋根の上には漆喰が落ちており、しかもかなり大...続きはこちら

  • 世田谷区赤堤で強風で捲れたトップライトのエプロンの補修工事

    エプロンが捲れていました

     世田谷区赤堤で屋根の調査をおこないました。  下から屋根を見ると何かが捲れているのが見えるという事でお問合せをいただきました。調査に伺うと瓦葺きの屋根にはトップライト(天窓)が取り付けてあるのですが、トップライトの下部分が捲れていました。トップライトは屋根に穴を開けて取り付けますので、雨水が入り込まない様に水切りを取り付けてあります。瓦の場合は雨水を瓦の上に流す様にするために蛇腹状になったエプロ...続きはこちら

  • 関連する施工事例一覧

    八王子市中野町で強風で落下したモニエル瓦のケラバを修理します

    【施工内容】

    屋根補修工事 瓦屋根工事

    杉並区下高井戸で台風で飛ばされた板金は、木下地を直してガルバリウム鋼板を貼ります

    【施工内容】

    屋根補修工事 金属屋根工事

    八王子市下恩方町で強風で飛んでしまった工場の大波スレートを新しく交換します

    【施工内容】

    屋根補修工事 スレート屋根工事

    あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

     街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

    屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

    お問い合わせ・資料請求
    新型コロナウィルス
    対策について
    オンラインでの無料相談・ご提案について
    台風16号接近中、台風への備えは出来ていますか? 台風16号接近中、台風への備えは出来ています>か?
    • 屋根リフォームの流れ
    • 徹底したお住まい調査
    • 不安ゼロ宣

言
    • 屋根のお役立ち情報
    • 当社のご案内
    • 屋根の資料請求

    点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

    株式会社シェアテック
    街の屋根やさん東京
    東東京支店
    〒132-0023
    東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
    TEL :0120-989-936 
    E-mail : info@sharetech.co.jp
    品川支店
    〒141-0031
    東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
    多摩川支店
    〒182-0025
    東京都調布市多摩川3-68-1
    Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
    ページトップへ戻る