無題ドキュメント

豊島区で屋根工事・雨漏り修理なら街の屋根やさん東京

豊島区で屋根のことなら街の屋根やさんにお任せください!

豊島区で屋根のことなら街の屋根やさんにお任せください!

豊島区で屋根工事の依頼が初めての方へ

雨漏りにお困りの豊島区にお住まいの方へ雨漏り修理15000円~

豊島区で屋根工事をお考えの方各工事はこちらから

豊島区は街の屋根やさん東京が対応致します

街の屋根やさん東京
〒132-0023 東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1

<?php echo 豊島区; ?>での屋根工事は東京

工事メニューと価格

工事メニューと価格

屋根葺き替え 屋根カバー 漆喰工事
屋根塗装・外壁塗装 棟板金工事 雨樋工事
防水工事 アパートマンションメンテナンス
火災保険 施工の流れ 瑕疵保険
無料点検

工事メニューと価格

工事メニューと価格

豊島区で屋根葺き替え 豊島区で屋根カバー 豊島区で漆喰工事 豊島区で屋根塗装・外壁塗装
豊島区で棟板金工事 豊島区で雨樋工事 豊島区で防水工事 豊島区でアパートマンションメンテナンス
豊島区で火災保険 豊島区で施工の流れ 豊島区で瑕疵保険 豊島区で無料点検

豊島区にお住まいの方へ

 豊島区で屋根のリフォームをご検討している皆様、屋根の工事では業者選びが肝心です。せっかく工事を行っても、その後に不具合が発生してしまっては意味がありません。
 業者を選ぶ際には、お見積りの内容や口コミなどを比較して、信頼のできる業者を選びましょう。施工事例や現場ブログでは、点検、工事の様子が細かく書かれていますので、会社の雰囲気を知る良い判断材料になると思います。業者選びにお悩みの方、相見積のご相談もお気軽にお問合せください。
 こちらのページでは、豊島区で実施した施工事例やお客様からのアンケート、現場ブログ、助成金制度についてご紹介しています。屋根以外にも様々な工事を行っていますので、お住まいのリフォーム工事をご検討された際には是非、ご相談ください。

豊島区で行った施工事例をご紹介

豊島区高田にて強風の影響により飛散した棟板金の交換工事を実施、貫板に樹脂製貫板を使用致しました

【施工前】
豊島区のビフォー写真

【施工後】
豊島区のアフター写真

【お問い合わせのきっかけ】
 豊島区高田にお住まいのS様邸にて行った棟板金交換工事の様子をご紹介致します。「屋根の棟板金が剥がれて落下してしまったので見に来てほしい。」と、お問い合わせをいただき調査にお伺いすると瓦棒屋根の棟部分がブルーシートで養生されておりました。S様に養生の件をお伺いしたところ、訪問業者が来た際にS様の許可なく養生を行ったとの事でした。突然、訪問され屋根葺き替え工事をご提案して帰ったとの事ですが、お見積内容の詳細を聞くと屋根の面積が多く見積もられているのではないかと不安になり私たち街の屋根やさんにお問い合わせをしてくださったとの事でした。  梯子を使い屋根に上がり養生を捲ると棟板金を固定する下地材の貫板が劣化して腐食している状態でした。棟板金の落下や飛散は木製の貫板が劣化してしまい、固定する力が弱くなる事が原因として挙げられます。また、屋根材の下に敷設されている防水紙が露出している状態でした。防水紙が露出してしまうと紫外線や雨水などの影響で劣化が早まってしまい雨漏りの原因になりますので早めの対応が必要になります。  屋根全体を調査すると屋根材の塗膜が剥がれており錆ている状態でした。また、瓦棒を固定している釘や飛散していない箇所の棟板金を固定している釘が浮いており、こちらもメンテナンスが必要な状態でしたが、建て替えを検討しているという事で必要最低限のメンテナンスをご希望でしたので剥がれてしまった部分のみの棟板金交換工事をご提案したところ工事のご依頼をいただきました。

【工事内容】
棟板金交換
【工事詳細】
使用材料
GL鋼板 樹脂製貫板
施工期間
1日間
築年数
築40年程
平米数
4.0m

調査の様子

棟板金が剥がれた瓦棒屋根の調査  棟板金が剥がれた瓦棒屋根の調査

 調査の様子です。梯子を使い屋根に上がると瓦棒屋根の棟板金にブルーシートで養生がされていました。訪問業者がお客様の許可なく養生を行ったとの事でした。棟板金が剥がれた場合や屋根材に不具合が発生した場合は応急処置として養生を行う事で雨漏りのリスクを軽減します。あくまでも応急処置になりますので早めの対応が必要になります。また、時々お客様ご自身で屋根の上に上がり養生を行う方がいらっしゃいますが、屋根の上は高所になり強風が突然吹く事がありますので落下に繋がります。お家が心配でも無理はせず、私たち街の屋根やさんにお気軽にお問い合わせください。

棟板金が剥がれた瓦棒屋根の調査  棟板金が剥がれた瓦棒屋根の調査

 養生のブルーシートを捲った様子です。切妻屋根の端部の棟板金と棟板金を固定している下地材の貫板は残っている状態でした。

棟板金の下地材の貫板の劣化

続きはこちらから

豊島区南長崎で強風で剥がれたALC外壁に貼られた金属サイデイングの貼り替え工事を行いました

【施工前】
豊島区のビフォー写真

【施工後】
豊島区のアフター写真

【お問い合わせのきっかけ】
 豊島区南長崎の築40年超、鉄骨造4階建てマンションのオーナー様のS様より私たち「街の屋根やさん」に強風でサイデイングの一部が剥がれて折れ曲がったしまった。危険なため早急に修繕を検討しているが、築年数もあるので過剰な工事は避けたい、というお問い合わせを頂きました。火災保険を申請することも検討しているとのことでした。  相見積もりの他社様と競合となりましたが、私たち「街の屋根やさん」の火災保険申請に対する見積内容の細かさや実工事の内容がs様のご要望に合っているという事で今回、金属サイディング貼り工事を承らせていただくことになりました。  イメージ通りの仕上がりに満足いただける工事となりました。

【工事内容】
ガルバリウム鋼板 その他の工事
【工事詳細】
使用材料
ニチハ センターサイディング ウレタン(A型)
施工期間
仮設含め1週間(実働2日半)
築年数
40年超
平米数
約23㎡

ALC外壁に貼られた金属サイディングが剥がれた原因は?

破損部

 豊島区南長崎のお客様から、外壁に貼られている金属サイデイングの一部が剥がれてしまった、という事で私たち「街の屋根やさん」にお問合せを頂きました。現地に伺いすぐに破損の状況はわかりましたが、外壁の途中までしか金属サイディングが貼られていません。お話を聞いていくと、今までは隣に建物が建っており、その部分は施工が出来ていなかったようです。今まではその建物で風が防がれていたのですが、建物が無くなってしまったことで風の影響をダイレクトに受けてしまったようです。また、金属サイディングが貼ってある部分も下端の処理が出来ていないため強度的にも弱かったことが考えられます。

外観 隣地との関係

 ご覧の通り、お隣の建物があった部分は更地になってしまっています。

未施工部 隣地との境界

続きはこちらから

豊島区で行ったその他の施工事例をご紹介

豊島区で屋根工事を行ったお客様の声

天井材が剥がれてきてしまった豊島区西池袋のS様邸、状態を確認させていただきました

【施工前】

豊島区工事前アンケート!

Q2.工事を検討したきっかけは何ですか?どんなことで悩まれていましたか?
天井が下がってきた
Q3.弊社をどのように探しましたか?
インターネット
Q4.弊社を知りすぐにお問合せをされましたか?もし悩まれたとしたらどんなことがご不安でしたか?
はい。悪徳に引っかかったら・・・と不安でした。
Q5.何が決め手となり弊社にお問合せをされましたか?
他の人のアンケート(ネット) 信頼できそうでした。
Q6.実際に弊社担当者がお伺いしていかがでしたでしょうか?
とても感じの良い方で安心しました。工事、どうぞよろしくお願いします。

お客様の声一覧はこちら

豊島区での現場ブログをご紹介

豊島区で行われた日々の現場ブログをご紹介いたします。

2021/12/19 豊島区上池袋で棟板金修繕のご相談、現地調査にお伺い致しました 豊島区上池袋で棟板金修繕のご相談、現地調査にお伺い致しました

 豊島区上池袋で棟板金に浮きが発生しているとのご相談を頂き、先ずは状況確認の為現地調査にお伺い致しました。寄棟形状のスレート屋根の頂上部の大棟、それと隅棟板金に浮きが見られ、経年劣化と言うよりも強風災害による影響と推測される状況でした。 棟板金の調査  こちらが浮いてしまってい...続きを読む

2021/9/22 豊島区高松ではスレートに変色が発生、塗膜が劣化したことで苔が繁殖していました 豊島区高松ではスレートに変色が発生、塗膜が劣化したことで苔が繁殖していました

 豊島区高松にお住いのI様より、「屋根の状態が悪くなってきているようなので、どんなメンテナンスが必要かを知りたい」とのご相談を頂きました。屋根は化粧スレートを使用しており、築12年目になるとのことです。化粧スレートはセメントベースの屋根材であり、防水性を備えていません。そのため、まずはスレートを保...続きを読む

2021/4/17 豊島区南大塚で屋上ハッチのドーム型カバーの交換調査に伺いました 豊島区南大塚で屋上ハッチのドーム型カバーの交換調査に伺いました

 豊島区南大塚のお客様から、屋上ハッチについているドーム型カバーから雨漏りが発生しているので交換工事の見積もりが欲しいとのご依頼を頂き、調査に伺って参りました。お建物は5階建てです。この地域は2017年に大きな雹が降ったエリアですので、その雹の影響を受けたものと考えららそうです。早速調査にお伺いさせ...続きを読む

2021/3/22 豊島区南長崎で屋上陸屋根に高強度のウレタン塗膜防水を行います 豊島区南長崎で屋上陸屋根に高強度のウレタン塗膜防水を行います

 豊島区南長崎で以前より雨漏り修理工事でお世話になっているお客様からご依頼を頂き、屋上陸屋根への防水工事を行う事になりました。屋上にある天窓周辺からの雨漏りにお悩みだったのもあります。いつも雨漏りするわけではないのですが台風などの暴風雨の際に雨漏りを起こすようです。そのようなこともあり屋上の防水工事...続きを読む

2020/12/19 豊島区池袋本町で三階建て陸屋根の防水工事を始めました 豊島区池袋本町で三階建て陸屋根の防水工事を始めました

 豊島区池袋本町で三階建てALC住宅の陸屋根直下の三階の雨漏りの調査を行った結果、笠木部分からの浸水が濃厚となり防水工事を行う事になりました。雨漏りを止めるには笠木部分の処理だけでも良かったのかもしれませんが、よくよくいろいろと調査を行っていくと、以前に行われている工事も不安になる箇所が発見され、防...続きを読む

2020/12/16 豊島区池袋本町で陸屋根三階建ての三階の雨漏りの調査を行いました 豊島区池袋本町で陸屋根三階建ての三階の雨漏りの調査を行いました

室内の雨漏りはどこから?  豊島区池袋本町のお客様から陸屋根三階建ての三階の角の部分のクロスが剥がれて来てしまいカビも生えてきていることから雨漏りではないか?という事で私たち「街の屋根やさん」にお問合せを頂きました。新型コロナウイルス感染拡大防止対策を行って調査にお伺いさせていただきました...続きを読む

2020/10/3 豊島区東池袋で風が吹くとパタパタ音がするというコロニアル屋根の点検に伺いました 豊島区東池袋で風が吹くとパタパタ音がするというコロニアル屋根の点検に伺いました

 豊島区東池袋にお住いのお客様から「風が吹くと屋根の方からパタパタと音がするので原因を調べてほしい。」という内容のお問い合わせを私たち「街の屋根やさん」に頂き調査に伺って参りました。築年数は40年程経っているとのことです。瓦屋根だったのを丁度、東日本大震災の時に葺き替え工事を行ったという情報を頂きま...続きを読む

2020/4/27 豊島区南長崎で瓦棒屋根の点検調査、錆などの経年による劣化症状が有りました 豊島区南長崎で瓦棒屋根の点検調査、錆などの経年による劣化症状が有りました

 豊島区南長崎で建てられてから50年以上経過しているトタン製の瓦棒屋根のお住まいのお客様よりメンテナンスをご相談を頂き、早速点検調査にお伺い致しました。これまでご自身で何度かお手入れをしてきたそうですが、ここ10年以上は殆どメンテナンスを行っていないとのお話でした。 トタン製の瓦棒屋根 ...続きを読む

2020/2/12 豊島区駒込で台風によるご被害の波板交換工事、火災保険を使用して修繕工事を行いました 豊島区駒込で台風によるご被害の波板交換工事、火災保険を使用して修繕工事を行いました

豊島区駒込で昨年の台風19号によるご被害でベランダの波板が飛ばされてしまい、火災保険を使用しての修繕工事のご相談をお受け致しました。現地調査、被災状況写真やお見積書のとりまとめ作成を経て火災保険を申請、約ひと月の承認期間が有りましたが、保険承認もおりて持ち出しが無く修繕工事を施工する事が出来ました。...続きを読む

2020/2/2 豊島区北大塚で台風被害で飛散してしまった棟板金の交換工事を行いました 豊島区北大塚で台風被害で飛散してしまった棟板金の交換工事を行いました

豊島区北大塚で台風のご被害により、棟板金が飛ばされてしまったとのご相談をお受けし修繕工事を行いました。現地の状況確認後、火災保険の申請を行い無事火災保険の承認が下りたところで工事の段取りを行い施工させて頂きました。 棟板金の交換開始   棟板金の交換工事を開始です。貫板は従来木材が使用され...続きを読む

2020/1/17 豊島区長崎で台風で飛んだコロニアル屋根の補修工事を行いました 豊島区長崎で台風で飛んだコロニアル屋根の補修工事を行いました

豊島区長崎のお客様は台風15号の強風でコロニアル屋根の一部を飛ばされてしまいました。屋根といっても壁の様に切り立った屋根の一番上の部分の数枚が飛ばされてしまっておりました。まだ築年数も浅いのですが自然の力にはかなわなかったようです。マンションが細い通りを隔てて建っているのですが、それも影響したのかも...続きを読む

2019/12/6 豊島区上池袋で台風で飛んだトタン瓦棒屋根にカバールーフを使用して屋根カバー工事を行いました 豊島区上池袋で台風で飛んだトタン瓦棒屋根にカバールーフを使用して屋根カバー工事を行いました

豊島区上池袋のお客様の屋根は台風で被災し、棟板金が飛ばされてしまっておりました。棟板金を火災保険を使って復旧工事をすることになったのですが、お話を伺うと「雨漏り」にもお困りだったことがわかりました。雨漏りはどうやら経年劣化しサビが酷くなったトタン瓦棒屋根面のどこかから発生しているようです。このような...続きを読む

2019/10/29 豊島区北大塚で台風被害により棟板金が飛散、ブルーシート養生を行いました。 豊島区北大塚で台風被害により棟板金が飛散、ブルーシート養生を行いました。

豊島区北大塚で瓦棒屋根の棟板金が、台風15号による暴風の影響で屋根からめくれ飛散しそのまま敷地内に落下してしまいました。お客様からご相談を受け現地調査へ伺い、ブルーシート養生で応急処置を行いましたが、こう言った処置も火災保険の申請が行えます。 瓦棒屋根の棟板金が飛散し敷地内へ落下   この...続きを読む

2019/10/1 豊島区上池袋にて台風15号で棟板金を飛ばされた瓦棒屋根の調査に伺いました 豊島区上池袋にて台風15号で棟板金を飛ばされた瓦棒屋根の調査に伺いました

豊島区上池袋のお客様の瓦棒屋根の棟が台風15号で飛ばされてしまいました。板金だけではなく木材の貫板も飛ばされてしまっておりました。飛ばされた板金側は道路になっている為ちょうど強風の通り道になってしまったのかもしれません。マンションとビルのはざまでもあったことも影響していそうでした。木材の貫板が引きち...続きを読む

2019/9/8 豊島区長崎で雨漏り調査のために天井点検口を作成しました 豊島区長崎で雨漏り調査のために天井点検口を作成しました

豊島区長崎のお客様の家は三階建ての木造住宅です。築年数は17年ほどとのことですが10年ほど前から二階のリビング掃き出し窓の上枠から雨漏りが発生したとのことでした。家を施工された会社は倒産してしまって、困って「街の屋根やさん」にご相談を頂きました。雨漏りの解消になるかと考えて数年前に屋根外壁塗装と三階...続きを読む

2019/7/7 豊島区高松で屋根塗装工事をご検討のお客様へ!雹災の跡を見逃さないでください 豊島区高松で屋根塗装工事をご検討のお客様へ!雹災の跡を見逃さないでください

豊島区高松のお客様から屋根外壁塗装調査のご依頼を頂きました。豊島区や荒川区、北区、文京区は一昨年前の7月に大きな雹が降った地域です。屋根外壁塗装調査の際にはその被害の痕跡があるケースがあります。その場合は火災保険を申請して補修を行えます。屋根の補修工事や雨どいの補修工事には通常足場が絡んで参りますの...続きを読む

2019/5/31 豊島区長崎で台風で壊れた瓦屋根の調査、棟の積み直しをお勧めしました 豊島区長崎で台風で壊れた瓦屋根の調査、棟の積み直しをお勧めしました

豊島区長崎のお客様は台風の影響で屋根瓦が落ちてきてビックリしてご連絡をいただきました。ガレージがあるのですがその波板屋根を突き破ってきた様で、大きな音にさぞビックリされたでしょう。ガレージも現在は車の車庫としては使用されていなかったそうで二次災害もなく不幸中の幸いでした。ただ、一歩間違った方面に瓦が...続きを読む

2019/4/30 豊島区巣鴨で陸屋根にウレタン塗膜防水工事を実施中、二層目を流しました 豊島区巣鴨で陸屋根にウレタン塗膜防水工事を実施中、二層目を流しました

豊島区巣鴨で三階建てビルの陸屋根屋上防水工事を実施中です。あいにく本日は雨で作業は休工となってしまいましたので昨日の作業であったウレタン塗膜防水工事の二層目の作業をお伝えいたします。防水工事は一日で進められる工程が少なく天候が安定しないときは気をもむ工事であります。一層目を流した後も雨が続き昨日にな...続きを読む

2019/4/26 豊島区長崎で台風で崩れた和瓦の棟の取り直し工事を行いました 豊島区長崎で台風で崩れた和瓦の棟の取り直し工事を行いました

豊島区長崎で台風で棟瓦が落下してしまったお客様の和瓦屋根の棟の取り直し工事を実施いたしました。火災保険を使用しての復旧工事となります。被害を受けたのは主に下り棟(隅棟)の二本でしたが、親棟も今後の安全対策として棟を取り直すことにいたしました。というのも、下り棟(隅棟)の棟瓦が外れた原因にもちろん台風...続きを読む

2019/4/13 豊島区巣鴨にて三階建てビル屋上で通気緩衝工法による防水工事を施工中 豊島区巣鴨にて三階建てビル屋上で通気緩衝工法による防水工事を施工中

豊島区巣鴨で三階建てビルの屋上防水工事を行っています。モルタル抑え防水を施されておりましたが一部で雨漏りも発生していたので全面的に防水工事をやり直して行くことになりました。工法はモルタル抑え防水への施工でスタンダードなウレタン塗膜防水、通気緩衝工法で行ってまいります。モルタル抑え防水をしてある場合に...続きを読む

ブログの一覧はこちら

お問い合わせから工事までの流れ

豊島区、お問い合わせから工事までの流れ

豊島区、お問い合わせから工事までの流れ

豊島区にお住まいの方へ助成金制度のご紹介

<豊島区で対応しているリフォーム助成金の一覧>
・木造住宅の耐震診断補助事業
・木造住宅の耐震改修補助事業
・非木造住宅の耐震診断補助事業
・住宅修繕・リフォーム資金助成事業
・エコ住宅普及促進費用助成金

<豊島区で各助成金に対する説明>
木造住宅の耐震診断補助事業では、昭和56年(1981年)5月31日以前に建てられた2階建て以下の木造住宅を対象に、耐震診断の助成を受けられます。耐震診断の結果、上部構造評点が1.0未満だった場合、上部構造評点を1.0以上にするための補強設計に基づく耐震改修工事に助成が出ます。
非木造住宅の耐震診断補助事業の場合、助成額は費用の3分の2で上限は20万円です。
住宅修繕・リフォーム資金助成事業は、個人住宅および賃貸住宅を対象に、修繕工事やリフォーム工事について助成金を受け取れる制度です。対象となるのは、建築確認申請が不要の工事で、共有者や賃借人の同意が必要です。
エコ住宅普及促進費用助成金は、CO2削減に配慮した、住宅用の新エネルギー・省エネルギー機器等を導入する人を対象に、設置費用の一部が助成される制度です。助成対象となる機器は、太陽光発電システム、自然循環式太陽熱温水器、強制循環式ソーラーシステム、雨水貯水槽、エネファーム、住宅用エネルギー管理システム、断熱改修窓になります。

<助成金申請方法や注意点>
木造住宅の耐震診断補助事業の対象は、専用住宅部分が2分の1以上の住宅です。助成額の上限は15万円です。木造住宅の耐震改修補助事業の助成額は費用の3分の2で、上限は100万円です。
住宅修繕・リフォーム資金助成事業を受けられるのは、豊島区内に引き続き2年以上居住していて、住民税を滞納していない人です。また世帯の月額所得の制限があります。助成金の額は費用の30%以内です。修繕工事の上限は10万円で、リフォーム工事の上限は20万円です。助成を受けるには事前相談が必要です。その後、助成承認申請を行い、承認を受けてから工事の依頼を開始します。工事完了後に助成交付申請をし、交付決定を受けてから助成交付請求をして交付を受ける流れになります。
エコ住宅普及促進費用助成金を受けるには、事前の申請が必要です。交付が決定したら施工を開始し、完了後は完了報告をします。その後、助成金交付を受けられる流れになります。

<お問い合わせ先>
・豊島区役所コールセンター
TEL:03-3981-1111
・豊島区役所
住所:〒171-8422豊島区南池袋2-45-1

豊島区は街の屋根やさん東京が対応致します

街の屋根やさん東京は東京都江戸川区西一之江にあります。直接のご来店によるご相談も大歓迎です。
お気軽にご来店ください。

街の屋根やさん東京
〒132-0023 東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F

<?php echo 豊島区; ?>での屋根工事は東京

お問い合わせフォーム

街の屋根やさん東京では、お住まいの点検・調査・お見積り・ご相談を無料で承っております。お気軽にご相談ください。

豊島区、お問い合わせはこちらへ

屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

お問い合わせ・資料請求
新型コロナウィルス
対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について
  • 屋根リフォームの流れ
  • 徹底したお住まい調査
  • 不安ゼロ宣

言
  • 屋根のお役立ち情報
  • 当社のご案内
  • 屋根の資料請求

点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん東京
東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
TEL :0120-989-936 
E-mail : info@sharetech.co.jp
品川支店
〒141-0031
東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
多摩川支店
〒182-0025
東京都調布市多摩川3-68-1
Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
ページトップへ戻る