無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 豊島区駒込にて釘浮きが発生している棟板金の交換工事を実施、下.....

豊島区駒込にて釘浮きが発生している棟板金の交換工事を実施、下地材に樹脂製貫板を使用致しました

【施工前】
釘浮きが発生している棟板金

【施工後】
棟板金交換工事が完了

【お問い合わせのきっかけ】


担当:岡野


 豊島区駒込にお住まいのS様邸にてスレート屋根の棟板金交換工事の様子をご紹介致します。「屋根と外壁のメンテナンスを検討している。」と、お問い合わせをいただいたことが工事のきっかけになります。当初は、屋根と外壁の塗装工事をご検討されていましたが、メンテナンスが必要な箇所があれば今回の塗装工事と併せて工事を行いとの事でした。
 屋根に上がり、屋根全体の調査を行いながら棟板金の調査をすると棟板金を固定している釘が浮いている箇所があるのを発見しました。棟板金は屋根の山状になっている頂点部分に設置されていますので、風の影響を受けやすく台風などの強風や突風の被害に遭い部分になります。棟板金を固定している下地材の貫板は木製ですので経年により劣化してしうと棟板金を固定する釘が浮いてきてしまうのです。釘が浮いてしまうと棟板金を固定する力が弱くなってしまい、飛散や落下に繋がります。棟板金の飛散や落下はご近隣の建物やご自宅やお隣のカーポートの屋根を破損させてしまう危険性がありますので、お客様に調査のご報告をし、棟板金交換工事のご提案をしたところ工事のご依頼をいただきました。
 お問い合わせのきっかけになりました屋根塗装工事と外壁塗装工事の様子はこちらになります。
 豊島区駒込にお住まいのS様邸にてスレート屋根の棟板金交換工事の様子をご紹介致します。「屋根と外壁のメンテナンスを検討している。」と、お問い合わせをいただいたことが工事のきっかけになります。当初は、屋根と外壁の塗装工事をご検討されていましたが、メンテナンスが必要な箇所があれば今回の塗装工事と併せて工事を行いとの事でした。
 屋根に上がり、屋根全体の調査を行いながら棟板金の調査をすると棟板金を固定している釘が浮いている箇所があるのを発見しました。棟板金は屋根の山状になっている頂点部分に設置されていますので、風の影響を受けやすく台風などの強風や突風の被害に遭い部分になります。棟板金を固定している下地材の貫板は木製ですので経年により劣化してしうと棟板金を固定する釘が浮いてきてしまうのです。釘が浮いてしまうと棟板金を固定する力が弱くなってしまい、飛散や落下に繋がります。棟板金の飛散や落下はご近隣の建物やご自宅やお隣のカーポートの屋根を破損させてしまう危険性がありますので、お客様に調査のご報告をし、棟板金交換工事のご提案をしたところ工事のご依頼をいただきました。
 お問い合わせのきっかけになりました屋根塗装工事と外壁塗装工事の様子はこちらになります。


担当:岡野


【工事内容】
棟板金交換
【工事詳細】
使用材料
GL鋼板 樹脂製貫板
施工期間
1日間
築年数
築21年
平米数
棟板金:11.1m
施工金額
詳しくはお問い合わせください
お施主様
S様邸
ハウスメーカー
ハウスメーカー不明
保証年数
1年
【工事内容】
棟板金交換
【工事詳細】
使用材料
GL鋼板 樹脂製貫板
施工期間
1日間
築年数
築21年
平米数
棟板金:11.1m
施工金額
詳しくはお問い合わせください
お施主様
S様邸
ハウスメーカー
ハウスメーカー不明
保証年数
1年
足場アイコン棟板金交換

調査の様子

スレート屋根の棟板金の調査  スレート屋根の棟板金の調査の様子

スレート屋根の棟板金の調査の様子です。屋根に上がり屋根全体の調査を行います。屋根材のスレートは塗膜が剥がれており防水性が低下している状態でしたのでS様がご検討されている屋根塗装工事が必要になります。スレート屋根の山状になっている頂上部分には雨水の浸入を防ぐ為の棟板金が設置されています。棟板金も屋根材のスレートも定期的にメンテナンスが必要な部分になりますので併せて調査を行います。

棟板金を固定している釘が浮いています

棟板金の釘浮き  棟板金の釘浮き

棟板金の調査を行うと棟板金を固定している釘が浮いているのを発見しました。棟板金は下地材の貫板に釘で固定されていますが、貫板は木製のものになりますので経年により劣化していまいます。貫板が劣化してしまう事により釘が徐々に抜けてきてしまい浮いてくるのです。釘が浮いてしまうと棟板金を固定する力が弱くなり、台風などの強風や突風の影響により飛散してしまったり落下してしまいますので早めの対応が必要になります。

棟板金が浮いています

 

飛散に繋がる棟板金本体の浮き

棟板金自体が浮いている様子です。棟板金は屋根の山状になっている頂上部分に設置されていますので風や地震などの揺れの影響を受けやすい部分になります。貫板の劣化や釘の浮きにより固定する力が弱くなってくると棟板金は浮いてきたり、捲れてしまいます。棟板金自体が浮いてしまうと風の抵抗を受けやすくなりますので台風などの強風や突風の影響により飛散や落下に繋がります。

また、棟板金が飛散したり落下してしまうとスレートの下に敷設されている防水紙が露出してしまいます。防水紙が雨水に晒されてしまうと防水紙の劣化を早めてしまい雨漏りに繋がります。S様のご要望と致しましては屋根塗装工事と外壁塗装工事以外にメンテナンスが必要な部分があれば併せて行いたいとの事でしたので、棟板金の釘浮きや棟板金自体の浮きが発生しておりメンテナンス時期になる旨をお伝えし、棟板金交換工事も屋根塗装工事と外壁塗装工事と併せて行うご提案したところ工事のご依頼をいただきました。

棟板金交換工事の工事費用につきましては、税込6,050円/mから承っております。使用する材料により金額が異なりますので詳しくは街の屋根やさんまでお問い合わせください。

施工の様子

棟板金交換工事にて既存の棟板金を解体撤去  棟板金交換工事にて既存の棟板金を解体撤去

棟板金交換工事の様子です。棟板金交換工事は先ず、既存の棟板金と下地材の貫板を解体し、撤去する工程から行います。この工程では、雨水が浸入した形跡が無いか確認しながらバール等の専用の工具を用い作業を進めていきます。雨水が浸入した形跡の有無を確認し、問題が無いようでしたら溜まっていたゴミや埃を綺麗に清掃し、次の工程に移ります。

下地材の貫板を設置します

貫板を設置する様子  棟板金交換工事にて樹脂製貫板を設置

下地材の貫板設置の様子です。棟板金は下地材の貫板に固定されています。既存の貫板は木製でしたが湿気や雨水などの水分により腐食等の劣化が発生していました。貫板が劣化してしまう事により釘が浮いてきてしまい、棟板金自体も浮いてきてしまうのです。貫板を設置し固定する際には、従来の釘では抜けやすいので、ねじ込み式のビスを使用して貫板に対して真上から固定していきます。

棟板金交換工事にて樹脂製貫板を設置

タフモックは樹脂製になりますので腐食に強く耐久性に優れている下地材になります。貫板全ての固定が終わりましたら貫板設置の工程が完了となります。

棟板金を設置します

SUSビスで棟板金を固定  棟板金交換工事の様子

棟板金設置の様子です。下地材のタフモックを固定しましたら、新しい棟板金をタフモックに被せて設置し、SUSビスで固定していきます。固定する際は必ず横方向から固定していきます。棟板金に対して真上から釘やビスを打ち込んで固定した方がより強く固定できると思われがちですが、ビス等で開いてしまった穴が真上に来てしまいますので、開けた穴から雨水が浸入してしまい雨漏りの原因になってしまいますので棟板金を固定する際は必ず横方向から固定します。

棟板金交換工事が完了しました

棟板金交換工事が完了

棟板金をSUSビスで固定し、大棟と隅棟の繋ぎ目に雨水が浸入するのを防ぐ為のコーキング処理を行いましたら棟板金交換工事が完了となります。棟板金と下地材の貫板を新しくする事で耐久性が期待でき、風に強い棟板金になりましたのでお客様に大変満足していただけました。

私たち街の屋根やさんでは引き続き新型コロナウィルス対策を行っており、必ずマスク着用でお伺いさせていただいております。ソーシャルディスタンスを徹底し、お客様やスタッフの安全管理を徹底致します。

 記事内に記載されている金額は2022年07月06日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。

このページに関連するコンテンツをご紹介

スレート屋根(コロニアル、カラーベスト)のチェックポイントとメンテナンス方法

スレート屋根(コロニアル、カラーベスト)のチェックポイントとメンテナンス方法

 国内でもっとも使用されている屋根材の一つが今回のテーマにもなっているスレート(化粧スレート)と呼ばれる屋根材です。コロニアルやカラーベストとも呼ばれることも多く、「我が家も屋根材にスレートを使っている」という方も多いかもしれませんね。仮に瓦や金属といった他の屋根材のお住まいに住んでいらっしゃる方で…続きを読む
棟板金の飛散がご心配な方へ、棟板金交換工事でお悩み解決!

棟板金の飛散がご心配な方へ、棟板金交換工事でお悩み解決!

 毎年9月、10月の台風の時期になると特に増えるお問い合わせがあります。それは「棟板金交換」です。こちらのページをお読みの方でも「屋根の上から異音がする」など屋根の上の異変に不安を抱えていらっしゃる方はいらっしゃいませんでしょうか?台風に限らず春一番や竜巻、木枯らしなど突発性の強風でも被害を受けるこ…続きを読む
街の屋根やさん東京
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒132-0023
        東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん東東京支店のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 神奈川県 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      世田谷区上馬で貫板が腐食して浮いてしまった棟板金を樹脂製の貫板に交換工事

      【施工内容】

      棟板金交換

      三鷹市牟礼にて飛散した棟板金の交換工事を行わせていただきました

      【施工内容】

      棟板金交換

      板橋区加賀にて棟板金に釘の浮きや錆が発生、下地材に樹脂製貫板を使用した棟板金交換工事を実施

      【施工内容】

      棟板金交換

      その他の施工事例一覧→

      豊島区と近隣地区の施工事例のご紹介

      練馬区上石神井にて、経年劣化による反りや剥がれが生じたパミール屋根をスーパーガルテクトで屋根カバー工事

      【施工内容】

      屋根カバー工法

      練馬区高松にてスレートから石粒付き金属屋根への葺き替え工事を行いました

      【施工内容】

      スレート屋根工事

      練馬区富士見台にてセメント瓦からジンカリウム鋼板への屋根の葺き替え工事を行わせていただきました

      【施工内容】

      瓦屋根葺き替え

      その他の施工事例一覧→

      屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

      お問い合わせ・資料請求
      新型コロナウィルス
      対策について
      オンラインでの無料相談・ご提案について
      • 屋根リフォームの流れ
      • 徹底したお住まい調査
      • 不安ゼロ宣

言
      • 屋根のお役立ち情報
      • 当社のご案内
      • 屋根の資料請求
      点検・調査・お見積りなど無料で承ります!お電話でのお問い合わせは0120-989-936へ。8時半から20時まで受付中!メールでのお問合せは24時間受付中。

      点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

      株式会社シェアテック
      街の屋根やさん東京
      東東京支店
      〒132-0023
      東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
      TEL :0120-989-936 
      E-mail : info@sharetech.co.jp
      品川支店
      〒141-0031
      東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
      多摩川支店
      〒182-0025
      東京都調布市多摩川3-68-1
      Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
      ページトップへ戻る