無題ドキュメント

品川区で屋根工事・雨漏り修理なら街の屋根やさん東京

品川区で屋根のことなら街の屋根やさんにお任せください!

品川区で屋根のことなら街の屋根やさんにお任せください!

品川区で屋根工事の依頼が初めての方へ

雨漏りにお困りの品川区にお住まいの方へ雨漏り修理15000円~

品川区で屋根工事をお考えの方各工事はこちらから

品川区は街の屋根やさん品川が対応致します

街の屋根やさん品川
〒141-0031 東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F

<?php echo 品川区; ?>での屋根工事は東京

工事メニューと価格

工事メニューと価格

屋根葺き替え 屋根カバー 漆喰工事
屋根塗装・外壁塗装 棟板金工事 雨樋工事
防水工事 アパートマンションメンテナンス
火災保険 施工の流れ 瑕疵保険
無料点検

工事メニューと価格

工事メニューと価格

品川区で屋根葺き替え 品川区で屋根カバー 品川区で漆喰工事 品川区で屋根塗装・外壁塗装
品川区で棟板金工事 品川区で雨樋工事 品川区で防水工事 品川区でアパートマンションメンテナンス
品川区で火災保険 品川区で施工の流れ 品川区で瑕疵保険 品川区で無料点検

品川区にお住まいの方へ

 品川区にお住まいの皆様、屋根のメンテナンスは行っていますか?屋根は過酷な環境下に晒されていますので、築10年を過ぎた頃から様々な劣化症状が見られやすくなります。
 耐久性に優れた瓦屋根の場合は築15~30年前後、スレート屋根の場合には10年を過ぎた頃に一度、屋根の点検を受けることをおすすめします。金属屋根でしたら10~20年に一度の塗装メンテナンスが推奨されていますので、それを目安にしましょう。
 私たち街の屋根やさんでは、お住まいの調査から工事のお見積り、ご提案まで無料で承っております。屋根のメンテナンスをご検討の際にはお気軽にご活用ください。
 こちらのページでは、品川区の施工事例、お客様の声、現場ブログ、助成金制度について掲載しています。施工事例や現場ブログでは、街の屋根やさんが実施している点検、工事の様子を詳しくご紹介していますので是非、最後までご覧ください。

品川区で行った施工事例をご紹介

品川区旗の台にて強風で破損した塩化ビニル製の波板を火災保険を使ってポリカーボネート製の波板に交換いたしました

【施工前】
品川区のビフォー写真

【施工後】
品川区のアフター写真

【お問い合わせのきっかけ】
 品川区旗の台にお住いのO様より、台風で波板の一部が破損してしまったので修理をしたいとのご依頼をいただきまして調査したことが工事のきっかけでした。    既存の波板は塩化ビニル製のものでした。塩化ビニルはその施工性の高さから古くから簡易の屋根に使用されているものです。製造時に可塑剤(かそざい)と言われるものを含ませることによって、柔軟性が向上し折り曲げたりが可能になります。    しかしながら、経年によって可塑剤が抜けてくると硬化が始まってしまい割れやすくなってしまいます。今回の被害も元をたどれば劣化しやすくなったところに大きな風を受け割れてしまったのだと考えられます。  今回のように強風によって受けた被害に関しては、火災保険の申請を行うことができます。火災保険の申請を行うことによってご負担を軽減することができますので、大きな台風の後などにはお家周りの確認をおススメいたします。なお、火災保険の申請を行うことのできる被害は原則3年以内のものになりますので、2019年の台風で被害を受けたけどまだ申請していないという方がおりましたら、早めの申請をいたしましょう。  火災保険の申請も無事に通りましたので波板の交換工事を行いました。使用した波板はポリカーボネート製のもので、耐衝撃性に優れておりますのでとても丈夫にできております。耐用年数も10年程はもちますので安心いただけると思います。

【工事内容】
その他の工事
【工事詳細】
使用材料
住友ベークライト ポリカナミ(ブロンズ)
施工期間
3日間(足場の架け払い含む)
築年数
築30年以上
平米数
6.0㎡

台風の被害を受けた波板の交換工事を行いました

 品川区旗の台にお住いのお客様より、8月の台風で波板が剥がれてしまったとのお問い合わせをいただきまして調査にお伺いしたことが工事のきっかけでした。

 現地の調査にお伺いさせていただいた際の様子をお届けいたします。まずは被害を受けた箇所の確認です。一番外側の軒先部分が大きく破損し穴があいてしまっておりました。既存の波板は塩化ビニル製のものでした。塩化ビニルは加工性の高さから昔からよく使用されている建材の一つです。

風で穴の開いてしまった波板

 塩化ビニルの加工性の高さは製造時に混ぜられた可塑剤によって柔軟性に富んでいるからです。しかしながら、可塑剤は経年とともに気化し抜けていってしまいますので、塩化ビニルは段々と硬化してしまいます。硬化した塩化ビニルは少しの衝撃で割れるようになってしまいますので、今回のように風にあおられたり、雹のような固いものがぶつかったりすると割れが生じてしまうのです。

傘釘が浮いてしまっておりました 割れた波板

続きはこちらから

品川区中延で防水の劣化が雨漏りの原因でウレタン防水と笠木交換工事をおこないました

【施工前】
品川区のビフォー写真

【施工後】
品川区のアフター写真

【お問い合わせのきっかけ】
 品川区中延で雨漏りでお困りの建物の工事をおこないました。  小さなバルコニーの下で雨漏りしているのですが、原因は防水の劣化でした。ウレタン防水が施工されていましたが雨水が入り込んで防水層が膨れていました。防水層の下にはモルタルが打ってありますが、クラックも入っていましたので、ここから雨水が入って雨漏りしていました。  笠木部分からも雨漏りしている可能性があります。笠木の下の防水処理がどの様になっているのかが確認出来ませんので、笠木を取り外して床と一体の防水層にする必要があります。  膨れた部分を切除してからカチオンフィラーで下地調整をおこないます。壁際の端部にはオートンクイックシーラントという防水下地用のコーキングを打って雨水が入り込むのを防ぎます。床面と笠木の下をウレタン塗膜防水で覆ってからガルバリウム鋼板製の笠木を取り付けました。  床面の不具合も直り笠木の下に入り込んだ雨水の防水処理も出来ましたので、雨漏りの可能性が無くなり安心出来る様になりました。  私たち街の屋根やさんでは、新型コロナウイルス対策としてマスク着用・アルコール消毒を徹底しておりますので、安心して工事をお任せください。

【工事内容】
雨漏り修理 防水工事
【工事詳細】
使用材料
ウレタン防水,ガルバリウム鋼板製笠木
施工期間
6日間(足場含む)
築年数
23年
平米数
5㎡

雨漏りの原因調査

雨漏りしているバルコニー 排水口回りも劣化しています

 雨漏りの原因を調べます。3階建ての建物で雨漏りしている部分の上は小さなバルコニーになっています。床面はウレタン防水が施工されていて、回りは笠木が被せてあります。

 人が歩く部分でもなく目に付く場所ではありませんので、劣化になかなか気付きにくいところになっています。

防水層が膨れています

 排水口の回りや床面にはヒビ割れや隙間が空いていて、防水層の下に雨水が入り込んでいました。雨水や湿気によって膨れた部分は、押すと中に雨水が入っているのが確認出来ます。紫外線や風雨に常にさらされている部分ですので、定期的にメンテナンスをおこなわないとどんどん劣化してしまい、雨漏りに繋がってしまいます。

続きはこちらから

品川区で行ったその他の施工事例をご紹介

品川区new!
品川区施行事例、施工前
品川区施行事例、施工後
施工内容
雨樋交換
使用材料
ポリカーボネート製波板、雨樋
品川区new!
品川区施行事例、施工前
品川区施行事例、施工後
施工内容
雨樋交換
使用材料
エスロンX70

施工事例一覧はこちら

品川区で屋根工事を行ったお客様の声

デコルーフを使用して屋根葺き替え工事、品川区中延のお客様

【施工前】

品川区工事前アンケート!

Q2.工事を検討したきっかけは何ですか?どんなことで悩まれていましたか?
強風で屋根がはがれて落ちたことがきっかけです。
Q3.弊社をどのように探しましたか?
聴覚障害のため他の人に電話してもらいました。
Q4.弊社を知りすぐにお問合せをされましたか?もし悩まれたとしたらどんなことがご不安でしたか?
問合せ後、対応は早かったのですが、工事費用が高かったらどうしようと心配でした。
Q5.何が決め手となり弊社にお問合せをされましたか?
工事費用の安さ。
Q6.実際に弊社担当者がお伺いしていかがでしたでしょうか?
工事の詳細について1時間半かけて丁寧に説明して下さいました。

【施工後】

品川区工事後アンケート

Q2.当初、工事を依頼する会社にどんなことを期待されていましたか?
工事費用が安いといいなぁと思っていました。
Q3.弊社にご依頼いただく際に他社と比較しました方はどこの会社と比較しましたか?
比較しましたが、会社の名前はわかりません。
Q4.弊社に工事をご依頼いただいた決め手は何ですか?
工事費用が安かったから。
Q5.工事が終わってみていかがですか?良かった事・嬉しかったことを忌憚なく頂戴出来ましたら幸いです。
完了報告書で修理の状況写真を見て安心しました。
Q6.街の屋根やさんを他の方に紹介するとしたらなんと紹介しますか?
工事期間も短く工事費用も安くて、実際に自分が見て確認することはできないのですが、その代わりに完了報告書をいただいて安心です。

お客様の声一覧はこちら

品川区での現場ブログをご紹介

品川区で行われた日々の現場ブログをご紹介いたします。

2021/8/16 品川区中延で雨漏りの原因は防水層の劣化でした 品川区中延で雨漏りの原因は防水層の劣化でした

 品川区中延で雨漏りでお困りの建物の調査をおこないました。  3階建ての建物で、雨漏りしているのは3階のサッシの上に取り付けてあるカーテンボックスからです。屋根や外壁やサッシなどに降った雨水が室内に出てくるのが雨漏りで、原因には様々な物があります。雨漏りを止めるためにはその原因を突き止めて適...続きを読む

2021/8/1 品川区小山で雨で貫板が劣化してた棟板金は交換工事が必要です 品川区小山で雨で貫板が劣化してた棟板金は交換工事が必要です

 品川区小山で屋根の調査をおこないました。    屋根の不具合を指摘されたというお問合せで、このままだと雨漏りしてしまうと言われたそうです。  屋根は瓦棒葺きで塗装工事をおこなった形跡があります。棟板金部分に緑色の養生テープが張ってあるのですが、棟板金の下地が傷んでいて釘が効いていないので...続きを読む

2020/12/27 品川区南大井で洋風な瓦屋根の点検、棟に詰まった漆喰が傷んでおりました 品川区南大井で洋風な瓦屋根の点検、棟に詰まった漆喰が傷んでおりました

 屋根に使用されている瓦は、屋根材の中では耐久性が高く長持ちする部類に入ります。品川区南大井にお住いになられているE様のお宅の屋根は、洋風な瓦を使用した屋根でした。これまで何回かメンテナンスを行ってきており、雨漏りなどをしたことは無いそうですが、今回外壁塗装を工事を行うにあたって屋根を見てみたところ...続きを読む

2020/12/25 品川区戸越でスレート屋根点検、小口部分に雨染みが見られます 品川区戸越でスレート屋根点検、小口部分に雨染みが見られます

品川区戸越のお客様より屋根塗装についてご相談をいただきました。 お住まいは築20年。8年程前に一度塗装をしているそうで、最近屋根に雨染みのような汚れが目立つようになってきた。もう一度塗装した方がいいのかとお悩みでした。 屋根塗装を行う場合は必ず事前に現地を詳しく調査し、屋根の状態や塗装の可否...続きを読む

2020/12/23 品川区大井で玄関庇に雨染み発生、シート防水の浮きや継ぎ目の劣化が原因でした 品川区大井で玄関庇に雨染み発生、シート防水の浮きや継ぎ目の劣化が原因でした

品川区大井のお客様のお宅へ無料点検に伺いました。 今回いただいているご相談は 「玄関の外の天井に雨漏りのような跡ができている。見た目も気になるし庇自体の状態は大丈夫なのかを見て欲しい。」 とのことです。 玄関の庇を点検 不具合となっているのは玄関ポーチ上の庇です。 雨染み...続きを読む

2020/12/20 品川区勝島で折板屋根の点検、風で捲れ上がった箇所がありました 品川区勝島で折板屋根の点検、風で捲れ上がった箇所がありました

 屋根には様々な種類があります。住宅に使用されることの多い屋根材もあれば、工場や倉庫など大き目の建物の屋根に使用されることの多い屋根、屋上のように人間の歩行が可能な屋根もあります。品川区勝島にお住いになられているS様より「もう30年以上が経った建物の屋根を見てほしい」と点検のご相談がございました。品...続きを読む

2020/12/18 品川区北品川でコロニアルNEOのスレートが落下した屋根では多数の破損を確認 品川区北品川でコロニアルNEOのスレートが落下した屋根では多数の破損を確認

品川区北品川の二階建て住宅にお住まいのお客様より、スレートが割れてしまったので修理したいとのお問い合わせがあり点検に伺いました。スレートとはセメントを主原料とした薄い板状の屋根材です。現在日本の住宅では多く使われています。 割れて落下したスレート 庭先に、落ちてきたというスレートが...続きを読む

2020/12/16 品川区上大崎で飛散した平板瓦屋根には漆喰の劣化や釘の緩みが見られました 品川区上大崎で飛散した平板瓦屋根には漆喰の劣化や釘の緩みが見られました

「瓦が落ちてしまったようなので見てほしい」とのご相談をいただき品川区上大崎へ調査に伺いました。 瓦が落下 屋根の棟部分から、何枚かの瓦が抜けるように落ちています。瓦は重なり合うように並べて葺かれていますから、1枚無くなると周りの瓦もバランスを失い、続けてずれたり剥がれたりしてしまう...続きを読む

2020/12/14 品川区南大井、築40年の陸屋根は機械的固定工法で防水工事を行います 品川区南大井、築40年の陸屋根は機械的固定工法で防水工事を行います

品川区南大井のS様から雨漏り修理のご相談をいただきました。2階の天井が現場となり、天井板を外して詳しく見せていただくとやはり建物内に雨水が浸入した形跡が見られます。   屋根の形状は陸屋根 陸屋根は傾斜がほとんどなく人が歩いたり物を置いたりできる形状です。 傾斜がある屋根...続きを読む

2020/12/10 品川区戸越で板金部分の調査、笠木や庇からも雨漏りが発生する危険性があります 品川区戸越で板金部分の調査、笠木や庇からも雨漏りが発生する危険性があります

 品川区戸越にお住いになられているA様のお宅より「家の外観が傷んできた」とご不安なご相談がございました。築30年以上が経過した建物とのことでした。これまでにメンテナンスというメンテナンスは殆ど行ってこなかったそうです。建物は基本的にメンテナンスが必要になってきます。箇所や使用材料によってもタイミング...続きを読む

2020/12/6 品川区小山の点検で分かったスレートの傷み、ひび割れが多くて塗装が難しい状態でした 品川区小山の点検で分かったスレートの傷み、ひび割れが多くて塗装が難しい状態でした

 品川区小山にお住いになられているN様のお宅より「家の屋根の色が以前と違ってきた」とご心配なご相談がございましたので点検にお伺いいたしました。屋根はスレートを使用しており、過去には塗装でメンテナンスも行っていた屋根でした。塗装をした後に屋根の色が違ってくるのであれば、過去に塗装した塗膜が傷んできてい...続きを読む

2020/12/2 軒天の剥がれや劣化は建物に影響大!放置せず修理しましょう|品川区小山 軒天の剥がれや劣化は建物に影響大!放置せず修理しましょう|品川区小山

「屋根の下側の板が剥がれているので修理したい」とのご相談をいただき、品川区小山の現場へ調査に伺いました。 お客様がおっしゃられていた箇所は「軒天」でした。 剥がれが気になったのでご自身で補修を試みたものの、うまくいかなかったため業者に任せることにしたとのことです。 外壁より出っ張っ...続きを読む

2020/12/1 品川区二葉で塗り替えから15年すっかり色あせたスレートを再塗装のご相談 品川区二葉で塗り替えから15年すっかり色あせたスレートを再塗装のご相談

品川区二葉にて、屋根塗装のご相談をいただき、状態確認のための点検です。 グリーンに塗られていた スレートはセメントを主材料として板状に成形した屋根材です。厚みは5~6㎜。表面を塗装によって保護しないと本体が水を吸って劣化してしまうため、10~20年で再塗装をしてあげると長持ちします...続きを読む

2020/11/27 品川区大井で傷んだスレート屋根を点検、ボロボロに見えたのは塗膜が剥がれていたからです 品川区大井で傷んだスレート屋根を点検、ボロボロに見えたのは塗膜が剥がれていたからです

 品川区大井にお住いになられているW様のお宅の屋根は、過去に塗装をしてメンテナンスしておりましたが、最近になって様相が変わってきたそうです。外から見ていて以前は同じ色で統一されていたのが、最近は色に違いが出てきたそうです。過去に塗装をして出来た塗膜もゆくゆくは劣化して、また塗り直す必要が出てきます。...続きを読む

2020/11/23 品川区大井で割れた瓦の屋根点検。漆喰、棟など瓦屋根のチェックポイント 品川区大井で割れた瓦の屋根点検。漆喰、棟など瓦屋根のチェックポイント

品川区大井より「瓦が割れてしまった」とのご相談をいただき伺いました。庭先に落ちていた欠片を見つけ、不安になってご連絡をいただいたそうです。瓦は釉薬瓦。昔ながらの、粘土を焼成したもので、裏面や割れた断面は土の色なのが特徴です。 割れた釉薬瓦 割れてしまったのは瓦のほんの一部のようでした...続きを読む

2020/11/22 品川区荏原、シート防水の破れが原因の雨漏りは全面防水が必要です 品川区荏原、シート防水の破れが原因の雨漏りは全面防水が必要です

品川区荏原にて雨漏り発生です。 ご依頼主様のお宅を点検のために新型コロナの感染対策を徹底した上で訪問させていただきました。 雨漏りしているお部屋は和室、天井にカビの発生も確認できます。 屋根の上の確認を確認します 早速屋根の状態を調査します。こちらの屋根は「陸屋根...続きを読む

2020/11/21 品川区旗の台で屋根カバー工事のお見積り、スレート屋根のメンテナンスポイントとは? 品川区旗の台で屋根カバー工事のお見積り、スレート屋根のメンテナンスポイントとは?

屋根カバー工事をご検討中の方よりご相談をいただき、品川区旗の台の二階建て住宅にて現地調査です。屋根はスレート、築30年近くが経ち古く汚れてきたところ、屋根カバーというリフォーム方法があると聞いてお問合せいただいたとのことです。屋根カバー工法とは、その名の通り、現在の屋根に新しい屋根をかぶせ(カバー)...続きを読む

2020/11/15 品川区東大井でスレート屋根の点検、スレートの傷みと板金の錆びはメンテナンスが必要です 品川区東大井でスレート屋根の点検、スレートの傷みと板金の錆びはメンテナンスが必要です

 スレート屋根は定期的なメンテナンスが必要な屋根です。屋根に使用される屋根材の中でも、メンテナンスの間隔が短い傾向がございます。品川区東大井にお住いになられているI様より「自宅の屋根が傷んでいるようなので、屋根のメンテナンスをしたい」とお困りのご相談がございました。築23年が経過した建物で、スレート...続きを読む

2020/11/15 品川区武蔵小山にて経年で剥がれた軒天修繕のため点検。重ね張りでリフレッシュ! 品川区武蔵小山にて経年で剥がれた軒天修繕のため点検。重ね張りでリフレッシュ!

屋根修繕のために伺った品川区武蔵小山のお宅では、軒天など屋根まわりの傷みも激しく、お客様のご希望により併せて点検致しました。特にダメージが大きいのは化粧板が完全に剥がれ穴の空いてしまった箇所です。 軒天の剥がれや穴空き 室内に影響を及ぼす雨漏りなどと違い、軒天(軒裏)が傷んできても...続きを読む

2020/11/15 品川区戸越にて割れたポリカ製のカーポート屋根の点検 品川区戸越にて割れたポリカ製のカーポート屋根の点検

カーポートの屋根が割れているので直して欲しいと品川区戸越のお客様よりご連絡をいただきました。 破損している屋根を確認、ポリカーボネート製で設置してから12年程が経過しているとのことです。 割れているのは一部分ですが経過年数から見てもカーポートの屋根全体が劣化していると考えられます...続きを読む

ブログの一覧はこちら

お問い合わせから工事までの流れ

品川区、お問い合わせから工事までの流れ

品川区、お問い合わせから工事までの流れ

品川区にお住まいの方へ助成金制度のご紹介

<品川区で対応しているリフォーム助成金の一覧>
・木造住宅の耐震改修支援
・非木造住宅の耐震改修支援
・住宅改善工事助成事業(エコ&バリアフリー住宅改修)

<各助成金に対する説明>
木造住宅の耐震改修支援は、昭和56年(1981年)5月31日以前に建築された木造の戸建て住宅・長屋・共同住宅を対象に、耐震化の助成を受けられる制度です。耐震化の内容は、簡易診断、耐震診断、耐震補強設計、精密診断、耐震改修です。
非木造住宅の耐震改修支援を受けられるのは昭和56年(1981年)5月31日以前に建築された非木造住宅です。助成が受けられるのは、耐震診断、耐震補強設計v、耐震改修です。耐震診断・補強設計は2分の1が助成されて上限は20万円です。耐震改修は上限が150万円になります。
住宅改善工事助成事業は、区内施工業者を利用による既存住宅のリフォーム工事に助成を受けることができる制度です。対象工事は環境やバリアフリーに配慮したリフォーム工事で、対象者はマンション管理組合、または賃貸住宅個人オーナーです。助成額は工事費用の10%です。上限は区民が20万円で、マンションの管理組合や賃貸住宅の個人オーナーは100万円です。

<助成金申請方法や注意点>
木造住宅の耐震改修支援を受けるには、最初に簡易診断または耐震診断を受ける必要があります。簡易診断は無料で受けることができます。耐震診断と耐震補強設計、精密診断は費用の2分の1が助成されます。耐震改修は戸建て住宅・長屋は2分の1、共同住宅は3分の1の助成を受けられます。
非木造住宅の耐震改修支援を受けるには、まず事前相談する必要があります。その後、耐震診断を行い、倒壊の恐れありという結果が出た場合、耐震改修工事の助成を受けることができます。
住宅改善工事助成事業を受けるには事前申請が必要です。エコ住宅改修の対象工事は、LED照明器具設置、 遮熱性塗装、日射調整フィルム設置、断熱化、高断熱浴槽設置、節水型便器設置、換気設備新設、環境に配慮した内装材使用等です。バリアフリー住宅改修の対象工事は、手すり設置、段差解消、廊下や出入口の拡張、扉改修、浴室改修、トイレ改修等です。またその他の工事として、屋根の軽量化、外壁耐火パネル設置、防犯ガラスや扉等の設置、家具転倒防止器具の設置等です。

<お問い合わせ先>
・耐震化助成のお問い合わせ先
建築課 耐震化促進担当
TEL:03-5742-6634 FAX:03-5742-6898

・住宅改善工事助成のお問い合わせ先
住宅課 住宅運営担当
TEl:03-5742-6776 FAX:03-5742-6963

〒140-8715 品川区広町2-1-36 品川区役所本庁舎6階

品川区は街の屋根やさん品川が対応致します

街の屋根やさん品川は東京都品川区西五反田にあります。直接のご来店によるご相談も大歓迎です。
お気軽にご来店ください。

街の屋根やさん品川
〒141-0031 東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F

お問い合わせフォーム

街の屋根やさん東京では、お住まいの点検・調査・お見積り・ご相談を無料で承っております。お気軽にご相談ください。

品川区、お問い合わせはこちらへ

屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

お問い合わせ・資料請求
新型コロナウィルス
対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について
  • 屋根リフォームの流れ
  • 徹底したお住まい調査
  • 不安ゼロ宣

言
  • 屋根のお役立ち情報
  • 当社のご案内
  • 屋根の資料請求

点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん東京
東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
TEL :0120-989-936 
E-mail : info@sharetech.co.jp
品川支店
〒141-0031
東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
多摩川支店
〒182-0025
東京都調布市多摩川3-68-1
Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
ページトップへ戻る