無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 品川区旗の台にて強風で破損した塩化ビニル製の波板を火災保険を.....

品川区旗の台にて強風で破損した塩化ビニル製の波板を火災保険を使ってポリカーボネート製の波板に交換いたしました

【施工前】
施工前

【施工後】
施工後

【お問い合わせのきっかけ】


担当:木下


 品川区旗の台にお住いのO様より、台風で波板の一部が破損してしまったので修理をしたいとのご依頼をいただきまして調査したことが工事のきっかけでした。
 
 既存の波板は塩化ビニル製のものでした。塩化ビニルはその施工性の高さから古くから簡易の屋根に使用されているものです。製造時に可塑剤(かそざい)と言われるものを含ませることによって、柔軟性が向上し折り曲げたりが可能になります。
 
 しかしながら、経年によって可塑剤が抜けてくると硬化が始まってしまい割れやすくなってしまいます。今回の被害も元をたどれば劣化しやすくなったところに大きな風を受け割れてしまったのだと考えられます。

 今回のように強風によって受けた被害に関しては、火災保険の申請を行うことができます。火災保険の申請を行うことによってご負担を軽減することができますので、大きな台風の後などにはお家周りの確認をおススメいたします。なお、火災保険の申請を行うことのできる被害は原則3年以内のものになりますので、2019年の台風で被害を受けたけどまだ申請していないという方がおりましたら、早めの申請をいたしましょう。

 火災保険の申請も無事に通りましたので波板の交換工事を行いました。使用した波板はポリカーボネート製のもので、耐衝撃性に優れておりますのでとても丈夫にできております。耐用年数も10年程はもちますので安心いただけると思います。
 品川区旗の台にお住いのO様より、台風で波板の一部が破損してしまったので修理をしたいとのご依頼をいただきまして調査したことが工事のきっかけでした。
 
 既存の波板は塩化ビニル製のものでした。塩化ビニルはその施工性の高さから古くから簡易の屋根に使用されているものです。製造時に可塑剤(かそざい)と言われるものを含ませることによって、柔軟性が向上し折り曲げたりが可能になります。
 
 しかしながら、経年によって可塑剤が抜けてくると硬化が始まってしまい割れやすくなってしまいます。今回の被害も元をたどれば劣化しやすくなったところに大きな風を受け割れてしまったのだと考えられます。

 今回のように強風によって受けた被害に関しては、火災保険の申請を行うことができます。火災保険の申請を行うことによってご負担を軽減することができますので、大きな台風の後などにはお家周りの確認をおススメいたします。なお、火災保険の申請を行うことのできる被害は原則3年以内のものになりますので、2019年の台風で被害を受けたけどまだ申請していないという方がおりましたら、早めの申請をいたしましょう。

 火災保険の申請も無事に通りましたので波板の交換工事を行いました。使用した波板はポリカーボネート製のもので、耐衝撃性に優れておりますのでとても丈夫にできております。耐用年数も10年程はもちますので安心いただけると思います。


担当:木下


【工事内容】
その他の工事 波板交換工事
【工事詳細】
使用材料
住友ベークライト ポリカナミ(ブロンズ)
施工期間
3日間(足場の架け払い含む)
築年数
築30年以上
平米数
6.0㎡
施工金額
詳しくはお問い合わせください
お施主様
O様邸
ハウスメーカー
ハウスメーカー不明
保証年数
保証はお付しておりません
【工事内容】
その他の工事 波板交換工事
【工事詳細】
使用材料
住友ベークライト ポリカナミ(ブロンズ)
施工期間
3日間(足場の架け払い含む)
築年数
築30年以上
平米数
6.0㎡
施工金額
詳しくはお問い合わせください
お施主様
O様邸
ハウスメーカー
ハウスメーカー不明
保証年数
保証はお付しておりません
台風アイコン

台風の被害を受けた波板の交換工事を行いました

 品川区旗の台にお住いのお客様より、8月の台風で波板が剥がれてしまったとのお問い合わせをいただきまして調査にお伺いしたことが工事のきっかけでした。

 現地の調査にお伺いさせていただいた際の様子をお届けいたします。まずは被害を受けた箇所の確認です。一番外側の軒先部分が大きく破損し穴があいてしまっておりました。既存の波板は塩化ビニル製のものでした。塩化ビニルは加工性の高さから昔からよく使用されている建材の一つです。

風で穴の開いてしまった波板

 塩化ビニルの加工性の高さは製造時に混ぜられた可塑剤によって柔軟性に富んでいるからです。しかしながら、可塑剤は経年とともに気化し抜けていってしまいますので、塩化ビニルは段々と硬化してしまいます。硬化した塩化ビニルは少しの衝撃で割れるようになってしまいますので、今回のように風にあおられたり、雹のような固いものがぶつかったりすると割れが生じてしまうのです。

傘釘が浮いてしまっておりました 割れた波板

 また、風にあおられた影響から、傘釘が浮いてきていました。傘釘とはその名の通り、傘のような形をした釘のことを指し、傘部分があることによって釘穴から雨水が侵入するのを防いでくれる役割を果たしています。木下地も大分劣化して来ていたので抜けやすくなっているのだと思われます。

風災で火災保険の申請を行いました

古くなった波板

 穴の開いた部分から上部の状態を確認いたしました。

 壁際の方は板金で抑えられておりましたので現状バタつきなどは起きておりませんでしたが、経年劣化によって捲れが生じておりましたので、このまま放置していると風の影響を受けてしまい、飛散してしまう恐れもあります。

 今回は火災保険の申請を行い工事を進めていくことになりました。火災保険は自然災害による被害でも申請を行うことができます。台風などの影響の場合風災に該当し、風速が20m/s以上の風による被害に遭った場合対象となります。気象庁の過去のデータを確認したところ、8月の連休中に最大瞬間風速が20m/sを越えた日が確認できました。申請も問題なく通りましたのでお客様のご負担もほとんどなく工事を行えることになりました。

このままでは横桟が濡れて腐食が進んでしまいます 壁際は板金で抑えてあります
 
 作業を行うにあたって足場の仮設が必要になりますのでその部分の調査も行っていきます。出窓などがあり、バルコニー側からの運搬は困難な状態でしたのでぐるっと回って運搬するような形になります。

 また、仮設箇所の付近に竹が生えておりましたのでこういった部分も事前の確認が必要な部分になります。

足場が必要になります バルコニーの下側に竹が生えておりました

 バルコニー側は建物の西面にあったのですが、東面は塀があり直接上り下りはできない造りになっておりましたので、一度西面の脇から入り、東面に行きそこから足場の部品の受け渡しを行いました。

 狭小地の場合の調査ではしっかりと足場の仮設ができるかの確認もしなければなりません。また、場合によっては公道に足場が架かってしまうことがあります。その際には道路使用許可や道路占有許可などの手続きも行わなければなりませんので気を付けましょう。

狭いですが何とか通って足場を組みました 足場の仮設箇所付近は半地下になっていました

波板の交換工事です。

 まずは既存の波板を撤去していきます。この際経年によって劣化した塩ビ波板はボロボロと崩れてしまいますので注意しながら解体していきます。ここで落下した破片等は工事終了後に掃除をさせていただきますのでご安心ください。

 木製の垂木と横桟はそれなりには劣化していたものの、腐食はすすんでおりませんでしたのでこのままでもビスが止まってくれる状態でした。あまりにも腐食がひどい場合にはビスが利かないので交換を行わなければならない場合があります。

垂木や横桟は無事でした 比較的綺麗な状態です

 使用した波板は住友ベークライトのポリカナミ(ブロンズ)です。ポリカーボネート製の波板なので耐衝撃性に優れており、寿命としても10年以上もつようなものになります。また、カラーバリエーションも豊富なので、サンプルをご覧いただきお選びいただくことも可能です。

差し込みで固定を行います

 先述にもありましたが、壁際の部分は板金の下に差し込んで固定を行います。波板本体の固定は波板用のビス(木下地用)を使用してとめていきました。

 波板通しは2山半以上重ねて施工しなければなりません。そうしなければ隙間から雨水が侵入し、雨漏りを起こしてしまいます。使用枚数などの計算をするときにもこの部分を頭に入れておかないと枚数の不足が生じてしまいますので気を付けております。

 問題なくすべての波板を止め終わり、掃除をしたら工事完了です。塩ビ波板に比べ透明度も高いので見た目も綺麗に見えます。

 O様にもご確認いただきましたが、綺麗になってよかったと喜んでいただけました。

 私達、街の屋根やさんでは新型コロナウイルス感染拡大防止対策としてマスクの着用を徹底しております。何かお困りごとありましたら安心してご相談ください。

このページに関連するコンテンツをご紹介

令和元年台風15号・19号で被災され、屋根工事をお待ちいただいている方へ

令和元年台風15号・19号で被災され、屋根工事をお待ちいただいている方へ

令和2年6月1日更新 現在、台風に関するお問い合わせは落ち着いてきており、現地調査や工事着工についても通常通りお伺いすることができます。街の屋根やさんでは工事後、長く安心して暮らしていただくため、品質の高い適切な施工を行っています。お気軽にお問い合わせください。現在の東東京支店と品川支店、多摩川支店…続きを読む
【最新版】火災保険が適用される屋根工事

【最新版】火災保険が適用される屋根工事

 保険が適用される屋根工事、ってどういうことをイメージされるでしょうか?  特にそれが「火災保険」となると「屋根修理に使えるの?」と繋がらないという方もいらっしゃるのではないでしょうか?昨今は大型台風の上陸、そしてそれらの被害が頻発したことにより火災保険という名前や保険の支払い規…続きを読む
ベランダ・バルコニーの屋根の補修・修理、防水工事もお任せください

ベランダ・バルコニーの屋根の補修・修理、防水工事もお任せください

 ベランダやバルコニーで必要なメンテナンスと言えば、「防水工事」だけてなく「ポリカの屋根」のお手入れです。夏の暑さが気になる方には遮熱の防水工事もありますし、窓ガラスの断熱化でも対処できます。窓ガラスの断熱化で紫外線をカットするものを使えば夏の夜に寄ってくる虫も少なくなります。 【動画で確認「ベコ…続きを読む
プロが教える屋根リフォームで失敗しないコツ

プロが教える屋根リフォームで失敗しないコツ

 屋根リフォームの主な目的は、雨漏りの防止や安全対策です。頻繁におこなう必要はありませんが、定期的に屋根の状況をチェックして、必要があれば補修や清掃、塗り直しをおこなうことで、屋根そのものの寿命を延ばすことができます。春の大風や夏場の暑い日差しに台風、冬の積雪などで屋根は徐々に痛んできています。「う…続きを読む

このページに関連する漫画コンテンツ動画をご紹介

漫画で読むならコチラ

動画で見るならコチラ

街の屋根やさん品川
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒141-0031
        東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
        店舗詳細はこちら
    1. お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      中野区上鷺宮にて雹災を受けた波板を火災保険の申請を行い交換いたしました

      【施工内容】

      その他の工事

      江戸川区松江でウッドデッキの交換工事を施工させて頂きました

      【施工内容】

      その他の工事

      中野区白鷺にて火災保険を適用して波板の交換工事を行いました

      【施工内容】

      その他の工事

      その他の施工事例一覧→

      品川区と近隣地区の施工事例のご紹介

      港区三田でヒビ割れと排水不良のバルコニーをウレタン防水で改修工事

      【施工内容】

      防水工事

      江東区大島で強風被害によるポリカ波板の交換工事、火災保険を活用して施工致しました

      【施工内容】

      屋根補修工事

      江東区森下で令和元年東日本台風のご被害による棟板金の交換工事、火災保険を活用して修繕致しました

      【施工内容】

      棟板金交換

      その他の施工事例一覧→

      屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

      お問い合わせ・資料請求
      新型コロナウィルス
      対策について
      オンラインでの無料相談・ご提案について
      • 屋根リフォームの流れ
      • 徹底したお住まい調査
      • 不安ゼロ宣

言
      • 屋根のお役立ち情報
      • 当社のご案内
      • 屋根の資料請求

      点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

      株式会社シェアテック
      街の屋根やさん東京
      東東京支店
      〒132-0023
      東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
      TEL :0120-989-936 
      E-mail : info@sharetech.co.jp
      品川支店
      〒141-0031
      東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
      多摩川支店
      〒182-0025
      東京都調布市多摩川3-68-1
      Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
      ページトップへ戻る