無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 品川区中延にて火災保険の風災で波板張り替えと雨樋交換工事をお.....

品川区中延にて火災保険の風災で波板張り替えと雨樋交換工事をおこないます

【施工前】
台風被害を受けた波板と雨樋

【施工後】
ポリカーボネート製の波板に張り替えました

【お問い合わせのきっかけ】


担当:富田


 品川区中延で台風の被害を受けた部分の復旧工事をおこないました。
 昨年の9月に上陸した台風15号(令和元年房総半島台風)の強風により、バルコニーに設置された屋根の波板とスレート屋根の雨樋が破損してしまいました。
 台風の強風による被害の為、火災保険の風災が適用になりますので、元に戻す為の復旧工事にかかる費用を保険会社が負担してくれました。
 鉄骨製のフレームに塩化ビニル製の波板が張られていましたが、紫外線によって劣化する為に脆くなり、触るとバリバリになってしまいます。劣化したところに台風の強風で下から煽られて割れてしまった様です。
 建物本体の軒先に取り付けてある雨樋も塩化ビニル製で、やはり経年によって劣化していました。台風の強風の衝撃によって割れていました。
 軒先の下にバルコニーの屋根が設置されていますので、波板を張り替える為に全て剥がしてから雨樋を先に交換します。雨樋を交換した後は波板を復旧するのですが、今までと同じ塩化ビニルは使用せず、ポリカーボネート製の波板をはりました。ポリカーボネートは衝撃にも強く耐久性が高いので、塩化ビニルの様な劣化はしませんので割れにくくなりました。
 台風で被害を受けましたが火災保険の風災が適用になりましたので、自己負担なく元に戻す事が出来ました。
 品川区中延で台風の被害を受けた部分の復旧工事をおこないました。
 昨年の9月に上陸した台風15号(令和元年房総半島台風)の強風により、バルコニーに設置された屋根の波板とスレート屋根の雨樋が破損してしまいました。
 台風の強風による被害の為、火災保険の風災が適用になりますので、元に戻す為の復旧工事にかかる費用を保険会社が負担してくれました。
 鉄骨製のフレームに塩化ビニル製の波板が張られていましたが、紫外線によって劣化する為に脆くなり、触るとバリバリになってしまいます。劣化したところに台風の強風で下から煽られて割れてしまった様です。
 建物本体の軒先に取り付けてある雨樋も塩化ビニル製で、やはり経年によって劣化していました。台風の強風の衝撃によって割れていました。
 軒先の下にバルコニーの屋根が設置されていますので、波板を張り替える為に全て剥がしてから雨樋を先に交換します。雨樋を交換した後は波板を復旧するのですが、今までと同じ塩化ビニルは使用せず、ポリカーボネート製の波板をはりました。ポリカーボネートは衝撃にも強く耐久性が高いので、塩化ビニルの様な劣化はしませんので割れにくくなりました。
 台風で被害を受けましたが火災保険の風災が適用になりましたので、自己負担なく元に戻す事が出来ました。


担当:富田


【工事内容】
雨樋交換 波板張り替え
【工事詳細】
使用材料
ポリカーボネート製波板、雨樋
施工期間
1日
築年数
25年
平米数
12㎡
施工金額
詳しくはお問合せください
お施主様
S様邸
ハウスメーカー
ハウスメーカー不明
保証年数
3年
【工事内容】
雨樋交換 波板張り替え
【工事詳細】
使用材料
ポリカーボネート製波板、雨樋
施工期間
1日
築年数
25年
平米数
12㎡
施工金額
詳しくはお問合せください
お施主様
S様邸
ハウスメーカー
ハウスメーカー不明
保証年数
3年
火災保険アイコン台風アイコン雨樋交換

台風の被害を受けた波板と雨樋を直します

雨樋が被害を受けています 割れてしまった波板と雨樋を交換します

 昨年の9月に上陸した台風15号(令和元年房総半島台風)で被害を受けたバルコニーの屋根です。

 塩化ビニル製の波板が張ってあるのですが、強風によって割れていました。波板が張ってあるために気付かなかったのですが、調査で伺った際に屋根の雨樋が破損している事も分かりましたので、交換工事をおこなう事になりました。

 台風の強風による被害の場合は火災保険の風災が適用されます。今回の工事も火災保険を使って直す事になりましたので、工事費用は保険会社が負担してくれます。

ボロボロになった劣化して塩化ビニル製の波板

バリバリになっている古い波板 剥がした波板

 塩化ビニル製の波板は紫外線によって劣化してしまうので、固くなってボロボロになってしまいます。触るとバリバリと割れてしまうので撤去する時も細かくなってしまいます。

 大きく割れたのはバルコニー屋根の一部ですが、同じように劣化しているので全てを新しく張り替えます。

撤去したフレームの状態

 バルコニーの屋根は色々な造りがあり、アルミ製のフレームや木で作られているものもあります。今回張り替えるのは鉄骨で下地が組まれていて、専用のフックを引っかけて固定していました。

 台風などの強風の力は強く、下から風で煽られた時に波板がガッチリと固定されていると、フレームまで被害を受けてしまう事もあるので、波板だけが飛ばされた方が最小限の被害で済む事にもなります。

波板を撤去してスペースを確保して雨樋を交換します

波板を外した状態で雨樋を取り付けます 高さを見ながら雨樋の金物を取り付けます

 バルコニーの屋根は建物のスレート屋根の下に設置されていますので、雨樋の交換工事は波板を撤去した状態でおこないます。雨水が流れる様に勾配(角度)を付ける為に、金物に水糸を張って取付高さを確認しながら設置していきます。

雨樋の吊り金具

 軒樋の勾配は取り付ける雨樋の排水量にもよりますが、水平~2/1000(1m横に移動する間に2ミリ下がる角度)程度で納めますが、この様に水糸を張らないで目検討で取り付けてしまうと、雨樋が逆勾配になり雨水が溜まってしまう事になります。

雨樋の吊り込みが完了しました 壊れた部分を新しく交換します

 波板を剥がして作業スペースが出来ましたのでスムーズに雨樋交換がおこなえました。台風被害で割れる以外にも中間が下がったりしていましたが、水勾配をとっていますので工事後は問題なく雨水が流れる様になりました。

ポリカーボネート製の波板を張ります

カットした波板を並べていきます 波板の取り付けには専用のフックを使用します

 今までの波板は塩化ビニル製が使用されていましたが、新しいものはポリカーボネート製のものを使用します。塩化ビニルとの違いは耐久性が非常に高いということです。衝撃にも強いので今までより割れにくくなります。

波板のフックを取り付けていきます 波板張り替えが完了

 鉄骨のフレームの上にポリカーボネート製の波板を乗せて、パッキン付きの専用のフックを使用して取り付けていきます。穴を開けてフックを通すのですが、パッキンがある事で雨水が入り込むのを防ぎます。

 今回工事した建物は1階の屋根の上にバルコニーが設置されているので、一番最後の張り終いを屋根の上に脚立を建てて作業する事が出来ましたが、場合によっては足場を架ける必要もあります。その場合でも作業用の足場も含めて保険の対象になりますので一緒に保険申請すれば問題ありません。

復旧工事が完成しました

波板張り替え完了

 破損したバルコニーの波板張り替えと雨樋交換が完了しました。

 波板は耐久性の高いポリカーボネート製を使用し、雨樋は吊り込み金具の間隔を狭くしましたので、今後台風や雪などの自然災害を受けにくくしました。今回の工事は火災保険の風災を適用出来ましたので、自己負担なく元通りに戻す事が出来お客様にも大変喜んでいただけました。

 私たち街の屋根やさんでは、新型コロナウイルス対策をおこなって工事をしておりますのでご安心ください。

工事を行なったS様のご感想をご紹介いたします

S様のアンケート

【工事前】

工事前アンケート

Q1.工事を検討したきっかけは何ですか?どんなことで悩まれていましたか?
台風15号による屋根被害
Q2.業者や工事会社をどのように探されましたか?
ネット検索
Q3.当社を知りすぐにお問合せをされましたか?もし悩まれたとしたらどんなことがご不安でしたか?
すぐに電話で問合せをした。
Q4.何が決め手となり当社にお問合せをされましたか?
オペレーターの方も工事担当の方も電話での対応がとても丁寧で感じが良かったから。
Q5.実際に当社担当者がお伺いしていかがでしたでしょうか?
事前の電話もしっかりいただけたし、説明も分かりやすくて良かったです。

S様のアンケートを詳しく見る→

このページに関連するコンテンツをご紹介

雨樋工事でお家を雨水から守る!雨樋の修理・交換、お任せください

雨樋工事でお家を雨水から守る!雨樋の修理・交換、お任せください

 戸建てやマンション、ビルなどどんな建物にも必ず取り付けられている雨樋(あまどい)。ほとんどの方が雨樋という名前やどの部分が雨樋なのかご存じですよね。 ただ「雨樋がなかったらどうなるんだろう?」と考えたことってありますか?あまりに当たり前のように取り付けられているためその役割や必要性を考えたこともな…続きを読む
【最新版】火災保険が適用される屋根工事

【最新版】火災保険が適用される屋根工事

 保険が適用される屋根工事、ってどういうことをイメージされるでしょうか?  特にそれが「火災保険」となると「屋根修理に使えるの?」と繋がらないという方もいらっしゃるのではないでしょうか?昨今は大型台風の上陸、そしてそれらの被害が頻発したことにより火災保険という名前や保険の支払い規…続きを読む
ベランダ・バルコニーの屋根の補修・修理、防水工事もお任せください

ベランダ・バルコニーの屋根の補修・修理、防水工事もお任せください

 ベランダやバルコニーで必要なメンテナンスと言えば、「防水工事」だけてなく「ポリカの屋根」のお手入れです。夏の暑さが気になる方には遮熱の防水工事もありますし、窓ガラスの断熱化でも対処できます。窓ガラスの断熱化で紫外線をカットするものを使えば夏の夜に寄ってくる虫も少なくなります。 【動画で確認「ベコ…続きを読む
プロが教える屋根リフォームで失敗しないコツ

プロが教える屋根リフォームで失敗しないコツ

 屋根リフォームの主な目的は、雨漏りの防止や安全対策です。頻繁におこなう必要はありませんが、定期的に屋根の状況をチェックして、必要があれば補修や清掃、塗り直しをおこなうことで、屋根そのものの寿命を延ばすことができます。春の大風や夏場の暑い日差しに台風、冬の積雪などで屋根は徐々に痛んできています。「う…続きを読む

このページに関連する漫画コンテンツ動画をご紹介

漫画で読むならコチラ

動画で見るならコチラ

街の屋根やさん品川
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒141-0031
        東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
        店舗詳細はこちら
    1. お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      府中市四谷にて古くなった雨樋の交換工事を行いました

      【施工内容】

      雨樋交換

      葛飾区東四つ木で下屋根下の雨漏りのご相談から下屋根のカバー工事を施工致しました

      【施工内容】

      屋根カバー工法、雨樋交換、雨漏り修理

      目黒区八雲にてエスロンのライナートップX70をアーバントップΣ90に部分交換いたしました

      【施工内容】

      雨樋交換

      その他の施工事例一覧→

      品川区と近隣地区の施工事例のご紹介

      港区三田でヒビ割れと排水不良のバルコニーをウレタン防水で改修工事

      【施工内容】

      防水工事

      品川区旗の台にて強風で破損した塩化ビニル製の波板を火災保険を使ってポリカーボネート製の波板に交換いたしました

      【施工内容】

      その他の工事

      江東区大島で強風被害によるポリカ波板の交換工事、火災保険を活用して施工致しました

      【施工内容】

      屋根補修工事

      その他の施工事例一覧→

      屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

      お問い合わせ・資料請求
      新型コロナウィルス
      対策について
      オンラインでの無料相談・ご提案について
      • 屋根リフォームの流れ
      • 徹底したお住まい調査
      • 不安ゼロ宣

言
      • 屋根のお役立ち情報
      • 当社のご案内
      • 屋根の資料請求

      点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

      株式会社シェアテック
      街の屋根やさん東京
      東東京支店
      〒132-0023
      東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
      TEL :0120-989-936 
      E-mail : info@sharetech.co.jp
      品川支店
      〒141-0031
      東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
      多摩川支店
      〒182-0025
      東京都調布市多摩川3-68-1
      Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
      ページトップへ戻る