無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 豊島区高田にて強風の影響により飛散した棟板金の交換工事を実施.....

豊島区高田にて強風の影響により飛散した棟板金の交換工事を実施、貫板に樹脂製貫板を使用致しました

【施工前】
棟板金が剥がれて落下

【施工後】
樹脂製貫板を使用した棟板金交換工事

【お問い合わせのきっかけ】


担当:岡野


 豊島区高田にお住まいのS様邸にて行った棟板金交換工事の様子をご紹介致します。「屋根の棟板金が剥がれて落下してしまったので見に来てほしい。」と、お問い合わせをいただき調査にお伺いすると瓦棒屋根の棟部分がブルーシートで養生されておりました。S様に養生の件をお伺いしたところ、訪問業者が来た際にS様の許可なく養生を行ったとの事でした。突然、訪問され屋根葺き替え工事をご提案して帰ったとの事ですが、お見積内容の詳細を聞くと屋根の面積が多く見積もられているのではないかと不安になり私たち街の屋根やさんにお問い合わせをしてくださったとの事でした。
 梯子を使い屋根に上がり養生を捲ると棟板金を固定する下地材の貫板が劣化して腐食している状態でした。棟板金の落下や飛散は木製の貫板が劣化してしまい、固定する力が弱くなる事が原因として挙げられます。また、屋根材の下に敷設されている防水紙が露出している状態でした。防水紙が露出してしまうと紫外線や雨水などの影響で劣化が早まってしまい雨漏りの原因になりますので早めの対応が必要になります。
 屋根全体を調査すると屋根材の塗膜が剥がれており錆ている状態でした。また、瓦棒を固定している釘や飛散していない箇所の棟板金を固定している釘が浮いており、こちらもメンテナンスが必要な状態でしたが、建て替えを検討しているという事で必要最低限のメンテナンスをご希望でしたので剥がれてしまった部分のみの棟板金交換工事をご提案したところ工事のご依頼をいただきました。
 豊島区高田にお住まいのS様邸にて行った棟板金交換工事の様子をご紹介致します。「屋根の棟板金が剥がれて落下してしまったので見に来てほしい。」と、お問い合わせをいただき調査にお伺いすると瓦棒屋根の棟部分がブルーシートで養生されておりました。S様に養生の件をお伺いしたところ、訪問業者が来た際にS様の許可なく養生を行ったとの事でした。突然、訪問され屋根葺き替え工事をご提案して帰ったとの事ですが、お見積内容の詳細を聞くと屋根の面積が多く見積もられているのではないかと不安になり私たち街の屋根やさんにお問い合わせをしてくださったとの事でした。
 梯子を使い屋根に上がり養生を捲ると棟板金を固定する下地材の貫板が劣化して腐食している状態でした。棟板金の落下や飛散は木製の貫板が劣化してしまい、固定する力が弱くなる事が原因として挙げられます。また、屋根材の下に敷設されている防水紙が露出している状態でした。防水紙が露出してしまうと紫外線や雨水などの影響で劣化が早まってしまい雨漏りの原因になりますので早めの対応が必要になります。
 屋根全体を調査すると屋根材の塗膜が剥がれており錆ている状態でした。また、瓦棒を固定している釘や飛散していない箇所の棟板金を固定している釘が浮いており、こちらもメンテナンスが必要な状態でしたが、建て替えを検討しているという事で必要最低限のメンテナンスをご希望でしたので剥がれてしまった部分のみの棟板金交換工事をご提案したところ工事のご依頼をいただきました。


担当:岡野


【工事内容】
棟板金交換
【工事詳細】
使用材料
GL鋼板 樹脂製貫板
施工期間
1日間
築年数
築40年程
平米数
4.0m
施工金額
詳しくはお問い合わせください
お施主様
S様邸
ハウスメーカー
ハウスメーカー不明
保証年数
お付けしておりません
【工事内容】
棟板金交換
【工事詳細】
使用材料
GL鋼板 樹脂製貫板
施工期間
1日間
築年数
築40年程
平米数
4.0m
施工金額
詳しくはお問い合わせください
お施主様
S様邸
ハウスメーカー
ハウスメーカー不明
保証年数
お付けしておりません
棟板金交換

調査の様子

棟板金が剥がれた瓦棒屋根の調査  棟板金が剥がれた瓦棒屋根の調査

 調査の様子です。梯子を使い屋根に上がると瓦棒屋根の棟板金にブルーシートで養生がされていました。訪問業者がお客様の許可なく養生を行ったとの事でした。棟板金が剥がれた場合や屋根材に不具合が発生した場合は応急処置として養生を行う事で雨漏りのリスクを軽減します。あくまでも応急処置になりますので早めの対応が必要になります。また、時々お客様ご自身で屋根の上に上がり養生を行う方がいらっしゃいますが、屋根の上は高所になり強風が突然吹く事がありますので落下に繋がります。お家が心配でも無理はせず、私たち街の屋根やさんにお気軽にお問い合わせください。

棟板金が剥がれた瓦棒屋根の調査  棟板金が剥がれた瓦棒屋根の調査

 養生のブルーシートを捲った様子です。切妻屋根の端部の棟板金と棟板金を固定している下地材の貫板は残っている状態でした。

棟板金の下地材の貫板の劣化

 既存の貫板の様子です。貫板は棟板金を固定する下地材になります。木製の貫板は経年により劣化してしまいますので腐食等により棟板金を固定している釘の効きが弱くなってしまうのです。釘の効きが弱くなるという事は棟板金を固定する力が弱くなりますので強風の影響とにより剥がれて落下してしまいます。

 また、棟板金が剥がれてしまうと屋根材の下に敷設されている防水紙が露出してしまいます。屋根の頂点部分の屋根材と屋根材が接合する部分にはどうしても隙間が出来てしまいます。通常、この部分は棟板金で覆う事により防水紙に雨水が触れるのを軽減していますが棟板金が剥がれてしまうと雨水に晒されてしまいますので防水紙の劣化を早めてしまう事に繋がります。露出した防水紙は紫外線の影響も受けますので劣化してしまうと穴が開いたり捲れてしまいますので雨漏りに繋がります。

棟板金の釘浮き  瓦棒を固定している釘の浮き

 剥がれていない箇所の棟板金を固定している釘や瓦棒を固定している釘が浮いている様子です。瓦棒の凸部分には心木が入っており屋根材を釘で固定しています。どちらも固定する力が弱くなっております。

瓦棒屋根の棟板金が剥がれてしまいました

 屋根材の瓦棒を保護している塗膜も剥がれており錆が発生している状態でしたので屋根全体のメンテナンスが必要な状況でしたが、建て替えを検討しており必要最低限のメンテナンスをご希望でしたので剥がれた箇所のみの棟板金交換工事をご提案したところ工事のご依頼をいただきました。

施工の様子

棟板金交換工事の様子  棟板金交換工事にて樹脂製貫板を使用

 棟板金交換工事の様子です。棟板金交換工事は先ず、既存の棟板金を解体・撤去する工程から行います。端部の残っている棟板金をバール等の専用工具を用いて棟板金を固定している釘を抜いて解体していきます。

 既存の棟板金を解体・撤去致しましたら下地材の貫板を解体していきます。貫板を解体する際もバール等の専用工具を用いて行います。下地材の貫板を解体する際は屋根材を傷めないように注意しながら行います。

樹脂製の貫板を設置

棟板金交換工事にて樹脂製貫板を使用  棟板金交換工事にて樹脂製貫板を使用

 下地材の貫板を設置する様子です。既存の貫板を撤去致しましたら、新しい貫板を設置していきます。既存の貫板は木製でしたが、湿気や雨水等の水分の影響により劣化が進行していました。棟板金は貫板が劣化してしまうと棟板金を固定する力が弱くなり落下や飛散に繋がりますので新しい貫板には樹脂製貫板のタフモックを使用致しました。

樹脂製の貫板をビスで固定

 タフモックは樹脂製になりますので腐食しにくく耐久性に優れている下地材になります。タフモックを固定する際には従来の釘では抜けやすいので、ねじ込み式のビスで固定していきます。固定する際には貫板のタフモックに対して真上から固定します。

棟板金を設置する様子

棟板金交換工事の様子  棟板金交換工事の様子

 棟板金設置の様子です。貫板のタフモックを設置し、固定致しましたら新しい棟板金をタフモックに被せて設置していきます。棟板金を固定する際にはSUSビスで固定していきます。SUSビスはステンレス製になりますので錆に強く耐久性に優れています。従来の釘と比較すると固定する力も強固になりますので風に強い棟板金になります。寄棟屋根の隅棟の棟板金は軒先から上部へと重ねて設置していくことで棟板金の継目からの雨水の浸入を防ぎます。

棟板金交換工事にてSUSビスで棟板金を固定

 棟板金を固定する際には棟板金に対して必ず横方向からSUSビスで固定していきます。棟板金に対して真上から釘やビスで固定した方が強く固定できると思われがちですが、釘やビスで開いてしまった穴が真上にきてしまいますので、開けた穴から雨水が浸入してしまい、雨漏りの原因になってしまいます。「脳天打ち」という施工方法になり、雨漏りに繋がりますので棟板金を固定する際には必ず横方向から固定するのです。

棟板金交換工事が完了致しました

棟板金交換工事が完了

 板金交換工事が完了致しました。棟板金と貫板を新しくする事で耐久性が期待でき、風に強い棟板金になります。強風などの影響による飛散や雨漏りの心配も無くなりましたのでお客様の不安も解消され、大変満足していただけました。

 私たち街の屋根やさんでは引き続き新型コロナウィルス対策を行っており、必ずマスク着用でお伺いさせていただいております。ソーシャルディスタンスを徹底し、お客様やスタッフの安全管理を徹底致します。

このページに関連するコンテンツをご紹介

棟板金の飛散がご心配な方へ、棟板金交換工事でお悩み解決!

棟板金の飛散がご心配な方へ、棟板金交換工事でお悩み解決!

 毎年9月、10月の台風の時期になると特に増えるお問い合わせがあります。それは「棟板金交換」です。こちらのページをお読みの方でも「屋根の上から異音がする」など屋根の上の異変に不安を抱えていらっしゃる方はいらっしゃいませんでしょうか?台風に限らず春一番や竜巻、木枯らしなど突発性の強風でも被害を受けるこ…続きを読む
街の屋根やさん東京
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒132-0023
        東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん東東京支店のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      八王子市北野台で強風で飛ばされた棟板金を樹脂製の貫板を使用して交換工事

      【施工内容】

      棟板金交換、ガルバリウム鋼板

      江戸川区一之江で棟板金交換工事を施工、下地貫板には樹脂製のタフモックを使用

      【施工内容】

      棟板金交換

      板橋区東新町にて釘が浮いている棟板金のメンテナンス、樹脂製の貫板を使用した棟板金交換工事を実施

      【施工内容】

      棟板金交換

      その他の施工事例一覧→

      豊島区と近隣地区の施工事例のご紹介

      練馬区貫井で雨漏りの起きたバルコニーの通気緩衝工法による防水工事

      【施工内容】

      板橋区氷川町にて日本ペイントのパーフェクトベストを使用した屋根塗装工事を実施、色はダークチョコレートになります

      【施工内容】

      屋根塗装

      文京区千駄木にてスレート屋根のトップライトから雨漏り発生、トップライトの撤去工事と屋根部分葺き替え工事にて解消

      【施工内容】

      スレート屋根葺き替え工事、雨漏り修理

      その他の施工事例一覧→

      屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

      お問い合わせ・資料請求
      新型コロナウィルス
      対策について
      オンラインでの無料相談・ご提案について
      • 屋根リフォームの流れ
      • 徹底したお住まい調査
      • 不安ゼロ宣

言
      • 屋根のお役立ち情報
      • 当社のご案内
      • 屋根の資料請求

      点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

      株式会社シェアテック
      街の屋根やさん東京
      東東京支店
      〒132-0023
      東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
      TEL :0120-989-936 
      E-mail : info@sharetech.co.jp
      品川支店
      〒141-0031
      東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
      多摩川支店
      〒182-0025
      東京都調布市多摩川3-68-1
      Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
      ページトップへ戻る