無題ドキュメント

HOME > ブログ > 渋谷区松濤で防水機能が切れたバルコニー床から雨漏り発生!ウレ.....

渋谷区松濤で防水機能が切れたバルコニー床から雨漏り発生!ウレタン防水工事のご提案

更新日:2021年10月21日

渋谷区松濤のお客様が雨漏りでお困りだということで無料点検にお伺いいたしました。

雨漏りの痕跡

雨漏りの状況

 ご案内されたお部屋は床には雨水を貯めるバケツとタオル、天井には雨水が通った痕跡が見えます。梁の細い方(合板受け梁)には雨水のしずくの跡、太い梁(床梁)のクロス部分は雨水によってふやけて剥がれています。この階上の真上にはバルコニーがあるそうで、どうやらそこから雨漏りが起こっているようです。

関連:ベランダ・バルコニーで起こる雨漏りの原因と補修方法を解説

バルコニーの様子

 雨漏りが起こった部屋の真上に位置するバルコニーです。バルコニーの床は面積が広く、全体にジョイントマットが敷き詰められています。

 床面は全体的に表面の防水が切れてしまっているようです。各所でひび割れや剥がれ、苔の発生が見られます。この状態ですとひび割れ部分などから雨水が浸透し床下に流れ出てもおかしくない状況と言えます。

ベランダやバルコニーが雨漏りした場合の被害

雨漏りの応急処置

 こちらのお宅のようにバルコニーで雨漏りが発生した場合は、階下のお部屋に雨水が落ちてしまいます。バルコニーやベランダは屋根のように勾配があまりありませんので、防水層が劣化して雨漏りが起きてしまうとまっすぐに室内に雨水が浸入してしまうことになります。また電気設備がある場合はショートや漏電、階下の天井の構造材や仕上げ材にもダメージを与えてしまい、最悪の場合は木材の腐食を招いてしまいます。雨漏りがご心配な方は、表面のトップコートのひび割れ、亀裂、膨れなどが見られた場合にはすぐに専門業者に点検を依頼しましょう。また、ごみなどが溜まっていると普段水が周らない所にまで水が周ってしまい、排水がうまく行えない場合などは水が滞留してしまいます。水の滞留はベランダやバルコニーの床にダメージを与え続けます。こういった点にも気を付けて床部分は日ごろからごみの無い状態を保つのがおすすめです。

防水工事のご提案

 今回は雨漏り補修の解消策として「ウレタン防水」による防水工事をご提案させていただきました。ウレタン防水工事には「密着工法」と「通気緩衝工法」という2パターンの施工方法がありますが、今回は「通気緩衝工法」で行わせていただきます。「通気緩衝工法」とは密着工法に対して防水層の下に溜まった空気を排出できる機能を持った施工法で、雨漏りを起こして下地に水分が入り込んでしまっている際にはこちらの施工でご対応致します。防水層の下の空気を排出できない密着工法ですと水分の蒸発によって床が膨らんでしまう恐れがあるためです。

ベランダ・バルコニーのお悩み何でもご相談ください!

 私たち街の屋根やさんでは雨漏りを起こしてしまったベランダ・バルコニー・陸屋根の床は勿論、「雨漏り前」の床に対しての施工も行います。ベランダの防水の耐久性は10年を目途に劣化していきます。できるだけ長くそして丈夫な状態で床を保ちたい場合は表面のトップコートだけでも5年に一度の点検・補修が理想的なメンテナンス周期となります。

 私たち「街の屋根やさん」ではまた、新型コロナウイルス対策として点検・工事等でお伺いする際は、マスクの着用・アルコール消毒・ソーシャルディスタンスを徹底し、お客様の安心・安全に配慮しております。 もしご対面でのお打ち合わせに不安を感じるようでしたら「zoom」によるお打ち合わせも承っております。ぜひ、お気軽にお問合せ下さい。

 記事内に記載されている金額は2021年10月21日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。

このページに関連するコンテンツをご紹介

ウレタン防水とは?メリット・デメリットとバルコニー・ベランダや陸屋根(屋上)への施工工程

ウレタン防水とは?メリット・デメリットとバルコニー・ベランダや陸屋根(屋上)への施工工程

 バルコニーやベランダ、陸屋根(屋上)への防水対策として現在最も一般的なのが、ウレタン防水です。  「ベランダにウレタン防水をすすめられたけれどどんな工事なの?」  「ウレタン防水の耐久性は?見積りをもらったけれど費用は妥当?」  「他の防水方法と比べてどうなの?」 とお悩みではありませんか?  …続きを読む
ベランダ・バルコニー・陸屋根に必須のメンテナンス、防水工事

ベランダ・バルコニー・陸屋根に必須のメンテナンス、防水工事

 防水工事と聞いてもピンと来られない方も多いと思いますが、具体的にはベランダやバルコニー、屋上(陸屋根)などからの漏水を防ぐための工事がそれにあたります。ご存知のとおり、水分は建物の大敵です。建物内部に浸入してしまうと、木造では大事な柱や梁を腐食させていきます。鉄骨でも骨組みにサビを生じさせ、強度を…続きを読む
雨漏り修理30,000円~(消費税・諸経費別) 散水検査30,000円~(消費税・諸経費別)

あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

 街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 神奈川県 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県

このページと共通する工事内容の新着施工事例

武蔵野市中町で雨漏りで腐食した玄関の庇をアルミ製の庇に交換工事

【施工内容】

雨漏り修理、庇工事

青梅市新町でRC造の2階建て屋上をウレタン通気緩衝工法で防水工事

【施工内容】

防水工事

立川市錦町で割れてしまったバルコニーの床をウレタン防水工事でメンテナンス

【施工内容】

防水工事

その他の施工事例一覧→

渋谷区と近隣地区の施工事例のご紹介

目黒区柿の木坂にて既存雨樋からアーバントップΣ90への雨樋の交換工事を行わせていただきました

【施工内容】

雨樋交換

世田谷区赤堤にて飛散してしまった棟板金を火災保険を使用して交換いたしました

【施工内容】

棟板金交換

世田谷区北沢にて、雨漏りの発生している可能性のある笠木の交換工事を行いました

【施工内容】

雨漏り修理

その他の施工事例一覧→

屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

お問い合わせ・資料請求
新型コロナウィルス
対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について
  • 屋根リフォームの流れ
  • 徹底したお住まい調査
  • 不安ゼロ宣

言
  • 屋根のお役立ち情報
  • 当社のご案内
  • 屋根の資料請求
点検・調査・お見積りなど無料で承ります!お電話でのお問い合わせは0120-989-936へ。8時半から20時まで受付中!メールでのお問合せは24時間受付中。

点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん東京
東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
TEL :0120-989-936 
E-mail : info@sharetech.co.jp
品川支店
〒141-0031
東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
多摩川支店
〒182-0025
東京都調布市多摩川3-68-1
Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
ページトップへ戻る