無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 江戸川区船堀で倉庫の大波スレート屋根からの雨漏りが発生、棟の.....

江戸川区船堀で倉庫の大波スレート屋根からの雨漏りが発生、棟の部分交換工事で解消致しました

【施工前】

【施工後】

【お問い合わせのきっかけ】


担当:藤崎


 江戸川区船堀で倉庫内に雨漏りが発生してしまったとのご相談を頂き、現地調査にお伺いした事が始まりです。

 こちらの会社様の倉庫は年数的には築造されてから20年以上経過している建物で、屋根材は工場や倉庫でよく使用されている波型のスレート屋根でした。

 雨漏り箇所の確認からさせて頂き、その上で屋根調査を行ったところ、雨漏り箇所の上部から頂上側の方の棟が外れてしまっている状況で、この棟部の破損箇所からの漏水が原因で階下の雨漏りに繋がっていると想定されました。

 今回は部分的に施工を行って雨漏りの解消を図りたいとの意向で、棟の破損部の復旧工事を行って様子を見て行く事となり、結果大雨や風を伴う雨でも症状を来たす事無く、雨漏りを解消する事が出来ました。今回はその部分施工の方をご紹介させて頂きます。
 江戸川区船堀で倉庫内に雨漏りが発生してしまったとのご相談を頂き、現地調査にお伺いした事が始まりです。

 こちらの会社様の倉庫は年数的には築造されてから20年以上経過している建物で、屋根材は工場や倉庫でよく使用されている波型のスレート屋根でした。

 雨漏り箇所の確認からさせて頂き、その上で屋根調査を行ったところ、雨漏り箇所の上部から頂上側の方の棟が外れてしまっている状況で、この棟部の破損箇所からの漏水が原因で階下の雨漏りに繋がっていると想定されました。

 今回は部分的に施工を行って雨漏りの解消を図りたいとの意向で、棟の破損部の復旧工事を行って様子を見て行く事となり、結果大雨や風を伴う雨でも症状を来たす事無く、雨漏りを解消する事が出来ました。今回はその部分施工の方をご紹介させて頂きます。


担当:藤崎


【工事内容】
雨漏り修理
【工事詳細】
施工期間
足場設置から足場撤去まで3日
築年数
20年
施工金額
詳しくはお問い合わせ下さい
お施主様
S様倉庫
保証年数
お付けしておりません
【工事内容】
雨漏り修理
【工事詳細】
施工期間
足場設置から足場撤去まで3日
築年数
20年
施工金額
詳しくはお問い合わせ下さい
お施主様
S様倉庫
保証年数
お付けしておりません
足場アイコン倉庫アイコン雨漏り修

雨漏り調査

倉庫で雨漏りが発生  明り取りの脇からの雨漏り

 こちらが雨漏りの状況となります。ブルーのプラ板で水受けを設置している上部からの雨漏りです。位置的には明り取りの有る箇所の上側付近となります。この様な明り取りを設置している箇所が原因で雨漏りとなるケースも有りますが、その他の箇所については雨漏りを来たしている様子は無いので、原因については屋根の状況次第となります。

大波スレートの棟が外れていました

スレート屋根の棟の損壊  棟の破損からの雨漏りの発生

 屋根材には大波のスレートを使用されています。多くの倉庫や工場でこの波型スレート屋根が使用されておりますが、年数を経過すると雨漏りを来たす様になるケースも多くお見受け致します。そうした場合、部分施工で解消する方法と屋根全体をカバー施工等でメンテナンスを行う方法とが有ります。こちらの屋根は御覧の通り、棟の一部に屋根材が剥がれて中が剥き出しになってしまっている部分が有りましたので、位置的にもこの部分が雨漏りの原因となっている可能性が極めて濃厚です。

棟部分の修繕復旧工事を行います

棟の復旧が必要です

 と言うのもこの棟のやや軒先側へ行った箇所が、丁度雨漏りを来たしている位置とほぼ連動する場所となります。その他の箇所については特に異状も見受けられませんでしたので、こちらが原因である可能性が非常に高いと判断させて頂きました。今回、お客様も一旦部分的な施工で雨漏りの解消を目材したいとの意向でしたので、剥がれた棟の部分修繕工事でご依頼を頂く事となりました。

部分掛けの足場仮設を行います

足場仮設からスタート  荷揚げ用の部分足場

 そして工事のスタートとなります。部分的な施工とは言え倉庫の大きな建物ですので、職人の昇降と荷揚げ用の部分足場仮設が必要です。よって工事はこの部分掛け足場仮設から始めさせて頂きました。

工事準備が整いました

作業ステージを作ります

 この様に約2メートル四方の箱型に足場を組んで、部分掛けの足場の設置の完了です。最上部のステージも設置して、作業スペース、荷物置き場もしっかり確保し復旧工事の準備も万端に整いました。

既存棟の撤去作業

既存棟の撤去  撤去した波型スレートの棟

 屋根作業は棟の撤去から行います。剥がされている箇所と共に隣接するもう1枚分の棟に損壊が見られたので、その部分も交換致します。要は今回の施工としては、剥がされた1枚分と隣接する1枚と2枚分の棟の取り付け施工をさせて頂きます。

新規棟の取り付け

既存棟の内側に差し込みます  波型スレート棟の部分差し替え

 撤去後、新しい大波スレート棟の取り付けです。大波スレート屋根は端から順番に重ねて取り付けられているので、既存の棟の下側に差し込むように取り付けて行く必要があります。先ずは隣の棟の端側も一時的に外して新たな棟を差し込む様に取り付けて、そして2枚目はその上に重ねる様に取り付けを行い復旧して参りました。

念の為雨漏り箇所の上部の継ぎ目にもシーリング

屋根材の重なりの継ぎ目にシーリング  屋根の重なりにシーリング

 雨漏り箇所の直上部の屋根の重なりの部分にも、念の為シーリングを入れさせて頂きました。屋根材と屋根材の重なりの継ぎ目にシーリングを施して、可能性の有る箇所を一つ一つ潰して雨漏り対策を採らせて頂きました。

シーリングも完了

雨漏り箇所上部にシーリング

 棟の取り付けとシーリング作業の方も完了して、これで修繕工事の方も終了となります。後は大雨等で症状が出ない様であれば雨漏りの解消となります。

棟の復旧工事の完了

 後日、何度か強い雨や風を伴う降雨も有りましたが、こちらの雨漏り箇所については再び症状を来たすと言う事は無くなりました。やはり棟の損壊が原因であった模様です。部分施工の場合の利点は、全体工事に比べて費用的に安価で済む事が挙げられます。しかし反面、雨漏りを確実に止められないと言う可能性も有ると言う事も否定出来ません。私たち街の屋根やさんでは、お客様のご要望に沿って施工させて頂く事は勿論ですが、部分施工のメリット、デメリットもお伝えしながら、より良い工事のご提案をさせて頂いて作業の方に携わらせて頂いております。新型コロナウィルス対策もしっかり実施しながら運営させて頂いておりますので、雨漏り等でお困りのお客様は、是非一度お声掛けご相談頂ければと思います。

 記事内に記載されている金額は2021年09月17日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。
雨漏り修理30,000円~(消費税・諸経費別) 散水検査30,000円~(消費税・諸経費別)

このページに関連するコンテンツをご紹介

屋根カバー工法を行う4つのメリットをご紹介

屋根カバー工法を行う4つのメリットをご紹介

 現在の屋根をほぼそのまま残し、その上に新しい屋根を載せて、覆うのが屋根カバー工法です。文字通り、屋根を屋根でカバーする工法です。よって、屋根が二重になります。屋根を重ねて葺くので、「重ね葺き」という呼ばれ方もします。 「屋根カバー工法」についての漫画コンテンツはこちら …続きを読む
スレート屋根(コロニアル、カラーベスト)のチェックポイントとメンテナンス方法

スレート屋根(コロニアル、カラーベスト)のチェックポイントとメンテナンス方法

 国内でもっとも使用されている屋根材の一つが今回のテーマにもなっているスレート(化粧スレート)と呼ばれる屋根材です。コロニアルやカラーベストとも呼ばれることも多く、「我が家も屋根材にスレートを使っている」という方も多いかもしれませんね。仮に瓦や金属といった他の屋根材のお住まいに住んでいらっしゃる方で…続きを読む
工場・倉庫の屋根や外壁に使用される大波スレートと小波スレートの最適なメンテナンス方法

工場・倉庫の屋根や外壁に使用される大波スレートと小波スレートの最適なメンテナンス方法

 耐用年数がとても長く、工場や倉庫によく使われている建築資材が大波スレートなどの波板スレートです。とても丈夫なものですが、さすがに長く使われてきただけあって、メンテナンスが必要なものも見受けられます。工場や倉庫のオーナー様や定修・改修の担当者様でそのメンテナンスにお悩みになっている方も多いのではない…続きを読む
知ってお得!屋根の便利な豆知識

知ってお得!屋根の便利な豆知識

 普段に何気なく眺めている屋根ですが、近所のお住まいを見渡しただけでも、様々な形、様々な材料が使われていることが分かと思います。 また、グーグルアースなどでは世界中の屋根を眺めることができます。素敵なデザインのものもあれば、ユニークでかわいらしいものもあります。屋根の勾配とデザイン屋根の勾配が緩やか…続きを読む
工場や倉庫の屋根工事で資産を守る!メンテナンスを行う3つのメリット

工場や倉庫の屋根工事で資産を守る!メンテナンスを行う3つのメリット

 私たちもたくさんの工場・倉庫の屋根工事を手がけています。倉庫や工場などはその企業様の資産としてとても大切なものだと思います。企業様によってはメンテナンスサイクルを検討され、予算も組み、定期的にメンテナンスをされていらっしゃるところも多くあります。また、そういった取り組みをしたくてもどうしたらよいか…続きを読む
街の屋根やさん東京
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒132-0023
        東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん東東京支店のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 神奈川県 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      武蔵野市中町で雨漏りで腐食した玄関の庇をアルミ製の庇に交換工事

      【施工内容】

      雨漏り修理、庇工事

      練馬区石神井町で雨漏りしているアーバーニーの屋根をコロニアルクアッドで葺き替え工事

      【施工内容】

      屋根葺き替え、雨漏り修理

      世田谷区北沢にて、雨漏りの発生している可能性のある笠木の交換工事を行いました

      【施工内容】

      雨漏り修理

      その他の施工事例一覧→

      江戸川区と近隣地区の施工事例のご紹介

      江戸川区船堀にて瓦屋根から金属屋根への屋根葺き替え工事を実施、アイジー工業のスーパーガルテクト(Sシェイドブルー)を使用致しました

      【施工内容】

      屋根葺き替え

      江戸川区春江町にて瓦屋根の棟の漆喰詰め直し工事とコーキング処理でのし瓦と冠瓦を固定

      【施工内容】

      棟瓦取り直し 、漆喰取り直し

      江戸川区江戸川にて漆喰の剥がれやのし瓦のずれが発生している瓦屋根の棟取り直し工事を行いました

      【施工内容】

      棟瓦取り直し 、漆喰取り直し

      その他の施工事例一覧→

      屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

      お問い合わせ・資料請求
      新型コロナウィルス
      対策について
      オンラインでの無料相談・ご提案について
      • 屋根リフォームの流れ
      • 徹底したお住まい調査
      • 不安ゼロ宣

言
      • 屋根のお役立ち情報
      • 当社のご案内
      • 屋根の資料請求
      点検・調査・お見積りなど無料で承ります!お電話でのお問い合わせは0120-989-936へ。8時半から20時まで受付中!メールでのお問合せは24時間受付中。

      点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

      株式会社シェアテック
      街の屋根やさん東京
      東東京支店
      〒132-0023
      東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
      TEL :0120-989-936 
      E-mail : info@sharetech.co.jp
      品川支店
      〒141-0031
      東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
      多摩川支店
      〒182-0025
      東京都調布市多摩川3-68-1
      Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
      ページトップへ戻る