無題ドキュメント

HOME > ブログ > 廃盤になったスレートの適切なメンテナンスのタイミングは?チェ.....

廃盤になったスレートの適切なメンテナンスのタイミングは?チェックしておきたい劣化症状を解説

更新日:2023年02月21日

 屋根材には適切なタイミングで正しくメンテナンスをおこなうことで、より長く効率的に維持ができるようになります。廃盤になった屋根材ももちろん同様で、メンテナンスを怠ってしまえば劣化が進行して雨漏りが起きることにもなりかねません。
 「10年ほどを目安に塗装メンテナンスを」と言われることが多いですが、屋根や塗料の劣化速度はお住まいによって様々です。屋根材が廃盤になっていたというお住まいは築年数が経過していることも多いので、特に注意をしていきましょう!

スレート屋根のメンテナンスの基本サイクル

 おおまかな目安にはなりますが、スレート屋根は以下の間隔で各工事を行うことが推奨されています。

屋根塗装:10年ごと

屋根カバー工事:築20~30年

屋根葺き替え工事:築20年以上

 ただし屋根材の劣化速度は様々な要因によって差が生まれ、スレートの種類や使用塗料の性能、寒暖差や日差しの影響、メンテナンス方法などによって異なってきます。上記の間隔をベースにしつつ、屋根の異常に気が付いた段階で早期の対応をしていただくことが大切です。

メンテナンスのサインとなる劣化の種類

 雨漏りが起きているという場合はもちろんですが、他にも以下のような症状が見られたら調査をご依頼いただくことをオススメします。

色褪せ

色褪せ

 スレートは塗装によるメンテナンスが大切な屋根材です。もしも前回の塗装が剥がれたり、色褪せているという場合には塗料による保護性能が低下していると考えられます。塗膜の防水性が失われると屋根が汚れやすくなり、さらに以下のような症状が起きやすくなります。

苔や藻、カビの繁殖

苔や藻の発生

 塗膜による防水性が低下したことでスレートが水分を含みやすくなった場合、苔や藻、カビが繁殖するようになります。屋根の表面が緑色やオレンジ色になっているという場合はこれらの影響が考えられますので塗装メンテナンスを考えていきましょう。

ひび割れ、欠け

スレートの欠け

 塗料の機能が劣化すると、雨水や紫外線の影響を受けやすくなり屋根材のひび割れが発生します。ひび割れが進行したスレートは塗装メンテナンスができない場合があり、大がかりな工事が必要になるためご自宅の庭に屋根材の欠片が落ちていたという場合は早期の対応をお心がけください。

棟板金の浮き、歪み

棟板金の浮き

 屋根材とは少し異なるのですが、棟板金が浮いているという場合も注意が必要です。棟板金は屋根の頂上部に設置された金属板のことで、浮いて隙間が生じるとそこから屋根内部へ雨水が侵入するようになります。もし近くに高台等があり状態を見ることができるという方は屋根材と併せてチェックしてみてください。

廃盤となったスレート屋根調査の様子をご紹介

 ここからは、実際にお客様より廃盤となったスレート屋根の調査をご依頼いただいた際の様子をご紹介していきます。すでに塗膜が劣化し、いくつかの劣化症状が見られました。

廃盤のスレートの色褪せ
廃盤のスレートのひび


 まずは左側の写真についてですが、屋根材が白みがかったような色味に変色していることがわかるでしょうか。これは前回の塗装が色褪せて、屋根の色が透けてしまっていることによるものです。
 また、一部ひび割れの発生も確認できました(写真右側)。塗膜が劣化すると、このように屋根材の損傷が発生しやすくなってしまいます。
 ひび割れこそ発生していますが大きな損傷はなく、お客様も次回のメンテナンスで屋根材を変更しようと計画をされているということでした。そのため今回はスレートのメンテナンス方法として、屋根塗装工事をご提案させていただきました。

 

 お客様より2階の暑さを軽減したいとご要望をいただきましたので、屋根塗装には遮熱塗料のサーモアイシリーズを使用していきます。サーモアイシリーズは下塗り塗料にも遮熱機能が備わっているという画期的な塗料です!夏場の暑さにお困りの方は是非ご検討ください。

 記事内に記載されている金額は2023年02月21日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。

関連動画をチェック!

【新シリーズ:施工事例を紹介!】雹(ひょう)の被害を受けたスレート屋根をスーパーガルテクトで屋根カバー工事!【施工事例を紹介!街の屋根やさん】

 今回の記事で登場した工事やお住まいのトラブルに関連する動画をご紹介します!


 こちらの動画では、工事の内容やお住まいのトラブルの対処方法などをより詳しく説明しています。
 お役立ち情報が満載ですのでぜひご覧になってみてください。


このページに関連するコンテンツをご紹介

スレート屋根(コロニアル、カラーベスト)のチェックポイントとメンテナンス方法

スレート屋根(コロニアル、カラーベスト)のチェックポイントとメンテナンス方法

 国内で最も使用されているスレート(化粧スレート)屋根材の耐用年数は、新築から20~30年程度と言われていますが、メンテナンスは新築から7~10年で必要になります。  過去スレート屋根のお住まいの調査・点検を数千軒と行ってきた経験から、スレート屋根の劣化や不具合を見逃さないためのチェックポイント、…続きを読む
お住まいの寿命を延ばす!季節別・築年数別のメンテナンスポイント

お住まいの寿命を延ばす!季節別・築年数別のメンテナンスポイント

 「お家のメンテナンスって、いつやるべきなのか分からない…」  一生に一度のお買い物と言われるお住まい、手に入れてゴールではありません。  かつては新築だったお住まいも年月を経れば、どんなに大事にしていても定期的なメンテナンスが必要になってくるのです。  メンテナンスのタイミングを逃…続きを読む
屋根のメンテナンス・屋根工事・屋根リフォームはなぜ必要?

屋根のメンテナンス・屋根工事・屋根リフォームはなぜ必要?

 どんな屋根であっても、必ずメンテナンスやリフォームが必要な時期がやってきます。  雨漏りなどの被害に遭って初めて「普通に暮らしていて屋根の手入れが必要なんて知らなかった。」と後悔する前に、屋根のメンテナンスを行い大切なお住まいを守りましょう。  このページではスレート、瓦、金属屋根それぞれの耐用…続きを読む

このページに関連する漫画コンテンツ動画をご紹介

漫画で読むならコチラ

動画で見るならコチラ

あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

 街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 神奈川県 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県

このページと共通する工事内容の新着施工事例

小金井市緑町にてスーパーガルテクトを使用して屋根のカバー工事を税込1,400,000円で行わせていただきました!

【施工内容】

スレート屋根工事

東村山市恩多町にて税込1,470,000円(足場代別途)で太陽光パネル撤去と屋根のカバー工事を行わせていただきました!

【施工内容】

スレート屋根工事

練馬区早宮にて屋根の葺き替え工事を税込258万円(足場込み)にて行わせていただきました!

【施工内容】

スレート屋根工事

その他の施工事例一覧→

屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

お問い合わせ・資料請求
  • 屋根リフォームの流れ
  • 徹底したお住まい調査
  • 不安ゼロ宣

言
  • 屋根のお役立ち情報
  • 当社のご案内
  • 屋根の資料請求
点検・調査・お見積りなど無料で承ります!お電話でのお問い合わせは0120-989-936へ。8時半から20時まで受付中!メールでのお問合せは24時間受付中。

点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん東京
東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
TEL :0120-989-936 
E-mail : info@sharetech.co.jp
多摩川支店
〒182-0025
東京都調布市多摩川3-68-1
Copyright © 2024 街の屋根やさん All Rights Reserved.
ページトップへ戻る