無題ドキュメント

HOME > ブログ > 国立市青柳で屋根葺き替え、同時に雨漏りしているトップライト(.....

国立市青柳で屋根葺き替え、同時に雨漏りしているトップライト(天窓)も撤去します

更新日:2019年1月29日

国立市青柳で調査した屋根はスレート葺きで雨漏りしています。築23年で屋根全体のメンテナンスは今回が初めてです。雨漏りしている部分を確認すると、屋根に設置されているトップライト(天窓)が雨漏りの原因になっていました。トップライトは室内に明かりを取り込むために屋根に穴を開けて取りつけています。雨水が張り込まない様になっていて取り付けの際も雨仕舞いをちゃんとおこなっていますが、やはり築年数が経過すると屋根材と一緒で色々なことろが劣化してしまいます。屋根自体は何もしていませんが、トップライト部分がコーキングを打った跡がありました。

【トップライトが雨漏りの原因です】

シンプルな切り妻のスレート屋根 雨漏りしているスレート屋根は葺き替えます

築23年のスレート屋根は大分劣化が進んでいます。表面は劣化した塗膜によってチョーキングが出ていて、ズルズルと滑りそうな状態です。撥水性が殆ど無くなっているので、コケやカビが発生していました。雨漏りしているのですがトップライトが原因になっていました。

雨漏りしているトップライト

屋根に穴を開けて取りつけてあるトップライトは、経年によって雨漏りの原因になりやすい部分です。トップライトはサッシですので、タテと横のフレームを組み合わせて作りますので、繋ぎ部分やガラスとの取り合い部分のパッキンなどが劣化してしまい、雨水が入り込んでしまいます。

トップライトは老朽化すると雨漏りします トップライトのガラスの回りはコーキングが打ってあります

屋根の途中に設置してあるので、流れてきた雨水がせき止められない様に板金が取り付けてあります。立上り部分と下地の防水紙(ルーフィング)も立ち上げて一体化していますが、建物が動いた時に見えない部分で切れたりしてしまう事もあります。ガラスとの取り合いもコーキングを打った跡がありますが大分劣化しています。トップライトは設置から10年でパッキンやシールのメンテナンスをおこない、20年で交換が目安となりますので、こちらのトップライトは交換時期になっています。屋根全体を葺き替えるのですが、トップライトは全く使用していないとの事ですので、トップライトを撤去して屋根で塞ぐ事で決定しました。屋根に穴を開ける事もありませんので、葺き替え工事後の雨漏りの心配も無くなります。

【棟板金も経年によって浮いてくる事があります】

釘が浮いてしまった棟板金 棟板金が浮いてしまいます

国立市青柳で調査した屋根は、棟板金を固定している釘が抜けたり浮いていますので、板金がパカパカしている所がありました。下地の貫板が経年によって劣化してしまう為に、最悪の場合台風などの強風で飛ばされる事もあります。今回は屋根全体の葺き替え工事をおこないますので棟板金も新しくなりますが、棟板金の浮きから屋根の被害が広がって雨漏りに繋がる事もありますので、特に屋根に関しては早めに直していきましょう。

このページに関連するコンテンツをご紹介

天窓の交換、メンテナンスで雨漏りなどのお困り事を全て解決致します!

天窓の交換、メンテナンスで雨漏りなどのお困り事を全て解決致します!

@media only screen and (max-width: 767px) {.ykorangecheck520 {width:7%;}}※窓枠のコーキング充填や水切りの交換、天窓周辺の清掃といったメンテナンスの価格となります。 「空からの光が入ってきてとっても開放的 !!」 新築時にそ…続きを読む
屋根葺き替えで不安を解消しませんか?

屋根葺き替えで不安を解消しませんか?

 これまでの屋根を解体・撤去し、新しい屋根材に葺き替える工事です。屋根材を取り外しますので、その下の防水紙や野地板といった手の入れにくい部分も同時にメンテナンスや補修を行うことができます。屋根の葺き替えというと老朽化した屋根というイメージがありますが、最近では耐震対策としての軽い屋根へ葺き…続きを読む
屋根葺き替えと屋根カバー工法 どちらを選ぶのが正解?

屋根葺き替えと屋根カバー工法 どちらを選ぶのが正解?

 屋根工事の中で大型リフォームと言えば屋根葺き替えと屋根カバー工法が挙げられます。いずれも屋根材を新設するリフォームですが、工期やコストの違いがあるなどそれぞれにメリットやデメリット、特徴があります。 こうした大型の屋根葺き替えや屋根カバー工法を検討するタイミングとしては経年劣化により屋根…続きを読む
知ってお得!屋根の便利な豆知識

知ってお得!屋根の便利な豆知識

 普段に何気なく眺めている屋根ですが、近所のお住まいを見渡しただけでも、様々な形、様々な材料が使われていることが分かと思います。 また、グーグルアースなどでは世界中の屋根を眺めることができます。素敵なデザインのものもあれば、ユニークでかわいらしいものもあります。屋根の勾配とデザイン屋根の勾配が緩やか…続きを読む

このページに関連する漫画コンテンツ動画をご紹介

漫画で読むならコチラ

動画で見るならコチラ

屋根葺き替え813,000円~(消費税・諸経費別) 雨漏り修理30,000円~(消費税・諸経費別) 散水検査30,000円~(消費税・諸経費別)

あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

 街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

このページと共通する工事内容の新着施工事例

江戸川区船堀で倉庫の大波スレート屋根からの雨漏りが発生、棟の部分交換工事で解消致しました

【施工内容】

雨漏り修理

狛江市西野川で雨漏りで落ちてしまったモルタルの外壁をガルバリウム鋼板でカバー工事

【施工内容】

雨漏り修理、ガルバリウム鋼板

品川区中延で防水の劣化が雨漏りの原因でウレタン防水と笠木交換工事をおこないました

【施工内容】

雨漏り修理、防水工事

その他の施工事例一覧→

国立市と近隣地区の施工事例のご紹介

府中市是政にて、スレート屋根へのカバー工事、アイジー工業のスーパーガルテクトを使用しました

【施工内容】

スレート屋根カバー工事

立川市砂川町で固定が弱まってきた棟板金をビス補強いたしました

【施工内容】

その他の工事

国分寺市東元町で雨漏り修理のため瓦屋根の葺き直し工事と壁の板金張替え工事

【施工内容】

瓦屋根工事

その他の施工事例一覧→

屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

お問い合わせ・資料請求
新型コロナウィルス
対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について
台風14号接近中、ご注意ください! 台風14号接近中、ご注意ください!
  • 屋根リフォームの流れ
  • 徹底したお住まい調査
  • 不安ゼロ宣

言
  • 屋根のお役立ち情報
  • 当社のご案内
  • 屋根の資料請求

点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん東京
東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
TEL :0120-989-936 
E-mail : info@sharetech.co.jp
品川支店
〒141-0031
東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
多摩川支店
〒182-0025
東京都調布市多摩川3-68-1
Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
ページトップへ戻る