無題ドキュメント

HOME > ブログ > 江東区北砂にて塗装剥がれが進んでいる屋根を調査

江東区北砂にて塗装剥がれが進んでいる屋根を調査

更新日:2022年4月16日

 江東区北砂にお住いのお客様より「屋根が劣化してきている」とのご相談をいただき現地調査へ伺いました。屋根の劣化は、屋根材ごとに異なります。スレート屋根の場合は、表面が塗装されており、経年により塗膜が剥がれてきます。10年~15年を目安に塗装によるメンテナンスを行われるのが望ましいです。今回は、屋根の点検結果についてご報告します。

屋根全体の状況

屋根-塗装剥がれ

 屋根は全体的に表面の塗装(塗膜)が剥がれている状態でした。白く見えている部分は、スレート材自体(素地)です。黄色~オレンジに見えるのは「苔(こけ)」です。スレート屋根材の表面の塗装が剥がれてくると、防水性能が損なわれるため、それまできちんと軒先方向へ流れていた雨水が滞りやすくなり、苔や藻・カビの発生に繋がっていきます。苔などの発生は、屋根を傷める原因となり、劣化を加速させてしまいます。

メンテナンスサインが出ています

オレンジ色の苔
棟板金釘浮き

 苔や藻・カビが発生すると、更に雨水の排水が妨げられ、屋根の表面に雨水が溜まりやすくなります。屋根材自体が水分を含みやすくなり、水分を含んでは太陽光で乾燥するという状況が繰り返されることで、スレート屋根材に反りやヒビ割れが発生しやすくなります。苔などが発生した場合は、メンテナンスサインが出ていると思ってください。

 また、棟板金(むねばんきん)を固定している釘が写真のように飛び出してくることがあります。棟板金は、側面部分から内部の貫板(ぬきいた)に釘で固定しています。貫板は、これまで木材が使用されていることが多く、どうしても経年により痩せてきたり、雨水や湿気・結露による腐食で傷んでしまいます。そのため、釘の固定が緩くなり、釘の飛び出しや、抜け落ちが発生します。その結果、棟板金の浮きに繋がります。

 屋根塗装でメンテナンスをされる場合は、ぜひ棟板金の交換も併せて行われることをおすすめします。釘浮きを補修して屋根塗装しても、貫板の傷みは進行したままです。その場合、屋根塗装して間もないのに強風で棟板金が剥がれてしまっため、また足場を設置して棟板金交換をしなくてはならないということもあります。

そのほか補修が必要な部分

棟違い破風劣化
外壁取り合い部分

 棟違い部分にある破風板と屋根の取り合い部分のコーキングが劣化している状態でした。破風の内側の部分も同様でした。このようにコーキングが劣化し、隙間が開いていても下地の防水紙に問題が無ければ、雨漏りに直結することはありません。しかし、防水紙にも耐用年数があります。種類や環境にもよりますが約20年といわれていますが、10年経過頃から劣化が始まるそうですので、耐用年数を既に過ぎている場合は注意が必要です。破風板のヒビ割れも早めの補修が必要です。点検結果とお客様のご希望を踏まえ、屋根の葺き替え工事・屋根カバー工法でのご提案となりました。

参考料金

●屋根葺き替え工事
898,000(税抜き)~
切妻屋根/60㎡のスレートからスレートへの葺き替え

●屋根カバー工法
698,000(税抜き)~
切妻屋根/60㎡の既存屋根を金属屋根でカバーした場合

 私たち街の屋根やさんでは、引き続き新型コロナウィルス感染予防のため、手指消毒・マスク着用の徹底を行っています。オンラインでのお打ち合わせも承っておりますので、ご安心してお問合せください。

 記事内に記載されている金額は2022年04月16日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。

このページに関連するコンテンツをご紹介

屋根葺き替えと屋根カバー工法 どちらを選ぶのが正解?

屋根葺き替えと屋根カバー工法 どちらを選ぶのが正解?

 屋根工事の中で大型リフォームと言えば屋根葺き替えと屋根カバー工法が挙げられます。いずれも屋根材を新設するリフォームですが、工期やコストの違いがあるなどそれぞれにメリットやデメリット、特徴があります。 こうした大型の屋根葺き替えや屋根カバー工法を検討するタイミングとしては経年劣化により屋根…続きを読む
知ってお得!屋根の便利な豆知識

知ってお得!屋根の便利な豆知識

 普段に何気なく眺めている屋根ですが、近所のお住まいを見渡しただけでも、様々な形、様々な材料が使われていることが分かと思います。 また、グーグルアースなどでは世界中の屋根を眺めることができます。素敵なデザインのものもあれば、ユニークでかわいらしいものもあります。屋根の勾配とデザイン屋根の勾配が緩やか…続きを読む
屋根塗装・外壁塗装の知識

屋根塗装・外壁塗装の知識

屋根塗装・外壁塗装が必要なわけ屋根塗装・外壁塗装工事は大きくわけると2つの理由があります。1.機能・性能UP塗料を外壁や屋根に塗装すると、膜(塗膜)を形成し、雨や紫外線などから保護してくれます。しかし、この塗膜も、経年とともに劣化してきてしまいます。塗膜が劣化すると、塗装が剥げ、やがて屋根や外壁の素…続きを読む
屋根葺き替え813,000円~(消費税・諸経費別) 屋根葺き替え813,000円~(消費税・諸経費別)

あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

 街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

このページと共通する工事内容の新着施工事例

調布市調布ヶ丘で雨漏りと地震対策で瓦屋根からスレートへの葺き替え工事

【施工内容】

瓦屋根工事、スレート屋根工事、屋根葺き替え、雨漏り修理

調布市布田で雨漏りしているトタン屋根をガルバリウム鋼板へ適正価格で葺き替え工事

【施工内容】

金属屋根工事、屋根葺き替え、雨漏り修理

目黒区碑文谷で雨漏りの原因になっているトップライト交換工事と葺き替え工事

【施工内容】

屋根葺き替え、天窓工事

その他の施工事例一覧→

江東区と近隣地区の施工事例のご紹介

江戸川区西瑞江にて雨漏りを未然に防ぐために漆喰が剥がれている瓦屋根の棟の漆喰詰め直し工事を実施

【施工内容】

漆喰詰め直し

墨田区本所で雨漏りのご相談からアールロックの屋根のカバー工事(料金目安:60㎡で税込767,800円~)を施工

【施工内容】

屋根カバー工法

台東区橋場にて瓦屋根の棟の漆喰の剥がれやのし瓦のズレが発生していましたので棟取り直し工事を実施し解消

【施工内容】

瓦屋根工事

その他の施工事例一覧→

屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

お問い合わせ・資料請求
新型コロナウィルス
対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について
  • 屋根リフォームの流れ
  • 徹底したお住まい調査
  • 不安ゼロ宣

言
  • 屋根のお役立ち情報
  • 当社のご案内
  • 屋根の資料請求

点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん東京
東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
TEL :0120-989-936 
E-mail : info@sharetech.co.jp
品川支店
〒141-0031
東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
多摩川支店
〒182-0025
東京都調布市多摩川3-68-1
Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
ページトップへ戻る