無題ドキュメント

HOME > ブログ > 江戸川区北小岩にて小屋裏の雨漏り調査 塗装時に原因がありまし.....

江戸川区北小岩にて小屋裏の雨漏り調査 塗装時に原因がありました

更新日:2022年3月28日

 江戸川区北小岩にお住まいのお客様より、雨漏りについてご相談いただきました。屋根からの雨漏りは、気付かないうちに雨水が天井裏に溜まり、少しずつ天井や壁を湿らせカビを発生させてしまいます。台風や暴風雨のあとは、室内や家の周りなど目視で確認出来る範囲で不具合や破損がないかチェックし、雨漏りを確認した場合は、早めに私たち街の屋根やさんへご依頼ください。

雨漏り状況確認

雨漏り箇所
屋根外観

 小屋裏を確認したところ、雨漏り箇所はすぐ確認出来ました。野地板に雨染みが広がっています。その中で、しるしを付けている箇所は、水分(雨水)が浸み出てきている跡がありました。この部分は、屋根材を野地板に固定するための釘(ビス)です。

 釘(ビス)が野地板から小屋裏側に突き出ていますが、これ自体は施工不良ではありません。野地板の上に「防水紙」が敷かれていますので、この防水紙がきちんと機能していれば、屋根が破損した場合でも雨漏りに直結することはないのです。しかし、防水紙の耐用年数は、種類や環境にもよりますが約20年です。10年経過あたりから劣化が始まるといわれています。お客様宅は、築30年ほどと伺っておりますので、防水紙の耐用年数を過ぎていますので雨漏りに繋がってしまったと考えられます。

 屋根にあがると、屋根の外観はとてもきれいでした。数年前に塗装メンテナンスをされたそうです。屋根の状態を確認していきます。

縁切りされていませんでした

縁切りなし

 雨漏りが発生していた付近を確認しましたが、屋根の破損等はありませんでした。よく見てみると、スレート屋根材の小口と下の屋根材が重なり部分が塗料くっついていることが分かりました。

 スレート屋根材は、通気や雨水を排出するために数ミリ程度の隙間が必要です。隙間が無いほうが、雨水が浸入しなくて良さそうですが、屋根材内部に入り込んだ雨水の排出を塞いでしまうことになり、毛細管現象を起こし雨漏りに繋がってしまいます。屋根塗装後に雨漏りを起こしてしまったという場合は、縁切りが十分にされていないお住まいがほとんどです。

雨漏り箇所の補修とタスペーサー設置のご提案

ヒビ割れ補修なし
タスペーサー

 屋根材のヒビ割れを確認しました。ひび割れた状態でコーキング等の下処理をされないまま塗装されたようです。点検の結果、雨漏りが発生している箇所などの補修と、タスペーサーによる縁切りのご提案となりました。

 私たち街の屋根やさんでは、点検結果を写真と一緒に詳しくご説明します。また、引き続き新型コロナウィルス感染対策として、手指消毒やマスク着用の徹底を行っています。オンラインでのお打ち合わせも承っておりますので、お気軽にお問合せください。

 記事内に記載されている金額は2022年03月28日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。

このページに関連するコンテンツをご紹介

プロが見た!リフォーム現場での間違いだらけの屋根工事施工例

プロが見た!リフォーム現場での間違いだらけの屋根工事施工例

 「間違いだらけの屋根工事」についての漫画コンテンツはこちら 漫画で読むならコチラ 動画で見るならコチラ 【動画で確認「間違いだらけの施工例」】 長い文章のページとなっていますので、内容を動画でもまとめています。動画で…続きを読む
屋根塗装・外壁塗装の知識

屋根塗装・外壁塗装の知識

屋根塗装・外壁塗装が必要なわけ屋根塗装・外壁塗装工事は大きくわけると2つの理由があります。1.機能・性能UP塗料を外壁や屋根に塗装すると、膜(塗膜)を形成し、雨や紫外線などから保護してくれます。しかし、この塗膜も、経年とともに劣化してきてしまいます。塗膜が劣化すると、塗装が剥げ、やがて屋根や外壁の素…続きを読む

あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

 街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

このページと共通する工事内容の新着施工事例

中野区上高田でマンションエントランス庇の雨樋と排水管清掃工事

【施工内容】

八王子市絹ヶ丘で腐食して剥がれた軒天の張り替え工事

【施工内容】

調布市緑が丘で劣化により剥がれた幕板の張り替え工事

【施工内容】

その他の施工事例一覧→

江戸川区と近隣地区の施工事例のご紹介

江東区東砂にて瓦棒屋根の棟板金交換工事を実施、貫板にタフモック(樹脂製貫板)を使用致しました

【施工内容】

棟板金交換

葛飾区堀切にて強風の影響で棟板金が飛散したスレート屋根を屋根カバー工事、アイジー工業のスーパーガルテクト(Sシェイドブラウン)を使用

【施工内容】

屋根カバー工法

墨田区立花にて瓦屋根の棟の崩れを未然に防ぐために漆喰詰め直し工事を実施、袖瓦の交換も実施致しました

【施工内容】

漆喰詰め直し

その他の施工事例一覧→

屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

お問い合わせ・資料請求
新型コロナウィルス
対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について
台風15号によりお住まいに被害を受けた、受けたかもしれない方は街の屋根やさんの無料点検をご利用ください 台風15号によりお住まいに被害を受けた、受けたかもしれない方は街の屋根やさんの無料点検をご利用ください
  • 屋根リフォームの流れ
  • 徹底したお住まい調査
  • 不安ゼロ宣

言
  • 屋根のお役立ち情報
  • 当社のご案内
  • 屋根の資料請求
点検・調査・お見積りなど無料で承ります!お電話でのお問い合わせは0120-989-936へ。8時半から20時まで受付中!メールでのお問合せは24時間受付中。

点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん東京
東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
TEL :0120-989-936 
E-mail : info@sharetech.co.jp
品川支店
〒141-0031
東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
多摩川支店
〒182-0025
東京都調布市多摩川3-68-1
Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
ページトップへ戻る