無題ドキュメント

HOME > ブログ > 調布市にて屋根塗装前に棟板金の浮きを発見、樹脂製貫板での交換.....

調布市にて屋根塗装前に棟板金の浮きを発見、樹脂製貫板での交換をご提案

更新日:2018年11月20日

調布市にお住まいのお客様より屋根外壁塗装点検を承りました。築年数と外壁の色褪せから塗装をご検討されたようですが、見えず確認しにくい屋根の状態が最も気になるとのことでした。今回はスレート屋根材の経年劣化と補修が必要な箇所を調べ、メンテナンス方法をご提案させて頂きました。街の屋根やさんでは梯子をかけてお住まいの点検を行いますが、住宅が立ち並ぶ等立地によって梯子がかけられない場合は、足場仮設を行ってからの点検となりますので点検時にご説明致しますが予めご了承ください。

【屋根塗装前点検】

調布市の屋根点検 陽のあたりにくい面

全体的な色褪せは見られますが築年数が浅いため破損もなく非常に綺麗な状態でした。部分的に苔やカビ・藻の付着が見られますが、恐らくこの部分は日当たりが悪く充分に乾燥できない状態なのでしょう。屋根面によってはこのように状態が異なりますので、最も酷い箇所を参考にメンテナンスを検討していきましょう。屋根面は棟板金や谷板金を境に区切られていますよね?雨漏りが部分的に発生した場合は、板金を境に屋根葺き替えで改善することは可能です。しかし、その場合は同じ厚みの屋根材での補修でなければ板金部分に隙間が出来てしまいますのでご注意ください。

チョーキング現象と汚れの付着 屋根端にて苔の付着

苔も付着していないところを触ってみると黒い粉が見られました。日常的に付着する埃もあると思いますが、チョーキング現象も発生していると考えられます。チョーキングは白い物だと説明されがちですが、塗膜が粉化する現象ですので仕上げ色の粉が手に付着します。塗膜が粉化してしまうとスレート屋根材自体が雨水を吸いこみ劣化してしまいますので塗装による表面保護が必要になります。特に屋根材の表面よりも小口と呼ばれる端の方が傷みやすいので、気づけば苔が繁殖しているお住まいも多い事でしょう。

【棟板金の浮きは雨漏りに繋がります】

棟板金の浮き

こちらはスレート屋根材の頂部に取り付けられた棟板金です。釘は打ち込まれていますが板金ごと浮き上がってしまい、スレート屋根材との間に隙間が出来てしまっています。棟板金は強風の影響を受けやすく、徐々に釘が抜けたり固定が出来ずに板金が浮き上がってしまいます。すると雨水が入り込んでしまい雨漏りを起こしてしまうこともあります。

棟板金の飛散と釘浮き 樹脂製貫板

釘やビスを打ち込んで元通りになれば問題はありませんが、左画像の様に下地の貫板と呼ばれる木材が腐食していると固定が出来ずにすぐに浮き上がってしまいます。この場合は貫板からの交換が必要になります。腐食する木材よりも耐久性を高めたい場合は腐食しにくい【プラスチック樹脂製】の貫板を使用しましょう。棟板金交換後はスレート屋根と異なる色になってしまいますので、屋根塗装をご検討中の方は塗り替え前にメンテナンスを行いましょう。

今回は棟板金の補修を行えば通常の屋根塗装で問題ないでしょう。築年数が経過し劣化が進行してしまうと雨漏りが起きていなくとも屋根カバーや葺き替えが必要になってしまいますので、定期的な補修を心がけましょう。

お住まいの無料点検依頼、塗装工事や補修に関するご質問はお気軽に街の屋根やさんへお問い合わせください。屋根はもちろんお住まいの写真を撮影し、原状とメンテナンスの必要性をご報告いたしますのでご安心ください。

このページに関連するコンテンツをご紹介

棟板金の飛散がご心配な方へ、棟板金交換工事でお悩み解決!

棟板金の飛散がご心配な方へ、棟板金交換工事でお悩み解決!

 毎年9月、10月の台風の時期になると特に増えるお問い合わせがあります。それは「棟板金交換」です。こちらのページをお読みの方でも「屋根の上から異音がする」など屋根の上の異変に不安を抱えていらっしゃる方はいらっしゃいませんでしょうか?台風に限らず春一番や竜巻、木枯らしなど突発性の強風でも被害を受けるこ…続きを読む
防水性の低くなった屋根は危険!屋根塗装で防水性を回復

防水性の低くなった屋根は危険!屋根塗装で防水性を回復

「屋根塗装工事」についての漫画コンテンツはこちら 漫画で読むならコチラ 動画で見るならコチラ   前述の通り、屋根塗装・外壁塗装の主な目的は「お住まいの耐久性を保持する」ことです。近年ではそれに「快適な室温にする」、「汚れ…続きを読む
知ってお得!屋根の便利な豆知識

知ってお得!屋根の便利な豆知識

 普段に何気なく眺めている屋根ですが、近所のお住まいを見渡しただけでも、様々な形、様々な材料が使われていることが分かと思います。 また、グーグルアースなどでは世界中の屋根を眺めることができます。素敵なデザインのものもあれば、ユニークでかわいらしいものもあります。屋根の勾配とデザイン屋根の勾配が緩やか…続きを読む
屋根塗装・外壁塗装の知識

屋根塗装・外壁塗装の知識

屋根塗装・外壁塗装が必要なわけ屋根塗装・外壁塗装工事は大きくわけると2つの理由があります。1.機能・性能UP塗料を外壁や屋根に塗装すると、膜(塗膜)を形成し、雨や紫外線などから保護してくれます。しかし、この塗膜も、経年とともに劣化してきてしまいます。塗膜が劣化すると、塗装が剥げ、やがて屋根や外壁の素…続きを読む

このページに関連する漫画コンテンツ動画をご紹介

漫画で読むならコチラ

動画で見るならコチラ

屋根塗装348,000円~(消費税・諸経費別)

あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

 街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

このページと共通する工事内容の新着施工事例

小平市花小金井にて瓦棒葺きトタン屋根の塗装工事を行いました

【施工内容】

屋根塗装

八王子市犬目町で浮いてしまった棟板金を該当箇所のみ交換工事を行いました

【施工内容】

屋根補修工事、棟板金交換

府中市北山町にてスレートからスーパーガルテクトへの葺き替え工事を行いました

【施工内容】

スレート屋根工事、屋根葺き替え

その他の施工事例一覧→

調布市と近隣地区の施工事例のご紹介

府中市是政にて、スレート屋根へのカバー工事、アイジー工業のスーパーガルテクトを使用しました

【施工内容】

スレート屋根カバー工事

狛江市西野川で雨漏りで落ちてしまったモルタルの外壁をガルバリウム鋼板でカバー工事

【施工内容】

雨漏り修理

狛江市西野川にて雨水でお困りの駐車場にポリカーボネートで屋根を新設しました

【施工内容】

屋根新設

その他の施工事例一覧→

屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

お問い合わせ・資料請求
新型コロナウィルス
対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について
台風14号により被害を受けた・受けたかもしれない方、街の屋根やさんの無料点検をご活用ください 台風14号により被害を受けた・受けたかもしれない方、街の屋根やさんの無料点検をご活用ください
  • 屋根リフォームの流れ
  • 徹底したお住まい調査
  • 不安ゼロ宣

言
  • 屋根のお役立ち情報
  • 当社のご案内
  • 屋根の資料請求

点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん東京
東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
TEL :0120-989-936 
E-mail : info@sharetech.co.jp
品川支店
〒141-0031
東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
多摩川支店
〒182-0025
東京都調布市多摩川3-68-1
Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
ページトップへ戻る