無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 調布市仙川町で雨漏りしている玄関庇の防水改修工事

調布市仙川町で雨漏りしている玄関庇の防水改修工事

【施工前】
工事前の状態

【施工後】
庇修理工事完成

【お問い合わせのきっかけ】


担当:富田


 調布市仙川町で雨漏り修理工事をおこないました。
 玄関の庇が雨漏りしていて玄関ドアの上から雨漏りしているので直したい、というお問合せをいただきました。押し入れの中から玄関の庇の中を覗くことが出来たので確認すると、庇の屋根部分から雨水が入り込んでいて下地の木が腐食しているのが見えました。
 庇の屋根部分は平らになっていて防水層が作られています。立上りのパラペット部分の上には笠木板金が被せてありますが、雨漏りはこの部分から起きている様です。
 工事内容は、傷んだ下地の修復工事と防水工事のやり直しと笠木交換工事です。軒天のモルタルを剥がして下地の傷み状況を確認し、腐食した木部を取り除いていきます。新しい木下地を組み軒天を復旧し、笠木の下地の木部も大分腐食しており新しく下地を組み直します。
 笠木部分は雨水の浸入の可能性が高い部分ですので、しっかりとした下地部分での防水処理をおこないます。
 下地の修復工事と防水工事によって雨漏りを止める事が出来ましたので、これで雨が降っても玄関ドア部分から雨漏りする事が無くなり安心できる様になりました。
 私たち街の屋根やさんでは、新型コロナウイルス対策としてマスク着用・アルコール消毒の徹底、オンラインでの打合せにも対応しておりますので、安心して工事をお任せください。
 調布市仙川町で雨漏り修理工事をおこないました。
 玄関の庇が雨漏りしていて玄関ドアの上から雨漏りしているので直したい、というお問合せをいただきました。押し入れの中から玄関の庇の中を覗くことが出来たので確認すると、庇の屋根部分から雨水が入り込んでいて下地の木が腐食しているのが見えました。
 庇の屋根部分は平らになっていて防水層が作られています。立上りのパラペット部分の上には笠木板金が被せてありますが、雨漏りはこの部分から起きている様です。
 工事内容は、傷んだ下地の修復工事と防水工事のやり直しと笠木交換工事です。軒天のモルタルを剥がして下地の傷み状況を確認し、腐食した木部を取り除いていきます。新しい木下地を組み軒天を復旧し、笠木の下地の木部も大分腐食しており新しく下地を組み直します。
 笠木部分は雨水の浸入の可能性が高い部分ですので、しっかりとした下地部分での防水処理をおこないます。
 下地の修復工事と防水工事によって雨漏りを止める事が出来ましたので、これで雨が降っても玄関ドア部分から雨漏りする事が無くなり安心できる様になりました。
 私たち街の屋根やさんでは、新型コロナウイルス対策としてマスク着用・アルコール消毒の徹底、オンラインでの打合せにも対応しておりますので、安心して工事をお任せください。


担当:富田


【工事内容】
雨漏り修理 防水工事 庇工事
【工事詳細】
お施主様
I様邸
【工事内容】
雨漏り修理 防水工事 庇工事
【工事詳細】
お施主様
I様邸
足場アイコン雨漏り修防水工事庇工事

雨漏り箇所の確認

雨漏りの状態 下地が腐食

 雨漏り箇所を確認します。

 押し入れの天袋から除くことが出来るのですが体は入りません。奥の部分が雨漏りによって木が腐食しているのが確認出来ました。

玄関の庇

 雨漏りしているのは玄関上の庇です。モルタルで仕上げてありますが、軒天部分に雨漏りによってクラック(ヒビ割れ)があり、そこから雨漏りの雨水が染み出していました。

庇の屋根は防水施工 笠木からの雨水の浸入

 庇の上は防水が施工されています。回りを笠木の板金が被せてありますが、この部分からの雨水の浸入の可能性が非常に高い状態です。お客様ご自身で庇の上にブルーシートをかけたら雨漏りは一旦止まったとの事ですので、庇上部の防水と笠木が原因であることが分かりました。

 押し入れから除いた状態で下地の木が大分腐食していることが分かりましたので、傷んだ部分を直してこれ以上の雨漏りが起こらない様に工事をおこなっていきます。

傷んだ下地を直します

軒天のモルタルを剥がします モルタルの裏側

 木下地が雨漏りによって腐食していましたので、まずはその部分を直していきます。軒天のモルタルの一部をカットして下地を確認できる状態にします。剥がしたモルタルは腐食した木の染みが付いています。

腐食した木下地

 モルタルを剥がすと下地が確認出来ました。腐食していて下地が全く機能していません。腐っている部分とカビが生えている部分でボロボロになっています。全体的に腐食している訳ではありませんので、モルタルに食いつかせている金網(ラス網)によって落下せずに持っていた様です。

雨漏りの跡を除去 補強していきます

 腐食した木下地は触るとボロボロと簡単に崩れてしまいます。傷んだ分を除去してから新しい木下地を組んでいきます。

木下地組み ラスカット貼り

 新しい木下地を組んでからモルタルを復旧するためにラスカットという表面がデコボコしたべニアを張ります。ここにモルタルを塗って付着させていきます。

腐食した笠木の下地

笠木の下 木が腐っています

 雨漏りの原因になっていた笠木の下です。板金を剥がすと下地の木がむき出しになっていて雨漏りで腐食していました。

 軒天の下地と同様に触ると簡単に剥がれてしまう状態で、下地として殆ど機能していません。ここから入り込んだ雨水はそのまま庇の天井裏に流れ込んでしまいますので、雨漏りに直結してしまいます。

傷んだ木を除去

 腐食した下地を除去すると殆どの下地が駄目になっていて中は空洞になってしまいました。

腐食した下地を直す 笠木の下地を新しく

 新しく笠木を取り付けるために腐食した部分を除去してから新たな下地を組みました。

ウレタン防水工事

シール工事 シールで下地処理

 庇の上は現在と同じように防水で仕上げます。新しく交換した笠木の下地との取り合い部分から雨水が入り込まない様に、コーキングを打って雨水の浸入を防ぎます。

プライマー 田島オルタックエース

 使用するのはウレタン防水で、田島のオルタックエースを塗布していきます。既存のウレタン層との密着性を高めるためにプライマーを塗っていきます。

ウレタン1回目 ウレタン2回目

 ウレタン塗膜防水は、ウレタンを2回塗布して防水層を形成していきます。北側に面していて日中日陰になってしまう事も有り、乾燥時間を考えて1日1工程ずつ進めていきます。

ウレタン防水

 床面と立上り、笠木の下地部分もウレタン防水で覆いましたので、仮に笠木の下に雨水が回っても下地の方に回る心配は無くなりました。

トップコート塗布 端部までしっかり防水

 ウレタンの防水層は、そのままの状態ですと紫外線によってあっという間に劣化してしまいますので、最後に紫外線保護のためのトップコートを塗布していきます。

 防水層と同じように笠木下地までトップコートを塗布します。バルコニーのメンテナンスで防水層に傷みが出ていない場合、トップコート塗布のみをおこなう場合もありますが、その際は税込み54,780円から承っておりますのでお気軽にご相談ください。

トップコート塗布完成

 ウレタン塗膜防水工事が完成しました。この状態で雨が降っても雨漏りする心配はありません。

笠木取り付け工事

ルーフィング 笠木工事

 笠木の下地に防水紙を被せます。ウレタン防水層がありますが、さらに防水紙をしき入り込んだ雨水を外に流れる様にしていきます。ガルバリウム鋼板製の加工した笠木を被せて挟み込んで固定していきます。

ガルバリウム鋼板 雨水の浸入を防ぎます

 ジョイント部分からの雨水の浸入も防ぎ、吹込みもしにくい納め方にしました。

軒天修復工事

軒天修理工事 シーラー塗布

 傷んだ下地と浸入口であった防水層と笠木部分をなおしましたので、最後に軒天を元の状態に復旧していきます。

 ラスカットをはった回りにコーキングを打って隙間を塞ぎます。

モルタル補修 下地完成

 表面がデコボコしているラスカットの表面にモルタルをコテで塗って平らにしていきます。

吹き付けでパターン付け 表面を抑えて柄を付けます

 剥がしたのは軒天の一部ですので、周りと同じような仕上げの柄になる様に吹付けして表面を平らに抑えてパターンを付けていきます。

軒天仕上がり

 最後に色合わせの塗装をおこなって完成です。塗装自体は軒天全体におこないましたので、綺麗に仕上がることが出来ました。

 雨漏りの原因箇所をしっかりと止め、傷んだ部分も新しく直しておりますのでこれで雨が降っても安心していただけます。

 私たち街の屋根やさんでは、新型コロナウイルス対策としてマスク着用・アルコール消毒の徹底、オンラインでの打合せにも対応しておりますので、安心して工事をお任せください。

 

 記事内に記載されている金額は2022年07月15日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。
雨漏り修理30,000円~(消費税・諸経費別) 散水検査30,000円~(消費税・諸経費別)

このページに関連するコンテンツをご紹介

ウレタン防水とは?メリット・デメリットとバルコニー・ベランダや陸屋根(屋上)への施工工程

ウレタン防水とは?メリット・デメリットとバルコニー・ベランダや陸屋根(屋上)への施工工程

 バルコニーやベランダ、陸屋根(屋上)への防水対策として現在最も一般的なのが、ウレタン防水です。  「ベランダにウレタン防水をすすめられたけれどどんな工事なの?」  「ウレタン防水の耐久性は?見積りをもらったけれど費用は妥当?」  「他の防水方法と比べてどうなの?」 とお悩みではありませんか?  …続きを読む
お家の意外と大事な部分、庇(霧除け)の役割とメンテナンス方法

お家の意外と大事な部分、庇(霧除け)の役割とメンテナンス方法

 ちょっと前のお家だと必ずといっていいほど取り付けられている庇、屋根や外壁のようにお手入れの重要性がよく指摘される場所ではないのですが、雨漏りや庇の崩落などの不具合を見てきた経験からやはりメンテナンスは重要です。最近のお家では固定資産税の影響やデザイン性や狭小地等の立地もあって庇を取り付けていないお…続きを読む

あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

 街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

このページと共通する工事内容の新着施工事例

台東区日本堤にてマンション屋上の陸屋根防水工事を実施、ウレタン塗膜防水通気緩衝工法にて施工致しました

【施工内容】

防水工事

世田谷区北沢にて、雨漏りの発生している可能性のある笠木の交換工事を行いました

【施工内容】

雨漏り修理

杉並区成田西でトップライトのガラス回りからの雨漏りをシール工事で直します

【施工内容】

雨漏り修理、天窓工事

その他の施工事例一覧→

屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

お問い合わせ・資料請求
新型コロナウィルス
対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について
台風8号によりお住まいに被害を受けた、受けたかもしれない方は街の屋根やさんの無料点検をご利用ください 台風8号によりお住まいに被害を受けた、受けたかもしれない方は街の屋根やさんの無料点検をご利用ください
  • 屋根リフォームの流れ
  • 徹底したお住まい調査
  • 不安ゼロ宣

言
  • 屋根のお役立ち情報
  • 当社のご案内
  • 屋根の資料請求
点検・調査・お見積りなど無料で承ります!お電話でのお問い合わせは0120-989-936へ。8時半から20時まで受付中!メールでのお問合せは24時間受付中。

点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん東京
東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
TEL :0120-989-936 
E-mail : info@sharetech.co.jp
品川支店
〒141-0031
東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
多摩川支店
〒182-0025
東京都調布市多摩川3-68-1
Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
ページトップへ戻る