無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 町田市鶴川で雨漏りでボロボロな庇を下地から作り直しました

町田市鶴川で雨漏りでボロボロな庇を下地から作り直しました

【施工前】
雨漏りで傷みが出ている庇

【施工後】
下地から新しく作り直しました。

【お問い合わせのきっかけ】


担当:富田


 町田市鶴川で雨漏りの被害を受けた部分の改修工事をおこないました。
 サッシ上に設置されている庇ですが、トタン部分がサビて穴が開いてしまい下地まで腐食していました。屋根を直そうとしましたが下地がだめになっているので、今回は傷んだ庇を解体して下地から新たに作り直すことになりました。
 中に入っているスポンジ状の断熱材が入り込んだ雨水を吸い込んでいるため常に濡れている状態になり、トタンに錆が広がって穴が開いているところもあります。中に骨組みがあると予測しましたが、実際には枠組と屋根と軒天が合わさって支えるつくりになっていましたので、サビて劣化したために強度のバランスが悪くなり下がっている部分もありました。
 補強では対応できませんでしたので一旦解体して下地から新たに作り直していきます。建物の梁などに雨水は回っておりませんでしたので、枠組を新たに作ってから建物側へ固定しました。骨組みの上に屋根を載せていきますので、木下地を斜めにカットして水勾配を作ります。屋根はガルバリウム鋼板で仕上げますので、トタンと比べて錆びにくく耐久性今までよりも高くなります。壁際の雨仕舞もしっかりとおこなえましたので、雨水が中に入り込む心配もなくなりこれで安心です。
 私たち街の屋根やさんでは、新型コロナウイルス対策としてマスク着用・アルコール消毒を徹底しておりますので、安心して工事をお任せください。
 町田市鶴川で雨漏りの被害を受けた部分の改修工事をおこないました。
 サッシ上に設置されている庇ですが、トタン部分がサビて穴が開いてしまい下地まで腐食していました。屋根を直そうとしましたが下地がだめになっているので、今回は傷んだ庇を解体して下地から新たに作り直すことになりました。
 中に入っているスポンジ状の断熱材が入り込んだ雨水を吸い込んでいるため常に濡れている状態になり、トタンに錆が広がって穴が開いているところもあります。中に骨組みがあると予測しましたが、実際には枠組と屋根と軒天が合わさって支えるつくりになっていましたので、サビて劣化したために強度のバランスが悪くなり下がっている部分もありました。
 補強では対応できませんでしたので一旦解体して下地から新たに作り直していきます。建物の梁などに雨水は回っておりませんでしたので、枠組を新たに作ってから建物側へ固定しました。骨組みの上に屋根を載せていきますので、木下地を斜めにカットして水勾配を作ります。屋根はガルバリウム鋼板で仕上げますので、トタンと比べて錆びにくく耐久性今までよりも高くなります。壁際の雨仕舞もしっかりとおこなえましたので、雨水が中に入り込む心配もなくなりこれで安心です。
 私たち街の屋根やさんでは、新型コロナウイルス対策としてマスク着用・アルコール消毒を徹底しておりますので、安心して工事をお任せください。


担当:富田


【工事内容】
雨漏り修理 庇工事
【工事詳細】
使用材料
ガルバリウム鋼板,水性ケンエース
施工期間
2日間
築年数
18年
平米数
1か所
施工金額
詳しくはお問合せください
お施主様
T様邸
保証年数
お付けしておりません
【工事内容】
雨漏り修理 庇工事
【工事詳細】
使用材料
ガルバリウム鋼板,水性ケンエース
施工期間
2日間
築年数
18年
平米数
1か所
施工金額
詳しくはお問合せください
お施主様
T様邸
保証年数
お付けしておりません
雨漏り修庇工事

傷みの状況を調べます

サッシ上の庇 トタンの屋根

 サッシの上に取り付けられている庇です。庇の屋根部分はトタンが貼ってあるのですが、劣化してサビて穴が開いているところがありました。

 下から見たときにサビを含んだ雨染みが出ており、屋根回りから雨水が侵入しているのが確認できましたので、下地の傷み状況を確認するためにトタンをめくっていきます。

中の断熱材がボロボロです

 庇の中はスポンジ状の断熱材が入っているのですが、雨水によって中でビショビショな状態になっていました。雨水を吸い込んでしまったあと抜けなくなっているのでトタンをサビさせたり軒天に影響が出ていました。

 この断熱材は殆ど効果がありませんので、傷んだ部分を撤去して下地を直す工事をおこなっていきます。

下地から作り直します

解体をおこなっています 水を吸ってボロボロになった断熱材

 水を吸ってボロボロになっている断熱材を撤去していきます。剥がし始めてからわかったのですが、この庇には下地(骨組み)がありません。屋根と軒天の周りの板金によって支えられていたため、断熱材を剥がすためにトタンをめくると軒天部分がだらーんと垂れ下がってきました。

下地が無いので下がってきます

 断熱材を撤去して内側に下地を組んで補強しようと考えておりましたが、この状態ではその内容では工事が出来ません。そのため、新たに下地から作り直す工事内容に変更致しました。

新しい木下地を組みます

木下地を組んで作ります 木下地で作り直します

 建物側の梁に雨水は回っておりませんでしたので、梁をからめて下地を跳ねだしていきます。枠組を下で作ってそのまま梁に固定しましたので、強度は保たれています。骨組みの上も水が流れるように下地で角度をつけています。この上に野地板を貼って下地は完成です。

ガルバリウム鋼板で屋根と破風を巻き込みます

下地を作り直してがっちりと ガルバリウム鋼板を巻き込んで仕上げました

 屋根にはガルバリウム鋼板を貼ります。また庇の側面にもガルバリウム鋼板を巻き込み屋根と一体になる様に挟み込んで固定します。

 ここが一体化する事で、上から吊り上げることが出来るようになり強度がさらに増します。

ガルバリウム鋼板で仕上げます

 今までの様に庇の中に雨水が入り込まなくなりましたので、これで安心です。ガルバリウム鋼板の下には防水紙がしいてあり、外壁の中に差し込むように納めてありますので、壁際の雨仕舞もしっかりとおこなう事が出来ました。

軒天を塗装で仕上げて完成

ケイカル板を貼ります パテを詰めて穴埋めします

 庇本体と屋根のガルバリウム鋼板が張り終わりましたので、軒天を仕上げていきます。

 軒天にはケイ酸カルシウム板(ケイカル板)を貼って塗装で仕上げます。ジョイントや釘の頭をパテで埋めて平らにしていきます。

シーラーを塗布しました 軒天の塗装仕上げ

 塗料の付着性を高めるためにシーラーを塗布して、吸い込みとめも併せておこないます。シーラを塗って乾燥させた後、仕上げの塗料を2回塗ります。軒天には専用の水性ケンエースを塗布して白く仕上げます。

庇の作り換え工事が完成

仕上がりました

 軒天が綺麗に仕上がって庇の交換工事が完成しました。トタンの劣化が原因で雨水が入り込んで雨漏りしてしまい中がボロボロになっていましたが、解体して骨組みから作り直して屋根部分もガルバリウム鋼板を貼りましたのでこれで安心です。

雨漏り修理30,000円~(消費税・諸経費別) 散水検査30,000円~(消費税・諸経費別)

工事を行なった服部様のご感想をご紹介いたします

服部様のアンケート

【工事前】

工事前アンケート

Q1.工事を検討したきっかけは何ですか?どんなことで悩まれていましたか?
台風15号(9/8)で板金が飛ばされたので。
Q2.業者や工事会社をどのように探されましたか?
ネットで検索して近くの業社を探しました。
Q3.当社を知りすぐにお問合せをされましたか?もし悩まれたとしたらどんなことがご不安でしたか?
すぐにTELして相談しました。修理までの雨洩りが心配でした。
Q4.何が決め手となり当社にお問合せをされましたか?
丁寧な説明と直ぐの折電で信頼できる会社と感じたので。
Q5.実際に当社担当者がお伺いしていかがでしたでしょうか?
予想通りの丁寧な対応で安心できました。

服部様のアンケートを詳しく見る→

このページに関連するコンテンツをご紹介

雨漏り修理・雨漏り改修工事

雨漏り修理・雨漏り改修工事

※梯子をかけず、高所作業とならない(下屋・陸屋根・屋上・バルコニー)詳細:明らかに破損していたり、穴が開いていたりする箇所に対しコーキングまたは防水テープにて、訪問担当者が即時対応・補修が可能な場合に限る。 皆さんは常に大切なお住まいで雨漏りが起きる事を想像しながら想像して生活している訳ではありませ…続きを読む
お家の意外と大事な部分、庇(霧除け)の役割とメンテナンス方法

お家の意外と大事な部分、庇(霧除け)の役割とメンテナンス方法

 ちょっと前のお家だと必ずといっていいほど取り付けられている庇、屋根や外壁のようにお手入れの重要性がよく指摘される場所ではないのですが、雨漏りや庇の崩落などの不具合を見てきた経験からやはりメンテナンスは重要です。最近のお家では固定資産税の影響やデザイン性や狭小地等の立地もあって庇を取り付けていないお…続きを読む
街の屋根やさん多摩川
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒182-0025
        東京都調布市多摩川3-68-1
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん多摩川支店のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      港区三田で雨漏りしている瓦葺き屋根をコロニアルで葺き替え工事

      【施工内容】

      屋根葺き替え、雨漏り修理

      調布市仙川町で雨漏りしているバルコニーをウレタン塗膜防水で止めました

      【施工内容】

      雨漏り修理、防水工事

      江戸川区船堀で倉庫の大波スレート屋根からの雨漏りが発生、棟の部分交換工事で解消致しました

      【施工内容】

      雨漏り修理

      その他の施工事例一覧→

      町田市と近隣地区の施工事例のご紹介

      八王子市犬目町で浮いてしまった棟板金を該当箇所のみ交換工事を行いました

      【施工内容】

      屋根補修工事、棟板金交換

      町田市西成瀬で強風の被害を受けた瓦屋根をアスファルトシングルへ葺き替え工事

      【施工内容】

      屋根葺き替え

      町田市大蔵町でコロニアルNEOの屋根をエコグラーニでカバー工事しました

      【施工内容】

      スレート屋根工事、屋根カバー工法、スレート屋根カバー工事、金属屋根カバー工事

      その他の施工事例一覧→

      屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

      お問い合わせ・資料請求
      新型コロナウィルス
      対策について
      オンラインでの無料相談・ご提案について
      • 屋根リフォームの流れ
      • 徹底したお住まい調査
      • 不安ゼロ宣

言
      • 屋根のお役立ち情報
      • 当社のご案内
      • 屋根の資料請求

      点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

      株式会社シェアテック
      街の屋根やさん東京
      東東京支店
      〒132-0023
      東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
      TEL :0120-989-936 
      E-mail : info@sharetech.co.jp
      品川支店
      〒141-0031
      東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
      多摩川支店
      〒182-0025
      東京都調布市多摩川3-68-1
      Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
      ページトップへ戻る