無題ドキュメント

HOME > ブログ > 雪止めは暖かい地域にこそ必須!?設置によって防げる被害とは

雪止めは暖かい地域にこそ必須!?設置によって防げる被害とは

更新日:2024年02月13日

 最近は関東圏でも積雪があり、その後雪止めの設置について多くのお問い合わせを頂いております!

 屋根の雪止めは、雪が屋根から滑り落ちるのを防ぐために設置される装置です。
 一言で「屋根から雪が落ちる」と表しても、年に1~2回ほどの頻度でしか雪が降らない地域にお住いだと危険性は感じにくいかもしれません(>_<)

 ですが、実は暖かい地域であっても雪止めの設置は重要なことなんです!

 そこで、雪止めの役割や防止している落雪被害を確認してみましょう(^▽^)/

雪止めは暖かい地域にこそ必須!?設置によって防げる被害とは

屋根の雪止めにはどんな役割がある?

・落雪による人的被害を防ぐ
 屋根からの大量の雪が一度に落ちると、人や物に被害をもたらす可能性があります(-_-;

 通行人に当たってしまうと深刻な事態になりかねませんので、しっかりと雪止め設置による対策をしておくことが大切です!

・雨樋など破損を防ぐ

 雪止めが無いことで軒先に雪が集中してしまうと、雨樋に掛かる重さもかなりのものとなります(>_<)

 雪は軽いイメージがあるかもしれませんが、実は積雪時の重みはかなりのもので、新雪でも1㎡で50~150㎏はあるのです(-_-;
 

雪の重みで破損する可能性のある雨樋

 また、降り積もる雪の重みでさらに固められていき、重さも増していきます。

 そうした雪が軒先に移動していくと雨樋の変形や破損に繋がる為、雪止めで屋根上に積雪を留めておくのは非常に有効的な対策となります(^▽^)/

・トラブルの回避

 住宅が密集しているような状態ですと、屋根から落ちた雪がお隣のカーポートや乗り物を衝撃で壊してしまい、トラブルに発展するようなこともございます。

 近年では狭小住宅も増加していますので、お互いに影響を与えてしまわないように雪止めでの対策が大切になります(*^^)v

軒下付近に設置された雪止め

◆雪がよく降る地域は雪止めがいらない

 雪止めの役割や発生の可能性がある被害についてご紹介しましたが、逆に東北地方などの積雪が多い地域のお住いでは雪止めは不要です!

 年に1度積もるかどうかのケースと比べ大量の雪が屋根に降り積もりますので、その場合には雪下ろしをしなければなりません。
 雪止めはそんな雪下ろしを妨げてしまうため、逆に必要が無いのです。

 逆に、温暖な地域でも雪は積もることがあり、同時に雪への対策が不十分なことは多いです。

 突然の雪で思わぬ被害を出さないためにも、雪止めは設置しておくことがオススメなんです(*^^)v

雪止め設置は後からでも対応可能?

 雪止め設置は後からでも対応可能です(^▽^)/
 
 雪止めの取り付けについては、屋根の上部に取り付けるよりも軒先に取り付ける方が効果的です。
 屋根の上部に取り付けた場合、取り付けた位置より下の雪はそのまま滑り落ちてしまい、落雪のリスクが残る為ですね(>_<)

軒先の雪止め

 軒先に取り付けることで、雪が滑り落ちる前に止めることができます。

 現状で雪止めが付いていない屋根でも、アスファルトシングル屋根以外には後付けでの対応が可能です!

雪止めのアップ

 屋根全体に雪止めを設置するための目安は数万円~10万円程度となりますが、高所作業にもなりますので足場の仮設とその費用が別途必要となります。

 せっかく足場代を負担するのであれば、同時に足場が必要となるメンテナンスをしておくことがオススメです!
 例えば雨樋の交換や屋根塗装・外壁塗装・棟板金交換作業などです(^▽^)/

 雪止めは温暖な地域であっても落雪防止のために必要です。
 適切な業者に依頼し、正しく取り付けることで安全性を確保することができます(*^^)v

 記事内に記載されている金額は2024年02月13日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。

関連動画をチェック!

屋根の雪止め金具で落雪被害を防ぐ!【プロが解説!街の外壁塗装やさん】

 今回の記事で登場した工事やお住まいのトラブルに関連する動画をご紹介します!


 こちらの動画では、工事の内容やお住まいのトラブルの対処方法などをより詳しく説明しています。
 お役立ち情報が満載ですのでぜひご覧になってみてください。


このページに関連するコンテンツをご紹介

落雪防止の雪止め設置は後からも可能!4つの雪止めタイプをご紹介

落雪防止の雪止め設置は後からも可能!4つの雪止めタイプをご紹介

令和6年2月の降雪で被害にあわれた方へ 令和6年2月5日~6日の降雪によって、住まいの外装が被害にあったというお問い合わせを多数いただいています。 ・ベランダ、バルコニーの屋根が雪の重みで割れてしまった ・雨樋が雪で外れてしまった/破損してしまった ・カーポートの屋根が壊れた/倒壊した …続きを読む

あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

 街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 神奈川県 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県

このページと共通する工事内容の新着施工事例

葛飾区立石で急勾配コロニアル屋根にIG工業スーパーガルテクトを使って屋根カバー工事を行いました

【施工内容】

屋根カバー工法、雪止め設置、ガルバリウム鋼板

練馬区下石神井でテラスへ雪止めを設置しました

【施工内容】

雪止め設置

日野市豊田で落雪被害を防止するため、防災瓦へ後付け雪止めを追加設置しました

【施工内容】

雪止め設置

その他の施工事例一覧→

屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

お問い合わせ・資料請求
  • 屋根リフォームの流れ
  • 徹底したお住まい調査
  • 不安ゼロ宣

言
  • 屋根のお役立ち情報
  • 当社のご案内
  • 屋根の資料請求
点検・調査・お見積りなど無料で承ります!お電話でのお問い合わせは0120-989-936へ。8時半から20時まで受付中!メールでのお問合せは24時間受付中。

点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん東京
東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
TEL :0120-989-936 
E-mail : info@sharetech.co.jp
多摩川支店
〒182-0025
東京都調布市多摩川3-68-1
Copyright © 2024 街の屋根やさん All Rights Reserved.
ページトップへ戻る