無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 練馬区富士見台にてセメント瓦からジンカリウム鋼板への屋根の葺.....

練馬区富士見台にてセメント瓦からジンカリウム鋼板への屋根の葺き替え工事を行わせていただきました

【施工前】
施工前

【施工後】
施工後

【お問い合わせのきっかけ】


担当:木下


 練馬区富士見台にお住いのお客様より屋根のメンテナンスを検討しているので一度見て欲しいとのことで点検させていただいたことが工事のきっかけでした。

 既存の屋根材はセメント瓦で一部屋根材が落ちてしまい下地が見えてしまっている部分がございました。ケラバを瓦の重さで傾いてきており危ない状況でしたので屋根の葺き替え工事をご提案させていただきました。

 新規の屋根材としてご提案させていただいたのはディーズルーフィングのエコグラーニです。エコグラーニは石粒付きのジンカリウム鋼板で非常に高級感のある屋根材です。

 屋根の葺き替え工事では野地板の張りかぶせの作業を行います。下地の補強になりますので長くお住いになりたいお客様にはお勧めの施工になります。
 練馬区富士見台にお住いのお客様より屋根のメンテナンスを検討しているので一度見て欲しいとのことで点検させていただいたことが工事のきっかけでした。

 既存の屋根材はセメント瓦で一部屋根材が落ちてしまい下地が見えてしまっている部分がございました。ケラバを瓦の重さで傾いてきており危ない状況でしたので屋根の葺き替え工事をご提案させていただきました。

 新規の屋根材としてご提案させていただいたのはディーズルーフィングのエコグラーニです。エコグラーニは石粒付きのジンカリウム鋼板で非常に高級感のある屋根材です。

 屋根の葺き替え工事では野地板の張りかぶせの作業を行います。下地の補強になりますので長くお住いになりたいお客様にはお勧めの施工になります。


担当:木下


【工事内容】
瓦屋根葺き替え
【工事詳細】
使用材料
ディーズルーフィング エコグラーニ(グリーン)
施工期間
10日間(足場の架け払い除く)
築年数
築30年以上
平米数
83㎡
施工金額
詳しくはお問い合わせください
お施主様
O様邸
ハウスメーカー
ハウスメーカー不明
保証年数
施工保証10年
【工事内容】
瓦屋根葺き替え
【工事詳細】
使用材料
ディーズルーフィング エコグラーニ(グリーン)
施工期間
10日間(足場の架け払い除く)
築年数
築30年以上
平米数
83㎡
施工金額
詳しくはお問い合わせください
お施主様
O様邸
ハウスメーカー
ハウスメーカー不明
保証年数
施工保証10年
屋根葺き替え

セメント瓦のメンテナンス方法

 練馬区富士見台にお住いのお客様より屋根の点検をご依頼されまして調査にお伺いさせ頂いたことが工事のきっかけでした。

アンテナ

 既存の屋根材はセメント瓦でした。セメント瓦は塗装のできる瓦として販売された経歴のある屋根材です。今までの日本瓦に比べて色々な色に塗装できますのでお家の雰囲気に合わせて変えることができます。

 セメント瓦の主成分は文字通りセメントなので水を吸いやすい素材になります。つまり塗装ができる屋根材というよりは塗装が必要な屋根材なのです。

 現在ではセメント瓦は廃盤品になっており、どのメーカーも製造しておりません。メンテナンス方法には注意いたしましょう。

ドーマー谷部分 固定がきいていませんでした

 調査時の様子のご紹介です。ドーマーが2箇所あり、谷の多い屋根の形状でした。

 また、棟部分も固定が利かなくなり簡単に持ち上がってしまう状態でした。

巴瓦が落ちてしまっておりました

 巴瓦の部分は落ちてしまっておりました。敷地内に落下したとのことでしたがこれが道路側に落ちて人に当たってしまっていたら大ごとです。

 セメント瓦が手に入らないことと、軽量化を図るために今回は屋根の葺き替え工事のご提案をさせていただきました。

屋根の葺き替え工事を行っていきます

 屋根の葺き替え工事を行ってまいります。まず既存の屋根材の撤去を行っていきます。

 既存の瓦を剥がしていくと、劣化した防水紙が出てまいりました。屋根の上は非常に過酷な環境下に置かれておりますので、劣化は進んでしまいます。

 普段目に見えない部分ですのでしっかりとメンテナンスを行うようにいたしましょう。

古い野地板(バラ板) ケラバ

 瓦は1枚で約4kgほどの重さがあります。屋根材を下す際も気を付けて行っていきます。

瓦の撤去

 瓦など撤去した屋根材を下す際には荷揚げ荷下ろし用のウインチというものを使用いたします。

 撤去した瓦は綺麗に積んでいき、回収しましょう。

ウインチを使って荷下ろしを行います 解体した瓦を積んでいきます

 瓦の撤去が完了いたしました。既存の野地板はバラ板でした。幅90~120㎜の板で築30年以上のお家でよく見かける下地です。

撤去完了です

 今回は瓦でしたので葺き替え工事のご提案でしたがスレートの場合は屋根のカバー工事という選択肢もございます。

 ただし野地板がこのバラ板の場合はカバー工事が難しい場合もございますので点検の際はしっかりと確認させていただきます。

材料のご紹介

 使用した材料のご紹介です。

 防水紙には田島ルーフィングのニューライナールーフを使用いたしました。耐用年数に優れた防水紙で針孔に対する吸着性が非常に高いため防水性能もピカイチです。

ニューライナールーフ エコグラーニ

 屋根材にはディーズルーフィングのエコグラーニを使用いたしました。石粒付きのジンカリウム鋼板の屋根材です。表面に着色した石粒が吹き付けられておりますので色の濃淡がでてのっぺりとしにくい仕上がりになります。

野地板と防水紙を施工していきます

 それでは屋根葺き替え工事を進めていきます。

 まずは野地板の張りかぶせを行っていきます。野地板は一般的に12㎜の構造用合板のことを言います。厚みも様々ですが、屋根工事などでは12㎜のものが使用されることが多いです。

張りかぶせ 野地板

 野地板は現場加工を行います。屋根の形状に合わせて裁断して張りわせていきます。

 ここでは職人さんの腕が光る部分です。しっかり綺麗に納めてくれました。

完了

 野地板の設置が終了しましたら防水紙の設置を行っていきます。

 防水紙はタッカーという大きなステープル(ホッチキス)で留めていきます。

防水紙施工 雨押え部

 雨押え部はしっかり既存の板金の下に差し込むように納めました。

防水紙施工終了

 防水紙の設置完了です。屋根葺き替え工事を行う際にはできればここまで1日で仕上げていきたいですが面積が多かったり、面が多い場合には少しづつ対応する場合もあります。ケースバイケースで行っていきましょう。

屋根材の施工を行っていきます

 雨押え部やケラバ板金を設置して、屋根材の施工を行っていきます。エコグラーニはインターロッキング工法を採用しており、屋根材同士を専用のビスで固定しますので風に強い設計になっております。

雨押え部 ケラバ板金

 屋根材の設置が完了しましたら棟板金の設置を行ってまいります。

 貫板には樹脂製の貫板を使用しました。腐食のしない素材ですのでしっかりと固定されますので長年安心してお住いいただけます。

樹脂貫 棟板金施工

 棟板金の設置が終了いたしました。最後に仕上がりを確認して工事完了です。

設置完了

葺き替え工事完了です

 工事が終了いたしましたので納まりなどを確認していきました。

段違い

 エコグラーニの緑は深めの緑ですが、日のあたり方によっては明るく見える場合もあります。

 日ごとに雰囲気が変わりますので屋根の表情を楽しめるかと思います。

完成 雨押え部

 今回瓦からの屋根の葺き替え工事を行わせていただきましたが、葺き替え工事は税込16,500円/㎡から承っております。屋根の形状、使用する材料によって価格は変動いたしますので詳しくはお問い合わせください。

 私達、街の屋根やさんでは新型コロナウイルス感染防止対策としてマスクの着用を徹底しております。何かお困りごとございましたら安心してご相談ください。

 記事内に記載されている金額は2022年08月26日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。

このページに関連するコンテンツをご紹介

セメント瓦とモニエル瓦、塗り替えを必要とする瓦の最適なメンテナンス方法

セメント瓦とモニエル瓦、塗り替えを必要とする瓦の最適なメンテナンス方法

 一般的な日本家屋に使用される陶器瓦と比較しても価格の安いセメント瓦やモニエル瓦。これらの瓦は高度経済成長期の住宅不足を解消する一端を担い、1980年代から1990年代にかけて国内で広く普及しました。 現在ではすっかり影をひそめ、新築でも使用されることがなくなり、手に入れることも困難になってきた屋根…続きを読む
高耐久・塗装不要の「ジンカリウム鋼板屋根材」で屋根リフォーム

高耐久・塗装不要の「ジンカリウム鋼板屋根材」で屋根リフォーム

 近年屋根リフォームや建築時に金属屋根材を使用されるお住まいが増えています。軽量・高耐久・錆びにくい素材として日々進化し続けている金属屋根材は、今や日本古来の瓦や多くの住宅で使用されている化粧スレートを上回る注目ぶりです。私たち街の屋根やさんでお問い合わせをいただく際にもガルバリウム鋼板、ジンカリウ…続きを読む
粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦、 瓦の種類・見分け方とメンテナンス方法

粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦、 瓦の種類・見分け方とメンテナンス方法

  古くから使用されている屋根材、それはなんといっても「瓦」でしょう。皆さんが瓦と言ってイメージするのは寺社仏閣のような和風建築のものですか?それとも地中海風の建物に見られるオレンジ色のグラデーションのかかった屋根でしょうか?瓦屋根はその形状により分類もできますし、使用している材質によっても分類でき…続きを読む
知ってお得!屋根の便利な豆知識

知ってお得!屋根の便利な豆知識

 普段に何気なく眺めている屋根ですが、近所のお住まいを見渡しただけでも、様々な形、様々な材料が使われていることが分かと思います。 また、グーグルアースなどでは世界中の屋根を眺めることができます。素敵なデザインのものもあれば、ユニークでかわいらしいものもあります。屋根の勾配とデザイン屋根の勾配が緩やか…続きを読む
街の屋根やさん東京
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒132-0023
        東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん東東京支店のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      練馬区大泉学園町で瓦屋根からリッジウェイへの葺き替え工事を行いました

      【施工内容】

      瓦屋根工事、アスファルトシングル屋根工事、屋根葺き替え、瓦屋根葺き替え

      江戸川区大杉でセメント瓦のお住まいの屋根葺き替え工事、スーパーガルテクトで施工しました

      【施工内容】

      瓦屋根葺き替え、ガルバリウム鋼板

      三鷹市大沢にて令和元年東日本台風で被害を受けた瓦から、立平スタンビーへの屋根葺き替え工事を実施

      【施工内容】

      屋根補修工事、瓦屋根工事、屋根葺き替え、瓦屋根葺き替え、ガルバリウム鋼板、瓦屋根から金属屋根へ葺き替え工事

      その他の施工事例一覧→

      練馬区と近隣地区の施工事例のご紹介

      中野区中央にて、内装工事(クロス、フローリング張り替え工事)を行わせていただきましたのでご紹介いたします

      【施工内容】

      その他の工事

      豊島区駒込にて釘浮きが発生している棟板金の交換工事を実施、下地材に樹脂製貫板を使用致しました

      【施工内容】

      棟板金交換

      中野区中央にて、ダイフレックスのDSカラー・ゼロにて屋上防水工事を行わせていただきました

      【施工内容】

      陸屋根工事 

      その他の施工事例一覧→

      屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

      お問い合わせ・資料請求
      新型コロナウィルス
      対策について
      オンラインでの無料相談・ご提案について
      台風15号によりお住まいに被害を受けた、受けたかもしれない方は街の屋根やさんの無料点検をご利用ください 台風15号によりお住まいに被害を受けた、受けたかもしれない方は街の屋根やさんの無料点検をご利用ください
      • 屋根リフォームの流れ
      • 徹底したお住まい調査
      • 不安ゼロ宣

言
      • 屋根のお役立ち情報
      • 当社のご案内
      • 屋根の資料請求
      点検・調査・お見積りなど無料で承ります!お電話でのお問い合わせは0120-989-936へ。8時半から20時まで受付中!メールでのお問合せは24時間受付中。

      点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

      株式会社シェアテック
      街の屋根やさん東京
      東東京支店
      〒132-0023
      東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
      TEL :0120-989-936 
      E-mail : info@sharetech.co.jp
      品川支店
      〒141-0031
      東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
      多摩川支店
      〒182-0025
      東京都調布市多摩川3-68-1
      Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
      ページトップへ戻る