無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 台東区千束でベランダ防水の劣化に伴うメンテナンス、通気緩衝工.....

台東区千束でベランダ防水の劣化に伴うメンテナンス、通気緩衝工法で施工致しました

【施工前】

【施工後】

【お問い合わせのきっかけ】


担当:藤崎


 台東区千束で建てられてから50年を経過したお住まいのベランダのメンテナンスについてご相談を頂きました。ご依頼のきっかけはご子息の屋根葺き替え外装塗装工事を当社の方で施工させて頂いた事から、ご実家のベランダの防水メンテナンスについても相談したいとのお話をお受け致した事が始まりになります。

 現地調査にお伺い致したところ、これまで既存のベランダに関してはご主人自らメンテナンスをされてきたとの事で、防水材の塗布からシート等の敷設等をご自身で繰り返し為さっていたとの事でした。

 お客様より、さすがに年数も経過してきたので、専門業者の方にしっかりとした形で施工して欲しいとの意向で、これまでの工事実績等もご信頼頂き、当社への工事依頼に至りました。

 施工の方はこれまでの既存のシート等を全面的に撤去し、新たな通気緩衝工法によるシート防水仕上げを行って参りました。今回はその通気緩衝工法の工事の流れについてご紹介させて頂きます。
 台東区千束で建てられてから50年を経過したお住まいのベランダのメンテナンスについてご相談を頂きました。ご依頼のきっかけはご子息の屋根葺き替え外装塗装工事を当社の方で施工させて頂いた事から、ご実家のベランダの防水メンテナンスについても相談したいとのお話をお受け致した事が始まりになります。

 現地調査にお伺い致したところ、これまで既存のベランダに関してはご主人自らメンテナンスをされてきたとの事で、防水材の塗布からシート等の敷設等をご自身で繰り返し為さっていたとの事でした。

 お客様より、さすがに年数も経過してきたので、専門業者の方にしっかりとした形で施工して欲しいとの意向で、これまでの工事実績等もご信頼頂き、当社への工事依頼に至りました。

 施工の方はこれまでの既存のシート等を全面的に撤去し、新たな通気緩衝工法によるシート防水仕上げを行って参りました。今回はその通気緩衝工法の工事の流れについてご紹介させて頂きます。


担当:藤崎


【工事内容】
防水工事 外壁塗装
【工事詳細】
使用材料
AGCポリマー建材 サラセーヌ
施工期間
5日
築年数
50年
平米数
8㎡
施工金額
詳しくはお問い合わせ下さい
お施主様
T様邸
保証年数
5年
【工事内容】
防水工事 外壁塗装
【工事詳細】
使用材料
AGCポリマー建材 サラセーヌ
施工期間
5日
築年数
50年
平米数
8㎡
施工金額
詳しくはお問い合わせ下さい
お施主様
T様邸
保証年数
5年
足場アイコンアパートアイコン外壁塗装防水工事

現地調査

ベランダ防水の劣化 ご自身でベランダのメンテナンスを実施

 こちらがベランダ部の防水状況の現地調査の様子です。ご覧の通りご自身でシートを敷設して防水材を塗布されている状況です。ですのでそのシートが所々で変形している状況も見受けられ、いずれ雨漏り発生等も懸念されます。ご自分でのメンテナンスの実施についても、やはり最初は雨漏りの発生がきっかけだったとの事で、その度に都度繰り返しシートを重ねてメンテナンスをしてきたそうです。

既存撤去し防水のやり替えへ

植物も生えて湿気を滞留している状況

 継ぎ目部分に隙間が発生していると共にコケや植物の群生も見受けられました。表面も含め湿気をかなり含んでいる状況となりますので、一旦これまでの既存シート等を全て撤去し新たにシートを敷設して、通気緩衝工法での防水工事を行う事となります。

既存撤去作業

既存の防水層の撤去完了

 既存材料の撤去から工事のスタートです。繰り返し行ってきてらっしゃったので、実に何層ものシートが敷設されている状況でしたが、その全てを剥がしていく必要が有ります。どうしてもシートの重ねの隙間に湿気が滞留している事も想定されるので、既存下地が出てくるまで全てのシートを撤去致しました。

細かい部分は手作業で削ります

既存防水の撤去 カワスキを使用して既存撤去作業

 剥がしきれない箇所については、手作業で徹底的に削って剥がしていきます。時間のかかる作業となりましたが、この工程が防水工事の事前準備として非常に重要な作業工程となります。

新たな防水層の構築へ

既存防水の撤去完了

 既存材料の撤去が完了致しました。この状態が新築時のベランダの状況となります。ここに新たなシートを敷設し防水材の塗布を掛けて行く事でしっかりとした防水仕上げを行って参ります。

プライマーを塗布

プライマーを塗布 全体にプライマーを入れました

 続いての工程はプライマーの塗布作業となります。接着性の有る下塗り材料となりますので、このプライマーの上に樹脂モルタルを流して下地の調整を行って行く形となります。

樹脂モルタル、シーリングによる下地調整で万全を期します

樹脂モルタルで下地調整 シーリングで防水下地の調整

 樹脂モルタルを掛けて下地調整を行います。各ドレン口の方へ水が流れて行く様勾配を気を付けながら施工していきます。立ち上がり等の継ぎ目となる部分にはシーリング処理を行い万全を期して施工して参りました。

シートの敷設

通気緩衝工法のシート シート敷設の完了

 下地調整を終えた後はいよいよ防水層の構築作業となります。先ずはシートの敷設となります。この通気緩衝工法は通気効果と緩衝効果を保持した工法で、AVシートと呼ばれるこのシートの上ウレタン塗膜防水を塗り重ね、準密着・絶縁式の複合塗膜防水工法と呼ばれます。

防水材はサラセーヌを使用

防水材、サラセーヌ

 防水材はこのサラセーヌとなります。サラセーヌはAGCポリマー建材製品となり、通気緩衝工法において比較的よく使用される材料になります。

ウレタンを流し防水層を構築

ウレタン防水層の構築

 ウレタン防水となるサラセーヌを重ねて防水層を構築していきます。AVシートの敷設による部分的な密着となって通気層が出来る状態となりますので、この新たな通気層によって内側の水分を逃す事に繋がると共に膨れ防止やクラック等による破断の防止にも有効となります。

トップコートによる仕上げ

トップコートによる仕上げ

 最後にトップコートを掛けて完成です。トップコート材を塗布するとこの様にピカピカになって鏡の様に反射している状況になります。

工事の完了です

防水工事の完了です

 最初の状態からはかなり見違える仕上がりとなりました。お客様も大変喜ばれて洗濯の際の物干しの度に嬉しい気分になると仰って頂けました。

脱気筒、ドレン廻りも問題なし

脱気筒の設置 防水工事の完了

 通気緩衝工法においてはこの脱気筒が設置されます。要はこの脱気筒が通気させる為の入口となる訳です。更にドレン口への水の流れについても問題なく完了致しました。

雨水も完全に弾きます

防水工事後の雨も全く問題なし

 施工完了後、一度雨降りが有り状況確認に伺いましたが、この通り完全に水を弾いており防水効果の方も全く問題ありません。私たち街の屋根やさんでは、少しでも耐久力のある防水工事に拘って工事方法や材料選びから、一つ一つの工程についても丁寧且つ確実な施工を心掛けて取り組んでおります。更に新型コロナウイルス対策も採りながら業務に携わらせて頂いております。皆様も是非ご参考にして頂けますと幸いです。

このページに関連するコンテンツをご紹介

シート防水が施工された屋上(陸屋根)のメンテナンス方法

シート防水が施工された屋上(陸屋根)のメンテナンス方法

 ゴムシート防水で10年~15年程度、塩ビシート防水であれば10年~20年程度の耐用年数が期待でき屋上防水で採用されることも多いシート防水。皆様のご自宅や所有されているマンション・建物の屋上(陸屋根)は前回の防水工事から何年経過されていますか?普段あまり立ち入らない屋上だからこそ意外と注意が向かず「…続きを読む
お住まいの寿命を延ばす!季節別・築年数別のメンテナンスポイント

お住まいの寿命を延ばす!季節別・築年数別のメンテナンスポイント

 一生に一度のお買い物と言われるお住まい、手に入れるまでは相当な努力と苦労を伴います。何年もかけて貯めた頭金、購入してからはローンと大変です。手に入れたということで満足してしまい、そこでゴールという方も多いようです。かつては新築だったお住まいも年月を経れば、どんなに大事にしていてもいろいろなところが…続きを読む
屋根工事、屋根塗装はなぜ必要?メンテナンスの必要性を教えます

屋根工事、屋根塗装はなぜ必要?メンテナンスの必要性を教えます

 健全なお住まいに暮らしている場合、普段から屋根のメンテナンスやリフォームを意識して生活している人はほとんどいないでしょう。 しかし、どんな屋根であってもメンテナンスやリフォームが必要な時期がやってきます。屋根がどんな環境におかれているか想像してみてください。 晴れの日…続きを読む
街の屋根やさん東京
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒132-0023
        東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん東東京支店のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      調布市仙川町で雨漏りしているバルコニーをウレタン塗膜防水で止めました

      【施工内容】

      雨漏り修理、防水工事

      品川区中延で防水の劣化が雨漏りの原因でウレタン防水と笠木交換工事をおこないました

      【施工内容】

      雨漏り修理、防水工事

      江東区塩浜でベランダの防水工事、通気緩衝工法で施工致しました

      【施工内容】

      防水工事

      その他の施工事例一覧→

      台東区と近隣地区の施工事例のご紹介

      江戸川区船堀で倉庫の大波スレート屋根からの雨漏りが発生、棟の部分交換工事で解消致しました

      【施工内容】

      雨漏り修理

      江戸川区東小岩でスレート屋根のカバー工事、スーパーガルテクトのSシェイドブルーで施工

      【施工内容】

      屋根カバー工法

      文京区白山で棟板金の飛散から火災保険を使用し、棟板金の修繕も含めた屋根カバー工事を施工

      【施工内容】

      屋根カバー工法

      その他の施工事例一覧→

      屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

      お問い合わせ・資料請求
      新型コロナウィルス
      対策について
      オンラインでの無料相談・ご提案について
      台風16号接近中、台風への備えは出来ていますか? 台風16号接近中、台風への備えは出来ています>か?
      • 屋根リフォームの流れ
      • 徹底したお住まい調査
      • 不安ゼロ宣

言
      • 屋根のお役立ち情報
      • 当社のご案内
      • 屋根の資料請求

      点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

      株式会社シェアテック
      街の屋根やさん東京
      東東京支店
      〒132-0023
      東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
      TEL :0120-989-936 
      E-mail : info@sharetech.co.jp
      品川支店
      〒141-0031
      東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
      多摩川支店
      〒182-0025
      東京都調布市多摩川3-68-1
      Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
      ページトップへ戻る