無題ドキュメント

HOME > 令和元年房総半島台風・令和元年東日本台風に関する江戸川区特設.....

令和元年房総半島台風・令和元年東日本台風に関する江戸川区特設ページ

令和元年房総半島台風や令和元年東日本台風後、
江戸川区でまだお家の点検を受けていないという方はいらっしゃいませんか?

令和元年房総半島台風・令和元年東日本台風による被害

 何日も続いた停電、それが解消したのに流通しない食品、本当に令和元年房総半島台風(台風15号)接近から通過、そしてそれ以降も本当に大変でした。江戸川区でお家が被災してしまった方も多いのではないでしょうか。現在もブルーシートで屋根を養生されているお家をかなり見かけます。私たち街の屋根やさんもこれまでに被害を受けたお家を養生したり、その復旧のための工事を多く行ってきました。

 「近隣の家は被害を受けたけど、私の家は幸いにも被害を受けなくて良かった」と思っている方もおられるでしょう。そういった場合でも、必ず点検は受けておいてください。私たち街の屋根やさんからのお願いです。点検を受けて「何も問題はありませんでした」ということがハッキリすれば、安心して生活できますよね。もし、被災していた場合は次に同規模の台風が来たら、被害が甚大化してしまう可能性が高いですから、直しておかなくてはなりません。いずれにせよ、信頼できる業者にぜひ、点検をご依頼ください。

 私たち街の屋根やさん東京では江戸川区内の建物についてお客様から150軒以上のお問い合わせを承りました。もちろん、私達以外の業者にお問い合わせをした方もいらっしゃるでしょうが、少ないように感じます。「確かに屋根に傷が付き、被災したけど家の中に特別な変化があるわけではないから問題ない」とお考えになっている方もおられるかもしれません。そういった方はそのままにしないでぜひ、点検を受けてください。そのままにしておくと、被害が拡大していく可能性の方が高いのですから。

基準風速以上の風が吹く異常事態

 「50年に一度程度、発生する暴風に対して損傷を生じない」、これは建築基準法が定める暴風などに対する建物の基準です。風の強さは地方によって大きく違いますから、地域ごとに求められる基準となる風速も変わってきます。ちなみに江戸川区とその周辺の市区町村の基準風速は34m/sです。

今回の台風の怖いところは近隣の被災によって二次災害を受けたお家があることです

 こういった二次災害についての責任はその原因が地震や台風・竜巻のような自然災害であった場合、個人に賠償責任は発生しないとされています。建っている家の維持管理が原因ではないという判断です。ご自宅をしっかりメンテナンスしていても、こういったケースがあることを覚えておきましょう。

さまざま飛来物によってさまざまダメージ受けてしまったお住まい

飛来物で破壊された瓦屋根 飛来物で破壊された窓をベニヤで養生

ブルーシートで養生されたサンルーム 飛来物で破壊された雨戸を応急処置

令和元年房総半島台風と令和元年東日本台風による建物被害を復旧した施工事例

瓦が飛んできて屋根が壊されてしまったなどの被災も火災保険で直せます

 現在では火災保険で台風による風災も補償の対象になることが認知され、「火災保険でお家を直したい」というお問い合わせも多く受けるようになりました。風によって屋根材が剥がされる、飛散してしまうなどの直接的な被害だけでなく、強風による飛来物で壊れてしまった場合もその補償の対象ですのでご安心ください。『瓦が飛んできて屋根が壊されてしまった』等の被害も火災保険で直せます。屋根の上は見えない部分も多いですから、「被災しなかった」と思っている方も瓦が浮いてたいり、棟板金が外れかかっているなどの被害を受けているかもしれません。

 「お家を点検してほしいけど、どこに頼めばいいか分からない」という方は私たち街の屋根やさんの無料点検をご利用するのも1つの選択肢です。春になれば、台風がやってくる可能性もあります。1965年5月下旬には台風6号が房総半島に上陸したというデータも残っています。

火災保険を利用して被災部分の工事を行ったお客様

墨田区東向島で台風19号により被災、スーパーガルテクトフッ素で屋根カバー工事を実施

火災保険で屋根の復旧工事を行ったN様

お問合せから工事完工までの様子
 台風19号によって棟板金が飛散してしまった墨田区にお住まいのN様。インターネットで街の屋根やさんを見つけ、お問合せくださいました。火災保険にご加入されており、それを適用した復旧工事をご希望されていたのですが、お問合せ頂く前には「火災保険について詳しいか、ご要望に沿った工事を行ってくれるのか」などと悩まれていたそうです。街の屋根やさんでは、火災保険を申請する際に必要となる書類を作成し、申請のお手伝いをさせていただきますので、ご不安な方も安心してご相談ください。
 点検にお伺いしますと、飛散してしまった部分は応急処置が施されていました。台風によって被害を受けたのは棟板金だけでしたが、スレート屋根には色褪せや藻などの劣化症状が見られました。後のメンテナンスの事を考え、屋根リフォーム工事をご希望されていましたので、屋根カバー工法を実施することになりました。

【施工前】
台風で棟板金が被災し応急処置が施されている様子

【施工後】
火災保険を適用してスーパーガルテクトフッ素で屋根カバー工法を行いました

【工事前】

火災保険で屋根の復旧工事を行ったN様 工事前アンケート
Q1.工事を検討したきっかけは何ですか?どんなことで悩まれていましたか?
昨年の10月の台風により棟板金が飛ばされた事
Q2.業者や工事会社をどのように探されましたか?
インターネットにより探しました
Q3.当社を知りすぐにお問合せをされましたか?もし悩まれたとしたらどんなことがご不安でしたか?
すぐに問合せいたしました
Q4.何が決め手となり当社にお問合せをされましたか?
保証と保険です。
Q5.実際に当社担当者がお伺いしていかがでしたでしょうか?
細かくこちらの質問にも答えていただきました。こちらの要望にも迅速に対応してくださり(パンフレット等)考える時間に余裕がありました。

【工事後】

火災保険で屋根の復旧工事を行ったN様 工事後アンケート
Q1.工事を依頼する会社を決める時にどんなことで悩まれていましたか?
最初のアンケートにも書かせていただきましたがまずは火災保険について詳しいかどうかでした。もう1つは保証です。
Q2.当社にご依頼いただく際にどのような点を比較・検討されましたか?
金額とやはり火災保険でした。屋根修理にたいしても他とはかなりのちがいがありました。
Q3.お見積り提出後すぐに工事を依頼されましたか?もし依頼しなかったとしたらどんな点が不安でしたか?
見積り提出いただいてからすぐに依頼いたしました。
Q4.数ある会社の中から当社に工事をご依頼いただいた決め手は何ですか?
細かい御説明と担当の方のお人柄そしてすぐにこちらの要望にも動いていただきました。安心してお任せできると思いました。
Q5.工事が終わってみていかがですか?忌憚のないご意見を頂戴出来ましたら幸いです。
職人さん達 皆様きちんとされていて感じが良かったです。担当の方も毎月の様に見に来ていただいたり色々な事に気を使っていただき1言では言い表せませんが本当にありがとうございました。

火災保険ではなく共済などに加盟しており、費用の負担が心配な方へ
リフォームローンの活用もお考えください

 免責額以上なら復旧費用のほとんどが補償される火災保険に対して、各種の共済は相互扶助の目的が強いため、復旧費用には満たない金額の保障となります。そのために台風15号・19号以降、お家のことは心配だけど、費用的なことから点検や補修を見合わせている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 そういった場合もまずは必ず点検を必ず受けてください。問題なければ、それで良しです。何か不具合が見つかったなら、今までそのことによる被害がでなかったこと、これからの自然災害でその不具合を拡大させてしまう前に見つかったことを喜ぶべきでしょう。

台風でお住まいが被害に遭われた場合、リフォームローンを検討してみるのも一つの手です 足場代も決して安くはありません

 不具合が見つかった場合、共済による保障金とリフォームローンを活用して直すことをご検討してみてはいかがでしょうか。共済による保障金はお見舞金程度と言われていますが、加入条件によって大きく違います。現にスタッフの知人は65万円のお見積りに対して45万円の保障金が振り込まれました。これだと自己資金20万円で工事が可能です。手痛い出費かもしれませんが後々、安心して住めるとしたらご納得できるのではないでしょうか。
 仮にローンをご利用した場合、45万円が頭金となり、20万円のお借入れとなります。3分の2以上を頭金として納めることができるのですから、悪くはないと思います。言うまでもないことですが現在はこれまでになかった低金利時代です。ハッキリ言って、過去から比べれば、借り得の時代でもあるわけです。

最も多くお問い合わせいただいたのは瓦屋根の不具合でした

 普通の台風の通過した後、最もお問い合わせいただくのは棟板金の飛散や剥がれです。今回もそのようなお問い合わせは多かったのですが、最も多かったのは瓦屋根への被害でした。「瓦が落下した」、「瓦が強風でひっくり返り、何枚も割れてしまった」、「瓦が捲れあがったり、浮いたりしている」というご相談を数えきれないほどご相談がありました。今までの台風でも「瓦が落下した」というお問い合わせは受けることもあったのですが、今回は明らかに数が違います。

被災してしまった瓦 ブルーシートで養生された屋根

 逆に言えば、これまでの台風はその強風に瓦が耐えられたということなのでしょう。しかし、今回の台風ではそれを超えてしまったということです。こういった被害を受けた家ではスタッフが点検に訪れた際、できるだけ瓦を元の位置に戻し、割れたり、欠けたりして瓦が足りなくなった部分にはブルーシートなどで養生していきます。見えない・見にくい屋根の上はご自分で確認することは困難です。瓦が捲れあがったり、浮いたりしている場合、街の屋根やさんではその場で養生致します。ブルーシートで養生してあれば、これから先の雨が多くなる季節も安心です。

令和元年房総半島台風と令和元年東日本台風に関するブログ一覧

2020/11/27 江戸川区中葛西で令和元年東日本台風により軒天の落下、火災保険で修繕工事を施工致しました
江戸川区中葛西で令和元年東日本台風により軒天の落下、火災保険で修繕工事を施工致しました

 江戸川区中葛西で、令和元年東日本台風のご被害で軒天が落下してしまったので、火災保険を使用して修繕工事を行いたいとのご相談を承りました。早速現地調査を行い状況を確認したところ、明らかに軒天が落ちてしまっている状況も有り、火災保険を申請し無事承認を経て修繕工事を施工させて頂く事となりました。 軒天の落下、火災保険で修繕致します    この様な状況でしたので、腐食してしまった部分は交換、既存...続きを読む

2020/9/26 江戸川区篠崎で雨樋の詰まりの原因となっていた瓦屋根の棟をガイドライン工法で作り直しました
江戸川区篠崎で雨樋の詰まりの原因となっていた瓦屋根の棟をガイドライン工法で作り直しました

 江戸川区篠崎の雨樋の詰まりの原因が瓦屋根の棟のしっくいの崩れによることだったお客様の棟取り直し工事を行いました。今後同様の事が起こらないためにも棟はガイドライン工法で取り直し工事いたします。ガイドライン工法とは、地震や台風に強い屋根を実現させるための新しい瓦屋根の施工方法です。ガイドライン工法の中でも今回の工事は「棟」の施工方法に関して適用となります。通常の工法ではしっくいを使って棟を積み上げま...続きを読む

2020/7/19 江戸川区一之江で強風で破損したベランダ屋根の工事が終了いたしました
江戸川区一之江で強風で破損したベランダ屋根の工事が終了いたしました

ベランダ屋根の貼り替え工事  強風でベランダ波板屋根が吹き飛び、アルミフレームの一部も破損してしまった江戸川区一之江のお客様の工事に取り掛かりました。やっと天気も回復して工事が出来る様になりました。今年の梅雨は本当に雨が多く、工事が思うように進まずお客様にもご迷惑をおかけしております。新型コロナ感染対策には十分配慮して作業を行わせていただいております。 足場を組んでフレーム補強   ...続きを読む

2020/7/16 江戸川区一之江で強風で持ち上がってしまったベランダ波板屋根の調査に伺いました
江戸川区一之江で強風で持ち上がってしまったベランダ波板屋根の調査に伺いました

強風で塩ビ波板が飛んでしまったベランダ屋根  江戸川区一之江のお客様は先週あたりに続いていた強風でベランダの波板が飛ばされたしまったとのことで、私たち「街の屋根やさん」にお問い合わせをくださいました。アルミ枠でできているベランダですが、よく見ると波板が飛ばされてしまっているだけではなく、アルミのフレームにも影響が出ているようでした。 状況を細かく見ていきます    新型コロナウ...続きを読む

2020/7/5 江戸川区小松川で廃版雨樋エスロンE100の交換調査に伺いました
江戸川区小松川で廃版雨樋エスロンE100の交換調査に伺いました

 江戸川区小松川のお客様は、昨年の令和元年東日本台風で雨樋に被害を受けたとのことで、私たち「街の屋根やさん」にお問い合わせをくださいました。やはり新型コロナの影響でお問い合わせをためらっていたそうです。南側の二階屋根についている軒樋がごっそり外れてしまったそうです。雨樋の調査で気を付けなくていけないのは、まずは形状です。主に角形と半丸型があります。半丸型の雨樋は形状の変化は過去からほとんどないので...続きを読む

2020/7/4 江戸川区上篠崎で令和元年東日本台風のご被害で雨樋が破損、火災保険で足場工事となりますので屋根工事も同時に施工します
江戸川区上篠崎で令和元年東日本台風のご被害で雨樋が破損、火災保険で足場工事となりますので屋根工事も同時に施工します

江戸川区上篠崎で、昨年の令和元年東日本台風のご被害で雨樋が2箇所外れてしまい修繕工事のご相談をお受け致しました。現地を確認すると雨樋の内の竪樋の部分が2箇所離脱若しくは落下している状況となります。風害での症状となり高所での作業となりますので、足場架設の上での修繕工事は火災保険の活用が出来ます。今回足場が立つ折角の機会になりますので、前々から気にされていた屋根の方も同時に施工したいとのご要望を頂戴致...続きを読む

2020/7/3 江戸川区江戸川で強風で壁から金具が抜けてしまう竪樋を調査しました
江戸川区江戸川で強風で壁から金具が抜けてしまう竪樋を調査しました

 江戸川区江戸川のお客様は竪樋が強風の度に壁から金具が抜けてしまいお困りで私達「街の屋根やさん」にご連絡をくださいました。今まではさして気にしていなかったそうなのですが、新型コロナの影響でテレワークになって気になりだしたそうです。以前はお知り合いに直していただいたそうですが、また抜けてしまったのでどうにかならないか、というのが一番のお悩みでした。状況を見てみると、竪樋が外壁のコーナー部分に金具で止...続きを読む

2020/6/13 江戸川区松江で瓦棒屋根からの雨漏りを調査、火災保険を申請して行きます
江戸川区松江で瓦棒屋根からの雨漏りを調査、火災保険を申請して行きます

 江戸川区松江のお客様は風の伴った雨の日に室内に雨漏りするのを気が付かれて、私たち「街の屋根やさん」にご連絡をくださいました。新型コロナウイルス対策をしつつ調査をしていくと屋根は瓦棒屋根で下屋根部分から雨漏りをしているのがわかりました。また下屋根の小さな棟があるのですが、その棟が外れかけていました。台風か何かで被害を受けたものと思われます。雨漏りの場所とは少し離れていましたが妻側面の軒先に近いケラ...続きを読む

2020/5/10 江戸川区春江町で強風でズレた瓦屋根の棟を取り直し工事いたしました
江戸川区春江町で強風でズレた瓦屋根の棟を取り直し工事いたしました

 江戸川区春江町のお客様は強風のあと瓦屋根の上で大きな物音をお聞きになったそうです。その後いままでなかった雨漏りが発生したので、私たち「街の屋根やさん」にご連絡をくださいました。最近は風が強い日が多いです。昨年は令和元年房総半島台風や令和元年東日本台風と強力な台風もあったので少なからずダメージを受けている屋根も多いのでしょう。そこに最近の強風でトドメを刺されてしまったのかもしれません。調査を行わせ...続きを読む

2020/4/25 江戸川区興宮町で令和元年東日本台風による被災の棟板金を交換施工、無事終了致しました
江戸川区興宮町で令和元年東日本台風による被災の棟板金を交換施工、無事終了致しました

 江戸川区興宮町で昨年に発生した令和元年房総半島台風、及び東日本台風で棟板金が落下してしまったとの事で、交換工事を行いました。被災した箇所は部分的なものでしたが、足場を架設しての工事となり、昨今台風によるご被害も増加傾向にある状況から、現状取り付いている部分も含め、全体の棟板金の交換工事として施工して参りました。 棟板金が部分的に外れました    ご被害の状況としては隅棟と呼ばれる斜めに...続きを読む

令和元年房総半島台風と令和元年東日本台風による建物被害を受けてしまったお客様の声

軒天が剥がれてしまった江戸川区中葛西のお客様アンケート

軒天が剥がれてしまった江戸川区中葛西のお客様アンケート

【工事前】

台風15号・台風19号によってお住まいが被災に遭われた江戸川区のお客様 工事前アンケート
Q1.工事を検討したきっかけは何ですか?どんなことで悩まれていましたか?
放っておくと痛みが拡がると思った 費用と業者さがし
Q2.弊社をどのように探しましたか?
ネットで
Q3.弊社を知りすぐにお問合せをされましたか?もし悩まれたとしたらどんなことがご不安でしたか?
ネットで内容が詳しく載っていて信頼が高かった
Q4.何が決め手となり弊社にお問合せをされましたか?
地元で安心感が感じた
Q5.実際に弊社担当者がお伺いしていかがでしたでしょうか?
詳しくていねいに説明していただき内容も良く理解できた

台風で屋根が被災した場合の対処法

台風で被災後は加入している保険を確認し、屋根修理業者と保険会社に問い合わせましょう

 台風による被災が原因で住宅が破損したら火災保険を使い修理できるケースもありますが、破損原因が年月による老朽化の時は適用されません。破損原因を判断するのは保険会社になりますが、中には保険会社の判断を待たないで火災保険で修理できるという悪徳業者もいますので注意が必要です。
 私たち街の屋根やさんでは、お問い合わせ後、現地調査へお伺いし、お見積りを作成致します。保険適用をご希望されている場合には、申請に必要な被災写真や書類を作成し、申請のお手伝いをさせて頂きます。

台風で被災してしまった場合、加入している火災保険を確認しましょう 電話が繋がりにくいときには、メールでお問合せしてみましょう

 雨漏り等の緊急性がある状況ならば、すぐに補修したいところです。しかし台風後はどこの業者も混雑する事が予測されます。電話が混みあってなかなか繋がらない時には、メールでお問い合わせをしましょう。

屋根は高所ですので、非常に危険です。また、屋根の状況(雨漏り起きているのか、瓦は何枚割れているのか)によって適切な工事内容も変わってきます。専門的な知識を必要とする為、応急処置や修理は必ず専門の業者へ依頼しましょう。台風の被害が拡大する前に、応急処置と修理を行うことが大切です。

被災してしまった場合、適切な屋根リフォーム工事を行いましょう

 台風で屋根が被災してしまった際には、なるべく早く応急処置を行い、その後復旧工事を行うことが大切です。私たち街の屋根やさんでは、応急処置~復旧工事まで承っておりますので、何でもご相談ください。
 下記より、各工事の流れについてご確認ができます。記載している価格は目安ですので、詳しく知りたい方はお問い合わせください。

切妻屋根60㎡のスレートからスレートへの葺き替えは898,000円~(税抜き) 切妻屋根60㎡の既存屋根を金属屋根材でカバーは698,000円~(税抜き)

棟板金交換を20m交換した場合は120,000~(税抜) 雨樋の一部交換又は部分補修を行った場合は30,000~(税抜)

屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

お問い合わせ・資料請求
新型コロナウィルス
対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について
台風14号接近中、ご注意ください! 台風14号接近中、ご注意ください!
  • 屋根リフォームの流れ
  • 徹底したお住まい調査
  • 不安ゼロ宣

言
  • 屋根のお役立ち情報
  • 当社のご案内
  • 屋根の資料請求

点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん東京
東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
TEL :0120-989-936 
E-mail : info@sharetech.co.jp
品川支店
〒141-0031
東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
多摩川支店
〒182-0025
東京都調布市多摩川3-68-1
Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
ページトップへ戻る