無題ドキュメント

HOME > ブログ > 足立区入谷にて行った屋根調査!防水紙が傷んでいる可能性が高い.....

足立区入谷にて行った屋根調査!防水紙が傷んでいる可能性が高いため、屋根カバー工事をご提案!

更新日:2024年02月08日

 足立区入谷にお住いのお客様より、「築30年程の実家の屋根のメンテナンスを検討している」とのお問い合わせを頂き、調査にお伺い致しましたのでそちらの調査の様子をご紹介します!

  私たち街の屋根やさんでは調査からお見積り作成まで無料で行っております!お困りの際はお気軽にお問い合わせ下さい(^^ゞ

屋根材に藻の発生!

屋根材に藻の発生

 屋根材一面に藻が発生しておりました。塗装が劣化しているだけの状態でしたら屋根塗装工事のメンテナンスでも問題は無いのですが、こちらのお客様邸は築30年程経過しており、まだ屋根のメンテナンスを一度も行ったことが無いのため防水紙が劣化している可能性が非常に高いです。

 防水紙の耐用年数は20年程になりますので、雨漏りを防ぐためにも防水紙のメンテナンスが必須になります(^^♪

棟板金を固定する釘の浮き

棟板金を固定する釘の浮き

 棟板金を固定する釘に浮きが発生しています。まず棟板金とは、屋根の頂点部分の「棟」部分を覆う金属性の材料のことで、風や雨の浸入を防ぐ役割を果たしています!

  この棟板金を固定する釘が浮いてくると釘穴の隙間から雨水が浸入しやすくなり、棟板金に内部の貫板という木材が雨水を吸収し、貫板が腐食する原因となります。

 棟板金は貫板に固定されているため、貫板が腐るとビスや釘が効かなくなり、棟板金を固定することが難しくなります(>_<)

棟板金の浮き

棟板金の浮き

 棟板金が屋根材からボールペン1本分程度浮いていました。この状態のまま放置をしていると棟板金を固定する釘と同様に、隙間から雨水が浸入しやすくなり、貫板が腐食する原因となります!また、強風時に棟板金とスレートの屋根材がぶつかり合い、バタバタと音を立ててしまう可能性があり、棟板金や屋根材を傷つける原因となります( ;∀;)

 また、前述にもある通り、貫板が腐食すると棟板金を固定することが難しくなりますので、強風時に棟板金が飛ばされてしまう恐れがあります。飛ばされた棟板金が通行人や、車に当たってしまうと大変危険ですのでお早目のメンテナンスが必要になります(^_^)/

 こちらのお客様邸では、屋根材に藻やカビなどの症状があり、棟板金を固定する釘の浮き、棟板金の錆、棟板金の浮きなどの症状があり築30年程経過しており防水紙も傷んでいる可能性が高く、メンテナンスが必要な状態でした。

 こういった症状が屋根にある場合、最適なメンテンナンス方法と致しましては、屋根カバー工事屋根葺き替え工事となります。

調査のご報告をお客様にしたところ、費用をなるべく抑えたいとのことでしたので、屋根カバー工事のご提案を致しました(^^ゞ

 屋根カバー工事は既存の屋根材の上に防水紙や屋根材を被せる工事になりますので、既存の屋根材の撤去費用がかかりません!

屋根葺き替え工事と比べると、工事期間が短くてすみますのでその分の人件費も安くすみます!

お値段について

 屋根カバー工事屋根面積が60㎡の場合¥877,800(税込み)から、屋根葺き替え工事屋根面積が60㎡の場合¥1,097,800(税込み)から施工を行っています(^_^)/

 使用する屋根材や屋根面積によって料金が変動致しますので詳しいお値段は私たち街の屋根やさんまでお気軽にお問い合わせください👍

 記事内に記載されている金額は2024年02月08日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。
2024年最新情報!補助金でお得にリフォーム!

関連動画をチェック!

工場・倉庫の屋根修理は屋根カバー工法がお得!【街の屋根やさん】

 今回の記事で登場した工事やお住まいのトラブルに関連する動画をご紹介します!


 こちらの動画では、工事の内容やお住まいのトラブルの対処方法などをより詳しく説明しています。
 お役立ち情報が満載ですのでぜひご覧になってみてください。


このページに関連するコンテンツをご紹介

屋根葺き替えと屋根カバー工法 どちらを選ぶのが正解?

屋根葺き替えと屋根カバー工法 どちらを選ぶのが正解?

 屋根工事の中で大型リフォームと言えば屋根葺き替えと屋根カバー工法が挙げられます。いずれも屋根材を新設するリフォームですが、工期やコストの違いがあるなどそれぞれにメリットやデメリット、特徴があります。 こうした大型の屋根葺き替えや屋根カバー工法を検討するタイミングとしては経年劣化により屋根が寿命を…続きを読む
雨漏りを防止する屋根の防水紙の重要性とお薦めの「アスファルトルーフィング」をご紹介

雨漏りを防止する屋根の防水紙の重要性とお薦めの「アスファルトルーフィング」をご紹介

 雨漏りを起こす原因は実は屋根材の劣化ではありません。  正しく言えば、その下地材でもある防水紙(ルーフィング)に異常が起きているからなのです。  性能が伴っていない防水紙(ルーフィング)を使用していれば、せっかく高耐久の屋根材を使用しても雨漏りを起こす可能性があるのです。  屋根リフォームをお考…続きを読む
知ってお得!屋根の便利な豆知識

知ってお得!屋根の便利な豆知識

 普段に何気なく眺めている屋根ですが、近所のお住まいを見渡しただけでも、様々な形、様々な材料が使われていることが分かと思います。 また、グーグルアースなどでは世界中の屋根を眺めることができます。素敵なデザインのものもあれば、ユニークでかわいらしいものもあります。屋根の勾配とデザイン屋根の勾配が緩やか…続きを読む

このページに関連する漫画コンテンツ動画をご紹介

漫画で読むならコチラ

動画で見るならコチラ

屋根カバー工法・屋根カバー工事698,000円~(消費税・諸経費別)

あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

 街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 神奈川県 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県

このページと共通する工事内容の新着施工事例

中野区本町にてスーパーガルテクトを使用した屋根カバー工事(税込1,130,000円)を実施!

【施工内容】

屋根カバー工法

葛飾区奥戸にて、スーパーガルテクト(Sシェイドブラック)を使用した屋根カバー工事を1,400,000円(税込み・足場含む)にて施工いたしました!

【施工内容】

屋根カバー工法

江戸川区北小岩にて、スーパーガルテクト(Sシェイドブルー)を使用した屋根カバー工事を適正価格にて行いました(^_^)/

【施工内容】

屋根カバー工法

その他の施工事例一覧→

屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

お問い合わせ・資料請求
  • 屋根リフォームの流れ
  • 徹底したお住まい調査
  • 不安ゼロ宣

言
  • 屋根のお役立ち情報
  • 当社のご案内
  • 屋根の資料請求
点検・調査・お見積りなど無料で承ります!お電話でのお問い合わせは0120-989-936へ。8時半から20時まで受付中!メールでのお問合せは24時間受付中。

点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん東京
東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
TEL :0120-989-936 
E-mail : info@sharetech.co.jp
多摩川支店
〒182-0025
東京都調布市多摩川3-68-1
Copyright © 2024 街の屋根やさん All Rights Reserved.
ページトップへ戻る