無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 練馬区高松にてスレートから石粒付き金属屋根への葺き替え工事を.....

練馬区高松にてスレートから石粒付き金属屋根への葺き替え工事を行いました、葺き替え工事にかかる費用はアスベストの有無に左右します

【施工前】
施工前

【施工後】
施工後

【お問い合わせのきっかけ】


担当:木下


 練馬区高松にお住いのお客様よりお問い合わせいただき屋根の調査を行わせていただいたことが工事のきっかけでした!


 既存の屋根材はノンアスベストのスレートのグリシェイドNEOでした。


 グリシェイドNEOは2000年初期に製造されたスレートで、従来のスレートからアスベストを抜いた製品なのですが、耐久性に大きな問題を抱えていることが発覚して現在では製造されておりません。


 形状が似たグリシェイドクアッドやグラッサは現在でも製造販売されておりますので、見極める際には築年数をご参照ください。
 築浅10年未満という事であればクアッドかグラッサが使用されているかと思います。


 ノンアスベストのスレートは耐久性の問題から塗装工事には不向きなので今回は屋根の葺き替え工事のご提案を行わせていただき、ご用命いただきました!


 新規の屋根材にはディーズルーフィングのディプロマットスターを使用いたしました。
 石粒付きの金属屋根で高級感がある屋根材です。


 また、表面の石粒が滑り止めの役割を果たしてくれますのである程度の勾配までは雪止めの設置が必要ありません。


 屋根の葺き替え工事は下地の補強も行えますので長年お住いになりたいという事であればオススメの工法になります(#^^#)

 練馬区高松にお住いのお客様よりお問い合わせいただき屋根の調査を行わせていただいたことが工事のきっかけでした!


 既存の屋根材はノンアスベストのスレートのグリシェイドNEOでした。


 グリシェイドNEOは2000年初期に製造されたスレートで、従来のスレートからアスベストを抜いた製品なのですが、耐久性に大きな問題を抱えていることが発覚して現在では製造されておりません。


 形状が似たグリシェイドクアッドやグラッサは現在でも製造販売されておりますので、見極める際には築年数をご参照ください。
 築浅10年未満という事であればクアッドかグラッサが使用されているかと思います。


 ノンアスベストのスレートは耐久性の問題から塗装工事には不向きなので今回は屋根の葺き替え工事のご提案を行わせていただき、ご用命いただきました!


 新規の屋根材にはディーズルーフィングのディプロマットスターを使用いたしました。
 石粒付きの金属屋根で高級感がある屋根材です。


 また、表面の石粒が滑り止めの役割を果たしてくれますのである程度の勾配までは雪止めの設置が必要ありません。


 屋根の葺き替え工事は下地の補強も行えますので長年お住いになりたいという事であればオススメの工法になります(#^^#)


担当:木下


【工事内容】
スレート屋根工事
【工事詳細】
使用材料
ディーズルーフィング ディプロマットスター(エバーグリーン)
施工期間
7日間(足場の架け払い含む)
築年数
築20年
平米数
58.9㎡
施工金額
詳しくはお問い合わせください
お施主様
T様邸
ハウスメーカー
ハウスメーカー不明
保証年数
施工保証10年
【工事内容】
スレート屋根工事
【工事詳細】
使用材料
ディーズルーフィング ディプロマットスター(エバーグリーン)
施工期間
7日間(足場の架け払い含む)
築年数
築20年
平米数
58.9㎡
施工金額
詳しくはお問い合わせください
お施主様
T様邸
ハウスメーカー
ハウスメーカー不明
保証年数
施工保証10年

ノンアスベストのスレートを塗装すると

 練馬区高松にお住いのお客様よりお問い合わせいただき屋根の調査に行ってまいりました。

 

 お客様にお話をお伺いすると中古で購入された物件との事で、前のオーナーさんが塗装のメンテナンスはやっているようだが、最近、近くを通ったという業者から棟板金の浮きの指摘を受けたとのことでした。

 

 屋根にのぼらせていただき調査を行わせていただきました。
 既存の屋根材はノンアスベストのスレート「グリシェイドNEO」でした。

 

 グリシェイドNEOは2000年初期に製造販売されていたスレートでアスベストの規制の影響で建材にアスベストを使用できなくなってしまったために既存の屋根材からアスベストを抜いただけの屋根材が製造されました。

グリシェイドNEO ひび割れ

 ノンアスベストのスレートの特徴としては、兎にも角にも耐久性が低いというところです。

 

 アスベストは高い耐久性と耐火性能を持ちながら軽く、加工しやすいという建材にはもってこいのものでしたので、そのアスベストを欠いたスレートの耐久性は著しく低下してしまいました。

欠け

 そのため、屋根の塗装を行ったとしても、スレート本体の耐久性が低いために10年程経つと経年劣化によって内側からひび割れなどの症状が発生してきます。
 ですので塗装によるメンテナンスはあまりおススメはできません。

 

 ただし塗らないよりは塗った方が良いので短期間のメンテナンスとしては問題ありません。

 

 スレートを確認していくと、ひび割れの症状が出てきており、塗膜にも無数の線が入ってしまっている状態でした。
 この状態ではあまり綺麗な見た目とは言えません。

 

 塗装の際にはこういった状況になる可能性がある旨しっかりとお伝えしたうえでのご提案をさせていただきます!

 

 一部、換気棟の浮きが生じておりました。
 換気棟用の材料が使用されておらず、幅があっていませんでした。

 

 周りをみてみると同じような施工がされているのが確認できましたので、建築に携わった業者がいい加減な作業をしてしまったのではないかと思われます(>_<)

 お問い合わせ当初は塗装工事をご検討されておりましたが、上記の理由から屋根の葺き替え工事のご提案をさせていただきご用命いただけましたので葺き替え工事を行わせていただきました。

屋根の葺き替え工事開始です。

 まずは使用した材料のご紹介です。
 下葺きには田島ルーフィングのニューライナールーフを使用しました。

 

 高耐久の下葺き材で針に対しての密着性も高く、改修工事を行う際には是非おススメしたい下葺き材です。

 

 通常の下葺き材に比べると金額は少々上がってしまいますが、それに似合った耐久性を持ち合わせております。

ニューライナールーフ

 屋根材はディーズルーフィングのディプロマットスターを使用しました。
 ディプロマットスターは石粒付きのジンカリウム鋼板の屋根材です。

 

 表面の石粒によって色の濃淡がついておりますので金属屋根特有の、のっぺりとした印象になりません(*^-^*)

ディプロマットスター(エバーグリーン)

 また、表面の石粒が滑り止めの役割を担ってくれますのである程度の勾配までは雪止めの設置が必要ありませんし、メーカーの製品保証も30年つきますので安心の材料です!

 

 それでは屋根工事の様子をご覧いただければと思います。

棟の撤去 隅棟撤去

 まずは既存の屋根材の撤去を行っていきます。
 ノンアスベストのスレートなので解体の際も割れやすいので気を付けながら作業を進めていきます。

スレートの解体

 解体が終了しましたら続いては野地板の増し張り作業です。
 野地板には厚さ12㎜の構造用合板を使用しております。

増し張り作業 谷部分の施工

 増し張り作業は現場で野地板を加工して施工していきます。
 面が多かったり、形状が複雑な屋根の場合には時間がかかってしまうことがあります。

増し張り完了

 増し張り作業が終わりましたら続いてルーフィング作業です。
 屋根の葺き替え工事を行う場合には基本的にここまで一日で行わせていただきます。

 

 ただし、下屋根が大きかったり、屋根の面積が多く一日での作業が難しいと判断した場合には、雨養生を行いながら面ごとの対応を行わせていただくこともあります。

 

 現場に応じて柔軟な対応を行わせていただいております!

ルーフィング終了 谷部

 次は屋根材の設置を行ってまいります。
 屋根材を固定する際にはビスを使用して止めていきますが、下地が傷んでしまっている場合はビスがききません。

 

 ただ、今回は屋根の葺き替え工事でしたので、屋根材を剥がした後に下地の状態を見ることができております。
 問題ないことを確認してから屋根の工事は行っていきたいですね(#^^#)

屋根材の施工 軒先側から葺き上げ

 ルーフィング作業の際もそうでしたが、屋根は軒先側から棟にかけて仕上げていきます。
 屋根材も形状に合わせて加工しながら葺きあげていきます。

屋根材施工完了

 屋根材の施工が終了しましたら棟の設置を行っていきます。
 新規換気棟の取り付けを行いました。

換気棟の取り付け 棟施工完了

 ディプロマットスターの隅棟は独特な形状になっております!
 隅棟用の捨て板にビス止めする形なので、従来の棟よりもすっきりとした印象になります。

隅棟

工事完了です

 足場の解体前に最終確認を行いました。
 問題ないことが確認できましたので足場の解体を行って工事完了になります。

 屋根の葺き替え工事は税込987,800円から承っております(切妻屋根60㎡、スレートからスレートへの葺き替え工事の場合)。

 

 使用する屋根材及び屋根の面積等によって価格は変動いたしますので詳しくはお問い合わせください。

 私達、街の屋根やさんでは新型コロナウイルス感染拡大防止対策としてマスクの着用を徹底しております。
 何かお困りごとございましたら安心してご相談ください(^^)/

2023年10月25日 追記

1年点検にお伺いしてまいりました

 練馬区高松にて屋根工事を行わせていただきましたお客様邸の定期点検にお伺いしてまいりました。

 

 街の屋根やさんでは工事に応じて施工保証をお付しておりまして年数に応じて定期点検を実施させていただいております。

 

 定期点検は工事後から1年後に行わせていただき、その後は隔年点検を行ってまいります。
 そのほか他業者からの指摘を受けたからという事でお伺いすることもございます。

 

屋根のトラブルは年々増えてしまっておりますので十分にご注意ください(>_<)

石粒の濃淡 ジンカリウム鋼板

 ディプロマットスターは石粒付きの金属屋根で非常に意匠性が高いので人気のある屋根材です。

 

 表面の石粒によって雨から守られているのでサビにも強いですし、雨音も拡散してくれるので音も静かです。
 耐久性も申し分ないので1年経過した後も非常にきれいな状態でした。

ディプロマットスター

 棟周りも特に問題はありませんでした。

 

 ディプロマットスターの標準仕様の隅棟は貫板を入れない納めになります。

ディプロマットスター 隅棟 換気棟

 錆や傷もついておりませんでしたので今後もご安心いただけます。

 

 上記にも記載いたしましたが次回は3年時の定期点検になりますのでまたの機会にご紹介できればと思いますm(__)m

ガルバリウム鋼板とジンカリウム鋼板の違いは・・・?

 ガルバリウム鋼板はよく耳にするかと思いますが、今回使用したディプロマットスターをはじめディーズルーフィング社製の製品ジンカリウム鋼板が使用されております。

 

 ガルバリウム鋼板とジンカリウム鋼板、同じような名称で見た目もほとんど変わりません。

 

 それではガルバリウム鋼板とジンカリウム鋼板の違いは何かというと含まれる成分の構成比が違います。

ガルバリウム鋼板 ジンカリウム鋼板

 ガルバリウム鋼板とジンカリウム鋼板を構成する成分はアルミニウム、亜鉛、シリコンです。

 

 それぞれ鋼板に亜鉛メッキをした合金になりますが、ジンカリウム鋼板はガルバリウム鋼板に比べてシリコンの割合が0.1%多くなっており、より耐食性が向上しております。

 

 そのためジンカリウム鋼板は厳しい環境下塩害の生じるような地域で使用されることが多いです。

 

 ほとんど変わらないように見えてその0.1%大きな影響があるという事に最初は驚きました。

 

 ディーズルーフィング社製の製品は表面の石粒分重量が他の金属屋根製品よりも重くなっておりますが、耐久性には優れておりますので重さをとるか耐久性をとるかというところになりますので悩みどころではありますね(´-ω-`)

 

 また、ディーズルーフィング社製の製品には同質の役物の取り扱いもあります。
 棟やケラバなどが屋根材と同質になりますので屋根に一体化が生まれます。

 

 同社製品エコグラーニを使用した葺き替え工事税込16,500円/㎡から承っております。

 

 街の屋根やさんでは他にも様々な屋根材を取り揃えておりますのでお気に入りの屋根材を一緒に探していければと思います!

 記事内に記載されている金額は2023年12月01日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。
2024年最新情報!補助金でお得にリフォーム!

練馬区ではたくさんのお客様にご依頼をいただいております!

  • 工事種類

    雨漏り修理, 防水工事

  • 工事種類

    その他の工事

  • 工事種類

    屋根カバー工事, 外壁塗装

関連動画をチェック!

【新シリーズ:施工事例を紹介!】雹(ひょう)の被害を受けたスレート屋根をスーパーガルテクトで屋根カバー工事!【施工事例を紹介!街の屋根やさん】

 今回の記事で登場した工事やお住まいのトラブルに関連する動画をご紹介します!


 こちらの動画では、工事の内容やお住まいのトラブルの対処方法などをより詳しく説明しています。
 お役立ち情報が満載ですのでぜひご覧になってみてください。


このページに関連するコンテンツをご紹介

屋根葺き替えと屋根カバー工法 どちらを選ぶのが正解?

屋根葺き替えと屋根カバー工法 どちらを選ぶのが正解?

 屋根工事の中で大型リフォームと言えば屋根葺き替えと屋根カバー工法が挙げられます。いずれも屋根材を新設するリフォームですが、工期やコストの違いがあるなどそれぞれにメリットやデメリット、特徴があります。 こうした大型の屋根葺き替えや屋根カバー工法を検討するタイミングとしては経年劣化により屋根が寿命を…続きを読む
その業者、本当に大丈夫?2023年10月1日より資格が必須となる工事前アスベスト調査・報告義務を徹底解説!

その業者、本当に大丈夫?2023年10月1日より資格が必須となる工事前アスベスト調査・報告義務を徹底解説!

 スレート屋根の塗装やカバー工法、または葺き替え工事などを行う場合、業者は建材がアスベストを含んでいないかどうかを事前に調査する義務があるのですが、2023年10月より、法改正の影響でアスベスト事前調査を行うには国によって定められた資格を持っていなければならなくなりました。  これは業者だけではな…続きを読む
アスベスト含有スレート屋根材の見分け方と最適な解決方法|街の屋根やさん東京

アスベスト含有スレート屋根材の見分け方と最適な解決方法|街の屋根やさん東京

 戸建て住宅などの建築において最後にアスベスト入りの屋根材、スレート(カラーベスト・コロニアル)が使われてから十数年が経過しようとしています。屋根葺き替え・屋根カバー工法などの大規模な屋根リフォームをそろそろ検討しなければならない時期に来ていると言っていいでしょう。 有害と言われるアスベスト、…続きを読む
一番強い金属屋根、トタン・ガルバリウム・エスジーエル(次世代ガルバリウム)を徹底比較

一番強い金属屋根、トタン・ガルバリウム・エスジーエル(次世代ガルバリウム)を徹底比較

 建物に使われる金属製の屋根材にはさまざまなものがありますが、一般的な戸建て住宅に使われているのはトタン、ガルバリウム、エスジーエルのいずれかがほとんどです。この中で最も耐用年数長く、一番コストパフォーマンスが高い金属屋根材はどれなのでしょうか。さまざまな面から比較します。「ガルバリウム鋼板」につい…続きを読む
屋根の維持費はどれくらい?各屋根材のコストを比較してみました!

屋根の維持費はどれくらい?各屋根材のコストを比較してみました!

 お住まいのご購入、そして住み続けるための維持管理、人間が生活していく上で基本となる「衣食住」はいずれもお金がかかります。  特に「住」、お家のことに関しては購入する際にかなりの金額を必要としますし、数十年に渡って維持していくのにも相当な費用がかかります。また、お子様がいるご家庭では「学」…続きを読む
屋根工事の料金っていくらなの?各屋根工事の費用をお教えします

屋根工事の料金っていくらなの?各屋根工事の費用をお教えします

街の屋根やさん東京ではお客様にご安心とご満足いただけるよう10のルールを定めました。スタッフ一同、このルールを厳守し、お客様がご納得されるサービスを提供することを。お約束いたします。…続きを読む
屋根の専門家が教える、金属屋根(ガルバリウム)のメンテナンス方法とご自身で点検できる4つのチェックポイント

屋根の専門家が教える、金属屋根(ガルバリウム)のメンテナンス方法とご自身で点検できる4つのチェックポイント

 お住まいもお体と同じです。悪いところは早期に発見し、迅速にケアしてあげれば、大事に至ることはありませんし、費用もお安くなります。定期的な点検の他、悪天候後も検査してあげれば完璧でしょう。しかし、屋根に上るのは危険ですし、体の病状の判断と同じように、その道の専門家でなければ不具合を見逃してしまうこと…続きを読む
知ってお得!屋根の便利な豆知識

知ってお得!屋根の便利な豆知識

 普段に何気なく眺めている屋根ですが、近所のお住まいを見渡しただけでも、様々な形、様々な材料が使われていることが分かと思います。 また、グーグルアースなどでは世界中の屋根を眺めることができます。素敵なデザインのものもあれば、ユニークでかわいらしいものもあります。屋根の勾配とデザイン屋根の勾配が緩やか…続きを読む
アスベストでの健康被害について正しく理解して適切に取り扱いましょう

アスベストでの健康被害について正しく理解して適切に取り扱いましょう

街の屋根やさん東京ではお客様にご安心とご満足いただけるよう10のルールを定めました。スタッフ一同、このルールを厳守し、お客様がご納得されるサービスを提供することを。お約束いたします。…続きを読む
街の屋根やさん東京
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒132-0023
        東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん東東京支店のスタッフ

      街の屋根やさん多摩川
      1. 電話 0120-989-936
        株式会社シェアテック
        1. 〒182-0025
          東京都調布市多摩川3-68-1
          店舗詳細はこちら
      1. 街の屋根やさん多摩川支店のスタッフ

        街の屋根やさん横浜
        1. 電話 0120-989-936
          株式会社シェアテック
          1. 〒222-0033
            神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 VORT新横浜 2F
        1. 街の屋根やさん横浜支店のスタッフ

          お問い合わせはこちらから

          あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

           街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

          お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 神奈川県 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県

          このページと共通する工事内容の新着施工事例

          西東京市ひばりが丘北にてオークリッジスーパーを使用しての屋根カバー工事を税込1,100,000円で行わせていただきました!

          【施工内容】

          スレート屋根工事

          小金井市緑町にてスーパーガルテクトを使用して屋根のカバー工事を税込1,400,000円で行わせていただきました!

          【施工内容】

          スレート屋根工事

          東村山市恩多町にて税込1,470,000円(足場代別途)で太陽光パネル撤去と屋根のカバー工事を行わせていただきました!

          【施工内容】

          スレート屋根工事

          その他の施工事例一覧→

          練馬区と近隣地区の施工事例のご紹介

          練馬区早宮にて屋根の葺き替え工事を税込258万円(足場込み)にて行わせていただきました!

          【施工内容】

          スレート屋根工事

          杉並区善福寺にて雨漏りにお困りのお客様邸で散水調査、原因特定をしてから補修工事を行いました

          【施工内容】

          雨漏り修理

          板橋区大谷口北町にて強風の影響により破損したテラス屋根の中空ポリカ交換工事を実施

          【施工内容】

          屋根補修工事

          その他の施工事例一覧→

          屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

          お問い合わせ・資料請求
          • 屋根リフォームの流れ
          • 徹底したお住まい調査
          • 不安ゼロ宣

言
          • 屋根のお役立ち情報
          • 当社のご案内
          • 屋根の資料請求
          点検・調査・お見積りなど無料で承ります!お電話でのお問い合わせは0120-989-936へ。8時半から20時まで受付中!メールでのお問合せは24時間受付中。

          点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

          株式会社シェアテック
          街の屋根やさん東京
          東東京支店
          〒132-0023
          東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
          TEL :0120-989-936 
          E-mail : info@sharetech.co.jp
          多摩川支店
          〒182-0025
          東京都調布市多摩川3-68-1
          Copyright © 2024 街の屋根やさん All Rights Reserved.
          ページトップへ戻る