無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 府中市是政にて、スレート屋根へのカバー工事、アイジー工業のス.....

府中市是政にて、スレート屋根へのカバー工事、アイジー工業のスーパーガルテクトを使用しました

【施工前】
施工前

【施工後】
施工後(スーパーガルテクト)

【お問い合わせのきっかけ】


担当:木下


 府中市是政にお住いのN様より屋根の塗装を行いたいというお問い合わせをいただいたことがきっかけでした。

 既存のスレートは通常のスレートとは異なり、厚さのあるタイプのスレートでした。状態としてはひび割れや欠けなどが出てきており、築年数から見てもノンアスベストスレートだと判断いたしました。

 2000年代初期のノンアスベストスレートはまだ製造技術が確立させておりませんでしたので耐久性に問題を抱えた製品が多く製造されました。今回の屋根材もその一つであります。

 スレート自体に耐久性が無いので、経年劣化によってどんどんと自壊していってしまいます。そういった理由から屋根の塗装はあまりお勧めできません。表面を塗膜で保護しても、スレート自体が割れてしまえば塗膜も破れてしまいますのでまったく意味を成しません。せっかくお金を出して塗装したのに数年で別の工事が必要になってしまうのはもったいないですよね。

 この様な理由から屋根の葺き替え工事とカバー工事をご提案させていただきました。今回の場合、カバー工事に関しては屋根の重量が大きくなってしまいますので使用できる屋根材が限られてしまいます。
 通常ならば、カバー工事でよく使用されるのはアスファルトシングルと金属屋根です。しかし屋根の負担を考慮してカバー工事の場合は金属屋根のみご提案させていただきました。
 
 お客様との打ち合わせをさせていただきまして屋根のカバー工事を行うことになりました。使用しましたのはアイジー工業のスーパーガルテクト(Sシェイドブラック)です。

 このスーパーガルテクトはガルバリウム鋼板の中でもSGLに分類されるもので、ガルバリウム鋼板にマグネシウムを含有させることによって錆に対して圧倒的な強度を実現した素材で造られております。また表面に遮熱の塗料を塗布しておりますので暑さに対しても強いですし、裏面に断熱材がついているので室内の温度を保つこともでき、防音性も高めてくれます。

 屋根カバー工事は足場の架け払いで2日間、屋根工事本体で4~5日間程度(あくまでも目安になり、実際の屋根の大きさや形状によって異なります)、雨が降ってしまうと作業ができませんのでプラス予備日で10日程度の工期になることが多いです。天候が落ち着いていれば早く終わりますし、雨が続いてしまうとその分長引いてしまいます。外部工事なので天候との戦いにもなるところが難しいところではあります。

 天候にも恵まれ作業もスムーズに進みましたので予定よりも早く作業が終了いたしました。お客様も始まってしまえばあっという間に終わった、綺麗になってよかったと言っていただけました。

 私達、街の屋根やさんでは新型コロナウイルス感染拡大防止対策としてマスクの着用を徹底しております。何かお困りごとありましたら安心してご相談ください。
 府中市是政にお住いのN様より屋根の塗装を行いたいというお問い合わせをいただいたことがきっかけでした。

 既存のスレートは通常のスレートとは異なり、厚さのあるタイプのスレートでした。状態としてはひび割れや欠けなどが出てきており、築年数から見てもノンアスベストスレートだと判断いたしました。

 2000年代初期のノンアスベストスレートはまだ製造技術が確立させておりませんでしたので耐久性に問題を抱えた製品が多く製造されました。今回の屋根材もその一つであります。

 スレート自体に耐久性が無いので、経年劣化によってどんどんと自壊していってしまいます。そういった理由から屋根の塗装はあまりお勧めできません。表面を塗膜で保護しても、スレート自体が割れてしまえば塗膜も破れてしまいますのでまったく意味を成しません。せっかくお金を出して塗装したのに数年で別の工事が必要になってしまうのはもったいないですよね。

 この様な理由から屋根の葺き替え工事とカバー工事をご提案させていただきました。今回の場合、カバー工事に関しては屋根の重量が大きくなってしまいますので使用できる屋根材が限られてしまいます。
 通常ならば、カバー工事でよく使用されるのはアスファルトシングルと金属屋根です。しかし屋根の負担を考慮してカバー工事の場合は金属屋根のみご提案させていただきました。
 
 お客様との打ち合わせをさせていただきまして屋根のカバー工事を行うことになりました。使用しましたのはアイジー工業のスーパーガルテクト(Sシェイドブラック)です。

 このスーパーガルテクトはガルバリウム鋼板の中でもSGLに分類されるもので、ガルバリウム鋼板にマグネシウムを含有させることによって錆に対して圧倒的な強度を実現した素材で造られております。また表面に遮熱の塗料を塗布しておりますので暑さに対しても強いですし、裏面に断熱材がついているので室内の温度を保つこともでき、防音性も高めてくれます。

 屋根カバー工事は足場の架け払いで2日間、屋根工事本体で4~5日間程度(あくまでも目安になり、実際の屋根の大きさや形状によって異なります)、雨が降ってしまうと作業ができませんのでプラス予備日で10日程度の工期になることが多いです。天候が落ち着いていれば早く終わりますし、雨が続いてしまうとその分長引いてしまいます。外部工事なので天候との戦いにもなるところが難しいところではあります。

 天候にも恵まれ作業もスムーズに進みましたので予定よりも早く作業が終了いたしました。お客様も始まってしまえばあっという間に終わった、綺麗になってよかったと言っていただけました。

 私達、街の屋根やさんでは新型コロナウイルス感染拡大防止対策としてマスクの着用を徹底しております。何かお困りごとありましたら安心してご相談ください。


担当:木下


【工事内容】
屋根カバー工法
【工事詳細】
使用材料
スーパーガルテクト(Sシェイドブラック)
施工期間
7日間(足場の架け払い込み)
築年数
16年
平米数
79.6㎡
施工金額
詳しくはお問い合わせください
お施主様
N様邸
ハウスメーカー
ハウスメーカー不明
保証年数
10年間
【工事内容】
屋根カバー工法
【工事詳細】
使用材料
スーパーガルテクト(Sシェイドブラック)
施工期間
7日間(足場の架け払い込み)
築年数
16年
平米数
79.6㎡
施工金額
詳しくはお問い合わせください
お施主様
N様邸
ハウスメーカー
ハウスメーカー不明
保証年数
10年間
屋根カバー工事

スレートの点検を行いました

 府中市是政にお住まいのお客様よりご依頼をいただきましてスレートの点検を行ったことがきっかけでした。

 当初、屋根の塗装を行いたいとのお問い合わせだったのですが、調査をしてみると、2005年に製造販売されたワンダセラというスレートでした。

 2000年台初期に販売されたスレートは耐久性に問題を抱えたものが多く、10年程度経過してからひび割れや欠けなどの現象が起き始めてスレート自体がボロボロと崩れてしまいます。そうなると塗装をしたところであまり意味を成しません。2000年代初期にご自宅を建てられたもしくは購入されたという方はお気を付けください。

厚みのあるスレート

 既存のスレートである「ワンダセラ」は厚みのあるスレートなので、屋根のメンテナンスを行う際に注意が必要です。幅がありますので通常の改修用の唐草板金だとうまく納まりません。

押さえ部、谷板金 軒先の苔

 工事を行うにあたって足場の仮設を行いましたので様々な部分を改めて見ていきました。先ずは軒先の部分です。苔が繁殖しておりました。塗膜の劣化したスレートは水を吸うようになってしまいますので常に湿った状態になり、カビや苔の繁殖を促します。

苔やカビの繁殖 割れている部分もありました

 また、欠けが生じてる部分もありました。ただでさえ厚みがあり、重量がありますので落ちてきたら大事故につながりかねません。今まで何事もなくて一安心ですね。

 お客様とも打ち合わせをさせていただき屋根のカバー工事を行わせていただきことになりました。

工事の様子をお届けいたします

 屋根のカバー工事はまず役物(棟板金、雪止め)を撤去していきます。上に屋根を重ねるのでなるべく凹凸の無い様にする必要があるのです。

工事開始です

 板金をはがしてみると貫板が現れました。築16年というということでしたが貫板の状態はあまりよくはありませんでした。貫板が劣化していると棟板金を固定している釘が効かなくなってしまい飛散の原因にもなります。

役物を撤去していきます 貫板の撤去

腐食している貫板 貫板撤去後

 下屋根の棟板金も撤去していきます。

下屋根の棟板金も外していきます

 役物の撤去が終了したら防水紙の敷設を行っていきます。カバー工事の場合タッカー(大きなステープルのようなもの)が利きにくいので粘着タイプの防水紙を使用していきます。

粘着式の防水紙 防水紙は軒先側から敷設していきます

 屋根材もそうなのですが、基本的には軒先のほうから敷設していきます。そうすることによって重なっている部分が下を向きますので防水紙の上を雨水が通った時に侵入する心配がなくなります。防水紙の施工が終了したら屋根材の設置に移っていきます。

スーパーガルテクト Sシェイドブラック

 使用したのはアイジー工業のスーパーガルテクト(Sシェイドブラック)です。このスーパーガルテクトはガルバリウム鋼板にマグネシウムを含有しさらに錆に強くなった次世代ガルバリウム(SGL)で作られた屋根材です。

 表面にも遮熱塗料が塗布されており金属屋根でありながら熱にも強くなっております。また大きな特徴としては断熱材が入っているので室内の温度を保つことができますし、遮音性も高くなってります。

 重さも1平米あたり5kg程度なので屋根への負担を減らすことができる人気の高い屋根材です。

下屋根も防水紙を敷いていきます 屋根材を葺いていきます

 屋根材の設置を行う際は唐草板金という板金を施工していきます。捨て水切りとも呼ばれる板金で軒先に水がまわらないようにする働きがあります。

 下屋根の部分にトップライトが2か所ついておりました。トップライトも雨漏りしやすい部分になるのでしっかりと板金で雨仕舞をしていきましょう。

トップライト廻りの納め 下屋根の作業終了です

 下屋根の施工を終えたら大屋根の施工をしてきました。

ケラバ水切りの設置 ケラバ板金の設置

 先ずは唐草板金と、ケラバの水切り板金を設置していきます。

屋根材の施工

 その後軒先側から屋根材を葺いていきます。屋根材はビスを使って止めていきます。

軒先側からどんどん葺いていきます 谷板金施工

 半面葺き終わりました。残りの反面も行っていきますが、谷の部分も板金で納めていきます。こういった部分も雨漏りに直結しやすい部分なのでしっかりと納めていきましょう。

 残りの部分を葺き終わったら棟板金の施工を行っていきます。貫板には古くから木材が使用されているのですが、最近では樹脂製の貫板が使用されることが多くなっております。樹脂製のものは腐食しないので棟板金が飛散してしまう恐れも少なく安心です。

貫板の設置 樹脂製貫板

 棟板金の設置が終了いたしました。

棟板金の設置

 棟板金の三又部分は隙間ができてしまうのでコーキング材で処理をしてあげましょう。仕上がりをきれいにするためにマスキングテープで養生し仕上げていきます。

三又のコーキング処理 棟板金完成

屋根工事終了です!

 下屋根の部分から見ていきます。外壁との取り合い部分(雨押え部)もしっかり納めております。

下屋根完成 下屋根棟板金

 谷も部分やケラバ、棟板金といった端部もきれいに納まりました。

谷の納めも綺麗に行いました 完成

 天候にも恵まれ、職人さんが手際よく丁寧に作業をしてくれたので工期も短めに収めることができました。

施工後

 完成後お客様にもきれいに仕上げてくれてよかったと喜んでいただけました。

屋根カバー工法・屋根カバー工事698,000円~(消費税・諸経費別)

このページに関連するコンテンツをご紹介

屋根カバー工法を行う4つのメリットをご紹介

屋根カバー工法を行う4つのメリットをご紹介

 現在の屋根をほぼそのまま残し、その上に新しい屋根を載せて、覆うのが屋根カバー工法です。文字通り、屋根を屋根でカバーする工法です。よって、屋根が二重になります。屋根を重ねて葺くので、「重ね葺き」という呼ばれ方もします。「屋根カバー工法」についての漫画コンテンツはこちら 漫画で読むならコチラ…続きを読む
スレート屋根(コロニアル、カラーベスト)のチェックポイントとメンテナンス方法

スレート屋根(コロニアル、カラーベスト)のチェックポイントとメンテナンス方法

 国内でもっとも使用されている屋根材の一つが今回のテーマにもなっているスレート(化粧スレート)と呼ばれる屋根材です。コロニアルやカラーベストとも呼ばれることも多く、「我が家も屋根材にスレートを使っている」という方も多いかもしれませんね。仮に瓦や金属といった他の屋根材のお住まいに住んでいらっしゃる方で…続きを読む
知ってお得!屋根の便利な豆知識

知ってお得!屋根の便利な豆知識

 普段に何気なく眺めている屋根ですが、近所のお住まいを見渡しただけでも、様々な形、様々な材料が使われていることが分かと思います。 また、グーグルアースなどでは世界中の屋根を眺めることができます。素敵なデザインのものもあれば、ユニークでかわいらしいものもあります。屋根の勾配とデザイン屋根の勾配が緩やか…続きを読む
進化したガルバリウムでより強い屋根材へスーパーガルテクト

進化したガルバリウムでより強い屋根材へスーパーガルテクト

耐久性・快適性・意匠性が見事にマッチした屋根材の新しいスタンダード ガルバリウム鋼板の屋根材はリフォーム市場においてナンバー1のシェアを誇ります。そもそも、ガルバリウム銅板とは、JIS規格では「溶融55%アルミニウム亜鉛合金めっき鋼板」と定められています。アルミと亜鉛で鉄を守ることで生まれた鋼板です…続きを読む

このページに関連する漫画コンテンツ動画をご紹介

漫画で読むならコチラ

動画で見るならコチラ

街の屋根やさん多摩川
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒182-0025
        東京都調布市多摩川3-68-1
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん多摩川支店のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      葛飾区南水元で令和元年東日本台風による棟板金飛散のご被害、屋根カバー工事を施工し棟板金下地には樹脂製貫板を使用

      【施工内容】

      屋根カバー工法

      江戸川区東小岩でスレート屋根のカバー工事、スーパーガルテクトのSシェイドブルーで施工

      【施工内容】

      屋根カバー工法

      文京区白山で棟板金の飛散から火災保険を使用し、棟板金の修繕も含めた屋根カバー工事を施工

      【施工内容】

      屋根カバー工法

      その他の施工事例一覧→

      府中市と近隣地区の施工事例のご紹介

      国立市西で下地が腐食して脱落したモルタルの軒天をカラーべニアで修復工事

      【施工内容】

      屋根補修工事

      小金井市緑町で棟板金のビス補強と割れたスレートの補修工事

      【施工内容】

      屋根補修工事

      調布市仙川町で雨漏りしているバルコニーをウレタン塗膜防水で止めました

      【施工内容】

      雨漏り修理、防水工事

      その他の施工事例一覧→

      屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

      お問い合わせ・資料請求
      新型コロナウィルス
      対策について
      オンラインでの無料相談・ご提案について
      • 屋根リフォームの流れ
      • 徹底したお住まい調査
      • 不安ゼロ宣

言
      • 屋根のお役立ち情報
      • 当社のご案内
      • 屋根の資料請求

      点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

      株式会社シェアテック
      街の屋根やさん東京
      東東京支店
      〒132-0023
      東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
      TEL :0120-989-936 
      E-mail : info@sharetech.co.jp
      品川支店
      〒141-0031
      東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
      多摩川支店
      〒182-0025
      東京都調布市多摩川3-68-1
      Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
      ページトップへ戻る