無題ドキュメント

HOME > ブログ > 足立区関原にて屋根調査 塗装剥がれの劣化や棟板金の釘浮きを確.....

足立区関原にて屋根調査 塗装剥がれの劣化や棟板金の釘浮きを確認

更新日:2022年4月2日

 足立区関原にお住まいのお客様より屋根調査のご依頼をいただき現地調査へ伺いました。飛塗装剥がれの進んだスレート屋根は、苔やカビが発生しやすくなります。屋根上に雨水がとどまると屋根材自体が水分を吸収しやすくなり更に劣化を加速させます。苔や藻、カビの発生はメンテナンスサインとなります。

棟板金の浮きを確認

棟板金浮き

 棟板金の釘が無くなっている部分がありました。おそらく中の貫板(ぬきいた)が劣化したため釘の固定が緩まってしまったと考えられます。固定していた釘が抜け、屋根と棟板金の間に隙間が出来ています。隙間に風が吹き込み棟板金が浮き上がったためか、コーキングも剥がれてしまっています。この状態では、強風により捲れ上がってしまうおそれがありますので、早めの補修が必要です。

メンテナンスサイン

コーキング劣化 釘浮き
塗膜剥がれの屋根

 大棟から下へ向かって設置されている下り棟(隅棟)との接合部分のコーキングも剥がれそうになっていました。釘も大きく飛び出していますので、このまま打ち直してもすぐ抜けてしまいます。内部にある貫板はこれまで木材を使用していることが多いため、経年により痩せてきたり、侵入した雨水や湿気などで腐食することはどうしても免れません。屋根塗装など、メンテナンスを行われる際は一緒に貫板ごと棟板金の交換を行われることが望ましいです。

 屋根の塗装も剥がれてしまっており、スレートの素地が白っぽく見えていました。スレート屋根材は、塗装の膜により防水性を維持しているため、塗装がはがれてしまうとスレート自体が雨水を吸収しやすくなり屋根を傷めてしまいます。

気になるところ

外壁取り合い隙間
マンサードタイプ

 下屋(下屋根)根部分にも苔などが発生していました。苔が発生すると表面で雨水が滞留し、さらに雨水が排水しにくくなります。また、外壁と下屋の取り合い部分に隙間が出来ていますので、雨が中へ入りやすくなります。雨水が入り込んでも、屋根の下に敷かれた防水紙に劣化や破損が無ければ、ただちに雨漏りに繋がることはありません。しかし、防水紙の耐用年数は約20年ですので、それ以上経過している場合は注意が必要です。

 屋根形状は、屋根が途中で折れ曲がるような形をした屋根でした。腰折れ屋根は、屋根の途中で勾配が急になるため、雨水を排水しやすいというメリットもあります。しかし、勾配が切り替わる境目の雨仕舞(あまじまい)処理が不十分だと、将来的に雨漏りが起きてしまうことがあります。

 私たち街の屋根やさんでは、引き続き新型コロナウイルス予防対策として、マスクの着用・手指の消毒の徹底、オンラインでの打合せも承っておりますので、安心してお問合せください。

<参考料金>
●棟板金SUSビス増し打ち工事 ⇒ 1,500(税抜き)/m~
●棟板金交換工事/m~ ⇒ 5,500(税抜き)※棟の位置等により変わります

 記事内に記載されている金額は2022年04月02日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。

このページに関連するコンテンツをご紹介

スレート屋根(コロニアル、カラーベスト)のチェックポイントとメンテナンス方法

スレート屋根(コロニアル、カラーベスト)のチェックポイントとメンテナンス方法

 国内でもっとも使用されている屋根材の一つが今回のテーマにもなっているスレート(化粧スレート)と呼ばれる屋根材です。コロニアルやカラーベストとも呼ばれることも多く、「我が家も屋根材にスレートを使っている」という方も多いかもしれませんね。仮に瓦や金属といった他の屋根材のお住まいに住んでいらっしゃる方で…続きを読む
棟板金の飛散がご心配な方へ、棟板金交換工事でお悩み解決!

棟板金の飛散がご心配な方へ、棟板金交換工事でお悩み解決!

 毎年9月、10月の台風の時期になると特に増えるお問い合わせがあります。それは「棟板金交換」です。こちらのページをお読みの方でも「屋根の上から異音がする」など屋根の上の異変に不安を抱えていらっしゃる方はいらっしゃいませんでしょうか?台風に限らず春一番や竜巻、木枯らしなど突発性の強風でも被害を受けるこ…続きを読む
知ってお得!屋根の便利な豆知識

知ってお得!屋根の便利な豆知識

 普段に何気なく眺めている屋根ですが、近所のお住まいを見渡しただけでも、様々な形、様々な材料が使われていることが分かと思います。 また、グーグルアースなどでは世界中の屋根を眺めることができます。素敵なデザインのものもあれば、ユニークでかわいらしいものもあります。屋根の勾配とデザイン屋根の勾配が緩やか…続きを読む
屋根塗装・外壁塗装の知識

屋根塗装・外壁塗装の知識

屋根塗装・外壁塗装が必要なわけ屋根塗装・外壁塗装工事は大きくわけると2つの理由があります。1.機能・性能UP塗料を外壁や屋根に塗装すると、膜(塗膜)を形成し、雨や紫外線などから保護してくれます。しかし、この塗膜も、経年とともに劣化してきてしまいます。塗膜が劣化すると、塗装が剥げ、やがて屋根や外壁の素…続きを読む

このページに関連する漫画コンテンツ動画をご紹介

漫画で読むならコチラ

動画で見るならコチラ

屋根塗装348,000円~(消費税・諸経費別)

あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

 街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

このページと共通する工事内容の新着施工事例

豊島区千早にて棟板金交換工事と日本ペイントのファインパーフェクトベスト(色はブラウン)を使用した屋根塗装工事を実施

【施工内容】

棟板金交換、屋根塗装

杉並区永福で割れたスレートの差し替えと税込み6,050円/m~で棟板金交換工事

【施工内容】

屋根補修工事、棟板金交換

町田市木曽東にて、古くなり浮きが生じてしまった棟板金の交換工事を行いました

【施工内容】

棟板金交換

その他の施工事例一覧→

足立区と近隣地区の施工事例のご紹介

墨田区本所で雨漏りのご相談からアールロックの屋根のカバー工事(料金目安:60㎡で税込767,800円~)を施工

【施工内容】

屋根カバー工法

足立区中川で強風被害による波板破損、ポリカ製波板への新規交換工事

【施工内容】

その他の工事

足立区青井で棟の取り直し工事、漆喰材はシルガードを使用して施工致しました

【施工内容】

棟瓦取り直し 

その他の施工事例一覧→

屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

お問い合わせ・資料請求
新型コロナウィルス
対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について
  • 屋根リフォームの流れ
  • 徹底したお住まい調査
  • 不安ゼロ宣

言
  • 屋根のお役立ち情報
  • 当社のご案内
  • 屋根の資料請求

点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん東京
東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
TEL :0120-989-936 
E-mail : info@sharetech.co.jp
品川支店
〒141-0031
東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
多摩川支店
〒182-0025
東京都調布市多摩川3-68-1
Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
ページトップへ戻る