無題ドキュメント

HOME > ブログ > 港区西麻布でテナントビルの雨漏り原因調査

港区西麻布でテナントビルの雨漏り原因調査

更新日:2021年8月23日

 港区西麻布で雨漏りの調査をおこないました。

 雨漏りでお困りなのはテナントビルのオーナー様で、地下と2階で雨漏りされているそうです。地下のスペースで天井の雨漏りの跡があり、点検口から見てみると雨水が流れた跡が付いていました。鉄筋コンクリート造の建物で、地下部分を囲うようにコンクリートの壁が出来ています。

 外部を確認すると雨水が入り込んだと想定できる部分がありましたので、詳しく調べていきます。

雨漏りの原因箇所を確認

天井に雨漏りの跡
赤い箱に雨染みがあります

 地下室の天井には雨漏りの跡がありました。

 点検口が作られていますので、天井裏を確認します。コンクリートの壁と柱が見えます。赤い箱が見えると思いますが、外側に雨水が流れた跡が付いています。コンクリート部分にも雨漏りの跡がありますので、この付近から雨漏りしている様です。

外部の状態を調べます

雨漏りの真上

 『柱』と表示しているのは地下から伸びているコンクリートの柱です。

 先程点検口から確認したのはこの柱の回りで、地下に降りる階段になっていました。サッシの横には黒い御影石が張ってあり、階段部分も石張りで仕上げてあります。

 階段の下地は鉄筋コンクリートで造られていますが、仕上げ部分は石が使用されています。

雨漏りの影響が出ています
隙間から雨水が入っています

 一段下がって見てみると黒い御影石の裏側が下がっていました。裏側はモルタルで仕上げてあるのですが、下地に雨水が回り腐食している様で、モルタルの重さで下がっています。これを見ても雨水が回り込んでいるのは明らかです。

 階段と壁際部分も隙間が結構空いていて雨水が入り込んだ跡があります。

 港区西麻布で雨漏りにお困りのテナントビルは、雨漏りの原因箇所はある程度想定出来ましたので、確実に確認する為に散水試験のご提案です。

 私たち街の屋根やさんでは、新型コロナウイルス対策としてマスク着用・アルコール消毒を徹底しておりますので、安心して工事をお任せください。

あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

 街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

このページと共通する工事内容の新着施工事例

西東京市中町で強風で飛ばされた駐輪場の屋根をポリカーボネートに張替え工事

【施工内容】

江戸川区東小岩で強風被害によりベランダ屋根が損壊、ポリカーボネート製波板の交換工事を施工

【施工内容】

江戸川区鹿骨で令和元年東日本台風のご被害で波板屋根が損壊、火災保険で修繕致しました

【施工内容】

その他の施工事例一覧→

屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

お問い合わせ・資料請求
新型コロナウィルス
対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について
台風14号接近中、ご注意ください! 台風14号接近中、ご注意ください!
  • 屋根リフォームの流れ
  • 徹底したお住まい調査
  • 不安ゼロ宣

言
  • 屋根のお役立ち情報
  • 当社のご案内
  • 屋根の資料請求

点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん東京
東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
TEL :0120-989-936 
E-mail : info@sharetech.co.jp
品川支店
〒141-0031
東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
多摩川支店
〒182-0025
東京都調布市多摩川3-68-1
Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
ページトップへ戻る