無題ドキュメント

HOME > ブログ > 江戸川区で瓦屋根の頂点「棟」のしっくい剥がれを防ぐシルガード.....

江戸川区で瓦屋根の頂点「棟」のしっくい剥がれを防ぐシルガードで「棟」作り直し工事を実施しました

更新日:2018年8月5日

本日は江戸川花火大会でしたね。江戸川の河原はたくさんの人で賑わっておりました。「河原」と「瓦」を掛けたわけではありませんが、江戸川区のお客様の瓦屋根「棟」作り直し工事を行ってきました。

もともとお客様は瓦屋根から落ちてきた「かたまり」を気にかけていらっしゃったそうです。調査を行うと、瓦屋根の頂点「棟」のしっくいが多く剥がれていることがわかりました。近隣様への影響も考えて、お客様もとてもお悩みでしたが、「棟」が崩れてしまう危険性もあったため「棟」を作り直す工事を行うこととなりました。

棟瓦のズレた棟

屋根の頂点「棟」です。白く見える部分が「しっくい」です。しっくいが剥がれて棟の土台となる土が露出してしまっています。しっくいが大きく剥がれたためでしょうか?丸い瓦(棟瓦)がズレてしまっているところも見られます。剥がれてしまった「しっくい」だけを補修するのでは耐久性に問題があり、オススメできる工事ではない状態になってしまっています。お客様もかなりお悩みになられましたが、安全と耐久性を考えてこの「棟」を作り直す工事を行うことになりました。

ひび割れた棟の土と漆喰 棟の土としっくいを撤去

丸い瓦(棟瓦)を取り外すと土台の土が露わになりますが、ヒビがいっぱいですね。ヒビが多くなると脆く崩れやすくなってしまいます。

発生残土 棟の材料軽量シルガード

棟の土台の土やしっくいを集めて土嚢袋に詰め込みます。棟の長さは10メートルほどですが、思った以上に残土が出るものです。これだけでも重さにすると相当なものです。屋根には重さによって台風などの強風にも耐えれる効果もありますが、重たい事によって地震などの揺れには弱くなるデメリットもあります。昨今は地震も多いので少しでも軽量化して負担を軽くしたいところです。そこで新しく作り直す「棟」の土台になる土の部分には軽量シルガードと言う商品を使用いたします。南蛮漆喰の一種ですが、通常品よりも乾燥後25パーセント軽量化になる物です。もちろん強度には変更がないものです。更に乾燥後は水分をしっかりガード!水を寄せ付けません。

棟に軽量シルガード盛りと樹脂製貫板 棟作り直し完成ステンビス固定

今までの屋根の棟と大きく違うのは何かわかりますでしょうか?色でしょうか?色の違いももちろんありますが、その差は「構造」です。もともとの棟は土台に土がありその周りをしっくいが覆っていました。今回使用している軽量シルガード(南蛮漆喰の一種)は土台の土となる部分のみで「土」と「しっくい」の役割を果たしてくれます。工程も省け、ひび割れもしにくく、防水性も高い、とても便利な材料ですね。軽量シルガードを盛りつけた上に樹脂でできた板を載せて、外してあった丸い瓦(棟瓦)を戻し、ステンレスパッキン付ビスでガッチリ固定して工事は完成いたしました。

これで今までの様に「しっくい」が剥がれることもなく(そもそも付いていないので)、棟瓦もずれることもなく安心してお過ごしいただけます。棟作り直し工事をお選びいただいて正解だと思います。

 

 

 

 記事内に記載されている金額は2021年05月13日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。

このページに関連するコンテンツをご紹介

4つのチェックポイントで瓦屋根の点検・メンテナンスのタイミングを知ろう

4つのチェックポイントで瓦屋根の点検・メンテナンスのタイミングを知ろう

 瓦屋根というと半世紀、またはそれ以上もの耐用年数を期待できる大変寿命の長い屋根材ですよね。そのため瓦屋根にお住まいの方の中にはどうしてもメンテナンスが怠りがちになってしまっているという方もいらっしゃるのではないでしょうか。 しかし瓦屋根と言えども経年劣化がまったくないかというとそうではありません…続きを読む
粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦、 瓦の種類・見分け方とメンテナンス方法

粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦、 瓦の種類・見分け方とメンテナンス方法

  古くから使用されている屋根材、それはなんといっても「瓦」でしょう。皆さんが瓦と言ってイメージするのは寺社仏閣のような和風建築のものですか?それとも地中海風の建物に見られるオレンジ色のグラデーションのかかった屋根でしょうか?瓦屋根はその形状により分類もできますし、使用している材質によっても分類でき…続きを読む
瓦屋根のさまざまな補修とリフォームの費用と価格

瓦屋根のさまざまな補修とリフォームの費用と価格

 瓦に飛来物が当たり割れてしまった場合、また風によって少しずれてしまっている場合、雨漏りが起きていなくとも防水紙の劣化に繋がりますので、補修は必要です。瓦の差し替え工事瓦の並び戻し工事 漆喰が剥がれることによって内部の土が露出し、雨水で流れ出てしまいます。そのまま放置してしまうと棟自体の並びも変形・…続きを読む
知ってお得!屋根の便利な豆知識

知ってお得!屋根の便利な豆知識

 普段に何気なく眺めている屋根ですが、近所のお住まいを見渡しただけでも、様々な形、様々な材料が使われていることが分かと思います。 また、グーグルアースなどでは世界中の屋根を眺めることができます。素敵なデザインのものもあれば、ユニークでかわいらしいものもあります。屋根の勾配とデザイン屋根の勾配が緩やか…続きを読む

あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

 街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 神奈川県 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県

このページと共通する工事内容の新着施工事例

東久留米市下里にて瓦屋根からローマンへの葺き替え工事を行わせていただきました

【施工内容】

瓦屋根工事

調布市調布ヶ丘で雨漏りと地震対策で瓦屋根からスレートへの葺き替え工事

【施工内容】

瓦屋根工事、スレート屋根工事、屋根葺き替え、雨漏り修理

文京区小石川にてパラペットの腰壁板金交換工事と笠木板金交換工事を実施

【施工内容】

屋根補修工事、雨漏り修理

その他の施工事例一覧→

江戸川区と近隣地区の施工事例のご紹介

江戸川区船堀にて瓦屋根から金属屋根への屋根葺き替え工事を実施、アイジー工業のスーパーガルテクト(Sシェイドブルー)を使用致しました

【施工内容】

屋根葺き替え

江戸川区春江町にて瓦屋根の棟の漆喰詰め直し工事とコーキング処理でのし瓦と冠瓦を固定

【施工内容】

棟瓦取り直し 

江戸川区江戸川にて漆喰の剥がれやのし瓦のずれが発生している瓦屋根の棟取り直し工事を行いました

【施工内容】

棟瓦取り直し 

その他の施工事例一覧→

屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

お問い合わせ・資料請求
新型コロナウィルス
対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について
  • 屋根リフォームの流れ
  • 徹底したお住まい調査
  • 不安ゼロ宣

言
  • 屋根のお役立ち情報
  • 当社のご案内
  • 屋根の資料請求
点検・調査・お見積りなど無料で承ります!お電話でのお問い合わせは0120-989-936へ。8時半から20時まで受付中!メールでのお問合せは24時間受付中。

点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん東京
東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
TEL :0120-989-936 
E-mail : info@sharetech.co.jp
品川支店
〒141-0031
東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
多摩川支店
〒182-0025
東京都調布市多摩川3-68-1
Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
ページトップへ戻る