無題ドキュメント

HOME > ブログ > 雨漏り修理に火災保険が適用できる例をご紹介!火災保険が適用で.....

雨漏り修理に火災保険が適用できる例をご紹介!火災保険が適用できない雨漏り原因とは?

更新日:2024年07月05日

 雨漏りは予兆なく発生し急な対応に迫られるため、お住いのトラブルでも特に悩ましい出来事です(-_-; 
 
 雨漏りは放置してしまうと被害箇所が広がっていくため早めに対処しておきたいのですが、突然の出費になりますので修理費用はなるべく安くしたいところですよね。
 
 そこで知っておきたいのが「火災保険を雨漏り修理に適用できるケース」です!

雨漏りの状態

火災保険はどういった条件で利用できる?

 火災保険は名称に『火災』と入っているため勘違いされることがあるのですが、火災以外にもさまざまなお住まいのリスクに対応してくれる保険です
 
 利用できる条件は契約している保険ごとによって異なりますが、一般的には「火災」「風災」「雹災」「落雷」「水害」等自然災害による被害に対し、修理費用を一部・または全額補填してもらえるものとなっています(^▽^)/

屋根からの雨漏り

◆経年劣化が原因の場合は火災保険の対象外 

 火災保険は主に突発的な自然災害や事故による被害をカバーするものであり、建物や設備の経年劣化による問題については、一般的に保険の対象外とされています。
 
 そのため、雨漏り修理に火災保険が適用できるかどうかは、漏水の原因が「自然災害・事故」なのか「経年劣化」によるものなのかで決まります!
 

雨漏り修理に火災保険が適用できるケース

 自然災害による雨漏り発生の例としては、以下のものが挙げられます(^▽^)/
 
<風災の被害例>
 
・強い風で屋根材や棟板金が飛散してしまい、そこから雨水が浸入したことで雨漏りが発生してしまった。
 
台風による飛来物が屋根や外壁などにぶつかり、そのダメージが原因で雨漏りが発生してしまった。
 
<雹災の被害例>
 
・雹で天窓が破損し、そこから雨水が入り込むようになってしまった。
 
<雪災の被害例>
 
・大雪で屋根に被害が生じ、それが原因で雨漏りが発生した
 
・雪の重みで雨樋が破損し、その際のダメージが原因で雨水が建物内部に入り込んだ
 
 上記は一例となりますが、このように自然災害によって雨漏りが発生した場合においては火災保険を適用して原因の解消を行うことができます(*^^)v

棟板金を交換

火災保険が適用できない雨漏りとは

 先ほども述べましたが、経年劣化が原因となる雨漏りに対しては火災保険が適用できません(-_-; 
 
 お住まいでは雨漏りを防ぐための防水処理が至る所でなされていますが、屋根下地の防水紙の劣化や外壁目地のシーリングが傷んだことで発生した隙間などが原因で漏水した場合、火災保険の適用とはなりません。

防水紙を新調する

火災保険が適用できないもう一つの条件

 火災保険を利用するなら注意したいのが、保険申請のタイミングが被害発生から3年以内であるかどうかです!
 
 多くの場合、火災保険では自然災害による被害発生から3年以内が保険適用の対象となっています。
 
 そのため『本来なら自然災害での雨漏りの為火災保険が利用できたものの、被害から3年が経過していた』ような状況になると、保険金が請求できなくなってしまうため注意しましょう!
 

全額補償とはいかないケースもあります

 火災保険による補償金は『原状回復』の範囲での利用が大前提です。
 
 そのため、修理の際にこれまでよりも耐久性や機能性の優れた建材を使用する場合は、そのグレードアップ分の費用は自己負担になることを覚えておきましょう(^▽^)/

屋根リフォームの例

火災保険適用や雨漏り修理は適切な業者選びを!

 火災保険で一部費用を負担できると紹介し、通常よりも高額な金額で工事を行おうとするケースも報告されることがあります(>_<) 
 
 そうした被害に遭わないためにも事前に工事の相場などを確認し、相見積もりなどで複数業者の見積もり金額を比較してみると、異常な高額請求を免れることができます。
 
 参考までに、補修としてよく行われる工事の相場をご紹介いたします(^▽^)/
 
棟瓦取り直し工事:税込 99,000円~660,000円
棟板金交換工事:税込 154,000円~275,000円
雨樋交換工事:税込239,800円~(10mの場合)

棟板金補修

 私たち街の屋根やさんでは火災保険を適用した修理の過去事例をHP上で公開しておりますので、ぜひ参考にしてみてくださいね(^▽^)/
 火災保険適用のサポートもさせていただいておりますので、まずはお気軽にご相談ください!

 記事内に記載されている金額は2024年07月05日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。
2024年最新情報!補助金でお得にリフォーム!

関連動画をチェック!

雨漏りを修理しないとどうなる?放置による6つの被害【プロが解説!アメピタ!】

 今回の記事で登場した工事やお住まいのトラブルに関連する動画をご紹介します!


 こちらの動画では、工事の内容やお住まいのトラブルの対処方法などをより詳しく説明しています。
 お役立ち情報が満載ですのでぜひご覧になってみてください。


このページに関連するコンテンツをご紹介

【最新版】火災保険が適用される屋根修理

【最新版】火災保険が適用される屋根修理

 保険が適用される屋根工事、ってどういうことをイメージされるでしょうか? 特にそれが「火災保険」となると「屋根修理に使えるの?」と繋がらないという方もいらっしゃるのではないでしょうか?昨今は大型台風の上陸、そしてそれらの被害が頻発したことにより火災保険という名前や保険の支払い規模の大きさなどがメデ…続きを読む
プロが教える屋根リフォームで失敗しないコツ

プロが教える屋根リフォームで失敗しないコツ

 屋根リフォームの主な目的は、雨漏りの防止や安全対策です。頻繁におこなう必要はありませんが、定期的に屋根の状況をチェックして、必要があれば補修や清掃、塗り直しをおこなうことで、屋根そのものの寿命を延ばすことができます。春の大風や夏場の暑い日差しに台風、冬の積雪などで屋根は徐々に痛んできています。「う…続きを読む

このページに関連する漫画コンテンツ動画をご紹介

漫画で読むならコチラ

動画で見るならコチラ

雨漏り修理30,000円~(消費税・諸経費別) 散水検査30,000円~(消費税・諸経費別)

あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

 街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 神奈川県 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県

このページと共通する工事内容の新着施工事例

世田谷区駒沢にて天窓からの雨漏りでお困りのお問い合わせ、簡易補修工事を税込44,000円にて行わせていただきました!

【施工内容】

雨漏り修理

世田谷区南烏山で天窓のガラスからの雨漏り修理工事を税込み66,000円で実施しました!

【施工内容】

雨漏り修理、天窓工事

調布市上石原で笠木からの雨漏り修理工事、散水試験(税込み44,000円)を実施して雨水の浸入箇所を特定!

【施工内容】

雨漏り修理

その他の施工事例一覧→

屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

お問い合わせ・資料請求
  • 屋根リフォームの流れ
  • 徹底したお住まい調査
  • 不安ゼロ宣

言
  • 屋根のお役立ち情報
  • 当社のご案内
  • 屋根の資料請求
点検・調査・お見積りなど無料で承ります!お電話でのお問い合わせは0120-989-936へ。8時半から20時まで受付中!メールでのお問合せは24時間受付中。

点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん東京
東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
TEL :0120-989-936 
E-mail : info@sharetech.co.jp
多摩川支店
〒182-0025
東京都調布市多摩川3-68-1
Copyright © 2024 街の屋根やさん All Rights Reserved.
ページトップへ戻る