無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 東大和市狭山で改修用ドレンでバルコニーの排水口改修工事

東大和市狭山で改修用ドレンでバルコニーの排水口改修工事

【施工前】
工事前

【施工後】
工事完成

【お問い合わせのきっかけ】


担当:富田


 東大和市狭山町で雨漏り修理工事をおこないました。雨漏りの原因箇所はバルコニーの排水口回りでしたので、ここからの雨漏りを防ぐ工事をおこなっていきます。
 排水口は横向きになっているのですが、横引という排水口は配管と防水層の取り合い部分から雨漏りするリスクが結構高く、今回は改修用ドレンを使用して防水層と配水管が一体になる様に納めていきます。
 また、外側は配水管から出てきた雨水が雨樋の中に入る様になっているのですが、雨樋の吊り金具との位置関係からスムーズに雨水が流れなくなっていて、それも今回の雨漏りの原因の一つです。そのため、排水口の改修工事と合わせてここの納まりも直していきます。
 まず外側の配管部分は、長さが長すぎるために落ち葉なども溜まりやす、オーバーフローしやすい状態でした。そのため、配管の長さを短くカットしスムーズに雨樋に雨水が入る様にしています。
 排水口部分は改修用ドレンを使用し、床面から流れてきた雨水がそんまま配管に入り雨樋に流れる様に納めていきます。周りを防水材で保護して完成です。
 雨量が多い場合はこの部分に雨水が集中しますので、今回の工事で雨水が流れやすい状態を作りましたのでこれで安心していただけるようになりました。
 私たち街の屋根やさんでは、点検・お見積もりを無料で対応しております。お住まいの事でお悩みやお困りのことがございましたら、お気軽にお問合せいただけますと幸いです。
 東大和市狭山町で雨漏り修理工事をおこないました。雨漏りの原因箇所はバルコニーの排水口回りでしたので、ここからの雨漏りを防ぐ工事をおこなっていきます。
 排水口は横向きになっているのですが、横引という排水口は配管と防水層の取り合い部分から雨漏りするリスクが結構高く、今回は改修用ドレンを使用して防水層と配水管が一体になる様に納めていきます。
 また、外側は配水管から出てきた雨水が雨樋の中に入る様になっているのですが、雨樋の吊り金具との位置関係からスムーズに雨水が流れなくなっていて、それも今回の雨漏りの原因の一つです。そのため、排水口の改修工事と合わせてここの納まりも直していきます。
 まず外側の配管部分は、長さが長すぎるために落ち葉なども溜まりやす、オーバーフローしやすい状態でした。そのため、配管の長さを短くカットしスムーズに雨樋に雨水が入る様にしています。
 排水口部分は改修用ドレンを使用し、床面から流れてきた雨水がそんまま配管に入り雨樋に流れる様に納めていきます。周りを防水材で保護して完成です。
 雨量が多い場合はこの部分に雨水が集中しますので、今回の工事で雨水が流れやすい状態を作りましたのでこれで安心していただけるようになりました。
 私たち街の屋根やさんでは、点検・お見積もりを無料で対応しております。お住まいの事でお悩みやお困りのことがございましたら、お気軽にお問合せいただけますと幸いです。


担当:富田


【工事内容】
雨漏り修理 防水工事
【工事詳細】
使用材料
改修用ドレン
施工期間
1日
築年数
25年
平米数
1カ所
施工金額
詳しくはお問合せください
お施主様
K様邸
保証年数
保証はお付けしておりません
【工事内容】
雨漏り修理 防水工事
【工事詳細】
使用材料
改修用ドレン
施工期間
1日
築年数
25年
平米数
1カ所
施工金額
詳しくはお問合せください
お施主様
K様邸
保証年数
保証はお付けしておりません
雨漏り修防水工事

現地調査

バルコニーの排水口 バルコニーの排水口

 雨漏りの原因調査をおこないます。

 雨漏りか所の上はバルコニーになっていますが、排水口回りがうまく納まっていません。排水口は雨水を集める部分ですので、ここが劣化していると大量の雨漏りにつながります。

外側の状態

 排水を横向きにおこなう横引きの排水口は壁の中の部分と防水層の取り合いに隙間が出来てしまいやすく、雨水が逆流して防水層の中に入ってしまいます。また、今回は配水管が屋根の雨樋の中に入る納めになっていましたが、雨水が流れにくくなっておりオーバーフローしている状況でした。

 雨漏りを止めるには排水口からの雨水の侵入を防ぎ、雨水をスムーズに雨樋に流すようにする必要があります。

雨樋の改修工事

流れが悪くなっています 這い樋の雨水もかぶります

 外側の部分です。配水管が雨樋の中に入っているのですが、すぐ横に雨樋の吊り金具があり、雨樋との間の隙間も小さいために落ち葉も溜まっています。上の屋根から流れてきた雨水もこの雨樋に流す作りになっていました多野で、雨量の多い時には余計に流れにくくなっている状況でした。

短くしました 長さをカット

 この部分は、配水管の長さを短くして流れる状況を改善させます。隙間が大きくなったために詰まりにくくなり雨量が多くても配水管の中にオーバーフローすることもなくなりました。

流れがよくなりました

 配水管があったことで奥に入った落ち葉がたまってしまうことになっていましたが、そこに関しても解消されました。この後は排水口の周りからの雨水の侵入を防ぐ工事をおこないます。

改修用ドレンで排水口からの雨水の侵入を防ぎます

改修用ドレン

 排水口からの雨水の浸入を防ぐために有効なのが改修用ドレンです。今回使用するのは、鉛のプレートと蛇腹状のホースが一体になったもので、これを排水口の中に差し込んで回りを防水層で覆うことで、防水層と配水管と取り合い部分がなくなり一体化します。

 そうする事で横引き排水のデメリットも解消されて雨水が入り込まないようになります。

大きさをカット 排水口に設置

 排水口はバルコニーの床面に作られた排水溝の先にありますので、排水口の幅にカットして差し込みます。この先は先ほどカットした配水管になりますので、バルコニーの床に流れた雨水ががそのまま外側の雨樋に流れる様になります。

防水材

 今回は部分的な防水工事での補修になりますが、改修用ドレンの周りをウレタン防水で保護します。ヒビ割れが出ていた部分もちょうど改修用ドレンの下に納まりましたので、問題が解消できるようになります。

防水補修

回りをシールします 防水材塗布

 改修用ドレンの周りにシールを打って下地工事をおこないます。

 その上に防水層を作るのですが、ウレタン防水は2層作ることが重要で1層目の後に乾燥させてから2層目をかぶせていきます。

部分的に防水 トップコート

 ウレタン防水やFRP防水は、そのままでは紫外線によって劣化してしまいますので、最後に保護材のトップコートを塗布します。バルコニーの床面が薄いグレー色に仕上がっていることが多いと思いますが、これがトップコートの色です。ほかにもグリーンやベージュ系などがありますが、どちらも性能は同じで、防水層が傷まないように保護する役割をもっています。

工事完成

 雨漏り修理工事が完成しました。

 排水口からの雨水の浸入と外側の排水がスムーズになる様な工事を行い、これで雨漏り解消です。今後のメンテナンスとしては防水層に傷みが出なければ保護材のトップコートを塗り被せることで済みます。トップコート塗布だけ行う場合は税込み76,780円から承っております。防水工事をやり直す場合は下地の状態や面積などによっても変わりますので、まずはお気軽にご相談ください。

 私たち街の外壁塗装やさんでは、点検・お見積もりを無料で対応しております。お住まいの事でお悩みやお困りのことがございましたら、お気軽にお問合せいただけますと幸いです。

 記事内に記載されている金額は2023年08月25日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。
2024年最新情報!補助金でお得にリフォーム!
雨漏り修理30,000円~(消費税・諸経費別) 散水検査30,000円~(消費税・諸経費別)

関連動画をチェック!

防水工事で雨漏り防止!陸屋根・屋上のチェックポイント【プロが解説!街の屋根やさん】

 今回の記事で登場した工事やお住まいのトラブルに関連する動画をご紹介します!


 こちらの動画では、工事の内容やお住まいのトラブルの対処方法などをより詳しく説明しています。
 お役立ち情報が満載ですのでぜひご覧になってみてください。


このページに関連するコンテンツをご紹介

ウレタン防水とは?メリット・デメリットとバルコニー・ベランダや陸屋根(屋上)への施工工程

ウレタン防水とは?メリット・デメリットとバルコニー・ベランダや陸屋根(屋上)への施工工程

 バルコニーやベランダ、陸屋根(屋上)への防水対策として現在最も一般的なのが、ウレタン防水です。  「ベランダにウレタン防水をすすめられたけれどどんな工事なの?」  「ウレタン防水の耐久性は?見積りをもらったけれど費用は妥当?」  「他の防水方法と比べてどうなの?」 とお悩みではありませんか?  …続きを読む
街の屋根やさん多摩川
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒182-0025
        東京都調布市多摩川3-68-1
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん多摩川支店のスタッフ

      街の屋根やさん東京
      1. 電話 0120-989-936
        株式会社シェアテック
        1. 〒132-0023
          東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
          店舗詳細はこちら
      1. 街の屋根やさん東東京支店のスタッフ

        街の屋根やさん横浜
        1. 電話 0120-989-936
          株式会社シェアテック
          1. 〒222-0033
            神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 VORT新横浜 2F
        1. 街の屋根やさん横浜支店のスタッフ

          お問い合わせはこちらから

          あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

           街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

          お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 神奈川県 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県

          このページと共通する工事内容の新着施工事例

          調布市上石原で笠木からの雨漏り修理工事、散水試験(税込み44,000円)を実施して雨水の浸入箇所を特定!

          【施工内容】

          雨漏り修理

          世田谷区北沢で雨漏りでお困りの建物をウレタン塗膜防水(税込み330,000円)で問題解消しました!

          【施工内容】

          雨漏り修理、防水工事

          町田市南大谷にて雨漏りの発生していたバルコニーのFRP防水工事を税込210,000円で工事を行わせていただきました!

          【施工内容】

          防水工事

          その他の施工事例一覧→

          屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

          お問い合わせ・資料請求
          • 屋根リフォームの流れ
          • 徹底したお住まい調査
          • 不安ゼロ宣

言
          • 屋根のお役立ち情報
          • 当社のご案内
          • 屋根の資料請求
          点検・調査・お見積りなど無料で承ります!お電話でのお問い合わせは0120-989-936へ。8時半から20時まで受付中!メールでのお問合せは24時間受付中。

          点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

          株式会社シェアテック
          街の屋根やさん東京
          東東京支店
          〒132-0023
          東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
          TEL :0120-989-936 
          E-mail : info@sharetech.co.jp
          多摩川支店
          〒182-0025
          東京都調布市多摩川3-68-1
          Copyright © 2024 街の屋根やさん All Rights Reserved.
          ページトップへ戻る