無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 葛飾区立石でスーパーガルテクトのSシェイドブラックを使用して.....

葛飾区立石でスーパーガルテクトのSシェイドブラックを使用してカバー工事を行いました

【施工前】

【施工後】

【お問い合わせのきっかけ】


担当:藤崎


 葛飾区立石でスレート屋根のカバー工事を施工致しました。工事のきっかけは建物自体が30年程経過している状況から、これを機に屋根と外壁を合わせた全体メンテナンスを考えたいとの意向から、当社にご相談頂いた事が始まりです。

 現地調査において屋根の状態を確認させて頂くと、やはり年数から来る傷みの症状と共に、取り分け汚れやコケの付着が顕著に見られた為、塗装によるメンテナンスでは長く耐久性を見込めないと判断させて頂き、屋根カバー工法による施工を行う事で、より耐久性の有るお手入れをご提案させて頂く事となりました。

 お住まいのメンテナンスにおいて、施工法の選択は非常に重要です。判断基準となる要素はやはり耐久性が大きな割合を占め、それに加えて快適性等が付随されます。その点このアイジー工業製のスーパーガルテクトはその両者を兼ね備えていると言う点でおススメの屋根材となります。今回はその施工の流れをご紹介させて頂きます。
 葛飾区立石でスレート屋根のカバー工事を施工致しました。工事のきっかけは建物自体が30年程経過している状況から、これを機に屋根と外壁を合わせた全体メンテナンスを考えたいとの意向から、当社にご相談頂いた事が始まりです。

 現地調査において屋根の状態を確認させて頂くと、やはり年数から来る傷みの症状と共に、取り分け汚れやコケの付着が顕著に見られた為、塗装によるメンテナンスでは長く耐久性を見込めないと判断させて頂き、屋根カバー工法による施工を行う事で、より耐久性の有るお手入れをご提案させて頂く事となりました。

 お住まいのメンテナンスにおいて、施工法の選択は非常に重要です。判断基準となる要素はやはり耐久性が大きな割合を占め、それに加えて快適性等が付随されます。その点このアイジー工業製のスーパーガルテクトはその両者を兼ね備えていると言う点でおススメの屋根材となります。今回はその施工の流れをご紹介させて頂きます。


担当:藤崎


【工事内容】
屋根カバー工法 ガルバリウム鋼板
【工事詳細】
使用材料
スーパーガルテクト
施工期間
足場設置から足場撤去まで1週間
築年数
30年
平米数
70.0㎡
施工金額
詳しくはお問い合わせ下さい
お施主様
N様邸
保証年数
10年
【工事内容】
屋根カバー工法 ガルバリウム鋼板
【工事詳細】
使用材料
スーパーガルテクト
施工期間
足場設置から足場撤去まで1週間
築年数
30年
平米数
70.0㎡
施工金額
詳しくはお問い合わせ下さい
お施主様
N様邸
保証年数
10年
足場アイコン屋根カバー工事

スレート屋根の調査

築30年の汚れが発生

 こちらが施工前のスレート屋根の状況となります。30年程度経過していることも有り、且つその間に塗装等の施工も無かったので、症状が進行している状況が確認出来ました。このタイミングでメンテナンスをされる事は、この先の不具合によるコストの増大を防ぐ為にも非常に重要と言えます。

スレート屋根に汚れやコケの付着

軒先の状況  全体的に汚れが発生

 屋根には全体的に汚れやコケの付着が広がっております。この屋根材自体がかなり弱ってしまっている現われとも言えるので、屋根塗装工事によるメンテナンスではそれ程長く状態を保つことは期待できない状況となります。ですのでより長い耐久性を求めるのであれば、屋根材自体を変える必要性が有ります。

この年代のスレート屋根はアスベストが含有されています

スレート屋根の劣化

 屋根材を変える施工法として一般的な施工は葺き替え工事となります。しかし葺き替え施工ともなると既存の屋根材を解体撤去し廃棄処分する必要が有ります。この年代におけるスレート屋根はアスベストの含有がある素材ですので、廃棄場所や廃棄方法に規定があり、余計に経費が掛かる事となります。その意味でコストの増大が想定されるので、コスト抑制方法として屋根カバー工事による施工も一つの方法となります。

屋根カバー工法で施工致します

 今回こちらのお宅では、既存の屋根材の劣化はあるものの雨漏りの発生やブカブカしているような場所も無い事から、屋根カバー工法でのメンテナンスでご提案させて頂き、施工させてて頂く事となりました。使用する屋根材はスーパーガルテクトとなります。アイジー工業製の断熱材入りの屋根材で、耐久性はもとより、快適性にも優れた現在非常に人気のある屋根材です。

汚れが著しいので高圧洗浄を行います

屋根の高圧洗浄  高圧洗浄で屋根の汚れを落とします

 早速足場を設置視し屋根工事となりますが、カバー施工に入る前に高圧洗浄作業を行いました。通常塗装工事を施工する際に行う作業ですが、汚れやコケの付着が著しかった事も有りましたので、更にスレート屋根のカバー工事における下葺き材が粘着タイプの物を使用する事からも当該作業を実施致しました。

この状態からカバー工事へ移ります

屋根カバー工事の準備完了

 高圧洗浄作業を行うとこの様に屋根が白くなります。これでほぼ完全に屋根の汚れは落とせました。この状態であれば、防水シートの方もしっかりと密着していく筈です。

役物板金の取り付け

軒先唐草板金の取り付け  コーナー部分の唐草板金取付

 屋根取付のスタートは役物板金の設置となります。手順は縁廻りの唐草板金、ケラバ板金と言ったの役物の取り付けを行いそれに被せる様に下葺き材の防水シートの敷設、その上で新規屋根材葺き作業となります。こちらの屋根は寄棟タイプの屋根となりますので、四方に軒先唐草板金を取り付けて参りました。

粘着式防水シートの敷設

防水シートの敷設  スレート屋根カバー工法の防水紙は粘着式

 そして下葺き材、所謂防水シートの敷設作業となります。タジマのタディスセルフと言う材料で先程来申し上げている粘着式のタイプの防水シートです。洗浄作業で屋根の汚れを落として綺麗にした事も有り、しっかりと密着して問題なく作業の方も進められました。

改質アスファルトルーフィングを使用

改質アスファルトルーフィングを使用

 この防水シートは改質アスファルトルーフィング、或いはゴムアスルーフィングとも呼ばれる下葺き材です。温度変化等にも強く対応力があり、一般の防水シートよりも耐久性に優れた材料です。

スーパーガルテクトの敷設

屋根材はビス止め固定  屋根葺き作業

 防水シートの敷設を完了しいよいよ屋根材の設置作業となります。スーパーガルテクトを下から1枚ずつ葺いて参りますが、固定はこの様にビス止めによる固定となります。

雪止め金具も取り付け

雪止め金具の固定  雪止めの取り付け

 予め雪止めの方も設置させて頂きました。約45センチ間隔で取り付けて行きますが、スーパーガルテクトの場合、純正の雪止め金具となります。

電動ばさみで屋根材を裁断して取り付けます

電動ばさみを使用し屋根材を裁断  

 屋根形状が寄棟屋根となりますので端側は形状加工が必要です。要は屋根施工においては金属を裁断する必要が有りますが、この電動ばさみ等を使用して鉄粉や端材を最小限に抑制し周囲へ残さない様にする気配りも重要となります。

棟板金の取り付けへ

樹脂製貫板の取り付け  棟板金を被せます

 屋根本体の取り付けを終えて、棟板金の設置となります。下地貫板はこのプラスティック樹脂製の貫板となります。この材料で有れば木材とは異なり年数の経過による腐食や弱体化の懸念は払拭出来る素材となります。

隅棟、大棟の順で取り付け

隅棟の設置完了し大棟へ  大棟板金を被せて完了

 隅棟板金を取り付け、最後に大棟板金を被せて完了となります。最後まで気を抜かずしっかりと丁寧に施工させて頂きました。

仕上げ処理も終え完成です

カバー工事の完成

 棟の継ぎ目などにシーリングを施し仕上げ工程となります。これで屋根のカバー施工も完成となります。出来立てほやほやの屋根カバーです。取り付けの方も問題なしです。

色はSシェイドブラックを使用

シェイドブラックのカバー工事

 色の方はSシェイドブラックとなります。スーパーガルテクトの場合、このブラックとブラウン、チャコール(グレー)、モスグリーン、ブルーの合計5種類の色から選択出来ます。こちらのお宅で使用したSシェイドブラックはスタンダードな落ち着きのある仕上がりとなる色合いです。

スーパーガルテクトによるカバー工事の完成

スレート屋根の状況

 私たち街の屋根やさんでは、この様な屋根カバー工事や葺き替え工事を始めとして、部分的な屋根施工等も含めて屋根に関する全般的な施工と工事のご提案、ご説明をさせて頂いております。更に現状の既存の状態に合わせた工事提案やより良い工事方法等にも拘って取り組んでおりますので、屋根工事でお悩みのお客様は是非お気軽にお声掛けご相談下さい。

屋根カバー工法・屋根カバー工事698,000円~(消費税・諸経費別)

このページに関連するコンテンツをご紹介

アスベスト含有屋根材の見分け方と最適な解決方法|街の屋根やさん東京

アスベスト含有屋根材の見分け方と最適な解決方法|街の屋根やさん東京

 戸建て住宅などの建築において最後にアスベスト入りの屋根材、スレート(カラーベスト・コロニアル)が使われてから十数年が経過しようとしています。屋根葺き替え・屋根カバー工法などの大規模な屋根リフォームをそろそろ検討しなければならない時期に来ていると言っていいでしょう。有害と言われるアスベスト、それが含…続きを読む
進化したガルバリウムでより強い屋根材へスーパーガルテクト

進化したガルバリウムでより強い屋根材へスーパーガルテクト

耐久性・快適性・意匠性が見事にマッチした屋根材の新しいスタンダード ガルバリウム鋼板の屋根材はリフォーム市場においてナンバー1のシェアを誇ります。そもそも、ガルバリウム銅板とは、JIS規格では「溶融55%アルミニウム亜鉛合金めっき鋼板」と定められています。アルミと亜鉛で鉄を守ることで生まれた鋼板です…続きを読む

このページに関連する漫画コンテンツ動画をご紹介

漫画で読むならコチラ

動画で見るならコチラ

街の屋根やさん東京
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒132-0023
        東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん東東京支店のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      府中市是政にて、スレート屋根へのカバー工事、アイジー工業のスーパーガルテクトを使用しました

      【施工内容】

      スレート屋根カバー工事、ガルバリウム鋼板

      狛江市西野川で雨漏りで落ちてしまったモルタルの外壁をガルバリウム鋼板でカバー工事

      【施工内容】

      雨漏り修理、ガルバリウム鋼板

      江戸川区東小岩でスレート屋根のカバー工事、スーパーガルテクトのSシェイドブルーで施工

      【施工内容】

      屋根カバー工法

      その他の施工事例一覧→

      葛飾区と近隣地区の施工事例のご紹介

      江戸川区船堀で倉庫の大波スレート屋根からの雨漏りが発生、棟の部分交換工事で解消致しました

      【施工内容】

      雨漏り修理

      江戸川区東小岩でベランダ波板屋根の破損に伴い修繕工事を行いました

      【施工内容】

      その他の工事

      葛飾区新小岩にてスーパーガルテクトを使用した屋根カバー工事を実施、色はSシェイドブラックになります

      【施工内容】

      屋根カバー工法

      その他の施工事例一覧→

      屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

      お問い合わせ・資料請求
      新型コロナウィルス
      対策について
      オンラインでの無料相談・ご提案について
      台風14号接近中、ご注意ください! 台風14号接近中、ご注意ください!
      • 屋根リフォームの流れ
      • 徹底したお住まい調査
      • 不安ゼロ宣

言
      • 屋根のお役立ち情報
      • 当社のご案内
      • 屋根の資料請求

      点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

      株式会社シェアテック
      街の屋根やさん東京
      東東京支店
      〒132-0023
      東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
      TEL :0120-989-936 
      E-mail : info@sharetech.co.jp
      品川支店
      〒141-0031
      東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
      多摩川支店
      〒182-0025
      東京都調布市多摩川3-68-1
      Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
      ページトップへ戻る