無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 江東区富岡で店舗入り口庇の瓦屋根を、新しい瓦への葺き替え工事.....

江東区富岡で店舗入り口庇の瓦屋根を、新しい瓦への葺き替え工事を行いました

【施工前】

【施工後】

【お問い合わせのきっかけ】


担当:藤崎


 江東区富岡で不動産会社様より、管理する建物の玄関庇屋根の日本瓦が落下してしまったので、修繕工事を考えているとのご相談を頂いた事がきっかけです。

 1階に店舗が入っている建物で、軒先側の瓦が2枚落下、更に袖瓦の1枚も傾いてしまっている状況でした。修繕工事としては、その損壊部分のみでも可能では有りましたが、全体的に年数の経過もあり、汚れや漆喰自体の劣化も見られる事から、全体の葺き直し施工もご提案させて頂き、お客様もご検討の結果、部分的な修繕では無く、全体の施工として当社にご依頼頂く運びとなりました。

 施工に当たり、既存瓦は年数分の劣化や汚れが生じているので、これを機に全て新しい瓦材に替えての施工依頼です。こうなると葺き直し工事では無く瓦から瓦への葺き替え施工となります。今回はその屋根葺き替え施工の流れをご紹介させて頂きます。
 江東区富岡で不動産会社様より、管理する建物の玄関庇屋根の日本瓦が落下してしまったので、修繕工事を考えているとのご相談を頂いた事がきっかけです。

 1階に店舗が入っている建物で、軒先側の瓦が2枚落下、更に袖瓦の1枚も傾いてしまっている状況でした。修繕工事としては、その損壊部分のみでも可能では有りましたが、全体的に年数の経過もあり、汚れや漆喰自体の劣化も見られる事から、全体の葺き直し施工もご提案させて頂き、お客様もご検討の結果、部分的な修繕では無く、全体の施工として当社にご依頼頂く運びとなりました。

 施工に当たり、既存瓦は年数分の劣化や汚れが生じているので、これを機に全て新しい瓦材に替えての施工依頼です。こうなると葺き直し工事では無く瓦から瓦への葺き替え施工となります。今回はその屋根葺き替え施工の流れをご紹介させて頂きます。


担当:藤崎


【工事内容】
瓦屋根工事 屋根葺き直し 棟瓦取り直し 
【工事詳細】
使用材料
南蛮漆喰
施工期間
足場設置から足場撤去まで3日
築年数
40年
平米数
2.5㎡
施工金額
詳しくはお問い合わせ下さい
お施主様
A様管理物件
保証年数
お付けしておりません
【工事内容】
瓦屋根工事 屋根葺き直し 棟瓦取り直し 
【工事詳細】
使用材料
南蛮漆喰
施工期間
足場設置から足場撤去まで3日
築年数
40年
平米数
2.5㎡
施工金額
詳しくはお問い合わせ下さい
お施主様
A様管理物件
保証年数
お付けしておりません
足場アイコン棟瓦取り直し

現地調査の様子

軒先の瓦屋根が落下

 こちらがが落下してしまった玄関庇屋根の状況となります。軒先側の2枚分の瓦が離脱してしまいました。中の防水紙や下地の木材にも劣化が見られ、放置してしまうと躯体自体が腐蝕してしまう事にも繋がりますので、補修修繕が必要な状態です。

瓦のズレや漆喰の剥離も発生

防水紙の劣化も有り  漆喰の剥離症状

 更に上段の袖瓦に傾きが生じてしまっていると共に、漆喰表面の割れと剥離も見られる状況です。ですので、部分的に瓦を戻す事も出来ない工事では無いですが、防水シートの劣化や漆喰の傷みを考えると、もう少し広域にわたってメンテナンスされる事も一つの方法であると言えます。

庇屋根全体を新しい瓦に葺き替え施工を行います

庇屋根瓦全体に汚れ

 お客様にもその部分施工と全体施工との2パターンの施工法をお伝えご提案し、ご検討の結果、玄関庇屋根全体の施工を行う事となりました。それと併せて、既存屋根に汚れコケの付着も見られ、1階が店舗でもある事から、これを機に新しい瓦材に変更したいとのご依頼も頂き、屋根の葺き直し施工では無く、瓦から瓦への葺き替え施工を行わせて頂く事となりました。

工事の始まり

足場を部分的に設置  部分掛け足場仮設

 工事は1階上の玄関屋根ですが、やはり高所での作業となる事と作業効率の観点から、部分掛けの足場を仮設しての施工となります。この様な形で1階の玄関屋根がきちんと施工出来る様に、部分的に足場を設置させて頂いて工事の始まりとなります。

屋根作業のスタート

既存瓦を外していきます  既存棟瓦の撤去

 屋根作業は既存屋根の撤去解体からスタートです。棟瓦、桟瓦共に1枚ずつ剥がして下に降ろして参りました。今回葺き替え工事となりますので、この既存の屋根瓦は全て廃棄処分となります。

屋根を清掃致します

瓦を撤去した庇屋根  屋根を撤去すると野地板となります

 瓦を外した屋根野地板の状況です。当然葺き土等の残存物も有りましたので、綺麗に清掃して新しい下葺き材や屋根材の設置の準備をしていきます。

防水シートと桟木の設置

防水シートと桟木の設置

 この既存の野地板に新規防水シートの敷設を行いました。この防水シートは改質アスファルトルーフィングと呼ばれ、熱にも強く耐久性もある良質な防水シートとなります。更にその敷設したルーフィングシートに桟木を設置し、この桟木に瓦屋根を取り付け固定して行く事となります。

新しい瓦を戻していきます

瓦を再度設置していきます  軒先の瓦から順番に取り付け

 いよいよ新しい瓦屋根の取り付け開始です。下の軒先側から1段ずつの設置固定していきます。下地となる桟木に咬ませてビス止めして固定して参りました。

軒先側の下段1段目が終了

瓦戻し軒先側の1段目終了

 下段1段目の終了です。先程申しました通り、しっかりとビス固定されているので、落下すると言う心配は先ず無いものと思います。同じ様に2段目も桟木にしっかりと取り付けて強度に拘って、取付施工させて頂きました。

瓦葺きから棟の施工へ

瓦戻しももう一息で完了  袖瓦を取り付けます

 上段の2段目もラストの袖瓦を取り付けて無事完了です。新しい瓦屋根での取り付けですので、今時点でもこれまでとは見違える様に仕上がっていく事と思われ、完成が楽しみな状況です。

棟瓦を戻して完成

南蛮漆喰で棟を構築  のし瓦も戻して完了です

 桟瓦を戻した後は、棟瓦の構築と取り付けになります。新しい南蛮漆喰を詰めて、この部分は棟漆喰の取り直し施工となります。漆喰の色は黒色で渋みの有る完成形を目指して施工して参りました。

工事の完成

玄関庇屋根の葺き直しの完了

 こうして無事屋根の葺き替え施工の終了、完成となります。お客様もご確認されこれで安心ですとのお言葉を頂く事が出来ました。更に新しい瓦と黒漆喰ともマッチして仕上がりの方も落ち着きのある渋みのある完成形となった様です。

新しい瓦になって心機一転となりました

新しい瓦での屋根葺き直し工事

 足場も払い工事の方も全工程滞りなく終了となりました。屋根が新しくなった感じで店舗のイメージアップにも一役買える事と自負しております。私たち街の屋根やさんでは、現状の調査からの必要工事のご説明と共に、お客様の要望やニーズに沿った工事のご提案を心掛けて取り組ませて頂いております。新型コロナウィルス対策の方も実施継続しておりますので、小規模施工を始めとして、屋根全体の大型施工も含め、屋根の事でお困りの方がいらっしゃいましたらお気軽にご相談、お声かけ下さい。

このページに関連するコンテンツをご紹介

瓦屋根の方へ、漆喰詰め直し・漆喰取直しで長寿命な屋根を目指しましょう

瓦屋根の方へ、漆喰詰め直し・漆喰取直しで長寿命な屋根を目指しましょう

 漆喰の歴史は古く、約5000年前から世界中で使われています。瓦や石材の接着、目地の充填、壁の上塗りなど漆喰は様々な場面に用いられてきました。日本が世界に誇る世界遺産「姫路城」、その白鷺と形容される美しい白壁にも漆喰が用いられています。 瓦屋根では瓦の固定や接着に漆喰が用いられています。この漆喰…続きを読む
4つのチェックポイントで瓦屋根の点検・メンテナンスのタイミングを知ろう

4つのチェックポイントで瓦屋根の点検・メンテナンスのタイミングを知ろう

 瓦屋根というと半世紀、またはそれ以上もの耐用年数を期待できる大変寿命の長い屋根材ですよね。そのため瓦屋根にお住まいの方の中にはどうしてもメンテナンスが怠りがちになってしまっているという方もいらっしゃるのではないでしょうか。しかし瓦屋根と言えども経年劣化がまったくないかというとそうではありませんし、…続きを読む
粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦、 瓦の種類・見分け方とメンテナンス方法

粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦、 瓦の種類・見分け方とメンテナンス方法

  古くから使用されている屋根材、それはなんといっても「瓦」でしょう。皆さんが瓦と言ってイメージするのは寺社仏閣のような和風建築のものですか?それとも地中海風の建物に見られるオレンジ色のグラデーションのかかった屋根でしょうか?瓦屋根はその形状により分類もできますし、使用している材質によっても分類でき…続きを読む
お家の意外と大事な部分、庇(霧除け)の役割とメンテナンス方法

お家の意外と大事な部分、庇(霧除け)の役割とメンテナンス方法

 ちょっと前のお家だと必ずといっていいほど取り付けられている庇、屋根や外壁のようにお手入れの重要性がよく指摘される場所ではないのですが、雨漏りや庇の崩落などの不具合を見てきた経験からやはりメンテナンスは重要です。最近のお家では固定資産税の影響やデザイン性や狭小地等の立地もあって庇を取り付けていないお…続きを読む
瓦屋根のさまざまな補修とリフォームの費用と価格

瓦屋根のさまざまな補修とリフォームの費用と価格

 瓦に飛来物が当たり割れてしまった場合、また風によって少しずれてしまっている場合、雨漏りが起きていなくとも防水紙の劣化に繋がりますので、補修は必要です。瓦の差し替え工事瓦の並び戻し工事 漆喰が剥がれることによって内部の土が露出し、雨水で流れ出てしまいます。そのまま放置してしまうと棟自体の並びも変形・…続きを読む
知ってお得!屋根の便利な豆知識

知ってお得!屋根の便利な豆知識

 普段に何気なく眺めている屋根ですが、近所のお住まいを見渡しただけでも、様々な形、様々な材料が使われていることが分かと思います。 また、グーグルアースなどでは世界中の屋根を眺めることができます。素敵なデザインのものもあれば、ユニークでかわいらしいものもあります。屋根の勾配とデザイン屋根の勾配が緩やか…続きを読む
街の屋根やさん東京
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒132-0023
        東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん東東京支店のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      江戸川区西一之江で雨漏りの発生に伴い屋根の部分葺き直し工事を施工致しました

      【施工内容】

      屋根葺き直し、棟瓦取り直し 、雨漏り修理

      練馬区高野台で雨漏りした瓦屋根を、地震対策もかねてスーパーガルテクトに葺き替え工事します

      【施工内容】

      瓦屋根工事、金属屋根工事、屋根葺き替え、ガルバリウム鋼板、瓦屋根から金属屋根へ葺き替え工事

      調布市深大寺元町で崩れ始める前に瓦屋根の棟取り直し工事

      【施工内容】

      棟瓦取り直し 

      その他の施工事例一覧→

      江東区と近隣地区の施工事例のご紹介

      江戸川区船堀で倉庫の大波スレート屋根からの雨漏りが発生、棟の部分交換工事で解消致しました

      【施工内容】

      雨漏り修理

      江戸川区東小岩でスレート屋根のカバー工事、スーパーガルテクトのSシェイドブルーで施工

      【施工内容】

      屋根カバー工法

      大田区本羽田にて台風によって飛散したパラペットの笠木の交換工事を火災保険を適応し行いました

      【施工内容】

      その他の工事

      その他の施工事例一覧→

      屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

      お問い合わせ・資料請求
      新型コロナウィルス
      対策について
      オンラインでの無料相談・ご提案について
      台風14号接近中、ご注意ください! 台風14号接近中、ご注意ください!
      • 屋根リフォームの流れ
      • 徹底したお住まい調査
      • 不安ゼロ宣

言
      • 屋根のお役立ち情報
      • 当社のご案内
      • 屋根の資料請求

      点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

      株式会社シェアテック
      街の屋根やさん東京
      東東京支店
      〒132-0023
      東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
      TEL :0120-989-936 
      E-mail : info@sharetech.co.jp
      品川支店
      〒141-0031
      東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
      多摩川支店
      〒182-0025
      東京都調布市多摩川3-68-1
      Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
      ページトップへ戻る