無題ドキュメント

HOME > ブログ > 板橋区蓮沼町にてコケやカビ・ヒビ割れを確認 塗装メンテナンス.....

板橋区蓮沼町にてコケやカビ・ヒビ割れを確認 塗装メンテナンスのご提案

更新日:2022年6月14日

 板橋区蓮沼町にお住いのお客様より「屋根の色が褪せているようなので見て欲しい」とのご依頼をいただき、現地調査へ伺いました。築20年を迎え、これまで屋根のメンテナンスは行われてなかったと仰せでした。外壁は日ごろから自然と視線に入る位置にあるため、汚れや異変に気付きやすいのですが、屋根は形状による場合もありますが、なかなか全体を見ることは難しいです。今回は、屋根の点検結果についてご報告します。

屋根の色褪せ

屋根 色褪せ

 屋根材はスレート(コロニアル)材でした。全体的に色褪せしていることがよく分かります。塗装が剥がれが進み、白っぽくスレートの素地が見えてきています。色褪せやチョーキング(手で触って色が付く)が確認された場合は、メンテナンスを検討される時期となります。現在は、スレートの素地が見えてきている状態のため、雨水などの水分をスレート材自体が吸収しやすくなっています。水分を吸収・乾燥を繰り返すことで、スレート材の劣化が更に進行し、ヒビ割れや反りが発生するようになります。

苔やカビの発生

苔 カビ
白いカビ

 陽当たりがあまりよくない部分に集中して、苔やカビが発生していました。苔やカビの発生は、屋根の塗装剥がれが一番の原因です。塗装メンテナンスが必要な屋根材には、もともと防水性能がありません。そのため、表面を塗装した状態で出荷されます。紫外線・雨風などの影響や経年により、表面の塗装(塗膜)が剥がれてくることで、防水性能は徐々に低下してきます。築10年~15年で一度、屋根塗装によるメンテナンスがおすすめです。塗装メンテナンスを行う場合は、下処理で屋根を洗浄してから実施します。

その他、補修が必要な箇所

棟板金釘浮き
スレート割れ

 棟板金を固定している釘の浮きが数ヶ所で見受けられました。写真は下屋根の棟板金(下り棟)です。棟板金内部の貫板(ぬきいた)の劣化が進行していることが釘浮きの原因です。これまで、貫板には木材の使用が多く、水分による腐食等でどうしても劣化してしまいます。屋根のメンテナンスの際に、棟板金も併せて交換されておくと、次回メンテナンスまで安心です。その際は、木材に代わり樹脂製の貫板を使用することで、水分で腐食することなく耐久性も高くなるのでおすすめです。

 その他、ヒビ割れなども確認していますので、早めの補修が必要です。近年は、長寿命・高性能な塗料も増えてきています。屋根の種類やライフプランにより、最適な塗料でのメンテナンスが大切です。経験豊富なスタッフへ何でもご相談ください。

 私たち街の屋根やさんでは、引き続き新型コロナウィルス感染予防対策として、手指消毒の徹底やマスク着用で訪問させていただいております。 

 

参考価格

●遮熱塗料で屋根の塗り替え 217,800円~(税込み)※屋根面積60㎡まで
高圧洗浄、タスペーサーでの縁切り、計3回塗り(下塗り・中塗り・上塗り)

 

 記事内に記載されている金額は2022年06月14日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。

このページに関連するコンテンツをご紹介

スレート屋根(コロニアル、カラーベスト)のチェックポイントとメンテナンス方法

スレート屋根(コロニアル、カラーベスト)のチェックポイントとメンテナンス方法

 国内でもっとも使用されている屋根材の一つが今回のテーマにもなっているスレート(化粧スレート)と呼ばれる屋根材です。コロニアルやカラーベストとも呼ばれることも多く、「我が家も屋根材にスレートを使っている」という方も多いかもしれませんね。仮に瓦や金属といった他の屋根材のお住まいに住んでいらっしゃる方で…続きを読む
お住まいの寿命を延ばす!季節別・築年数別のメンテナンスポイント

お住まいの寿命を延ばす!季節別・築年数別のメンテナンスポイント

 一生に一度のお買い物と言われるお住まい、手に入れるまでは相当な努力と苦労を伴います。何年もかけて貯めた頭金、購入してからはローンと大変です。手に入れたということで満足してしまい、そこでゴールという方も多いようです。かつては新築だったお住まいも年月を経れば、どんなに大事にしていてもいろいろなところが…続きを読む
屋根のメンテナンス・屋根工事・屋根リフォームはなぜ必要?

屋根のメンテナンス・屋根工事・屋根リフォームはなぜ必要?

 普段から屋根のメンテナンスやリフォームを意識して生活している方はほとんどいないでしょう。また新築を建てる際、デザインや内装にこだわる方は多くても、メンテナンス性を重視して屋根材を吟味される方は少ないと思います。  しかし、どんな屋根であってもメンテナンスやリフォームが必要な時期がやってきます。 …続きを読む
屋根塗装・外壁塗装の知識

屋根塗装・外壁塗装の知識

屋根塗装・外壁塗装が必要なわけ屋根塗装・外壁塗装工事は大きくわけると2つの理由があります。1.機能・性能UP塗料を外壁や屋根に塗装すると、膜(塗膜)を形成し、雨や紫外線などから保護してくれます。しかし、この塗膜も、経年とともに劣化してきてしまいます。塗膜が劣化すると、塗装が剥げ、やがて屋根や外壁の素…続きを読む

このページに関連する漫画コンテンツ動画をご紹介

漫画で読むならコチラ

動画で見るならコチラ

屋根塗装348,000円~(消費税・諸経費別)

あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

 街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

このページと共通する工事内容の新着施工事例

豊島区千早にて棟板金交換工事と日本ペイントのファインパーフェクトベスト(色はブラウン)を使用した屋根塗装工事を実施

【施工内容】

棟板金交換、屋根塗装

板橋区氷川町にて日本ペイントのパーフェクトベストを使用した屋根塗装工事を実施、色はダークチョコレートになります

【施工内容】

屋根塗装

小平市花小金井にて瓦棒葺きトタン屋根の塗装工事を行いました

【施工内容】

屋根塗装

その他の施工事例一覧→

板橋区と近隣地区の施工事例のご紹介

豊島区駒込にて釘浮きが発生している棟板金の交換工事を実施、下地材に樹脂製貫板を使用致しました

【施工内容】

棟板金交換

練馬区上石神井にて訪問業者に棟板金の浮きの指摘を受けたお住まいの棟板金補強工事

【施工内容】

豊島区高田にて強風の影響により飛散した棟板金の交換工事を実施、貫板に樹脂製貫板を使用致しました

【施工内容】

棟板金交換

その他の施工事例一覧→

屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

お問い合わせ・資料請求
新型コロナウィルス
対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について
  • 屋根リフォームの流れ
  • 徹底したお住まい調査
  • 不安ゼロ宣

言
  • 屋根のお役立ち情報
  • 当社のご案内
  • 屋根の資料請求

点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん東京
東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
TEL :0120-989-936 
E-mail : info@sharetech.co.jp
品川支店
〒141-0031
東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
多摩川支店
〒182-0025
東京都調布市多摩川3-68-1
Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
ページトップへ戻る