無題ドキュメント

HOME > ブログ > 武蔵野市でスレート屋根材が落下、火災保険を利用し修理と屋根カ.....

武蔵野市でスレート屋根材が落下、火災保険を利用し修理と屋根カバー工法をご提案

更新日:2018年10月12日

武蔵野市でスレート屋根が落下してしまったとご相談を頂きました。現在は雨漏りを起こしていないようですので、室内に影響を及ぼしてしまう前に屋根補修を行っていきましょう。

【スレート屋根材の落下】

スレート屋根点検 苔や藻の付着

屋根材が落下してきた際の一番の心配点は「雨漏り」かと思います。屋根材が落下してきたのに雨漏りを起こしていないお住まい、屋根材はあるのに雨漏りを起こしたお住まい等、様々な状況が挙げられますが、雨漏りを防いでいるのは屋根材ではなく防水紙(ルーフィング)と呼ばれる下葺き材です。屋根材は一次防水として多くの雨水を防いでいますが、破損しても防水紙に破れが無ければ問題はありません。しかし防水紙は太陽光によって傷んでしまいますので、早急に屋根材の補修は行わなければなりません。

【固定釘から雨漏りを起こす可能性】

スレート固定釘の露出

スレート屋根材が落下した部分です。スレート屋根材は釘で固定されその上に葺き重ねている為、通常釘部分は露出することはありません。小屋裏を見たことがある方はわかると思いますが、スレートを固定している釘は野地板まで貫通しています。当然防水紙も突き破っていますので、釘穴から雨水が入り込めば雨漏りを起こしてしまいます。

応急措置の防水テープ 塗膜の経年劣化

スレート屋根材は軒から棟に向かって葺き重ねていますので、落下したスレート屋根材を元通りに補修するには一度上のスレート屋根材を剥がし補修、再度取り付け直す必要があり、大変な作業になります。そこで補修方法を決定するポイントは「屋根材の劣化」です。傷んだ屋根材を剥がし取り付け直すと、そのタイミングで割れてしまう恐れがあります。特に今まで塗装メンテナンスを行った様子もなく素地が露出している状態ですので、屋根材補修+屋根塗装若しくは屋根カバー工法を行う事で、雨漏りの心配を解消することが可能です。そこでどちらの補修工事のお見積りも作成致しますので、メリット・デメリットを考慮した上で補修を行っていきましょう。工事に取り掛かるまでは応急措置として防水テープで釘部分を塞ぎました。あくまで一時的な処置ですので、補修方法を決め日取りを決めさせていただくことになりました。

【台風による被害は火災保険・共済の申請を!】

今回は台風24号による被害ですので火災保険や共済を利用することが可能です。原状回復と異なる工事は自己負担になりますが、現状回復を行うための補修費用分は利用することも可能です。以前に保険を利用したことがある方も再度利用できますし、保険料や掛け金が上がる事はありませんのでご安心ください。お手続きが遅くなれば保険の返答も遅れてしまいますので、気づいた時点で申請しましょう。保険の利用に関するご質問や補修工事のお見積り依頼は、お気軽に街の屋根やさんへご相談ください。メールでのお問い合わせは24時間受付中です。

このページに関連するコンテンツをご紹介

瓦・スレート・金属 あなたの屋根はどのタイプ?

瓦・スレート・金属 あなたの屋根はどのタイプ?

 和風と洋風のテイスト、現代的と伝統的の時代感、現在はそれらの枠を飛び越えた様々なデザインの建築が増えました。一般的なお住まいも実に多彩です。また、それに合わせて屋根の形状も多様になってきました。オーソドックスな三角屋根、地球環境に配慮し太陽光発電を数多く載せられるように南斜面を広く取った屋根、そし…続きを読む
【最新版】火災保険が適用される屋根工事

【最新版】火災保険が適用される屋根工事

 保険が適用される屋根工事、ってどういうことをイメージされるでしょうか?  特にそれが「火災保険」となると「屋根修理に使えるの?」と繋がらないという方もいらっしゃるのではないでしょうか?昨今は大型台風の上陸、そしてそれらの被害が頻発したことにより火災保険という名前や保険の支払い規…続きを読む
スレート屋根(コロニアル、カラーベスト)のチェックポイントとメンテナンス方法

スレート屋根(コロニアル、カラーベスト)のチェックポイントとメンテナンス方法

 国内でもっとも使用されている屋根材の一つが今回のテーマにもなっているスレート(化粧スレート)と呼ばれる屋根材です。コロニアルやカラーベストとも呼ばれることも多く、「我が家も屋根材にスレートを使っている」という方も多いかもしれませんね。仮に瓦や金属といった他の屋根材のお住まいに住んでいらっしゃる方で…続きを読む
地震に備えるなら軽い屋根を!スレート屋根へのカバー工法と種類をご紹介

地震に備えるなら軽い屋根を!スレート屋根へのカバー工法と種類をご紹介

 スレート屋根への屋根リフォームとして行われる屋根カバー工法。これまでの屋根の上に新しい屋根を被せる工法で、その新しい屋根には金属屋根材が用いられることがほとんどです。実は金属屋根材以外でも屋根カバー工法は可能ということをご存知ですか。それでも金属屋根材が使われるのには合理的な理由があるのです。 …続きを読む
長寿命な屋根材はどれ?耐用年数から考える各屋根材の耐久性ランキング

長寿命な屋根材はどれ?耐用年数から考える各屋根材の耐久性ランキング

 お住まいの中で最も過酷な環境に晒されている部位を問われたら、多くの方が屋根だと答えるでしょう。高いから強風の影響を受けやすく、寒暖・雨・直射日光といった天候の影響をダイレクトに受ける、本当にとんでもないところです。寒い地方になれば、降雪や降雹はもちろんのこと、軒に氷柱ができます。積雪の重みにも耐え…続きを読む
屋根カバー工法を行う4つのメリットをご紹介

屋根カバー工法を行う4つのメリットをご紹介

 現在の屋根をほぼそのまま残し、その上に新しい屋根を載せて、覆うのが屋根カバー工法です。文字通り、屋根を屋根でカバーする工法です。よって、屋根が二重になります。屋根を重ねて葺くので、「重ね葺き」という呼ばれ方もします。「屋根カバー工法」についての漫画コンテンツはこちら 漫画で読むならコチラ…続きを読む
プロが教える屋根リフォームで失敗しないコツ

プロが教える屋根リフォームで失敗しないコツ

 屋根リフォームの主な目的は、雨漏りの防止や安全対策です。頻繁におこなう必要はありませんが、定期的に屋根の状況をチェックして、必要があれば補修や清掃、塗り直しをおこなうことで、屋根そのものの寿命を延ばすことができます。春の大風や夏場の暑い日差しに台風、冬の積雪などで屋根は徐々に痛んできています。「う…続きを読む
知ってお得!屋根の便利な豆知識

知ってお得!屋根の便利な豆知識

 普段に何気なく眺めている屋根ですが、近所のお住まいを見渡しただけでも、様々な形、様々な材料が使われていることが分かと思います。 また、グーグルアースなどでは世界中の屋根を眺めることができます。素敵なデザインのものもあれば、ユニークでかわいらしいものもあります。屋根の勾配とデザイン屋根の勾配が緩やか…続きを読む

このページに関連する漫画コンテンツ動画をご紹介

漫画で読むならコチラ

動画で見るならコチラ

屋根塗装348,000円~(消費税・諸経費別) 屋根カバー工法・屋根カバー工事698,000円~(消費税・諸経費別)

あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

 街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

このページと共通する工事内容の新着施工事例

江戸川区東小岩でスレート屋根のカバー工事、スーパーガルテクトのSシェイドブルーで施工

【施工内容】

屋根カバー工法

文京区白山で棟板金の飛散から火災保険を使用し、棟板金の修繕も含めた屋根カバー工事を施工

【施工内容】

屋根カバー工法

葛飾区立石でスーパーガルテクトのSシェイドブラックを使用してカバー工事を行いました

【施工内容】

屋根カバー工法、ガルバリウム鋼板

その他の施工事例一覧→

武蔵野市と近隣地区の施工事例のご紹介

練馬区南田中にて雹の被害を受けた波板の交換工事を行いました

【施工内容】

その他の工事

西東京市富士町でヒビ割れが酷いスレート屋根をスーパーガルテクトで屋根カバー工事

【施工内容】

屋根カバー工法

三鷹市井口で強風により屋根が飛散、縦ハゼ葺きの金属屋根スタンビーで葺き替え工事しました

【施工内容】

金属屋根工事

その他の施工事例一覧→

屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

お問い合わせ・資料請求
新型コロナウィルス
対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について
  • 屋根リフォームの流れ
  • 徹底したお住まい調査
  • 不安ゼロ宣

言
  • 屋根のお役立ち情報
  • 当社のご案内
  • 屋根の資料請求

点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん東京
東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
TEL :0120-989-936 
E-mail : info@sharetech.co.jp
品川支店
〒141-0031
東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
多摩川支店
〒182-0025
東京都調布市多摩川3-68-1
Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
ページトップへ戻る