無題ドキュメント

HOME > ブログ > 江戸川区で瓦屋根の雨漏りをガルバリウム鋼板製軽量屋根材で葺き.....

江戸川区で瓦屋根の雨漏りをガルバリウム鋼板製軽量屋根材で葺き替え提案

更新日:2018年8月8日

台風シーズン到来です!今晩あたりが関東南部に台風13号が最接近するようです。台風は強風と横殴りの強雨で今まで何でもなかったお客様でも雨漏りになることが有ります。江戸川区の瓦屋根のお客様も雨漏りでお困りでした。

瓦屋根は日本の風土に良くあった屋根材と言われておりますが、一番のデメリットは「重い」と言うところでしょう。強風には重い屋根の方が良いといった意見もありますが、ニュースなどで屋根が吹き飛ばされた映像を見ても、非常に古いトタン屋根だったりしますので最近のガルバ鋼板製屋根材では風に煽られて飛散した、と言う事例は聞いたことが無いのでご安心下さい。むしろ、地震に対しては軽量な屋根の方が有利です。雨漏り=即葺き替えではありませんが、広範囲にわたって雨漏りが発生しているようなケースでは、瓦屋根の場合は、下葺きの防水シートの劣化が疑われます。そうなると、一度瓦を全て降ろして、屋根の下葺き防水シートからやりなおす「葺き直し」というメンテナンスになり、地球的には瓦を再利用するのでエコですが、費用はガルバリウム屋根材への「葺き替え」と替わりません。

室内雨漏り跡

和室の天井が雨漏りでふやけてしまっている状態です。部屋の中央あたりに痕跡が残っておりました。壁際には雨漏りの後は見当たりません。

棟の様子 瓦のした

屋根に上って棟を確認しますが、東日本大震災の時に崩れて修理をされたとの事で外観上は破損なども見られません。棟に近い部分の瓦は外すと棟のしっくいを傷めてしまうので少し軒側に近い方の瓦を数枚外して内部の防水シートの確認をしてみます。

防水紙の破損 瓦ずれどめ

築年数も30年以上たっているということもあり、全くの無傷ではありえません。防水紙を野地板に貼り付けるホチキスのお友達のようなタッカーの針は錆びてなくなっております。防水紙の下は野地板でも現在よく使う合板では無くて、小幅という板が12センチ程度の板を貼っています。どうしても隙間が空くので、瓦下に入った雨水が防水紙の切れているところを抜けてしまうとその隙間から浸水し雨漏りに繋がります。

棟近くの瓦はズレ防止のためにコーキングでシッカリと固定されておりました。この辺りも水抜けを悪くしている可能性がありそうです。

お客様もそろそろ全体的な屋根メンテナンスの必要性を感じている、との事でしたので地震に強く、瓦までとはいえませんがメンテナンスも楽なガルバリウム鋼板製屋根材での葺き替えをご提案させていただいております。

 記事内に記載されている金額は2021年05月13日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。

このページに関連するコンテンツをご紹介

4つのチェックポイントで瓦屋根の点検・メンテナンスのタイミングを知ろう

4つのチェックポイントで瓦屋根の点検・メンテナンスのタイミングを知ろう

 瓦屋根というと半世紀、またはそれ以上もの耐用年数を期待できる大変寿命の長い屋根材ですよね。そのため瓦屋根にお住まいの方の中にはどうしてもメンテナンスが怠りがちになってしまっているという方もいらっしゃるのではないでしょうか。 しかし瓦屋根と言えども経年劣化がまったくないかというとそうではありません…続きを読む
瓦・スレート・金属 あなたの屋根はどのタイプ?

瓦・スレート・金属 あなたの屋根はどのタイプ?

 和風と洋風のテイスト、現代的と伝統的の時代感、現在はそれらの枠を飛び越えた様々なデザインの建築が増えました。一般的なお住まいも実に多彩です。また、それに合わせて屋根の形状も多様になってきました。オーソドックスな三角屋根、地球環境に配慮し太陽光発電を数多く載せられるように南斜面を広く取った屋根、そし…続きを読む
粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦、 瓦の種類・見分け方とメンテナンス方法

粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦、 瓦の種類・見分け方とメンテナンス方法

  古くから使用されている屋根材、それはなんといっても「瓦」でしょう。皆さんが瓦と言ってイメージするのは寺社仏閣のような和風建築のものですか?それとも地中海風の建物に見られるオレンジ色のグラデーションのかかった屋根でしょうか?瓦屋根はその形状により分類もできますし、使用している材質によっても分類でき…続きを読む
屋根材や外壁材の素材であるガルバリウム鋼板とは?特徴とメリットを徹底解説

屋根材や外壁材の素材であるガルバリウム鋼板とは?特徴とメリットを徹底解説

 一般的な戸建て住宅においては今や使われていない建物を探す方が難しいと思わせる素材がガルバリウム鋼板です。軽いことから屋根リフォームで人気の高い屋根カバー工法の選択肢となりやすい屋根材ですし、耐用年数が長いことから屋根葺き替えでも選ばれることが多くなってきました。2014年には従来のガルバリウム鋼…続きを読む
長寿命な屋根材はどれ?耐用年数から考える各屋根材の耐久性ランキング

長寿命な屋根材はどれ?耐用年数から考える各屋根材の耐久性ランキング

 お住まいの中で最も過酷な環境に晒されている部位を問われたら、多くの方が屋根だと答えるでしょう。高いから強風の影響を受けやすく、寒暖・雨・直射日光といった天候の影響をダイレクトに受ける、本当にとんでもないところです。寒い地方になれば、降雪や降雹はもちろんのこと、軒に氷柱ができます。積雪の重みにも耐え…続きを読む
瓦屋根のさまざまな補修とリフォームの費用と価格

瓦屋根のさまざまな補修とリフォームの費用と価格

 瓦に飛来物が当たり割れてしまった場合、また風によって少しずれてしまっている場合、雨漏りが起きていなくとも防水紙の劣化に繋がりますので、補修は必要です。瓦の差し替え工事瓦の並び戻し工事 漆喰が剥がれることによって内部の土が露出し、雨水で流れ出てしまいます。そのまま放置してしまうと棟自体の並びも変形・…続きを読む
知ってお得!屋根の便利な豆知識

知ってお得!屋根の便利な豆知識

 普段に何気なく眺めている屋根ですが、近所のお住まいを見渡しただけでも、様々な形、様々な材料が使われていることが分かと思います。 また、グーグルアースなどでは世界中の屋根を眺めることができます。素敵なデザインのものもあれば、ユニークでかわいらしいものもあります。屋根の勾配とデザイン屋根の勾配が緩やか…続きを読む

このページに関連する漫画コンテンツ動画をご紹介

漫画で読むならコチラ

動画で見るならコチラ

あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

 街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 神奈川県 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県

このページと共通する工事内容の新着施工事例

文京区小石川にてパラペットの腰壁板金交換工事と笠木板金交換工事を実施

【施工内容】

屋根補修工事、雨漏り修理

杉並区永福で割れたスレートの差し替えと税込み6,050円/m~で棟板金交換工事

【施工内容】

屋根補修工事、棟板金交換

国立市西で下地が腐食して脱落したモルタルの軒天をカラーべニアで修復工事

【施工内容】

屋根補修工事

その他の施工事例一覧→

江戸川区と近隣地区の施工事例のご紹介

江戸川区船堀にて瓦屋根から金属屋根への屋根葺き替え工事を実施、アイジー工業のスーパーガルテクト(Sシェイドブルー)を使用致しました

【施工内容】

屋根葺き替え

江戸川区春江町にて瓦屋根の棟の漆喰詰め直し工事とコーキング処理でのし瓦と冠瓦を固定

【施工内容】

棟瓦取り直し 

江戸川区江戸川にて漆喰の剥がれやのし瓦のずれが発生している瓦屋根の棟取り直し工事を行いました

【施工内容】

棟瓦取り直し 

その他の施工事例一覧→

屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

お問い合わせ・資料請求
新型コロナウィルス
対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について
  • 屋根リフォームの流れ
  • 徹底したお住まい調査
  • 不安ゼロ宣

言
  • 屋根のお役立ち情報
  • 当社のご案内
  • 屋根の資料請求
点検・調査・お見積りなど無料で承ります!お電話でのお問い合わせは0120-989-936へ。8時半から20時まで受付中!メールでのお問合せは24時間受付中。

点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん東京
東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
TEL :0120-989-936 
E-mail : info@sharetech.co.jp
品川支店
〒141-0031
東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
多摩川支店
〒182-0025
東京都調布市多摩川3-68-1
Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
ページトップへ戻る