無題ドキュメント

HOME > ブログ > 葛飾区|スレートから金属製の屋根材(エコグラーニ)への屋根カ.....

葛飾区|スレートから金属製の屋根材(エコグラーニ)への屋根カバー工法

更新日:2017年8月9日

葛飾区にて屋根カバー工法の依頼をいただきました

葛飾区のお客様より屋根カバー工法のご依頼をお受けいたしました。当初のお問い合わせでは、屋根の塗り替えを希望されておりましたが、実際に屋根を見させていただいたところ、スレートの割れが多く見られたため、スレート自体が寿命を迎えていることがわかりました。そこで、今回は既存の屋根の上に新しい屋根を作る屋根カバー工法を行って屋根をリフレッシュさせたいと思います。

屋根カバー工法の前に劣化した屋根の状態を確認

葛飾区 屋根カバー工法前の屋根 葛飾区 屋根カバー工法 防水紙を設置

これから屋根カバー工法を行う屋根です(左写真)。本来はグレーの色の屋根ですが、苔が生えてところどころが茶色っぽくなっています。苔が生えるとその部分は水分の滞留時間が長くなり、さらにスレートを劣化させることになります。その状態が続けばもっと長持ちするはずでの屋根材でも 極端に寿命が短くなってしまったりします。
屋根カバー工法ではまず、不要となる棟板金や雪止め金具などを取り外し、その上から防水紙を設置します(右写真)。

葛飾区 屋根カバー工法 屋根材(エコグラーニ)を設置 葛飾区 屋根カバー工法 エコグラーニを近くで見ると表面に自然石が施されているのがわかります

続いて屋根材を取り付けます(左写真)。使用するのは金属屋根材のエコグラーニです。近くで見ると分かるのですが、表面にざらっとしたものが付着しています(右写真)。これは天然石で、金属の屋根材にさらに表面を天然石で覆っている感じです。これにより、見た目も華やかになって金属屋根材っぽいのっぺりとした印象がなくなります。使用されている材は錆に強いジンカリウム鋼板ですので、通常の金属屋根材よりも費用が高くなりますが、長持ちするのでトータル的にはお安くなります。基材には30年の保証もついているので、今後も安心ですね!

葛飾区 屋根カバー工法完了

屋根カバー工法について

屋根カバー工法を詳しくご紹介いたします。
屋根カバー工法は、既存の屋根をそのまま残した状態に、その上に新しい屋根材をのせて覆うことを指します。文字通り屋根を屋根でカバーする工事です。屋根が二重になるということで重ね葺きという呼ばれ方もしています。

カバー工法 防水紙

お住いの屋根のリフォームには、屋根カバー工法だけでなく、屋根葺き替え工事や屋根塗装などのメンテナンス方法もあります。
屋根カバー工法を行う場合のメリットはあるのか?と疑問を持たれる方もいらっしゃるかと思います。
そこで屋根カバー工法のメリットとデメリットをご紹介したいと思います。

屋根カバー工法のメリット

屋根カバー工法のメリットには以下のようなものがあげられます。

①工事費が節約できる
屋根カバー工法の場合は、屋根葺き替え工事のように既存の屋根を撤去せずそのまま新しい屋根をかぶせてしまう為、解体や廃材処理が必要な部分が棟板金や貫板、雪止めのみとなるため解体工事費用や廃材処理費用が節約できるのです。
ちなみに、2004年以前に施工されたお住いの建材にはアスベストが含まれたものもあります。アスベストを含む建材は環境負荷が高くなるため解体が難しくその分解体費用が通常よりも高くなります。そういった場合にも屋根カバー工法は最適です。

板金撤去 棟板金

②工事期間が短い
屋根塗装工事や屋根葺き替え工事に比べて短い期間で施工が可能です。
工期が短い=人件費も少ないとなるので、そのぶんリフォーム費用が安く済むのです。

③環境にやさしい工事
上述したように、屋根葺き替え工事とは異なり廃材がほとんど出ない屋根カバー工法は環境負荷が少ないのでとてもエコです。

屋根カバー工法のデメリット

①瓦屋根は屋根カバー工法が難しい
現在ではスレート屋根が主流とされていますが、瓦屋根のお住いも少なくはありません。
しかし瓦屋根の場合はその上に新しい屋根材を被せる屋根カバー工法はできないのです。

②屋根の劣化状況では屋根カバー工法ができない場合もあります
屋根の下地が劣化してしまっている場合、下地を補修する必要があります。下地を補修せずに屋根カバー工法を行うと後々補修を行う際に手間がかかり費用も通常の倍はかかってしまうのです。
街の屋根やさんでは必ず点検時に入念な点検と調査を行い、屋根カバー工法が可能かどうか確認しお客様に最適な工事方法をご提案しております。

以上が屋根カバー工法のメリットとデメリットでした。
屋根葺き替え工事と屋根カバー工法ではどちらが良いのかと思われた方は、「屋根葺き替えと屋根カバー工法 どちらを選ぶのが正解?」を参考にしてみてください。

屋根カバー工法を検討するタイミングは?

屋根材や屋根材の下に設置されている下地にももちろん寿命が存在します。そのため寿命を迎える前に屋根のカバー工法もしくは屋根葺き替え工事を行う必要があります。
既存の屋根材が寿命を迎えている場合やもしくはお住まいが雨漏りしてしまっている場合は必要に応じて屋根カバー工法もしくは屋根葺き替え工事を行うことがお薦めです。
街の屋根やさんでは屋根カバー工法や屋根葺き替え工事を行う必要があるかどうかお住まいの点検・調査をしっかりと行ったうえでお客様に工事のご提案を行っております。もしもお住まいの屋根のメンテナンスを検討されている方はお気軽にご相談ください。


屋根カバー工法の流れ

屋根カバー工法の施工方法についてご紹介いたします。

①板金撤去と清掃
まずは棟板金と下に設置されている貫板の撤去を行っていきます。また雪止めが設置されている場合は雪止めの撤去も行います。屋根カバー工法の場合は撤去したこれらのみしか廃材として出ません。

②防水紙の設置
既存屋根の上に防水紙の設置を行っていきます。基本定期に軒先から棟に向かって、下から上へと防水紙を設置していきます。また敷いていくときは上下の防水紙を10cmほど重ね仮に屋根材の下に水分が入り込んでも屋内まで浸入しないようにします。

③屋根材の設置
つづいて屋根材の設置を行います。一般的に屋根カバー工法を行う際は金属屋根を使用されることがほとんどです。屋根が二重になりますので耐震性を考慮し軽い屋根材を選ぶことがおすすめです。

④貫板・棟板金の設置
新規屋根材の設置が完了したら最後に貫板と棟板金を新しく設置していきます。仕上げに板金の合わせ目から水分が浸入してこない様にコーキング処理を行います。コーキングが固まれば屋根カバー工法の完了です

金属屋根材、エコグラーニとは

金属屋根材

今回葛飾区のお客様の屋根に使用するエコグラーニについてご紹介いたします。
エコグラーニは株式会社ディートレーディングから販売されている、屋根葺き替え工事や屋根カバー工法に最適とされる金属屋根材です。とにかく軽い屋根材で、サビに強いジンカリウム鋼板を基材としています。
エコグラーニは和洋問わず、お住いを美しく調和するシンプルなデザインになります。

まとめ

屋根のリフォームを行う際は必ず信頼のできる専門の業者に点検や必要な工事の提案をしてもらい、ご自宅にあった屋根工事を行うようにしましょう。
街の屋根やさん東京では、お住いの屋根の点検やお見積もり、工事のご相談を無料で承っております。現在、お住いの屋根のメンテナンスをお考えの方はぜひ街の屋根やさん東京へお気軽にご相談ください。

 記事内に記載されている金額は2021年10月21日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。

このページに関連するコンテンツをご紹介

瓦・スレート・金属 あなたの屋根はどのタイプ?

瓦・スレート・金属 あなたの屋根はどのタイプ?

 和風と洋風のテイスト、現代的と伝統的の時代感、現在はそれらの枠を飛び越えた様々なデザインの建築が増えました。一般的なお住まいも実に多彩です。また、それに合わせて屋根の形状も多様になってきました。オーソドックスな三角屋根、地球環境に配慮し太陽光発電を数多く載せられるように南斜面を広く取った屋根、そし…続きを読む
地震に備えるなら軽い屋根を!スレート屋根へのカバー工法と種類をご紹介

地震に備えるなら軽い屋根を!スレート屋根へのカバー工法と種類をご紹介

 スレート屋根への屋根リフォームとして行われる屋根カバー工法。これまでの屋根の上に新しい屋根を被せる工法で、その新しい屋根には金属屋根材が用いられることがほとんどです。実は金属屋根材以外でも屋根カバー工法は可能ということをご存知ですか。それでも金属屋根材が使われるのには合理的な理由があるのです。 …続きを読む
長寿命な屋根材はどれ?耐用年数から考える各屋根材の耐久性ランキング

長寿命な屋根材はどれ?耐用年数から考える各屋根材の耐久性ランキング

 お住まいの中で最も過酷な環境に晒されている部位を問われたら、多くの方が屋根だと答えるでしょう。高いから強風の影響を受けやすく、寒暖・雨・直射日光といった天候の影響をダイレクトに受ける、本当にとんでもないところです。寒い地方になれば、降雪や降雹はもちろんのこと、軒に氷柱ができます。積雪の重みにも耐え…続きを読む
屋根カバー工法を行う4つのメリットをご紹介

屋根カバー工法を行う4つのメリットをご紹介

 現在の屋根をほぼそのまま残し、その上に新しい屋根を載せて、覆うのが屋根カバー工法です。文字通り、屋根を屋根でカバーする工法です。よって、屋根が二重になります。屋根を重ねて葺くので、「重ね葺き」という呼ばれ方もします。 「屋根カバー工法」についての漫画コンテンツはこちら …続きを読む
知ってお得!屋根の便利な豆知識

知ってお得!屋根の便利な豆知識

 普段に何気なく眺めている屋根ですが、近所のお住まいを見渡しただけでも、様々な形、様々な材料が使われていることが分かと思います。 また、グーグルアースなどでは世界中の屋根を眺めることができます。素敵なデザインのものもあれば、ユニークでかわいらしいものもあります。屋根の勾配とデザイン屋根の勾配が緩やか…続きを読む

このページに関連する漫画コンテンツ動画をご紹介

漫画で読むならコチラ

動画で見るならコチラ

あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

 街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 神奈川県 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県

このページと共通する工事内容の新着施工事例

中野区上高田でマンションエントランス庇の雨樋と排水管清掃工事

【施工内容】

八王子市絹ヶ丘で腐食して剥がれた軒天の張り替え工事

【施工内容】

調布市緑が丘で劣化により剥がれた幕板の張り替え工事

【施工内容】

その他の施工事例一覧→

葛飾区と近隣地区の施工事例のご紹介

江戸川区船堀にて瓦屋根から金属屋根への屋根葺き替え工事を実施、アイジー工業のスーパーガルテクト(Sシェイドブルー)を使用致しました

【施工内容】

屋根葺き替え

足立区扇にて雨漏りが発生した瓦屋根の部分葺き直し工事を実施

【施工内容】

屋根葺き直し

江戸川区春江町にて瓦屋根の棟の漆喰詰め直し工事とコーキング処理でのし瓦と冠瓦を固定

【施工内容】

棟瓦取り直し 

その他の施工事例一覧→

屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

お問い合わせ・資料請求
新型コロナウィルス
対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について
  • 屋根リフォームの流れ
  • 徹底したお住まい調査
  • 不安ゼロ宣

言
  • 屋根のお役立ち情報
  • 当社のご案内
  • 屋根の資料請求
点検・調査・お見積りなど無料で承ります!お電話でのお問い合わせは0120-989-936へ。8時半から20時まで受付中!メールでのお問合せは24時間受付中。

点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん東京
東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
TEL :0120-989-936 
E-mail : info@sharetech.co.jp
品川支店
〒141-0031
東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
多摩川支店
〒182-0025
東京都調布市多摩川3-68-1
Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
ページトップへ戻る