無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 品川区小山台にて築40年以上経過した傷みすぎた瓦棒葺き屋根を.....

品川区小山台にて築40年以上経過した傷みすぎた瓦棒葺き屋根をオークリッジスーパーにて葺き替え工事を行いリフレッシュ

【施工前】
瓦棒葺き屋根

【施工後】
オークリッジスーパーへの葺き替え

【お問い合わせのきっかけ】


担当:新海


 「以前から、雨漏りが何度も起きていたが放置していた。ここ数年自然災害が多いので、修繕しようがと検討をしている。」との事で、品川区小山台にお住まいのK様より、私たち街の屋根やさんへどのような施工・修繕が良いか点検調査をしてほしいとご相談を頂きました。
 お話を伺いますと、K様邸は平屋造りで築50年近く経っており今までに屋根のメンテナンスはしたことがないとの事でした。平屋、一階屋根に当たる為に少し離れた所からや、たまに脚立を立てて見る機会があったそうでしたが、最近は屋根が波打っているように見えるとの事でした。さっそく現地調査にお伺いさせて頂き、屋根の状態の確認と、どのような施工が望ましいか判断する事に致します。
 現地にお伺いしますと、K様邸は車で入っていけない奥地に建てられており、両隣のお住まいがとても近い立地でした。現在では建築基準法により外壁から最低50センチ以上離さないとなりませんが、当時は現在の建築基準法とは違っていた為と地域的な問題もなく、問題はなかったようです。
 屋根を見る為に軒先から出ていた庇に上がってから、屋根上に移動致しました。乗った瞬間に分かりましたのが、トタンの瓦棒葺きの下地がほぼないような沈み込む感覚がとても強く、乗る箇所を間違えると屋根が抜け落ちるのではと感じるほどでした。長時間屋根にいて負荷をかけたくなかった為に寸法だけ急ぎで取り慎重に屋根から下りて現状をご報告させて頂きました。
 今回は今後屋根を工事しても建物自体の寿命の方が先にくるかもしれないとのお話もありましたが、まだ住めるうちは住みたいとの強いご要望もあり、雨漏り改修も兼ねて屋根葺き替え工事をご提案させて頂き、ご用命頂きました。
 私たち、街の屋根やさんでは新型コロナウィルスの感染拡大防止の為、ソーシャルディスタンスやこまめな消毒、マスク着用を徹底しておりますのでご安心ください。
 「以前から、雨漏りが何度も起きていたが放置していた。ここ数年自然災害が多いので、修繕しようがと検討をしている。」との事で、品川区小山台にお住まいのK様より、私たち街の屋根やさんへどのような施工・修繕が良いか点検調査をしてほしいとご相談を頂きました。
 お話を伺いますと、K様邸は平屋造りで築50年近く経っており今までに屋根のメンテナンスはしたことがないとの事でした。平屋、一階屋根に当たる為に少し離れた所からや、たまに脚立を立てて見る機会があったそうでしたが、最近は屋根が波打っているように見えるとの事でした。さっそく現地調査にお伺いさせて頂き、屋根の状態の確認と、どのような施工が望ましいか判断する事に致します。
 現地にお伺いしますと、K様邸は車で入っていけない奥地に建てられており、両隣のお住まいがとても近い立地でした。現在では建築基準法により外壁から最低50センチ以上離さないとなりませんが、当時は現在の建築基準法とは違っていた為と地域的な問題もなく、問題はなかったようです。
 屋根を見る為に軒先から出ていた庇に上がってから、屋根上に移動致しました。乗った瞬間に分かりましたのが、トタンの瓦棒葺きの下地がほぼないような沈み込む感覚がとても強く、乗る箇所を間違えると屋根が抜け落ちるのではと感じるほどでした。長時間屋根にいて負荷をかけたくなかった為に寸法だけ急ぎで取り慎重に屋根から下りて現状をご報告させて頂きました。
 今回は今後屋根を工事しても建物自体の寿命の方が先にくるかもしれないとのお話もありましたが、まだ住めるうちは住みたいとの強いご要望もあり、雨漏り改修も兼ねて屋根葺き替え工事をご提案させて頂き、ご用命頂きました。
 私たち、街の屋根やさんでは新型コロナウィルスの感染拡大防止の為、ソーシャルディスタンスやこまめな消毒、マスク着用を徹底しておりますのでご安心ください。


担当:新海


【工事内容】
屋根補修工事
【工事詳細】
使用材料
オーウェンスコーニング オークリッジスーパー
色:オニキスブラック
施工期間
4日間
築年数
約50年
平米数
81.3㎡
施工金額
160万円
お施主様
K様邸
ハウスメーカー
ハウスメーカー不明
ハウスメーカーその他
地元工務店
保証年数
お付けしておりません
【工事内容】
屋根補修工事
【工事詳細】
使用材料
オーウェンスコーニング オークリッジスーパー
色:オニキスブラック
施工期間
4日間
築年数
約50年
平米数
81.3㎡
施工金額
160万円
お施主様
K様邸
ハウスメーカー
ハウスメーカー不明
ハウスメーカーその他
地元工務店
保証年数
お付けしておりません

現地調査の様子

 

外観

 

 

 こちらが現地調査時の様子です。K様邸は大通りから一本入りましたところに建てられており、前面道路も狭く軽自動車がぎりぎり通れるかもしれないという立地でした。玄関上に庇があり、ポリカ波板が全面に取り付けられておりました。外から見ているだけでも屋根は瓦棒葺きで相当傷んでいる様子が確認できました。まずは室内を見させて頂き雨漏りしている所を確認することに致しました。

 

漏水の様子 腐食したバラ板下地

 

 コロナ対策を万全にしマスクももちろん着用し室内に入らせて頂きました。玄関がある南側から入り勝手口がある北側のほうへと室内を確認していきますと、天井の仕上げ材に使われていた薄ベニヤが雨水を吸い放題でブヨブヨな状態でした(写真左)。茶色に見える変色している部分は、おそらく長年屋根を支える垂木や野地板、母屋などが雨水を吸いこみ、その部分から落ちてくる水分がポタポタと天井に染み入って付いた色だと思われます。

 また、一部天井材が剥がれたのか建てられた当時からなのか分かりませんが、野地板が丸見えな状態でした(写真右)。ここだけを見ても野地板、K様邸は築40年以上経過しているため、当時よく使われていたバラ板と呼ばれる野地板が真っ黒に腐食している状態が確認できました。昔は現在のように防水紙(ルーフィング)の品質が高くなかったこともあり、屋根裏の湿気を逃がす通気のために隙間があくようにバラ板が使われておりました。現在でもバラ板は使われております。それでは外に出て屋根の状態を確認致します。

 

軒先の腐食 トタン屋根の錆

 

 

 脚立を持ってきてポリカ波板の上に乗り、軒先から屋根に上がるところです。この時点で既に相当錆が回ってしまっているのが分かったために、むやみに屋根全体の移動は避け瓦棒葺きの合羽部分を移動することに致しました。

 まずは写真でもお分かりのように瓦棒の軒先の腐食、錆がひどく内部が見えてしまっている状態です。これでは小雨でも大雨でも関係なく、長い間雨水が入り続けてしまっていたのではないでしょうか。軒先にある広小舞も腐食している様子もあり、調査は慎重にせざるを得ず時間をかけての調査となりました。

 

トタンの錆

 

 このように凹凸のある瓦棒葺き屋根の合羽部分が簡単に持ち上がるほど固定力を失ってしまっております。まだK様邸は平屋で近隣のお住まいは二階建てということもあり、あまり強風が吹いても影響を受けにくいのかもしれませんが、二階建てのお住まいで屋根がこのような状態ですと、強風や台風時に一枚一枚トタン屋根が捲れて飛散してしまっていたかもしれません。それほどトタン屋根が押さえ付けられない状態でした。軒樋内部にも腐食した木材が落ちていることが窺えます。

 瓦棒葺きは、軒先から内部にある心木と呼ばれる下地木が雨水を吸い込みやすい特徴があり、経年でどうしても屋根材の固定が緩くなることがございます。腐食した心木やトタンは塗装ではメンテナンスになりませんのでカバー工事、もしくは葺き替え工事でしか対応ができなくなることが多いのです。

 

屋根全景 軒先に電線

 屋根全体が波打っているのが分かるほど写真以上に経年劣化による傷みが酷かったために屋根の平米、役物の寸法を取りすぐに屋根から降りました。降りる際に気になったのが軒先の合羽に打ち込んでシーリングで補強してあった、東電からの送電線の引き込み金具です。もし葺き替え工事を行うのであれば、この引き込み金具を別の場所に移してからでないと着工ができません。

 今回は東電とも事前に打ち合わせをし、外壁にアングルを取り付けてからそこへ東電へ引き込み金具を取り付けに来てもらい、それから屋根葺き替え工事着工となりましたので、着工までに時間がかかってしまいました。それらもすべて現地調査時にお伝えしておりましたので、K様には着工まで通常よりも東電次第で遅れる事も想定内でした。それでは施工の様子です。

 街の屋根やさんでは、屋根葺き替え工事を税込1,097,800円/㎡から承っております。

 

施工の様子、まずは屋根材の撤去作業

 

瓦棒葺き撤去開始 慎重に作業を行う

 

 今回の一番の難関は既存の瓦棒葺きの屋根材の撤去と下地の腐食具合によっては補強が必要と思われるところでした。慎重に職人がトタンを捲っていきますと、想定通り痩せ細ったバラ板が多く確認でき、垂木以外の個所はまともに負荷がかけられない程でした。ですので、まずは野地板を重ね張りする前に補強が必要です。ケラバ付近の方から補強が必要な個所、垂木の角材を抱かせて補強を行うために現地にて打ち合わせ致しました。

 

軒先からの様子

 

 軒先から屋根の頂点である棟を見上げると、このようになっております。まずトタンを捲ると経年劣化でボロボロの防水紙、また痩せ細って雨水を吸ってしまいボロボロのバラ板が確認できます。垂木以外に乗るとその時点で室内天井を抜いて落ちてしまうような程でした。今回は垂木の補強を行うために慎重に垂木に釘を打ち固定してあるバラ板を外す作業から始まります。

 

垂木補強実施

垂木補強 垂木をだかせる

 

 補強した個所のバラ板を軒先から棟まですべて釘抜きを使って外した後、事前に何本も用意した角材を既存の垂木に横から抱かせてSUSビスで固定させて頂きました。母屋と垂木にSUSビスを打ちこんで固定しております。余計な力は極力かけないように施工をしておりますので、想定よりも時間がかかってしまいました。しかし、無事補強が出来てまずは一安心です。

 

ビスで固定

 

 

 写真の赤い丸で囲んだ部分にSUSビスを打ち込んだ所がお分かりいただけるかと思います。この補強をまずは捲り始めた南面側から行っていきました。しかし、補強も一定間隔でビスを打てるわけはなく、腐食しきっている所はビスを打つと垂木が割れてしまうために、ビスを打つ個所も職人の経験と腕が試されましたが、上手くいきました。

 補強が終わった個所は外しておいたバラ板を再度取り付けしなおしまして、野地板の重ね張りを致しました。

 

野地板重ね張り後防水紙敷設、各種役物取付

野地板重ね張り 急な雨で急いで防水紙敷設

 

 天気予報は一日晴れだったのですが、午前中の暑いほどの晴天とは変わり午後に雨が降り出してしまいました。この状態で施工を続けるのは困難だったこともあり、本日は南面のみの施工に留めておくことに致しました。

 野地板を重ね張りし、軒先やケラバの水切り取り付け、防水紙の取り付けを行っている最中に雨が降り出しましたので、雨養生もかねて北側へ防水紙のマモノを被せて本日の施工は終了し、翌日に続きを行うことに致しました。まだ平屋で屋根角度も緩かった為に急な雨でもなんとか対応が出来ました。常に数日先の天気予報を確認して段取りをしていても、急な天候の変化には敵いません。

 

屋根材撤去 野地板重ね張り

 

 翌日、前日と同じような晴天に恵まれて続きの施工を行います。北側もすべて屋根材を捲って腐食した心木、役物の撤去を行い、南面と同じく垂木補強を部分的に行い野地板を軒先から棟側へと重ね張りしていきます。本来であれば初日に防水紙の取り付けまで一気に行うのですが、急な天候の変化もあったために二日かかってようやく防水紙の取り付けも全面終了です。

 寄棟や方形屋根と違い二方向へ流れがあるシンプルな切妻屋根でもあったために、下地がしっかりと重ね張りを終えてからは施工も一気に進みます。前面に防水紙を取り付け終わりましたら、いよいよ新しい屋根材であるオークリッジスーパーの取り付けとなります。

 

新規屋根材、オークリッジスーパー取付

 

荷揚げ新規屋根材オークリッジスーパー

 

 こちらが屋根前面に防水紙を取り付け、オークリッジスーパーを荷上げし終えて葺き始める前の屋根の様子です。ピンクのビニールで梱包されているのが特徴で分かりやすいオークリッジスーパーです。屋根材を捲ったときは無事に工事が納まるか心配でしたがここまできたら心配はありません。丁寧にオークリッジスーパーを取り付けるのみです。

 特徴は金属屋根までは軽くはないのですが、オークリッジスーパーも軽量な屋根材に分類される防水性能に優れた屋根材として街の屋根やさんでも多く施工させていただいてる屋根材となります。基本は釘で固定していくのですが、セルフシーラントと呼ばれる部分が熱で粘着してくれ、屋根材同士が強固にくっついて強風や雨水にも強く耐久性があり、現場での加工のしやすさから施工期間の短縮にも繋がる人気の屋根材の一つです。

 

オークリッジスーパー取付 葺きあがっていきます

 

 まずは軒先にオークリッジスーパー本体を横に半分に切断しスターターとして軒先に取り付けた後にオークリッジスーパーを固定いたします。本体には白線が引いてあり一枚に対して4本の釘を打ちオークリッジスーパーの取り付けを行います。屋根を正面にとらえて左側のケラバから取り付けはじめ右へと順に取り付けていきます。

 腕のいい職人ですと瓦屋根や金属屋根、スレート屋根と違いどんどん取り付けし終えてしまうので、稀にお客様から施工が早すぎないかと心配されるときもございますが、きちんと施工しておりますのでご安心ください。南面から葺き始め棟まで取り付け終わったら北側の取り付けに移ります。

 

反対側の取付 本体取付完了

 

 今回はお住まいの築年数が約50年近いことと下地の腐食が相当前から進んでいたこともあって、特に北面には遠目から見ると不陸が出てしまっておりますが、この状態になることも事前にご説明しておりますので問題ございません。不陸とは建築でいうところ、水平ではないという意味です。本来であれば新しい野地板を使い葺き替えているので軒先から棟まで凹凸もなく水平になるのですが、施工最初の数枚の写真を見ていただきました通り、下地が相当前から雨水を吸って傷んでしまっていたためにどうしても不陸は出てしまいます。このようなことも出ることは事前にお客様にはご説明させていただいております。

 無事にオークリッジスーパー本体の取り付けが終わり、最後に雨仕舞として棟板金の取り付けを行います。

 

棟納め

 

貫板取付 棟板金取付

 

 新しい貫板を取り付け、その上にガルバリウム鋼板の棟板金を一枚ずつ固定していきます。切妻ですので一直線に取り付けますのでそこまで時間もかかりません。もちろん板金の継ぎ目は生まれますので、そのような個所には必ずシーリングを打ち雨水が横から入り込み建物内部へ入らないように処理を施しておきます。棟板金の取り付けが終われば屋根葺き替え工事の完了となります。

竣工前確認

 

軒先の納め 外壁際の納め

 

 今回は予算もある程度限られていることもあり、雨樋交換のお話も出たのですがそのままにしておくこととなりました。隣家との距離も近く、ぎりぎりケラバ水切りの取り付けが出来ました。屋根全体を移動していると、調査時の様な不安も感じることもなく綺麗にオークリッジスーパーが葺き終えていることが確認できました。

 

瓦棒葺き屋根からオークリッジスーパーへの葺き替え工事竣工

 

屋根葺き替え工事竣工

 

 品川区小山台K様邸の屋根葺き替え工事が無事に竣工となりました。事前にある程度屋根材を捲ってみないと不確定な要素が多いとご説明させていただき、またご近隣の方にも施工中ご迷惑がかかることもご理解いただけていたために施工はスムーズに進みまして、担当も施工が無事に終わり、お引き渡しができる状態になり安心いたしました。写真左奥に見える木材は、外壁に新たに設けたアングルでして、東電からの送電線の引き込み金具を取り付ける為に新規に用意したものです。こちらも問題ございませんでした。

 完了報告をしにお伺いした際にも施工後に雨が降ってもどこも問題がなかったとお喜び頂けまして、うれしい限りでした。

 今回K様邸に使用しました屋根材は、オーウェンスコーニングのアスファルトシングル材、オークリッジスーパーです。お色はオニキスブラックをお選び頂きました。防水紙に自然石をセラミックコーティングした防水性能に優れた軽量屋根材の一つです。釘打ちだけで固定するのではなく、セルフシーラントで本体同士が溶着し固定できるために耐風性能にも優れており、またメーカー保証も長期についておりますので安心してお選び頂ける屋根材となっております。ある程度の勾配までは雪止め金具も必要がないため、今回はお打合せの結果雪止め金具は取り付けしておりません。ただ、お住まいが二階建てや流れの軒先方向に隣家があって一階にカーポートがある時などは万が一に備えて取り付けておくのもご提案させていただくこともございます。

 この度はご利用頂きまして、誠にありがとうござました。

 記事内に記載されている金額は2023年02月02日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。
2024年最新情報!補助金でお得にリフォーム!

工事を行なったK様のご感想をご紹介いたします

K様のアンケート

【工事前】

工事前お客様写真

工事前アンケート

Q2.工事を検討したきっかけは何ですか?どんなことで悩まれていましたか?
屋根専門の会社なのできめました
Q3.弊社をどのように探しましたか?
弟が探してくれた
Q4.弊社を知りすぐにお問合せをされましたか?もし悩まれたとしたらどんなことがご不安でしたか?
すぐに連絡をした
Q5.何が決め手となり弊社にお問合せをされましたか?
丁寧に調べてくれた
Q6.実際に弊社担当者がお伺いしていかがでしたでしょうか?
こまかく分るように説明してくれた

【工事後】

工事後アンケート

Q2.当初、工事を依頼する会社にどんなことを期待されていましたか?
長くかかると思ったが予想以上に早く終った
Q3.弊社にご依頼いただく際に他社と比較しました方はどこの会社と比較しましたか?
リホーム会社にも見てもらったが見方が全然ちがう
Q4.弊社に工事をご依頼いただいた決め手は何ですか?
担当の方が写真をとって細かく説明をしてくれた
Q5.工事が終わってみていかがですか?良かった事・嬉しかったことを忌憚なく頂戴出来ましたら幸いです。
屋根がきれいになって安心しました
Q6.街の屋根やさんを他の方に紹介するとしたらなんと紹介しますか?
仕事が丁寧な職人さんがいる

K様のアンケートを詳しく見る→

関連動画をチェック!

ベランダ・バルコニー屋根補修は外装と併せて【街の外壁塗装やさん】

 今回の記事で登場した工事やお住まいのトラブルに関連する動画をご紹介します!


 こちらの動画では、工事の内容やお住まいのトラブルの対処方法などをより詳しく説明しています。
 お役立ち情報が満載ですのでぜひご覧になってみてください。


このページに関連するコンテンツをご紹介

粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦、 瓦の種類・見分け方とメンテナンス方法

粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦、 瓦の種類・見分け方とメンテナンス方法

  古くから使用されている屋根材、それはなんといっても「瓦」でしょう。皆さんが瓦と言ってイメージするのは寺社仏閣のような和風建築のものですか?それとも地中海風の建物に見られるオレンジ色のグラデーションのかかった屋根でしょうか?瓦屋根はその形状により分類もできますし、使用している材質によっても分類でき…続きを読む
知ってお得!屋根の便利な豆知識

知ってお得!屋根の便利な豆知識

 普段に何気なく眺めている屋根ですが、近所のお住まいを見渡しただけでも、様々な形、様々な材料が使われていることが分かと思います。 また、グーグルアースなどでは世界中の屋根を眺めることができます。素敵なデザインのものもあれば、ユニークでかわいらしいものもあります。屋根の勾配とデザイン屋根の勾配が緩やか…続きを読む

お問い合わせはこちらから

あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

 街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 神奈川県 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県

このページと共通する工事内容の新着施工事例

荒川区荒川にてひび割れたパミールAの屋根材コーキング補修工事(税込65,000円)を実施!

【施工内容】

屋根補修工事

小金井市東町で屋根修理工事を実施ました!被害が広がる前に最短の日程で適正価格で工事します!

【施工内容】

屋根補修工事、スレート屋根補修工事

渋谷区幡ヶ谷で破損したスレート屋根修理、足場を含めて税込み195,000円で実施します!

【施工内容】

屋根補修工事

その他の施工事例一覧→

屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

お問い合わせ・資料請求
  • 屋根リフォームの流れ
  • 徹底したお住まい調査
  • 不安ゼロ宣

言
  • 屋根のお役立ち情報
  • 当社のご案内
  • 屋根の資料請求
点検・調査・お見積りなど無料で承ります!お電話でのお問い合わせは0120-989-936へ。8時半から20時まで受付中!メールでのお問合せは24時間受付中。

点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん東京
東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
TEL :0120-989-936 
E-mail : info@sharetech.co.jp
多摩川支店
〒182-0025
東京都調布市多摩川3-68-1
Copyright © 2024 街の屋根やさん All Rights Reserved.
ページトップへ戻る