無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 葛飾区東金町にて雹被害でスレート屋根の破損、火災保険を使用し.....

葛飾区東金町にて雹被害でスレート屋根の破損、火災保険を使用しスーパーガルテクト(Sシェイドモスグリーン)への屋根葺き替え工事を実施

【施工前】
降雹により被害を受けたスレート屋根

【施工後】
スーパーガルテクトを使用した屋根葺き替え工事

【お問い合わせのきっかけ】


担当:岡野


 葛飾区東金町にお住まいのM様邸にて行った屋根葺き替え工事の様子をご紹介します。「雹が降った影響で屋根材が割れてしまったので屋根のメンテナンスを検討している。」と、お問い合わせをいただき調査にお伺い致しました。
 M様邸にお伺いし、屋根の状態を調査すると西面と南面の屋根面が被害を受けておりました。令和4年6月に発生した降雹の影響によるものだと考えられます。降雹などの自然災害でご自宅が被害を受けた場合にはご自宅に掛けてある火災保険が適用されます。保険の種類にもよりますが元の状態に復旧するための費用を保険会社が負担してくれますので工事と併せて申請する事で工事費用が抑えられます。既存の屋根材のコロニアルNEOはアスベスト規制を受け含有率が段階的に引き下げられて製造されたため耐久性が低い屋根材になります。放置してしまうと傷んだコロニアルNEOが飛散してしまったりと二次被害に繋がりますので早めの対応が必要になります。お客様に調査のご報告をしたところ、屋根葺き替え工事をご検討されているとの事でしたので軽量で耐久性に優れている金属屋根材での屋根葺き替え工事をご提案させていただいたところ工事のご依頼をいただきました。新しい屋根材の金属屋根材ですが、アイジー工業のスーパーガルテクトにて施工いたしました。スーパーガルテクトはガルバリウム鋼板で金属製なのに錆にくいので耐久性に優れています。色は全6種類の中からM様ご希望のSシェイドモスグリーンをお選びいただきました。スーパーガルテクトは塗膜・赤錆・穴あき保証等のメーカー保証が長期間付いておりますので保証内容も充実しています。
 葛飾区東金町にお住まいのM様邸にて行った屋根葺き替え工事の様子をご紹介します。「雹が降った影響で屋根材が割れてしまったので屋根のメンテナンスを検討している。」と、お問い合わせをいただき調査にお伺い致しました。
 M様邸にお伺いし、屋根の状態を調査すると西面と南面の屋根面が被害を受けておりました。令和4年6月に発生した降雹の影響によるものだと考えられます。降雹などの自然災害でご自宅が被害を受けた場合にはご自宅に掛けてある火災保険が適用されます。保険の種類にもよりますが元の状態に復旧するための費用を保険会社が負担してくれますので工事と併せて申請する事で工事費用が抑えられます。既存の屋根材のコロニアルNEOはアスベスト規制を受け含有率が段階的に引き下げられて製造されたため耐久性が低い屋根材になります。放置してしまうと傷んだコロニアルNEOが飛散してしまったりと二次被害に繋がりますので早めの対応が必要になります。お客様に調査のご報告をしたところ、屋根葺き替え工事をご検討されているとの事でしたので軽量で耐久性に優れている金属屋根材での屋根葺き替え工事をご提案させていただいたところ工事のご依頼をいただきました。新しい屋根材の金属屋根材ですが、アイジー工業のスーパーガルテクトにて施工いたしました。スーパーガルテクトはガルバリウム鋼板で金属製なのに錆にくいので耐久性に優れています。色は全6種類の中からM様ご希望のSシェイドモスグリーンをお選びいただきました。スーパーガルテクトは塗膜・赤錆・穴あき保証等のメーカー保証が長期間付いておりますので保証内容も充実しています。


担当:岡野


【工事内容】
屋根葺き替え
【工事詳細】
使用材料
アイジー工業 スーパーガルテクト Sシェイドモスグリーン
施工期間
6日間 足場架設含む
築年数
築17年程
平米数
61.3㎡
施工金額
詳しくはお問い合わせください
お施主様
M様邸
ハウスメーカー
ハウスメーカー不明
保証年数
10年
【工事内容】
屋根葺き替え
【工事詳細】
使用材料
アイジー工業 スーパーガルテクト Sシェイドモスグリーン
施工期間
6日間 足場架設含む
築年数
築17年程
平米数
61.3㎡
施工金額
詳しくはお問い合わせください
お施主様
M様邸
ハウスメーカー
ハウスメーカー不明
保証年数
10年
足場アイコン雹災害屋根葺き替え

調査の様子

コロニアルNEOの調査  降雹によりコロニアルNEOが割れてしまいました

 調査の様子です。降雹の影響により屋根材に割れや欠けが発生していました。傷みが顕著ですので確認すると通常のコロニアルではなくコロニアルNEOだという事が分かりました。一昔前の屋根材は耐久性を保つためにアスベストを使用していましたが、健康被害が社会問題になりましたのでアスベストは屋根材に使用されなくなり、各メーカーがノンアスベストの屋根材を生産したうちの一つがコロニアルNEOになります。生産当時はアスベストを使用することなく強度を保つ技術がまだ無かったためコロニアルNEOは耐久性が低く劣化の進行が早い屋根材となってしまいました。

雹痕  雹痕

 棟板金の雹痕の様子です。跳ねた油汚れにも見える染みのような点が雹の影響でできた雹痕になります。雹痕の部分は塗膜が脆くなっていますので錆びやすくなってしまいます。

降雹の影響により屋根に被害

 降雹などの自然災害でご自宅が被害を受けた場合は、ご自宅に掛けてある火災保険が適用されます。元の状態に復旧するために掛かる費用は保険会社が負担してくれます。工事と併せて申請する事で工事費用が抑えられますのでM様も火災保険の申請を行い屋根葺き替え工事を行う運びとなりました。

 調査のご報告をしたところ、屋根葺き替え工事をご希望でしたので耐久性に優れ、風にも強いアイジー工業のスーパーガルテクトでの屋根葺き替え工事をご提案したところ、工事のご依頼をいただきました。

 屋根葺き替え工事の費用につきましては、税込1,097,800円からとなっております。使用する材料により金額は異なりますので詳しくは街の屋根やさんまでお気軽にお問い合わせください。

屋根葺き替え工事の様子

屋根葺き替え工事にて既存の屋根材を撤去  屋根葺き替え工事にて既存の屋根材を撤去

 屋根葺き替え工事の様子です。屋根葺き替え工事は先ず、既存の屋根材を解体・撤去する工程から行います。解体する際にはバール等の工具を用いて解体していきます。棟板金の解体が完了致しましたら、棟板金の下地材の貫板を解体し、最後に屋根材を解体して昇降機で屋根の下に降ろし撤去致します。解体後は棟板金やコロニアルNEOを固定していた釘が落ちていないかを確認し、屋根の上を綺麗に清掃してから次の工程に移ります。

野地板を敷設する様子

屋根葺き替え工事にて野地板敷設  屋根葺き替え工事にて野地板を敷設

 野地板を敷設する様子です。屋根の上の清掃が完了致しましたら野地板を敷設していきます。屋根葺き替え工事を行う際には下地を補強する良い機会になりますので野地板を増し張り致します。若干、屋根の重量は若干増しますが軽量な金属屋根材を葺いていきますので問題はありません。

ルーフィング(防水紙)敷設の様子

屋根葺き替え工事にてルーフィング敷設  屋根葺き替え工事にてルーフィング敷設

 ルーフィング(防水紙)敷設の様子です。野地板の増し張りが完了致しましたら雨水の浸入を防ぐルーフィングを敷設していきます。今回、使用致しましたルーフィングは改質アスファルトルーフィングのカッパ23になります。合成繊維不織布をラミネートしておりますので破れにくく高耐久の屋根下葺材になりますので雨水の浸入をしっかり防いぎます。

 ルーフィングを敷設する際には必ず屋根の下部の軒先から上部の棟へと重ねて敷設していき、重ね幅は100mm以上になるようにします。雨水は屋根の上部から下部へと流れていきますので棟側から敷設してしまうと重なる部分から雨水が浸入してしまい雨漏りの原因になってしまいます。ルーフィングはロール状になっていますのでコロコロと転がしながら敷設していき、棟を覆ったらルーフィング敷設の工程は完了となります。

屋根材設置の様子

屋根葺き替え工事にてスーパーガルテクト設置  屋根葺き替え工事にてスーパーガルテクト設置

 新しい屋根材のスーパーガルテクトを設置する様子です。専用の荷揚げ機で屋根の上に仮置きし、設置していきます。スーパーガルテクトを設置する順番もルーフィングと同様に軒先から棟へと重ねて設置していきます。スーパーガルテクトは嵌合式の屋根材になります。上と下が重なる部分が嵌合し、嵌合する事で強固な固定が期待できますので風に強い屋根になります。

 新しい屋根材のスーパーガルテクトは超耐久ガルバの上に遮熱性のポリエステルコーティングを施していますので耐久性や遮熱性に優れています。変色15年、塗膜20年、穴あき25年のメーカー保証も付いていますので施工後も安心して生活していただけます。色は全6色の中からM様ご希望のSシェイドブラックになります。

棟板金設置の様子

棟板金の下地材のタフモックを設置  棟板金の下地材のタフモックを設置

 棟板金設置の様子です。全ての屋根面にスーパーガルテクトの設置が完了致しましたら、棟板金の下地材の貫板を設置していきます。下地材の貫板には樹脂製貫板のタフモックを使用致しました。既存の貫板は木製でしたが、木製のものと比較すると腐食しにくく耐久性に優れています。

屋根葺き替え工事にて棟板金設置  屋根葺き替え工事にて棟板金設置

屋根葺き替え工事にて棟板金取付

 下地材の貫板の設置が完了致しましたら、棟板金を設置致します。棟板金を設置する際にはパッキン付きのSUSビスで固定していきます。SUSビスはステンレス製になりますので錆に強く、ねじ込み式になりますので固定する力も強いので耐久性に優れており風に強い棟板金になります。

屋根葺き替え工事が完了致しました

 棟板金の設置が完了致しましたら屋根葺き替え工事が完了となります。新しい屋根材のスーパーガルテクトは耐久性に優れている屋根材になります。降雹にて屋根材が割れてしまいお困りでしたが、飛散等のご不安も解消され大変満足していただきました。

 私たち街の屋根やさんでは引き続き新型コロナウィルス対策を行っており、感染拡大防止の為マスク着用でお伺いさせていただいております。ソーシャルディスタンスを徹底し、お客様やスタッフの安全管理を徹底致します。

 記事内に記載されている金額は2023年01月13日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。
屋根葺き替え813,000円~(消費税・諸経費別)

このページに関連するコンテンツをご紹介

屋根葺き替えで不安を解消しませんか?

屋根葺き替えで不安を解消しませんか?

 これまでの屋根を解体・撤去し、新しい屋根材に葺き替える工事です。屋根材を取り外しますので、その下の防水紙や野地板といった手の入れにくい部分も同時にメンテナンスや補修を行うことができます。屋根の葺き替えというと老朽化した屋根というイメージがありますが、最近では耐震対策としての軽い屋根へ葺き…続きを読む
【最新版】火災保険が適用される屋根修理

【最新版】火災保険が適用される屋根修理

 保険が適用される屋根工事、ってどういうことをイメージされるでしょうか? 特にそれが「火災保険」となると「屋根修理に使えるの?」と繋がらないという方もいらっしゃるのではないでしょうか?昨今は大型台風の上陸、そしてそれらの被害が頻発したことにより火災保険という名前や保険の支払い規模の大きさなどがメ…続きを読む
屋根葺き替えと屋根カバー工法 どちらを選ぶのが正解?

屋根葺き替えと屋根カバー工法 どちらを選ぶのが正解?

 屋根工事の中で大型リフォームと言えば屋根葺き替えと屋根カバー工法が挙げられます。いずれも屋根材を新設するリフォームですが、工期やコストの違いがあるなどそれぞれにメリットやデメリット、特徴があります。 こうした大型の屋根葺き替えや屋根カバー工法を検討するタイミングとしては経年劣化により屋根…続きを読む
スレート屋根(コロニアル、カラーベスト)のチェックポイントとメンテナンス方法

スレート屋根(コロニアル、カラーベスト)のチェックポイントとメンテナンス方法

 国内でもっとも使用されている屋根材の一つが今回のテーマにもなっているスレート(化粧スレート)と呼ばれる屋根材です。コロニアルやカラーベストとも呼ばれることも多く、「我が家も屋根材にスレートを使っている」という方も多いかもしれませんね。仮に瓦や金属といった他の屋根材のお住まいに住んでいらっしゃる方で…続きを読む
東京の雹災害、火災保険で修理します

東京の雹災害、火災保険で修理します

街の屋根やさん東京ではお客様にご安心とご満足いただけるよう10のルールを定めました。スタッフ一同、このルールを厳守し、お客様がご納得されるサービスを提供することを。お約束いたします。…続きを読む
プロが教える屋根リフォームで失敗しないコツ

プロが教える屋根リフォームで失敗しないコツ

 屋根リフォームの主な目的は、雨漏りの防止や安全対策です。頻繁におこなう必要はありませんが、定期的に屋根の状況をチェックして、必要があれば補修や清掃、塗り直しをおこなうことで、屋根そのものの寿命を延ばすことができます。春の大風や夏場の暑い日差しに台風、冬の積雪などで屋根は徐々に痛んできています。「う…続きを読む
知ってお得!屋根の便利な豆知識

知ってお得!屋根の便利な豆知識

 普段に何気なく眺めている屋根ですが、近所のお住まいを見渡しただけでも、様々な形、様々な材料が使われていることが分かと思います。 また、グーグルアースなどでは世界中の屋根を眺めることができます。素敵なデザインのものもあれば、ユニークでかわいらしいものもあります。屋根の勾配とデザイン屋根の勾配が緩やか…続きを読む
【スーパーガルテクト】人気のガルバリウム鋼板屋根材おすすめの理由

【スーパーガルテクト】人気のガルバリウム鋼板屋根材おすすめの理由

耐久性・快適性・意匠性が見事にマッチした 屋根材の新しいスタンダード  ガルバリウム鋼板の屋根材はリフォーム市場においてナンバー1のシェアを誇ります。  その中でもアイジー工業株式会社の「スーパーガルテクト」は優れた断熱性から大変人気の屋根材です。  そもそも、ガルバリウム銅板とは、JIS規格では…続きを読む

このページに関連する漫画コンテンツ動画をご紹介

漫画で読むならコチラ

動画で見るならコチラ

街の屋根やさん東京
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒132-0023
        東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん東東京支店のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 神奈川県 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      豊島区西池袋にて瓦屋根から金属屋根材のスーパーガルテクト(Sシェイドブラック)へ屋根葺き替え工事

      【施工内容】

      屋根葺き替え、瓦屋根から金属屋根へ葺き替え工事

      江戸川区船堀にて瓦屋根から金属屋根への屋根葺き替え工事を実施、アイジー工業のスーパーガルテクト(Sシェイドブルー)を使用致しました

      【施工内容】

      屋根葺き替え

      練馬区石神井町で雨漏りしているアーバーニーの屋根をコロニアルクアッドで葺き替え工事

      【施工内容】

      屋根葺き替え、雨漏り修理

      その他の施工事例一覧→

      葛飾区と近隣地区の施工事例のご紹介

      足立区扇にて雨漏りが発生した瓦屋根の部分葺き直し工事を実施

      【施工内容】

      屋根葺き直し

      江戸川区春江町にて瓦屋根の棟の漆喰詰め直し工事とコーキング処理でのし瓦と冠瓦を固定

      【施工内容】

      棟瓦取り直し 、漆喰取り直し

      江戸川区江戸川にて漆喰の剥がれやのし瓦のずれが発生している瓦屋根の棟取り直し工事を行いました

      【施工内容】

      棟瓦取り直し 、漆喰取り直し

      その他の施工事例一覧→

      屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

      お問い合わせ・資料請求
      新型コロナウィルス
      対策について
      オンラインでの無料相談・ご提案について
      • 屋根リフォームの流れ
      • 徹底したお住まい調査
      • 不安ゼロ宣

言
      • 屋根のお役立ち情報
      • 当社のご案内
      • 屋根の資料請求
      点検・調査・お見積りなど無料で承ります!お電話でのお問い合わせは0120-989-936へ。8時半から20時まで受付中!メールでのお問合せは24時間受付中。

      点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

      株式会社シェアテック
      街の屋根やさん東京
      東東京支店
      〒132-0023
      東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
      TEL :0120-989-936 
      E-mail : info@sharetech.co.jp
      品川支店
      〒141-0031
      東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
      多摩川支店
      〒182-0025
      東京都調布市多摩川3-68-1
      Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
      ページトップへ戻る