無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 八王子市小門町にて、グリシェイドNEOからスーパーガルテクト.....

八王子市小門町にて、グリシェイドNEOからスーパーガルテクトへの屋根の葺き替え工事を行いました!

【施工前】
施工前

【施工後】
施工後

【お問い合わせのきっかけ】


担当:木下


 八王子市小門町にて屋根のメンテナンスをご検討中のH様よりお問い合わせいただき、調査させていただいたことが工事のきっかけでした!(^^)/

 既存の屋根材はグリシェイドNEOでした。数年前他業者様に外壁と一緒に塗装を提案されて塗装工事を行ったそうなのですが、遠く離れてみた時に違和感を感じたとのことで調査のご依頼を頂きました。

 グリシェイドNEOは2001年から2008年まで使用されていたノンアスベストスレートで、例に漏れず2000年初期に製造されたノンアスベストスレートの特徴である耐久性に難のあるスレートです(>_<) たとえ塗装工事を行ったとしても耐久性の向上は望めません!強いていうなれば美観のみ整えることができる程度のメンテナンスになります。その美観も数年後にはひび割れ等が発生し、悪くはなってしまいますのでもしも塗装でのメンテナンスをご希望のお客様がいらっしゃいましたらその点、あらかじめお含みおきください。

 今回はH様のご希望もあり、屋根の葺き替え工事を行わせていただきました。新規の屋根材としてはアイジー工業のスーパーガルテクトを使用しました。面が多い多面体の屋根でしたが、職人さんが丁寧に仕事を仕上げてくれました!

 H様からも「職人さんが丁寧に仕事してくれていたので満足している」とのお言葉をいただけました(*^_^*)

 八王子市小門町にて屋根のメンテナンスをご検討中のH様よりお問い合わせいただき、調査させていただいたことが工事のきっかけでした!(^^)/

 既存の屋根材はグリシェイドNEOでした。数年前他業者様に外壁と一緒に塗装を提案されて塗装工事を行ったそうなのですが、遠く離れてみた時に違和感を感じたとのことで調査のご依頼を頂きました。

 グリシェイドNEOは2001年から2008年まで使用されていたノンアスベストスレートで、例に漏れず2000年初期に製造されたノンアスベストスレートの特徴である耐久性に難のあるスレートです(>_<) たとえ塗装工事を行ったとしても耐久性の向上は望めません!強いていうなれば美観のみ整えることができる程度のメンテナンスになります。その美観も数年後にはひび割れ等が発生し、悪くはなってしまいますのでもしも塗装でのメンテナンスをご希望のお客様がいらっしゃいましたらその点、あらかじめお含みおきください。

 今回はH様のご希望もあり、屋根の葺き替え工事を行わせていただきました。新規の屋根材としてはアイジー工業のスーパーガルテクトを使用しました。面が多い多面体の屋根でしたが、職人さんが丁寧に仕事を仕上げてくれました!

 H様からも「職人さんが丁寧に仕事してくれていたので満足している」とのお言葉をいただけました(*^_^*)


担当:木下


【工事内容】
金属屋根葺き替え工事
【工事詳細】
使用材料
アイジー工業 スーパーガルテクト(Sシェイドブラウン)
施工期間
12日間(足場の架け払い含む)
築年数
築18年
平米数
78.8㎡(下屋根含む)
施工金額
詳しくはお問い合わせください
お施主様
H様邸
ハウスメーカー
ハウスメーカー不明
保証年数
施工保証10年
【工事内容】
金属屋根葺き替え工事
【工事詳細】
使用材料
アイジー工業 スーパーガルテクト(Sシェイドブラウン)
施工期間
12日間(足場の架け払い含む)
築年数
築18年
平米数
78.8㎡(下屋根含む)
施工金額
詳しくはお問い合わせください
お施主様
H様邸
ハウスメーカー
ハウスメーカー不明
保証年数
施工保証10年
屋根葺き替え

既存の屋根にはグリシェイドNEOが使用されておりました

八王子市小門町にて、屋根のメンテナンスをご検討中のお客様よりお問い合わせいただき調査に伺ったことが工事のきっかけでした(^^)/

 

既存の屋根材はグリシェイドNEOで、一度外壁と一緒に塗装をしたとのことでした。このグリシェイドNEOは少々厄介なスレートでして、2001年より旧クボタで製造販売されたノンアスベストスレートなのですが、欠陥のあるスレートなのです(>_<) 有名どころで言えばコロニアルNEOと同類になります。

塗装してありました 多数のひび割れ

当時アスベストの規制が厳しくなったあおりで各メーカーがノンアスベストスレートの製造を行われましたが、製造技術のノウハウが無いまま、アスベストを抜いただけの製品を製造しました。

アスベストは建材の耐久性を向上させるのに持ってこいの材料だったために、それを欠いたスレートの耐久性は著しく低いものでした…。💦

ひび割れ欠けの症状の報告が多数上がったためにこのグリシェイドNEOは2008年には製造が終了してしまったという歴史がございます。

ひび割れ補修跡

実際塗装工事を行ったとのことでしたが、ひび割れの症状が出てしまっており、補修跡などもくっきりと出てしまって逆に目立ってしまうような状態でした(>_<)💦

塗膜の剥がれ

下屋根の部分でも同様の現象が生じておりました!また、棟板金の塗装も一部剥がれてしまっている部分がございました。塗装を行う際にしっかりとケレン掛けを行わなかったか、下塗りをしっかりと入れなかったことが原因かと思います。

 

塗装を専門にしている業者の中には屋根材の知識に乏しく、補修して塗れば大丈夫だと進めてくる業者も少なくありません。安いことは悪いことではないですが、安いだけの業者に任せてしまうと長い目で見た時に無駄な出費になってしまう可能性はありますので業者選びは慎重に行いましょう

 

今回は屋根のカバー工事葺き替え工事のご提案をさせていただき、お客様とのお打ち合わせで屋根の葺き替え工事のご用命をいただきました!

使用材料のご紹介

今回使用した材料のご紹介です。まずは屋根材、アイジー工業スーパーガルテクトを使用しました。裏面に断熱材がついており、表面には焼き付けの遮熱塗料が塗布してある屋根材で重さも1㎡あたり5~6kg程度なので屋根カバーや葺き換え工事では非常に人気のある屋根材になっております✨

スーパーガルテクト

色はお客様のご希望でSシェイドブラウンを使用しました!スーパーガルテクトは他にもブラック、ブルー、グリーン、チャコール、ワインレッドの計6色展開をしておりますのでお家のデザインにあったお色をお選びいただけます(^^)/

Sシェイドブラウン ニューライナールーフ

下葺き材(ルーフィング)には田島ルーフィングニューライナールーフを使用しました。ニューライナールーフは耐用年数30年の超耐久性を誇り、針孔に対する伸縮性も持っておりますので、改修工事の際には間違いなくおすすめのできる防水紙です。

屋根材の解体から行います

それでは屋根の葺き替え工事の様子をご紹介いたします!まずは既存の棟板金を撤去して屋根材を剥がしていきます。グリシェイドNEOは解体の際も非常に割れやすい屋根材なので気を付けながら作業を行ってまいります!

棟板金部分の撤去 途中

屋根材を葺いていく際は軒先側から行いますが、解体は棟側から行っていきます!

換気棟 あと少し

屋根材を撤去してくと既存の防水紙が姿を現しました!築年数は20年を越えていませんがそれなりに劣化して来ておりました(>_<)💦

解体完了

解体作業終了です✨

野地板の増し張りからルーフィング作業までで1日目終了です

屋根の葺き替え工事を行う際には、基本的に屋根材の解体からルーフィング作業まで1日で行っていきます。ルーフィング作業まで終了すれば途中雨が降っても問題はございません。ただし数日長雨が続くようでしたら雨養生が必要な場合もございます。

 

解体作業の後は野地板の張りかぶせを行ってまいります。この作業も屋根の葺き替え工事の大きな特徴であり、野地板を張りかぶせることで屋根の強度を上げることができます(^^♪

野地板の張りかぶせ 大きさはその場で整えます

屋根の形に合わせてその場でカットして合わせていきます。

野地板の張りかぶせ終了

野地板を貼り終えました。

棟の部分まで来ました 軒先側から仕上げていきます

続いてルーフィング作業を行っていきます!大分日が落ちてきてしまっておりますが、もう少し頑張っていきましょう👍✨

途中経過 谷部分もしっかりと行います

ルーフィング作業は屋根材と同じく軒先側から仕上げていきます!

下葺き終了

ルーフィング作業が終了し、1日目の工程が終了です。

2日目以降は屋根材を葺いていきます

日にち変わりまして2日目です。2日目のスタートは役物の設置から開始いたします!

 

軒先唐草ケラバ板金を設置していきます。どちらも改修工事では必須の板金で、吹込み等で下地に水が廻ってしまうのを防ぎ、水の流れを作ってあげることで雨漏りのリスクを軽減する大事な役割を果たしています(*^_^*)

軒先唐草 ケラバ板金

谷板金の設置も行います。谷部分は非常に雨漏り起こしやすい箇所になります。しっかりと施工いたしましょう!

役物の設置が完了したらいよいよ屋根材を葺いていきます。

雪止め設置

屋根材の葺く途中で雪止め設置を行います。スーパーガルテクトは後付けタイプの雪止めではないので設置忘れのないようにいたしましょう✨

下から

軒先からどんどん仕上がっていきます。

面葺き終わり

一面の施工が終了いたしました。この調子で他の面も仕上げていきます。屋根の構造が複雑な場合は屋根材の施工に時間がかかってしまうことがありますのであらかじめ余裕を持った工期で行わせていただきますことあらかじめお含みおきください!

屋根材の施工が終了したら棟板金の設置を行っていきます。貫板には樹脂製のものを使用しました。

換気棟の取り付けも行ってまいります。雨水が侵入しないようにしっかりと雨仕舞を行い仕上げていきますよ!

換気棟

完成

棟の取り付けが終了しましたので工事完了です。ひび割れだらけだった屋根も綺麗に仕上がりました(*^_^*)✨

完成 谷部分

多面体の屋根でしたが、職人さんのしっかりとした腕で問題なく仕上がっております!

綺麗な仕上がり 完成2

雨の多い月でしたが問題なく終了して一安心です。

多面部分もバッチリです

お客様からも丁寧に仕事をしてくれていたので安心できたとおっしゃっていただけました!

 

今回の場合は多面体でしたが、参考までに60㎡切妻屋根のスレートからスレートへの屋根の葺き替え工事税込1,097,800円から承っております。屋根の勾配、形状によって価格は変動いたしますので詳しくはお問い合わせください!(*^_^*)

 

私達、街の屋根やさんでは新型コロナウイルス感染拡大防止対策としてマスクの着用を徹底しております。何かお困りごとございましたら安心してご相談ください。

2023年9月25日 1年点検追記

定期点検にお伺いしてまいりました

 工事完了から1年が経過いたしましたので、定期点検にお伺いしてまいりました(^^)/

 

 既存屋根の葺き替え工事を行わせていただきましたが、その際に施工保証をお付させていただいておりました。街の屋根やさんでは施工内容によって施工保証をお付させていただいております(#^.^#)✨

 

  施工保証は万が一施工不良が確認出来た際のアフター対応や、保証年数に応じた定期点検の実施などが含まれます。定期点検は最初の1年とその後隔年の点検を実施しておりますのでご安心につながるかと思います。

1年点検

 屋根の点検はドローンにて行わせていただきました!ドローンでの調査、点検を行う場合は事前に申請をする必要があるのですが、地域によっては飛行が制限されており、対応ができない場合もござまいます(>_<)

 

 特に飛行場や駐屯地のある地域ですと、ほとんどの場合離陸すらできないことがあります。ドローンでの調査をご希望の場合でも先述のようなこともありますので、その旨あらかじめお含みおきいただけますと幸いです。

 

 多面体で谷が多く、腰折れ箇所もありましたが、流石に工事から1年という事もあり屋根自体に問題は見られませんでした。

下屋根 腰折れ

 下屋根や腰折れ部分もしっかりと確認していきましたが、こちらも問題はありませんでした(^^♪

 全体的に非常にきれいな状態で保てておりました!✨

多面体 ケラバ

 谷部分やケラバの確認も行ってまいります。谷周りは雨水の流れが集中してしまう箇所になります。少しでも施工に問題があれば不具合が出てきてしまいますので点検時はしっかりと確認しましょう!

屋根の造りで覚えておきたい部分のご紹介をいたします

 屋根工事のお見積りの中で出てきやすい箇所のご紹介をさせていただきます。

 

 まずは棟板金です。棟板金は多くの方がよく耳にする箇所になるかと思います。屋根の面がぶつかるところを包むように設置されている板金で、雨水の侵入を防ぐ目的があります。

 

 この箇所はよく「通りがかりの」や「近くで工事をしている」業者さんによって指摘を受ける箇所になります。もちろん親切心から指摘してくれる業者さんもおりますが、体感で9割ほどはなんともないことが多い気がします💦

 

 続いて関連した箇所で換気棟です。換気棟は小屋裏の換気を目的に設置される部材になります”暖められた空気は上にいくので小屋裏で暖められた空気がここから排出されることで小屋裏の温度が下がり、室温の上昇を軽減できます。この部分も他の棟板金に比べると飛び出しているような造りになっておりますので指摘を受けやすい箇所になります(>_<)

 続いて谷板金です。この谷板金も根本的には棟板金同様に屋根の面が合わさっている部分に取り付けられますが、棟板金と異なり谷になっている部分に取り付けられます!

 谷の部分は雨水の流れが多くなり、雨量も集中しやすい箇所になります。そのため谷回りからの雨漏りの症例は多く、発生した際もひどい雨漏りになることが多いです。屋根の造りの中でも特に注意が必要な箇所の一つです。

 

 雪止めは、名前の通り雪が積もった際にここで引っかかるようにして下に雪が落ちないようにする部材です。

 

 ここからは少しマイナーな部材になりますが屋根の改修工事には必須の部材になります。まずは軒先唐草です!この軒先唐草は軒先側に水が廻りこまないようにするための部材になります。軒先は屋根の先端部分で一番低い位置にありますので雨水が集中します。水には表面張力が働きますので軒先を回って裏側に回り込みます。そのため軒先唐草が取り付けられていないと下地の方に水がまわって雨漏りの原因になったり、そのまま下地を腐食させてしまう恐れが出てくるのです!(>_<)改修工事を行う際には必ず取り付けるようにいたしましょう!

 

 最後はケラバ板金です。ケラバ板金は屋根の斜面の断面に沿って取り付けられる板金です。横からの吹込みを防ぐほか、屋根の上を通る雨水が横から飛び出さないようにする役割も果たしております。屋根の横から雨水が流れてしまうと外壁の汚れの原因になったりもします。屋根の造りによってはないこともある部材ではありますが重要な役割がある部材です(^^)/
雨押え

 屋根の造りに関してメインの部分は以上になりますが、建物の造りによっては外壁と屋根がぶつかる部分が出てきます。ここも谷部分同様雨水が集中しやすい箇所になりますので雨押えという役物を取り付ける必要があります。

 

 以上7箇所の部材を覚えておくと、見積もりを見た時にこの項目は何か…という事が減ってくると思いますが、現地調査時やお見積りの提出時分からない箇所は遠慮なくご質問いただければと思います(#^.^#)

 記事内に記載されている金額は2023年12月01日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。

工事を行なったH様のご感想をご紹介いたします

H様のアンケート

【工事前】

工事前アンケート

Q2.工事を検討したきっかけは何ですか?どんなことで悩まれていましたか?
スレートのひび割れ 雨漏りしたら困る
Q3.弊社をどのように探しましたか?
インターネット
Q4.弊社を知りすぐにお問合せをされましたか?もし悩まれたとしたらどんなことがご不安でしたか?
不安は会社がまだ新しい
Q5.何が決め手となり弊社にお問合せをされましたか?
ホームページが他のサイトに比べてより詳しい
Q6.実際に弊社担当者がお伺いしていかがでしたでしょうか?
質問、疑問に丁寧に答えてくれた

H様のアンケートを詳しく見る→

八王子市ではたくさんのお客様にご依頼をいただいております!

  • 工事種類

    棟板金交換

  • 工事種類

    破風板・軒天部分補修

  • 工事種類

    その他の工事

関連動画をチェック!

どのリフォームが最適?屋根リフォームの種類【街の屋根やさん】

 今回の記事で登場した工事やお住まいのトラブルに関連する動画をご紹介します!


 こちらの動画では、工事の内容やお住まいのトラブルの対処方法などをより詳しく説明しています 。
 お役立ち情報が満載ですのでぜひご覧になってみてください。


このページに関連するコンテンツをご紹介

スレート屋根(コロニアル、カラーベスト)のチェックポイントとメンテナンス方法

スレート屋根(コロニアル、カラーベスト)のチェックポイントとメンテナンス方法

 国内で最も使用されているスレート(化粧スレート)屋根材の耐用年数は、新築から20~30年程度と言われていますが、メンテナンスは新築から7~10年で必要になります。  過去スレート屋根のお住まいの調査・点検を数千軒と行ってきた経験から、スレート屋根の劣化や不具合を見逃さないためのチェックポイント、…続きを読む
知ってお得!屋根の便利な豆知識

知ってお得!屋根の便利な豆知識

 普段に何気なく眺めている屋根ですが、近所のお住まいを見渡しただけでも、様々な形、様々な材料が使われていることが分かと思います。 また、グーグルアースなどでは世界中の屋根を眺めることができます。素敵なデザインのものもあれば、ユニークでかわいらしいものもあります。屋根の勾配とデザイン屋根の勾配が緩やか…続きを読む
【スーパーガルテクト】人気のガルバリウム鋼板屋根材おすすめの理由

【スーパーガルテクト】人気のガルバリウム鋼板屋根材おすすめの理由

耐久性・快適性・意匠性が見事にマッチした 屋根材の新しいスタンダード  ガルバリウム鋼板の屋根材はリフォーム市場においてナンバー1のシェアを誇ります。  その中でもアイジー工業株式会社の「スーパーガルテクト」は優れた断熱性から大変人気の屋根材です。  そもそも、ガルバリウム銅板とは、JIS規格では…続きを読む
街の屋根やさん多摩川
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒182-0025
        東京都調布市多摩川3-68-1
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん多摩川支店のスタッフ

      街の屋根やさん東京
      1. 電話 0120-989-936
        株式会社シェアテック
        1. 〒132-0023
          東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
          店舗詳細はこちら
      1. 街の屋根やさん東東京支店のスタッフ

        街の屋根やさん横浜
        1. 電話 0120-989-936
          株式会社シェアテック
          1. 〒222-0033
            神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 VORT新横浜 2F
        1. 街の屋根やさん横浜支店のスタッフ

          お問い合わせはこちらから

          あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

           街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

          お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 神奈川県 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県

          このページと共通する工事内容の新着施工事例

          府中市四谷にてスレートからスーパーガルテクトへの葺き替え工事を行いました

          【施工内容】

          金属屋根葺き替え工事

          荒川区町屋で令和元年東日本台風被害で雨漏りを起こした瓦棒屋根の部分葺き替え工事を行いました

          【施工内容】

          金属屋根葺き替え工事、雨漏り修理、ガルバリウム鋼板

          葛飾区水元で雨漏りを起こした鉄板波板屋根を葺き替え工事しました

          【施工内容】

          金属屋根葺き替え工事、ガルバリウム鋼板

          その他の施工事例一覧→

          八王子市と近隣地区の施工事例のご紹介

          多摩市連光寺にて棟の取り直しと屋根の部分葺き直し工事を税込420,000円で行わせていただきました

          【施工内容】

          瓦屋根工事

          町田市金井にて下地の劣化してしまった屋根の葺き替え工事を行いました

          【施工内容】

          スレート屋根工事

          町田市南成瀬にて賃貸にしているお家の棟板金交換工事を行わせていただきました

          【施工内容】

          スレート屋根工事

          その他の施工事例一覧→

          屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

          お問い合わせ・資料請求
          • 屋根リフォームの流れ
          • 徹底したお住まい調査
          • 不安ゼロ宣

言
          • 屋根のお役立ち情報
          • 当社のご案内
          • 屋根の資料請求
          点検・調査・お見積りなど無料で承ります!お電話でのお問い合わせは0120-989-936へ。8時半から20時まで受付中!メールでのお問合せは24時間受付中。

          点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

          株式会社シェアテック
          街の屋根やさん東京
          東東京支店
          〒132-0023
          東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
          TEL :0120-989-936 
          E-mail : info@sharetech.co.jp
          多摩川支店
          〒182-0025
          東京都調布市多摩川3-68-1
          Copyright © 2024 街の屋根やさん All Rights Reserved.
          ページトップへ戻る