無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 狛江市東野川でひび割れたバルコニーの防水を下地から直してFR.....

狛江市東野川でひび割れたバルコニーの防水を下地から直してFRP防水で仕上げました

【施工前】
工事前

【施工後】
FRP防水工事完成

【お問い合わせのきっかけ】


担当:富田


 狛江市東野川でバルコニーの防水工事をおこないました。
 お問合せのきっかけは天井から雨漏りしていて、すぐ上のバルコニーが原因になっているかもしれないので見て欲しいという内容でした。
 バルコニーの下はリビングになっていて、天井に雨染みが出来ているのが確認できました。バルコニーは2カ所あるのですが、2カ所とも雨漏りしているので、早急に直す必要があります。
 バルコニーにはFRP防水が施工されています。FRP防水とは繊維強化プラスチックのことで、樹脂にガラス繊維のシートを塗りこんで防水層を形成します。非常に硬くて耐久性が高い防水ですが、固すぎるために木造住宅などの動きが大きな建物の時にはヒビ割れなどが起きやすい防水材です。
 1カ所はFRP防水が割れていて下地に雨水が入り込んでしまっています。その状況では雨が降るたびに下地に雨水が回り、どんどん下地を腐食させてしまいます。
 もう1カ所は、防水層は裂けたり切れていませんが、雨水が入ってしまい膨らんでいました。こちらも下地に傷みが出ていることが想定できますので、しっかりと防水工事をおこなっていきます。
 下地から直すことになりますので、まずは床を解体していきます。腐食している木を撤去して新たに床の下地を組みます。べニアの上にケイカル板を貼って新しい床下地の完成です。
 下地を直した後はFRP防水を施工していきます。塗装工事と同様に乾燥させる必要がありますので、一日に出来る工事が決まっていきますが、一番最初の防水をかけてあれば雨漏りの心配は一旦止まりますので安心してください。
 下地に傷みが出ていたバルコニーは、腐食した下地を新しくしてFRP防水をやり直しておりますので、これで雨漏りの心配も無く安心していただける状態になりました。
 私たち街の屋根やさんでは、新型コロナウイルス対策としてマスク着用・アルコール消毒の徹底、オンラインでの打合せにも対応しておりますので、安心して工事をお任せください。
 狛江市東野川でバルコニーの防水工事をおこないました。
 お問合せのきっかけは天井から雨漏りしていて、すぐ上のバルコニーが原因になっているかもしれないので見て欲しいという内容でした。
 バルコニーの下はリビングになっていて、天井に雨染みが出来ているのが確認できました。バルコニーは2カ所あるのですが、2カ所とも雨漏りしているので、早急に直す必要があります。
 バルコニーにはFRP防水が施工されています。FRP防水とは繊維強化プラスチックのことで、樹脂にガラス繊維のシートを塗りこんで防水層を形成します。非常に硬くて耐久性が高い防水ですが、固すぎるために木造住宅などの動きが大きな建物の時にはヒビ割れなどが起きやすい防水材です。
 1カ所はFRP防水が割れていて下地に雨水が入り込んでしまっています。その状況では雨が降るたびに下地に雨水が回り、どんどん下地を腐食させてしまいます。
 もう1カ所は、防水層は裂けたり切れていませんが、雨水が入ってしまい膨らんでいました。こちらも下地に傷みが出ていることが想定できますので、しっかりと防水工事をおこなっていきます。
 下地から直すことになりますので、まずは床を解体していきます。腐食している木を撤去して新たに床の下地を組みます。べニアの上にケイカル板を貼って新しい床下地の完成です。
 下地を直した後はFRP防水を施工していきます。塗装工事と同様に乾燥させる必要がありますので、一日に出来る工事が決まっていきますが、一番最初の防水をかけてあれば雨漏りの心配は一旦止まりますので安心してください。
 下地に傷みが出ていたバルコニーは、腐食した下地を新しくしてFRP防水をやり直しておりますので、これで雨漏りの心配も無く安心していただける状態になりました。
 私たち街の屋根やさんでは、新型コロナウイルス対策としてマスク着用・アルコール消毒の徹底、オンラインでの打合せにも対応しておりますので、安心して工事をお任せください。


担当:富田


【工事内容】
雨漏り修理 防水工事
【工事詳細】
使用材料
FRP防水
施工期間
8日間(足場含む)
築年数
20年
平米数
8㎡
施工金額
詳しくはお問合せください
お施主様
T様邸
保証年数
3年
【工事内容】
雨漏り修理 防水工事
【工事詳細】
使用材料
FRP防水
施工期間
8日間(足場含む)
築年数
20年
平米数
8㎡
施工金額
詳しくはお問合せください
お施主様
T様邸
保証年数
3年
足場アイコン雨漏り修防水工事

雨漏りの原因調査

染みが出来ています

 雨漏りの原因を調査します。

 室内の天井に雨染みが出来ていてクロスが剥がれています。黒ずんでいる部分は雨漏りの跡で、広範囲に雨漏りが広がっていることが分かります。ここまでの雨漏りが広がっていると下地の傷みが気になります。

劣化した防水層 ひび割れたFRP

 雨漏りの上の状態です。バルコニーになっているのですが、FRP防水が完全にヒビ割れて隙間が空いています。指先が入るほどの隙間ですので、この状態では雨が降れば雨漏りしてしまうのも当然です。

 FRP防水とは繊維強化プラスチックの略で、防水層の中にガラス繊維などの補強材が塗りこまれています。非常に硬くて耐久性の高い防水材なのですが、固すぎるために建物の動きに追従できず木造住宅の様な動きの大きな建物場合ヒビ割れが出やすいというデメリットもあります。

2カ所で雨漏り

天井の雨漏り

 バルコニーは2カ所あるのですが、2カ所とも雨漏りしています。

 こちらはさっきの方ほどひどくはありませんが、天井に雨染みとクロスの剥がれが見られます。

雨水が溜まった防水層 タプタプしています

 こちらもFRP防水なのですが、フクレが起きています。画像だと確認しにくいのですが、中に空気が入っていてブカブカな状態になっていました。密着性が高い防水材ですが下地から剥がれているので空気が入ってフクレが出ています。雨漏りもしていますので、バルコニーの防水工事をおこなう必要があります。

 下地に傷みが出ているのがわかりましたので、防水層だけでなく下地からやり直すます。

腐食した下地を直します

床を剥がしていきます ボロボロの床下地

 FRP防水の下地は木造住宅ですので木下地になっています。防水層の傷みによって下地に雨水が回ってしまい雨漏りしていますので、床下地も剥がして新しくしていきます。

 防水層をカットして下地が見えてくると、雨漏りによって水を吸っていてボロボロな状態です。

腐食した下地を撤去

 このまま上から防水をかけても下地の腐食はそのままになってしまいますので、傷んだ部分はしっかりと直さなければなりません。雨水をすって腐食した木下地を撤去していきます。

新しい床下地組

床の骨組み べニアの下地

 腐食した部分を撤去したあとは新しい床下地を組みます。補強のために下地を井桁状に組んでいきます。根太の間隔を小さくすることで床の耐久性が増します。

 根太の上に合板を張って床の下地を作ります。べニアは繋ぎの位置を変えて2枚張りたわまない様にしていきます。

ケイカル板の下地

 べニアの上にケイカル板を張って下地の完成です。

 床下地が出来ましたので、この上に防水層を作っていきます。

既存FRPの補修

表面を磨きます 研磨作業

 下地に傷みが出ていない方は、全ての防水層を剥がさずに補修をおこなって上に新たな防水層を被せていきます。

 密着性を高めるために表面を研磨していきます。結構ホコリの出る作業ですが、表面を剥がさないと新しい防水層が剥がれてしまうので丁寧に作業をおこないます。

新しいFRP防水

FRP防水材

 新たな防水材もFRP防水を使用します。FRP防水は1㎡4,400円~8,800円程です。大きさによって価格が変わりますので、詳しくはお気軽にお問合せください。

ガラスマット 防水材を塗りこみます

 ガラス繊維のシートを敷いて樹脂を塗りこんでいきます。このガラス繊維のシートが補強材の役割をして強固な防水層を形成していきます。このガラスシートを1枚使用したものを1プライ、2枚使用したものを2プライと分類していきます。通常のバルコニーなどは1プライで十分な性能を発揮します。

防水工事が完成

完成

 最後に紫外線保護材のトップコートを塗布して完成です。

 雨漏りによって劣化していて防水層は下地から直しましたので、これで雨漏りの心配も無くなりました。

 私たち街の屋根やさんでは、新型コロナウイルス対策としてマスク着用・アルコール消毒の徹底、オンラインでの打合せにも対応しておりますので、安心して工事をお任せください。

 

 記事内に記載されている金額は2022年05月20日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。
雨漏り修理30,000円~(消費税・諸経費別) 散水検査30,000円~(消費税・諸経費別)

このページに関連するコンテンツをご紹介

雨漏り修理・雨漏り改修工事

雨漏り修理・雨漏り改修工事

※梯子をかけず、高所作業とならない(下屋・陸屋根・屋上・バルコニー)詳細:明らかに破損していたり、穴が開いていたりする箇所に対しコーキングまたは防水テープにて、訪問担当者が即時対応・補修が可能な場合に限る。 皆さんは常に大切なお住まいで雨漏りが起きる事を想像しながら想像して生活している訳ではありませ…続きを読む

あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

 街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 神奈川県 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県

このページと共通する工事内容の新着施工事例

立川市柴崎町でフクレが出たバルコニーのウレタン塗膜防水工事

【施工内容】

防水工事

武蔵野市中町で雨漏りで腐食した玄関の庇をアルミ製の庇に交換工事

【施工内容】

雨漏り修理、庇工事

青梅市新町でRC造の2階建て屋上をウレタン通気緩衝工法で防水工事

【施工内容】

防水工事

その他の施工事例一覧→

屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

お問い合わせ・資料請求
新型コロナウィルス
対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について
  • 屋根リフォームの流れ
  • 徹底したお住まい調査
  • 不安ゼロ宣

言
  • 屋根のお役立ち情報
  • 当社のご案内
  • 屋根の資料請求
点検・調査・お見積りなど無料で承ります!お電話でのお問い合わせは0120-989-936へ。8時半から20時まで受付中!メールでのお問合せは24時間受付中。

点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん東京
東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
TEL :0120-989-936 
E-mail : info@sharetech.co.jp
品川支店
〒141-0031
東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
多摩川支店
〒182-0025
東京都調布市多摩川3-68-1
Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
ページトップへ戻る