無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 調布市布田で雨漏りしているトタン屋根をガルバリウム鋼板へ適正.....

調布市布田で雨漏りしているトタン屋根をガルバリウム鋼板へ適正価格で葺き替え工事

【施工前】
葺き替え前

【施工後】
葺き替え工事完成

【お問い合わせのきっかけ】


担当:富田


 調布市布田で葺き替え工事をおこないました。
 築40年を経過している建物で、何度か補修作業をおこなっていたそうですが、ここ最近の雨で天井から雨漏りしているというお問合せをいただきました。
 室内は数年前にリフォームされたそうですが、天井のクロスの境目から雨水が垂れています。調査に伺った際も朝まで雨が降っていたのですが、天井には雫が付いている状態でした。
 屋根に上って状況を確認すると、トタンの瓦棒葺き屋根で塗装などのメンテナンスをおこなっている形跡はありました。塗装してから大分年数が経過しているようで、塗膜の剥がれが見られます。穴が開いていて防水テープで補修したところもありますが、ここは数年前の台風の時にアンテナが倒れて穴が開いてしまったそうです。その部分の下も雨漏りしているため全体的に屋根を直す必要があるので、葺き替え工事をおこなう事になりました。
 元々はトタンの瓦棒葺きになっているのですが、トタンを剥がして新しい野地板を張って防水紙も新しく葺きます。新しい屋根も屋根勾配を考えて軒先から棟までが一枚の板金で作られているタテ葺きの瓦棒屋根にしていきます。
 新しい屋根はガルバリウム鋼板で、JFE鋼板の極みMAXを使用しました。板金自体に保証が付く材料で、耐久性に優れていますので今までのトタンと比べて錆びにくくなります。全体をガルバリウム鋼板に葺き替えたことにより雨漏りを止める事が出来ましたので、お客様にも大変喜んでいただけました。
 私たち街の屋根やさんでは、新型コロナウイルス対策としてマスク着用・アルコール消毒の徹底、オンラインでの打合せにも対応しておりますので、安心して工事をお任せください。
 調布市布田で葺き替え工事をおこないました。
 築40年を経過している建物で、何度か補修作業をおこなっていたそうですが、ここ最近の雨で天井から雨漏りしているというお問合せをいただきました。
 室内は数年前にリフォームされたそうですが、天井のクロスの境目から雨水が垂れています。調査に伺った際も朝まで雨が降っていたのですが、天井には雫が付いている状態でした。
 屋根に上って状況を確認すると、トタンの瓦棒葺き屋根で塗装などのメンテナンスをおこなっている形跡はありました。塗装してから大分年数が経過しているようで、塗膜の剥がれが見られます。穴が開いていて防水テープで補修したところもありますが、ここは数年前の台風の時にアンテナが倒れて穴が開いてしまったそうです。その部分の下も雨漏りしているため全体的に屋根を直す必要があるので、葺き替え工事をおこなう事になりました。
 元々はトタンの瓦棒葺きになっているのですが、トタンを剥がして新しい野地板を張って防水紙も新しく葺きます。新しい屋根も屋根勾配を考えて軒先から棟までが一枚の板金で作られているタテ葺きの瓦棒屋根にしていきます。
 新しい屋根はガルバリウム鋼板で、JFE鋼板の極みMAXを使用しました。板金自体に保証が付く材料で、耐久性に優れていますので今までのトタンと比べて錆びにくくなります。全体をガルバリウム鋼板に葺き替えたことにより雨漏りを止める事が出来ましたので、お客様にも大変喜んでいただけました。
 私たち街の屋根やさんでは、新型コロナウイルス対策としてマスク着用・アルコール消毒の徹底、オンラインでの打合せにも対応しておりますので、安心して工事をお任せください。


担当:富田


【工事内容】
金属屋根工事 屋根葺き替え 雨漏り修理
【工事詳細】
使用材料
ガルバリウム鋼板
施工期間
7日間(足場含む)
築年数
40年
平米数
55㎡
施工金額
詳しくはお問合せください
お施主様
H様邸
保証年数
10年間
【工事内容】
金属屋根工事 屋根葺き替え 雨漏り修理
【工事詳細】
使用材料
ガルバリウム鋼板
施工期間
7日間(足場含む)
築年数
40年
平米数
55㎡
施工金額
詳しくはお問合せください
お施主様
H様邸
保証年数
10年間
足場アイコン屋根葺き替え雨漏り修

現地調査

雨漏りの場所 トタンの瓦棒葺き

 天井から雨漏りしています。調査に伺った日の朝まで雨が降っていましたので、天井のクロスの継ぎ目には雨水に雫が落ちそうになっています。

 雨漏りはそれほど前からではないそうですが、室内に症状が出るまでに天井裏で長いこと雨漏りしていることがありますので、症状が出たときには直ぐに直す必要があります。

補修跡 錆びの状態

 屋根はトタンの瓦棒葺きで彼方此方にサビが出ていました。トタンは定期的に塗装を行わないとサビが広がってしまい、トタンが腐食して穴が開いてしまう事もあります。谷部分の一部に防水テープが張ってありますが、ここは台風の時に屋根のアンテナが倒れて穴が開いてしまった部分との事です。

 この真下がちょうど雨漏りしている部分で、防水テープ自体もだいぶ傷みが出ていて雨漏りの原因になっている様です。まだサビによって穴が開いていませんが劣化は大分進行しています。

棟板金 瓦棒

 棟板金や瓦棒回りも劣化していて雨水の浸入が考えられますので、下地からしっかりと直す葺き替え工事をおこなう事になりました。葺き替え工事は下地の野地板や防水紙を新しくしますので、雨漏りを完全に止める事が可能です。

葺き替え工事開始

色決め

 元々はトタン屋根でしたが、新しい屋根にはガルバリウム鋼板を使用します。

 ガルバリウム鋼板はトタンと同じようにメッキ鋼板ですが、メッキ自体の耐久性が非常に高いので錆びにくくて長持ちする材料です。現在建築資材として使用されている『板金』は殆どがこのガルバリウム鋼板ですので、葺き替え工事をおこなった後はメンテナンスの頻度が低くて済みます。

 野地板と防水紙も新しくします。

 特に防水紙(ルーフィング)は屋根にとってとても重要な役割を持っています。屋根は屋根材による1次防水と防水紙(ルーフィング)による2次防水によって雨から建物を守っていますので、防水紙の耐久性が屋根の耐久性と同じ意味を持ちます。それほど下地の状態が重要になります。

古いトタンを剥がします

棟板金撤去 古い防水紙

 葺き替え工事をおこなう際にはまず古い屋根材を撤去します。トタンの瓦棒葺き屋根は、瓦棒という木と木の間にトタンを折り曲げて固定してカッパというカバーを被せて葺かれています。最後に棟板金を取り付けて完成していますので、撤去する際には反対に棟板金から撤去して屋根材を剥がしていきます。

 古い防水紙(ルーフィング)はだいぶ傷みが出ていて、剥がしたトタンに張り付いている部分もあり剥がれています。平面部分はそれほどではありませんが、谷部分は雨漏りの影響で下地が大分腐食していました。

既存屋根撤去 屋根を剥がします

 トタンをはがしてから新しい野地板を張り被せて屋根材の下地と屋根の補強の役割を持っています。バラ板という杉板を並べて下地にしている所に合板を張り被せすることで屋根自体の強度が増しますので高い効果が期待できます。

野地板張り

 面ごとに剥がして下地を貼ってを繰り返して野地板を張っていきます。

野地板 野地板とルーフィング

 野地板が張り終えた後は防水紙(ルーフィング)を貼っていきます。幅が大体1mくらいのロール状になっている防水紙を軒先から重ねながら貼っていきます。

ルーフィング

 屋根全面に防水紙を葺き終えましたので、新しい屋根材を葺いていきます。

新しいガルバリウム鋼板の屋根材

瓦棒 谷板金

 防水紙を葺いたあとは谷板金を取り付けていきます。この谷板金と新たに葺く瓦棒を一体化して組んでいく事で雨水をスムーズに谷部分に流し込んで雨樋まで流していきます。

瓦棒

 瓦棒と瓦棒のあいだに折り曲げたガルバリウム鋼板をはめ込んでいき、瓦棒の横に釘を打って固定していきます。棟部分は折って立ち上げて雨水が棟部分から入り込むのを防ぎます。

瓦棒葺きが進みました 棟板金取り付け

 瓦棒の上にカッパというキャップを被せて横から釘で固定していきます。屋根が葺きあがったら瓦棒の上に棟板金を取り付けていきます。

屋根葺き替え工事は、1㎡税込14,300円から承っております。屋根の形や面積・仕様する屋根材によっても変わってきますので、お気軽にご相談ください。

屋根葺き替え工事が完成しました

葺き替え工事完成

 屋根葺き替え工事が完成しました。

 雨漏りの原因になっていたトタンの穴やトタン自体の劣化が有りましたが、ガルバリウム鋼板へ葺き替え工事をおこなった事により雨漏りを完全に止める事が出来ましたのでこれで安心です。

雨樋交換

 雨樋も歪みや脱落している所がありましたので一緒に交換工事をおこなっております。雨が降るたびに心配していた雨漏りを止める事が出来ましたので、お客様にも大変喜んでいただけました。

 私たち街の屋根やさんでは、新型コロナウイルス対策としてマスク着用・アルコール消毒の徹底、オンラインでの打合せにも対応しておりますので、安心して工事をお任せください。

 記事内に記載されている金額は2022年04月01日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。
屋根葺き替え813,000円~(消費税・諸経費別) 雨漏り修理30,000円~(消費税・諸経費別) 散水検査30,000円~(消費税・諸経費別)

このページに関連するコンテンツをご紹介

古くなったトタン屋根に最適なメンテナンスは塗装か屋根カバー工法か葺き替えか

古くなったトタン屋根に最適なメンテナンスは塗装か屋根カバー工法か葺き替えか

 安くて丈夫、施工もしやすいということから普及がはじまったトタン屋根。ガルバリウムが主流になってきたこともありお住まいを新築する際には使われることも少なくなった建材ですが、今でもトタンが使われているという建物や倉庫は意外と目にしますよね。現在のトタン屋根はそのほとんどが大分、古くなってきて…続きを読む
屋根材や外壁材の素材であるガルバリウム鋼板とは?特徴とメリットを徹底解説

屋根材や外壁材の素材であるガルバリウム鋼板とは?特徴とメリットを徹底解説

 一般的な戸建て住宅においては今や使われていない建物を探す方が難しいと思わせる素材がガルバリウム鋼板です。軽いことから屋根リフォームで人気の高い屋根カバー工法の選択肢となりやすい屋根材ですし、耐用年数が長いことから屋根葺き替えでも選ばれることが多くなってきました。2014年には従来のガルバリウム鋼…続きを読む
知ってお得!屋根の便利な豆知識

知ってお得!屋根の便利な豆知識

 普段に何気なく眺めている屋根ですが、近所のお住まいを見渡しただけでも、様々な形、様々な材料が使われていることが分かと思います。 また、グーグルアースなどでは世界中の屋根を眺めることができます。素敵なデザインのものもあれば、ユニークでかわいらしいものもあります。屋根の勾配とデザイン屋根の勾配が緩やか…続きを読む

このページに関連する漫画コンテンツ動画をご紹介

漫画で読むならコチラ

動画で見るならコチラ

あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

 街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

このページと共通する工事内容の新着施工事例

狛江市東野川でひび割れたバルコニーの防水を下地から直してFRP防水で仕上げました

【施工内容】

雨漏り修理、防水工事

調布市調布ヶ丘で雨漏りと地震対策で瓦屋根からスレートへの葺き替え工事

【施工内容】

瓦屋根工事、スレート屋根工事、屋根葺き替え、雨漏り修理

文京区小石川にてパラペットの腰壁板金交換工事と笠木板金交換工事を実施

【施工内容】

屋根補修工事、雨漏り修理

その他の施工事例一覧→

屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

お問い合わせ・資料請求
新型コロナウィルス
対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について
  • 屋根リフォームの流れ
  • 徹底したお住まい調査
  • 不安ゼロ宣

言
  • 屋根のお役立ち情報
  • 当社のご案内
  • 屋根の資料請求

点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん東京
東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
TEL :0120-989-936 
E-mail : info@sharetech.co.jp
品川支店
〒141-0031
東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
多摩川支店
〒182-0025
東京都調布市多摩川3-68-1
Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
ページトップへ戻る