無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 町田市木曽東にて、古くなり浮きが生じてしまった棟板金の交換工.....

町田市木曽東にて、古くなり浮きが生じてしまった棟板金の交換工事を行いました

【施工前】
施工前

【施工後】
施工後

【お問い合わせのきっかけ】


担当:木下


 町田市木曽東にお住いのお客様よりお問い合わせいただき屋根の調査を行ったことが工事のきっかけでした。

 お客様にお話をお伺いすると、先日近くで工事を行っているという業者がきて、屋根が危ない状況なので工事が必要だと指摘を受けたとのことでした。その場で見積もりを出して言ったそうなのですが、足場の金額だけで40万円をこえるような内容だったので、不安に思いお問い合わせいただいたとのことでした。

 棟板金の浮きの原因は内部の貫板の劣化によって生じるものです。貫板の多くは木材が使用されております。屋根の上はとても過酷な環境なので、どうしても劣化が生じてきてしまい、痩せてきてしまいます。そうなると棟板金をとめていた釘が浮いてしまいます。その結果棟板金の浮きや飛散等が生じてきてしまいます。屋根の上は確認できない部分になりますので、定期的にメンテナンスや点検を行いましょう。

 新規の棟板金を設置するにあたって貫板は樹脂製のものを使用しました。樹脂製の貫板は木材のように腐食をしないので釘抜け等は生じにくい造りになっております。

 無事に棟板金交換工事が終了し、お客様にもご確認いただき丁寧に行っていただいてよかったとお言葉頂きました。
 町田市木曽東にお住いのお客様よりお問い合わせいただき屋根の調査を行ったことが工事のきっかけでした。

 お客様にお話をお伺いすると、先日近くで工事を行っているという業者がきて、屋根が危ない状況なので工事が必要だと指摘を受けたとのことでした。その場で見積もりを出して言ったそうなのですが、足場の金額だけで40万円をこえるような内容だったので、不安に思いお問い合わせいただいたとのことでした。

 棟板金の浮きの原因は内部の貫板の劣化によって生じるものです。貫板の多くは木材が使用されております。屋根の上はとても過酷な環境なので、どうしても劣化が生じてきてしまい、痩せてきてしまいます。そうなると棟板金をとめていた釘が浮いてしまいます。その結果棟板金の浮きや飛散等が生じてきてしまいます。屋根の上は確認できない部分になりますので、定期的にメンテナンスや点検を行いましょう。

 新規の棟板金を設置するにあたって貫板は樹脂製のものを使用しました。樹脂製の貫板は木材のように腐食をしないので釘抜け等は生じにくい造りになっております。

 無事に棟板金交換工事が終了し、お客様にもご確認いただき丁寧に行っていただいてよかったとお言葉頂きました。


担当:木下


【工事内容】
棟板金交換
【工事詳細】
使用材料
棟板金:GL板金、貫板:樹脂製貫板
施工期間
3日間(足場の架け払い含む)
築年数
築20年
平米数
棟板金20.1m
施工金額
詳しくはお問い合わせください
お施主様
T様邸
ハウスメーカー
ハウスメーカー不明
保証年数
保証はお付しておりません
【工事内容】
棟板金交換
【工事詳細】
使用材料
棟板金:GL板金、貫板:樹脂製貫板
施工期間
3日間(足場の架け払い含む)
築年数
築20年
平米数
棟板金20.1m
施工金額
詳しくはお問い合わせください
お施主様
T様邸
ハウスメーカー
ハウスメーカー不明
保証年数
保証はお付しておりません
棟板金交換

古くなってサビや浮きが生じておりました

 町田市木曽東にお住いのT様より棟板金交換工事のご用命をいただきましたので、工事の様子をご紹介いたします。

 まず初めにお問い合わせいただいたきっかけは、通りがかりの業者に棟板金の浮きを指摘されたので一度見てほしいとのことでお問い合わせいただき、調査に伺いました。

 屋根に登らせていただいて調査させていただくと、一部棟板金の釘が外れ、ガムテープで固定されているような状態でした。

 これまでいくつかの業者から指摘を受けていたけども、なかなかタイミングが合わず、工事ができていなかったということでした。

 最近指摘のあった業者からも見積もりを取ったそうですが、足場の価格で 40万あったということで、あまりにも高額なので、他に工事をできる業者を探していたとのことです。

 棟板金は屋根の取り合い部分に取り付けられ、そこからの雨の侵入を防ぐ役割をしております。そのため、棟板金が飛散してしまっていると、そこから雨水が侵入し、直接防水紙に水がかかるような状態になりますので、防水紙の劣化が早まり雨漏りの原因になる可能性があります。

 多くの棟板金は貫板に木材が使用されております。木材の貫板ですと、経年劣化によって腐食を起こし木材自体がどんどんと痩せてしまい、棟板金を固定していたが抜けてしまったりする原因になります。今回は棟板金交換工事で樹脂下地を使用する工事のご提案をいたしました。

 樹脂製の貫板は腐食を起こしませんので、先ほどの釘抜け等が起こりにくいものになりますので長年安心してお使いいただける品になっております。

棟板金の交換工事を行ってまいります

 さて、そうしましたら、棟板金交換工事の様子を見ていただこうと思います。まず始めに既存の棟板金を撤去していきます。

劣化した貫板 経年で痩せていました

 既存の棟板金を剥がすと古くなった貫板が出てきました。築年数相応に劣化症状が起きておりました。

 屋根の上は非常に過酷な環境に置かれます。常に雨風にさらされ、日中の表面温度は最高で 50℃にも及びます。

貫板の撤去

 そんな過酷な環境だからこそ、屋根のメンテナンスを行う際はしっかりと行ってあげましょう。

 貫板の撤去まで行いましたら新規の貫板の設置を行います。

貫板の設置

 貫板は先述の通り、樹脂製の貫板を使用しました。

樹脂貫板 全ての部分を交換しました

 また、取り付けを行う際、屋根の頂点部分の防水紙に軽微な破れが生じておりましたので、防水テープを貼り、補修を行いました。

 小さな破れからでも雨水が侵入し、下地を腐食させてしまいます。防水紙の寿命は 25 年から 30 年ほどと言われておりますので、築年数に応じて屋根の大きめのメンテナンスをしてあげましょう。

 樹脂製の抜き板の設置が終了しましたら。棟板金の設置を行っていきます。

 新規の棟板金はガルバリウム鋼板のものを使用しました。ガルバリウム鋼板は最近よく耳にすることが多いものではないでしょうか。屋根材や外壁材など幅広い分野で使用されている合金です。

板金加工 棟板金設置

 根本的な作りとしては、トタンなどの合金と考えとしては同じです。その中で構成成分を調整することによって、錆びにくく耐久性のあるものになっております。

 しかしながら完全に錆びないというわけではございませんので、通常のガルバリウム鋼板の場合は10~15 年を目安に塗装してあげると良いでしょう。

取り合い部分

 棟板金同士の取り合いを板金加工で納めて棟板金交換工事が終了となります。

棟板金交換工事終了

 棟板金工事は 一見簡単な工事に見えますが、屋根の上での工事となりますので危険が伴います。そのため多くの場合で足場の仮設が必要になってきますのでその点、あらかじめご承知を聞いいただけますと幸いです。

完成

 足場の解体後に工事中に撮影したお写真をお渡しして問題ないことご確認いただきました。

完成2 三又部分

 私達、街の屋根やさんでは、新型コロナウイルス感染拡大防止対策として、マスクの着用を徹底しております。お家のことで何かお困りのことございましたら、安心してご相談ください。

 記事内に記載されている金額は2022年03月04日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。

このページに関連するコンテンツをご紹介

棟板金の飛散がご心配な方へ、棟板金交換工事でお悩み解決!

棟板金の飛散がご心配な方へ、棟板金交換工事でお悩み解決!

 毎年9月、10月の台風の時期になると特に増えるお問い合わせがあります。それは「棟板金交換」です。こちらのページをお読みの方でも「屋根の上から異音がする」など屋根の上の異変に不安を抱えていらっしゃる方はいらっしゃいませんでしょうか?台風に限らず春一番や竜巻、木枯らしなど突発性の強風でも被害を受けるこ…続きを読む
街の屋根やさん多摩川
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒182-0025
        東京都調布市多摩川3-68-1
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん多摩川支店のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      江東区東砂にて瓦棒屋根の棟板金交換工事を実施、貫板にタフモック(樹脂製貫板)を使用致しました

      【施工内容】

      棟板金交換

      世田谷区赤堤にて飛散してしまった棟板金を火災保険を使用して交換いたしました

      【施工内容】

      棟板金交換

      杉並区宮前で下地の劣化により浮いてしまった棟板金を樹脂製貫板で棟板金交換工事

      【施工内容】

      棟板金交換

      その他の施工事例一覧→

      町田市と近隣地区の施工事例のご紹介

      八王子市小門町にてグリシェイドNEOからスーパーガルテクトへの屋根の葺き替え工事を行いました

      【施工内容】

      金属屋根葺き替え工事

      八王子市大船町にてスレートから石粒付きのディプロマットスターへ屋根の葺き替え工事を行いました

      【施工内容】

      金属屋根工事

      八王子市北野台で強風で飛ばされた棟板金を樹脂製の貫板を使用して交換工事

      【施工内容】

      棟板金交換、ガルバリウム鋼板

      その他の施工事例一覧→

      屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

      お問い合わせ・資料請求
      新型コロナウィルス
      対策について
      オンラインでの無料相談・ご提案について
      台風15号によりお住まいに被害を受けた、受けたかもしれない方は街の屋根やさんの無料点検をご利用ください 台風15号によりお住まいに被害を受けた、受けたかもしれない方は街の屋根やさんの無料点検をご利用ください
      • 屋根リフォームの流れ
      • 徹底したお住まい調査
      • 不安ゼロ宣

言
      • 屋根のお役立ち情報
      • 当社のご案内
      • 屋根の資料請求
      点検・調査・お見積りなど無料で承ります!お電話でのお問い合わせは0120-989-936へ。8時半から20時まで受付中!メールでのお問合せは24時間受付中。

      点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

      株式会社シェアテック
      街の屋根やさん東京
      東東京支店
      〒132-0023
      東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
      TEL :0120-989-936 
      E-mail : info@sharetech.co.jp
      品川支店
      〒141-0031
      東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
      多摩川支店
      〒182-0025
      東京都調布市多摩川3-68-1
      Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
      ページトップへ戻る