無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 江戸川区大杉で工場折板屋根の雨漏り対策工事、ボルトキャップの.....

江戸川区大杉で工場折板屋根の雨漏り対策工事、ボルトキャップの交換施工を行いました

【施工前】

【施工後】

【お問い合わせのきっかけ】


担当:藤崎


 江戸川区大杉のお客様で、会社で御所有されている工場の折板屋根から、時折雨漏りが発生する事があるとのご相談を頂き、調査にお伺いした事が始まりです。

 状況的には過去に1度塗装施工されている模様で、折板屋根そのものには問題は無い様子でした。しかし折板屋根を取り付けているボルトから錆びが垂れている症状が見受けられ、そのボルト部分に水の浸入、滞留の形跡を窺い知る事が出来ました。

 お客様より、今回は全体的な施工では無く、飽くまでも雨漏り解消の為の部分的な施工をご検討されたいとの意向を承りましたので、既存ボルトキャップの撤去、新たなキャップの新設交換を行う事で工事ご提案を致しました。

 お客様の方でご検討頂いた結果、当社で施工させて頂く運びとなりましたので、その工事の経過、流れをご紹介致します。
 江戸川区大杉のお客様で、会社で御所有されている工場の折板屋根から、時折雨漏りが発生する事があるとのご相談を頂き、調査にお伺いした事が始まりです。

 状況的には過去に1度塗装施工されている模様で、折板屋根そのものには問題は無い様子でした。しかし折板屋根を取り付けているボルトから錆びが垂れている症状が見受けられ、そのボルト部分に水の浸入、滞留の形跡を窺い知る事が出来ました。

 お客様より、今回は全体的な施工では無く、飽くまでも雨漏り解消の為の部分的な施工をご検討されたいとの意向を承りましたので、既存ボルトキャップの撤去、新たなキャップの新設交換を行う事で工事ご提案を致しました。

 お客様の方でご検討頂いた結果、当社で施工させて頂く運びとなりましたので、その工事の経過、流れをご紹介致します。


担当:藤崎


【工事内容】
雨漏り修理
【工事詳細】
使用材料
ボルトキャップ:サビヤーズ折板屋根用
施工期間
足場着工から足場解体まで1週間
築年数
25年
施工金額
詳しくはお問い合わせ下さい
お施主様
S様
保証年数
お付けしておりません
【工事内容】
雨漏り修理
【工事詳細】
使用材料
ボルトキャップ:サビヤーズ折板屋根用
施工期間
足場着工から足場解体まで1週間
築年数
25年
施工金額
詳しくはお問い合わせ下さい
お施主様
S様
保証年数
お付けしておりません
足場アイコン工場アイコン雨漏り修

現地調査

工場の折板屋根

 こちらが折板屋根の状況となります。1度塗装によるお手入れも為されている様ですので、屋根材自体には特に問題は無い様です。しかし折板屋根を取り付けているボルトの部分にキャップが被っており、そのキャップの脇からの錆汁が流れている状況が見受けられました。

時折、雨漏りが発生する模様です

支柱からの雨漏りが発生  ボルト周りの錆汁

 雨漏りの発生箇所は躯体の鉄骨支柱伝いに垂れてくるとのお話しでした。この鉄骨支柱に取り付けているボルト廻りに錆汁が生じていると言う点で、その辺りの状況からも鑑みても、このキャップ下のボルト廻りから水の浸入や滞留が原因と想定されました。

雨漏り対策としてボルトキャップの交換を行います

ボルトキャップの交換が必要です

 今回お客様からも雨漏り対策補修として、原因となる箇所の部分的な施工で依頼したいとの意向を承り、原因と想定されるこちらのボルトキャップを全交換施工していく方法で進めさせて頂く事となりました。

部分掛けの足場を設置

足場設置開始  屋根工事用部分掛け足場

 そして工事のスタートとなります。工場の屋根ですので高さが有る事から、梯子での昇降が叶いません。よって昇降用の部分掛け足場を架設して作業させて頂きます。

既存ボルトキャップの撤去

折板屋根のボルトキャップ  電動カッターでキャップに切り込みを入れます

 作業は先ず既存キャップ約300個の全撤去となります。かなり硬化してしまっているので、手作業では取れませんでした。ですのでこちらの電動カッターを使用して撤去していきます。その際、内側の既存ボルトは傷つけない様、加減調整しながらの撤去作業となりました。

古いシーリング材もケレンで削り落とします

折板屋根のボルトの状況  古いシーリングを削ります

 キャップを剥がすと内側に施されていた古いシーリング材が顕れます。既に硬化し果固まっている状況ですので、こちらもワイヤーブラシを活用してケレンして参ります。

既存ボルトキャップの撤去完了

ケレン後の屋根取付ボルト  ボルトキャップ廃材

 最終的にはしっかりと余計な不要物が無くなり、この様にボルトがスッキリする様作業していきました。一つ一つ全てのボルトキャップを外し、撤去と下地の調整で一日目の作業の完了です。

錆止め材を塗布

マイルドサビガード

 ボルトからの錆汁が見られたので、その錆びの抑制の為にこちらも一つ一つのボルトに錆止め材を塗布して参ります。錆止め塗料にはエスケー化研のマイルドサビガードを使用致しました。

ボルトと錆び箇所に塗布致しました

ボルトに錆止め塗布  錆止め材の塗布

 このマイルドサビガードも300個のボルト全てに塗布して参ります。更にその他の錆びが発生している箇所にも同様に錆び止めを掛けていきました。

錆止め処理完了

錆止め材の塗布

 錆止め材はライトグレー色の塗料となります。塗布後所定の乾燥時間を空けた上で、次の工程のキャップ取り付け作業に取り掛かります。

ボルトキャップ、サビヤーズ(折板屋根用)

ボルトキャップのサビヤーズ

 新規に取り付けるボルトキャップはこちらです。大里と言う会社製のサビヤーズ折板屋根用となります。こちらの工場屋根には約300個のボルトが取り付けられておりますので、その個数分用意致しました。

ボルトキャップとシーリング材を準備

ボルトキャップ  変性シリコン材

 今回雨漏り対策補修の改修工事となりますので、ボルトの内側に念の為シーリング材を詰めて取り付けて参ります。シーリング材は通常の変性シリコンの材料を使用致します。

キャップにシーリング材を詰めます

キャップにシーリング材を詰めます  ボルトキャップの取り付け

 この様にキャップにシーリング材を充填、しっかりと詰め込んでボルトに被せて参ります。ボルトの規格に合わせて作られているので、右に廻すとしっかりと取り付けられます。

ボルトキャップの装着

ボルトキャップ取付完了

 これで取り付けが完了です。若干シリーング材がはみ出すくらいになる事で、キャップ廻りからの水の浸入口を塞ぐ形となります。

全てに取り付けを行いました

ボルトキャップの取付完了

 屋根全体、余すことなくボルト一つ一つに同様の工程で交換取り付けを行いました。これできっと雨漏りの解消に繋がる筈です。

工事の完了です

 工事後、乾燥工程を経て一つ一つの取付状況を確認し、問題無く終了出来ました。この先のメンテナンスとしては何年か後に屋根塗装工事をされると更に耐久性の向上に繋がります。

足場を解体してお引渡し

折板屋根の補修工事完了

 足場を解体してこれで無事全工程の完了、お客様へお引渡しとなります。その後、雨や大雪の日も有りましたが、雨漏りする事無く解消された様子です。私たち街の屋根やさんでは、この様な局所的な部分屋根補修工事等もご対応させて頂いております。新型コロナウィルス対策も継続しておりますので、雨漏り等でお困りの方が居らっしゃいましたら、お気軽にご相談頂ければ幸いです。

 記事内に記載されている金額は2022年02月25日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。
雨漏り修理30,000円~(消費税・諸経費別) 散水検査30,000円~(消費税・諸経費別)

このページに関連するコンテンツをご紹介

防水性の低くなった屋根は危険!屋根塗装で防水性を回復

防水性の低くなった屋根は危険!屋根塗装で防水性を回復

「屋根塗装工事」についての漫画コンテンツはこちら 漫画で読むならコチラ 動画で見るならコチラ   前述の通り、屋根塗装・外壁塗装の主な目的は「お住まいの耐久性を保持する」ことです。近年ではそれに「快適な室温にする」、「汚れ…続きを読む
折板屋根の改修方法、塗装・屋根カバー・葺き替えを徹底比較

折板屋根の改修方法、塗装・屋根カバー・葺き替えを徹底比較

 「折板屋根」、一般の方々はあまり耳にしない言葉ではないでしょうか。しかし、その形状を聞けば、どなたもその存在を思い出すはずです。体育館や自転車置き場、バス停などの身近な建物に使われるこが多い屋根で、台形が連続した凸凹の金属屋根が折板屋根です。ご自宅の車庫や倉庫、カーポートが折板屋根という方も多いと…続きを読む
知ってお得!屋根の便利な豆知識

知ってお得!屋根の便利な豆知識

 普段に何気なく眺めている屋根ですが、近所のお住まいを見渡しただけでも、様々な形、様々な材料が使われていることが分かと思います。 また、グーグルアースなどでは世界中の屋根を眺めることができます。素敵なデザインのものもあれば、ユニークでかわいらしいものもあります。屋根の勾配とデザイン屋根の勾配が緩やか…続きを読む
街の屋根やさん東京
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒132-0023
        東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん東東京支店のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      狛江市東野川でひび割れたバルコニーの防水を下地から直してFRP防水で仕上げました

      【施工内容】

      雨漏り修理、防水工事

      調布市調布ヶ丘で雨漏りと地震対策で瓦屋根からスレートへの葺き替え工事

      【施工内容】

      瓦屋根工事、スレート屋根工事、屋根葺き替え、雨漏り修理

      文京区小石川にてパラペットの腰壁板金交換工事と笠木板金交換工事を実施

      【施工内容】

      屋根補修工事、雨漏り修理

      その他の施工事例一覧→

      江戸川区と近隣地区の施工事例のご紹介

      江戸川区西瑞江にて雨漏りを未然に防ぐために漆喰が剥がれている瓦屋根の棟の漆喰詰め直し工事を実施

      【施工内容】

      漆喰詰め直し

      墨田区本所で雨漏りのご相談からアールロックの屋根のカバー工事(料金目安:60㎡で税込767,800円~)を施工

      【施工内容】

      屋根カバー工法

      江戸川区南小岩で瓦屋根からSシェイドブルーのスーパーガルテクトへの葺き替え工事と破風板の板金カバー工事を施工致しました

      【施工内容】

      屋根葺き替え、ガルバリウム鋼板、その他の工事

      その他の施工事例一覧→

      屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

      お問い合わせ・資料請求
      新型コロナウィルス
      対策について
      オンラインでの無料相談・ご提案について
      • 屋根リフォームの流れ
      • 徹底したお住まい調査
      • 不安ゼロ宣

言
      • 屋根のお役立ち情報
      • 当社のご案内
      • 屋根の資料請求

      点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

      株式会社シェアテック
      街の屋根やさん東京
      東東京支店
      〒132-0023
      東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
      TEL :0120-989-936 
      E-mail : info@sharetech.co.jp
      品川支店
      〒141-0031
      東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
      多摩川支店
      〒182-0025
      東京都調布市多摩川3-68-1
      Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
      ページトップへ戻る