無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 八王子市みなみ野で防水工事とシール工事で雨漏り修理工事

八王子市みなみ野で防水工事とシール工事で雨漏り修理工事

【施工前】
工事前

【施工後】
雨漏り修理工事完成

【お問い合わせのきっかけ】


担当:富田


 八王子市みなみ野で雨漏り修理工事をおこないました。室内のクロスに黒いシミが出来ているというお問合せをいただき、調査をおこないました。
 雨漏りしていることは想定できましたが、確認するために劣化した壁と天井を剥がした状態で散水試験をおこなう事になりました。雨漏りの原因を確かめるために散水試験をおこなって雨が降っている状況を再現するのですが、外部の状況をみたうえであらかじめ可能性が高い部分を確認しておきます。その部分に1カ所ずつ水をかけていき水が出てくるのかを確認していきます。
 想定していたのはバルコニーの防水部分、腰壁の笠木、外壁に取り付けてある幕板部分で、そこに1カ所ずつ水を掛けます。雨漏りの原因は室内側に出ているのが1カ所だったとしても原因個所は1カ所とは限りません。その逆もあるのですが、散水試験では1カ所にかけて水が出たとしても、可能性がある部分には全て水をかけて確認していきます。
 結果的には、バルコニーの防水と外壁の幕板部分が原因になっていました。笠木は防水処理が施されていた様で雨水は出てきませんでした。
 原因個所が特定できればあとは補修作業をおこなって雨水が入らない様に処理をおこないます。バルコニーの床は部分的に防水工事をおこない、幕板部分はシール工事で雨水の侵入を防ぎます。
 補修作業後は雨漏りが止まったことを確認したあとに、傷んでしまった壁と天井を直して雨漏り修理工事が完成です。
 私たち街の屋根やさんでは、新型コロナウイルス対策としてマスク着用・アルコール消毒を徹底しており、オンラインでの打ち合わせにも対応しておりますので、安心して工事をお任せください。
 八王子市みなみ野で雨漏り修理工事をおこないました。室内のクロスに黒いシミが出来ているというお問合せをいただき、調査をおこないました。
 雨漏りしていることは想定できましたが、確認するために劣化した壁と天井を剥がした状態で散水試験をおこなう事になりました。雨漏りの原因を確かめるために散水試験をおこなって雨が降っている状況を再現するのですが、外部の状況をみたうえであらかじめ可能性が高い部分を確認しておきます。その部分に1カ所ずつ水をかけていき水が出てくるのかを確認していきます。
 想定していたのはバルコニーの防水部分、腰壁の笠木、外壁に取り付けてある幕板部分で、そこに1カ所ずつ水を掛けます。雨漏りの原因は室内側に出ているのが1カ所だったとしても原因個所は1カ所とは限りません。その逆もあるのですが、散水試験では1カ所にかけて水が出たとしても、可能性がある部分には全て水をかけて確認していきます。
 結果的には、バルコニーの防水と外壁の幕板部分が原因になっていました。笠木は防水処理が施されていた様で雨水は出てきませんでした。
 原因個所が特定できればあとは補修作業をおこなって雨水が入らない様に処理をおこないます。バルコニーの床は部分的に防水工事をおこない、幕板部分はシール工事で雨水の侵入を防ぎます。
 補修作業後は雨漏りが止まったことを確認したあとに、傷んでしまった壁と天井を直して雨漏り修理工事が完成です。
 私たち街の屋根やさんでは、新型コロナウイルス対策としてマスク着用・アルコール消毒を徹底しており、オンラインでの打ち合わせにも対応しておりますので、安心して工事をお任せください。


担当:富田


【工事内容】
雨漏り修理 防水工事 コーキング
【工事詳細】
使用材料
ウレタン塗膜防水
施工期間
5日間(調査含む)
築年数
12年
平米数
4㎡
施工金額
詳しくはお問合せください
お施主様
H様邸
保証年数
保証はお付けしておりません
【工事内容】
雨漏り修理 防水工事 コーキング
【工事詳細】
使用材料
ウレタン塗膜防水
施工期間
5日間(調査含む)
築年数
12年
平米数
4㎡
施工金額
詳しくはお問合せください
お施主様
H様邸
保証年数
保証はお付けしておりません
雨漏り修防水工事

雨漏り調査

天井と壁の角から雨漏り

 室内の雨漏り箇所です。玄関を入った正面の壁と天井の角部分が雨漏りによって染みが出来ています。

 お問合せのきっかけはこの部分の雨漏りで、雨漏りの原因を特定して止める事をご希望されています。そのためにはどこから雨水が侵入しているのかを特定する必要があります。

雨漏りの原因個所を想定していきます

バルコニーの排水口 笠木と壁の取り合い

 雨漏り箇所の真上はルーフバルコニーになっています。まず先に怪しむところは床の防水部分です。防水層が劣化していてれば雨水が入り込んでしまうため、大量の雨漏りの原因になります。特に雨水を集める排水口部分の劣化は雨漏りに直結してしまう部分です。

 他には立上りの上にかぶせてある笠木と外壁の取り合い部分も怪しいところです。納まりが複雑になればなるほど雨漏りに繋がってしまう事になります。

腰壁の笠木部分 幕板の天端

 また、笠木の下に葺き込んだ雨水も原因になる場合があります。笠木の下の防水処理がしっかりとおこなわれていれば、雨が吹き込んでも問題ありませんが、何も防水処理をしていない建物もあり、その場合は壁の中に雨水が入り込んでしまう事になります。

 また、今回調査した建物では、外壁の1階部分と2階部分を分ける様に設置されている幕板も原因個所と想定しました。

散水試験で原因特定

養生します 天井を剥がして確認

 雨漏りの原因個所を特定するために行うのが散水試験です。

 原因個所と想定した部分に水をかけていき、雨漏りするのかを1カ所ずつ確認していきます。壁と天井の状態があまり良くありませんので、天井の一部を剥がした状態で確認していきます。

散水試験で水をかけます

 想定箇所に水を掛けながら室内で水が出てくるのかを確認していきます。外と中に分かれて2人で行う事が多いのですが、今回は外側にホースを固定して中で確認する方法をとりました。

 床の防水、排水口回り、笠木回り、笠木などに水をかけていきます。

幕板の上に水を掛けます 天井裏から確認

 天井を開けるとグラスウールという断熱材が天井裏と外壁面に入れてありましたが、雨漏りによってびしょびしょになっています。

断熱材が濡れています 雨漏りでビショビショです

 断熱材が雨漏りの雨水を吸ってしまう事で水溜りが壁や天井裏にある状態と同じようになるため、被害が拡大してしまいます。壁部分も下地の一部が雨漏りによって腐食している状態でした。

 原因個所は防水層の裂けめと外壁に設置されていた笠木部分と特定できましたので、雨漏りを止める補修作業にとりかかります。

シール工事と防水工事で雨漏りを止めます

原因個所の補修作業 シール工事

 外壁側の雨漏りの原因になっていた幕板は、コーキング工事で雨水の侵入を防ぎます。幕板の取り付け方法はいろいろあり、外壁の上に張る場合と先に幕板を取り付けてから外壁を収める場合があり、先付けの場合ですと笠木の裏側に回り込んだ雨水がそのまま壁の中に入り込んでしまう事になりますので、大元の侵入経路を塞ぐ必要があります。

防水層の劣化部分 排水溝の防水

 ルーフバルコニーの床部分は、端に排水用の溝があるのですが、一部のシートに裂けめが出来ていましたので、部分的な防水工事をおこなっていきます。

ウレタン防水

 既存の防水の上に部分防水を掛けて雨水が入り込む裂け目を塞ぎました。

 幕板と床の防水の劣化部分の処理を行いましたので、雨漏りを止める事が出来ました。補修工事の後、完全に雨漏りが止まったことを確認するために暫く雨の状況を見ていくことにしました。

雨漏りが止まったので内装の修復工事をおこないます

下地の補強 壁下地を直します

 雨漏りを止める事が出来ましたので、ボロボロになっていた内装の修復作業をおこないます。壁と天井の石膏ボードが雨水を吸ってボロボロになっていたので張り替えるとともに、下地の補強と断熱材を新しく入れ替えていきます。

天井と壁の復旧が完成

 クロスを貼って仕上げたのですが、今後の事を考えて天井には点検口を設置致しました。

 雨漏りが止まりこれで安心できるとお客様にも大変喜んでいただけました。

雨漏り修理30,000円~(消費税・諸経費別) 散水検査30,000円~(消費税・諸経費別)

このページに関連するコンテンツをご紹介

雨漏りの原因を徹底追究、散水検査

雨漏りの原因を徹底追究、散水検査

 このページをご覧頂いているみなさんももしかしたら雨漏りで悩んでいる方もいらっしゃるかもしれません。雨漏りに関しては当社に雨漏り診断のできるアドバイザーが多数在籍しております。今までの経験と日々の研鑽により雨漏りを突き止めることに長けているスタッフが細かい調査をいたします。なぜ散水試験が必要なの?そ…続きを読む
雨漏り修理・雨漏り改修工事は街の屋根やさん東京へ

雨漏り修理・雨漏り改修工事は街の屋根やさん東京へ

※梯子をかけず、高所作業とならない(下屋・陸屋根・屋上・バルコニー)詳細:明らかに破損していたり、穴が開いていたりする箇所に対しコーキングまたは防水テープにて、訪問担当者が即時対応・補修が可能な場合に限る。 皆さんは常に大切なお住まいで雨漏りが起きる事を想像しながら想像して生活している訳ではありませ…続きを読む
ベランダ・バルコニー・陸屋根に必須のメンテナンス、防水工事

ベランダ・バルコニー・陸屋根に必須のメンテナンス、防水工事

 防水工事と聞いてもピンと来られない方も多いと思いますが、具体的にはベランダやバルコニー、屋上(陸屋根)などからの漏水を防ぐための工事がそれにあたります。ご存知のとおり、水分は建物の大敵です。建物内部に浸入してしまうと、木造では大事な柱や梁を腐食させていきます。鉄骨でも骨組みにサビを生じさせ、強度を…続きを読む
街の屋根やさん多摩川
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒182-0025
        東京都調布市多摩川3-68-1
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん多摩川支店のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      世田谷区喜多見で雨漏りの原因になっているトップライトの交換と一緒に葺き替え工事

      【施工内容】

      スレート屋根工事、屋根葺き替え、雨漏り修理、天窓工事

      西東京市富士町で下地が腐食しているバルコニーの床を下地から直して防水工事

      【施工内容】

      防水工事

      文京区千駄木にてスレート屋根のトップライトから雨漏り発生、トップライトの撤去工事と屋根部分葺き替え工事にて解消

      【施工内容】

      スレート屋根葺き替え工事、雨漏り修理

      その他の施工事例一覧→

      八王子市と近隣地区の施工事例のご紹介

      町田市鶴川で雨漏りでボロボロな庇を下地から作り直しました

      【施工内容】

      雨漏り修理、庇工事

      八王子市犬目町で浮いてしまった棟板金を該当箇所のみ交換工事を行いました

      【施工内容】

      屋根補修工事、棟板金交換

      日野市新井で雨漏りしている平屋の建物はスーパーガルテクトへの葺き替え工事で直します

      【施工内容】

      屋根葺き替え

      その他の施工事例一覧→

      屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

      お問い合わせ・資料請求
      新型コロナウィルス
      対策について
      オンラインでの無料相談・ご提案について
      • 屋根リフォームの流れ
      • 徹底したお住まい調査
      • 不安ゼロ宣

言
      • 屋根のお役立ち情報
      • 当社のご案内
      • 屋根の資料請求

      点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

      株式会社シェアテック
      街の屋根やさん東京
      東東京支店
      〒132-0023
      東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
      TEL :0120-989-936 
      E-mail : info@sharetech.co.jp
      品川支店
      〒141-0031
      東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
      多摩川支店
      〒182-0025
      東京都調布市多摩川3-68-1
      Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
      ページトップへ戻る