無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 武蔵野市吉祥寺本町で割れて雨漏りしたサンルームの屋根を新しい.....

武蔵野市吉祥寺本町で割れて雨漏りしたサンルームの屋根を新しいポリカーボネートで交換工事

【施工前】

【施工後】

【お問い合わせのきっかけ】


担当:高田


 武蔵野市吉祥寺本町にお住まいのN様より、サンルームの屋根から雨漏りをしているので点検・見積を依頼したいとご相談をいただいたことが今回の工事のキッカケでした。

 現地にお伺いして状態を確認すると、アルミのフレームにポリカーボネートの板が屋根として取り付けられており、経年劣化の影響でヒビなどが多数入っている状況でした。最大の原因としてはフレームとポリカーボネートとの取り合いに使われているパッキン及びコーキングの劣化が考えられる状態でした。コーキングなどは基本的に7~8年で劣化するものですが、今回のサンルームは取り付けされてから少なくとも10年以上の月日が流れており、フレームを残して全体的な交換が必要な状態でした。

 使われているポリカーボネートの板は製品出荷時に標準で取り付けられていた板であり、製品そのものが廃盤品となっていることから板の取り寄せなども難しい状況でした。全く同じものは手に入らない状況でしたが、サイズの合う板を新しく取り寄せることは可能です。ポリカーボネートの板は標準規格のサイズは基本的にないためサイズを合わせての特注となります。板の価格も高くなりますが、その点は致し方ありません。

 今回の板は軒先が大きく湾曲している造りをしていましたが、ポリカーボネートの板は非常に丈夫な素材なので、手で同じような角度に曲げて取り付けることができます。板の厚みをさらに厚くしたいなどの要望があれば、熱加工であらかじめ湾曲の加工をすることもできますが、今回は手で曲げて納める方向性となりました。

 無事に工事が完了し、綺麗な屋根に生まれ変わりました。お問い合わせのキッカケになった雨漏りも無事に止まり、とても喜んでいただけました。
 武蔵野市吉祥寺本町にお住まいのN様より、サンルームの屋根から雨漏りをしているので点検・見積を依頼したいとご相談をいただいたことが今回の工事のキッカケでした。

 現地にお伺いして状態を確認すると、アルミのフレームにポリカーボネートの板が屋根として取り付けられており、経年劣化の影響でヒビなどが多数入っている状況でした。最大の原因としてはフレームとポリカーボネートとの取り合いに使われているパッキン及びコーキングの劣化が考えられる状態でした。コーキングなどは基本的に7~8年で劣化するものですが、今回のサンルームは取り付けされてから少なくとも10年以上の月日が流れており、フレームを残して全体的な交換が必要な状態でした。

 使われているポリカーボネートの板は製品出荷時に標準で取り付けられていた板であり、製品そのものが廃盤品となっていることから板の取り寄せなども難しい状況でした。全く同じものは手に入らない状況でしたが、サイズの合う板を新しく取り寄せることは可能です。ポリカーボネートの板は標準規格のサイズは基本的にないためサイズを合わせての特注となります。板の価格も高くなりますが、その点は致し方ありません。

 今回の板は軒先が大きく湾曲している造りをしていましたが、ポリカーボネートの板は非常に丈夫な素材なので、手で同じような角度に曲げて取り付けることができます。板の厚みをさらに厚くしたいなどの要望があれば、熱加工であらかじめ湾曲の加工をすることもできますが、今回は手で曲げて納める方向性となりました。

 無事に工事が完了し、綺麗な屋根に生まれ変わりました。お問い合わせのキッカケになった雨漏りも無事に止まり、とても喜んでいただけました。


担当:高田


【工事内容】
その他の工事 ポリカ板交換工事
【工事詳細】
使用材料
住友ベークライト スモークブラウン
施工期間
1日
築年数
18年
平米数
5㎡
施工金額
お問い合わせください
お施主様
N様邸
ハウスメーカー
ハウスメーカー不明
保証年数
保証は付けておりません
【工事内容】
その他の工事 ポリカ板交換工事
【工事詳細】
使用材料
住友ベークライト スモークブラウン
施工期間
1日
築年数
18年
平米数
5㎡
施工金額
お問い合わせください
お施主様
N様邸
ハウスメーカー
ハウスメーカー不明
保証年数
保証は付けておりません

サンルームの屋根のポリカーボネートの板が劣化してしまった

傷んだポリカ板の屋根

 武蔵野市吉祥寺本町にお住まいのN様より、サンルームの屋根が劣化して雨漏りを起こしているので調査・見積をお願いしたいとのお問合せをいただいたことが今回の工事のキッカケでした。メーカーは不二サッシのもので、設置してから10年以上が経っているということもあり本体は既に廃盤品となっていました。フレームを交換することはできませんが、ポリカーボネートの板だけであれば交換ができます。ただし、全く同じものはメーカーさんの方でも取り扱っていないので、板のみをポリカーボネートの板を製造しているメーカーさんに発注して取り寄せる必要があります。また、サイズも合わせるため特注となってしまい費用はそれなりにかかってしまいます。しかしながらサンルームごと交換する工事に比べれば安く工事ができるため、今回はポリカーボネートの板のみを交換する方向性でお話をさせていただきました。

パッキンが劣化し、本体にもヒビが目立っていた

折れ曲がった造りのポリカ ご自身での養生

 経年劣化の影響でポリカーボネートにヒビが入り、雨漏りを起こしている状態でした。また、フレーム回りのパッキンが劣化してボロボロになっており、そこからも雨漏りを起こしていました。養生テープでの応急処置はN様がご自身で対応されたとのことでしたが、養生テープは長期間養生できるものではないため一時的な対策になってしまいます。太陽光にも弱く、長期的に貼り続けたことで溶けてくっ付いてしまうという問題も起こってきます。台風対策で貼られる方もいらっしゃると思いますが、貼り続けることはできれば避けていただきたいです。

既存のポリカーボネートを撤去

既存ポリカ撤去 撤去したポリカ

 今回は1階の作業ということもあり、足場は組まずに作業いたします。まずは既存のポリカーボネートを撤去していきます。劣化していたこともあり、取り外す際に力を入れたら簡単に割れてしまいました。この状態ではひび割れをコーキングなどで補修したとしてもいたちごっこになってしまっていたでしょう。既存の板はフレームの中に埋め込まれているため、外から見えている寸法と、実際に取り出した際の寸法は異なっています。ポリカーボネートの板は全サイズが特注品となるため、サイズを間違ってしまうと取り返しがつきません。そのため、外から見えている寸法に幾分の余裕を持たせて大き目に発注し、大きすぎた場合は現地て少しカットして施工していきます。このような事前の対策と計画が大事です。

サイズを合わせて発注した新しい板をはめ込んでいく

新しいポリカの装着 湾曲したポリカ

 撤去が済んだら新しい板をはめていきます。今回は住友ベークライトのスモークブラウンというポリカーボネートを使います。元々の板はブラウン寄りのクリアータイプでしたが、クリアータイプは外から中が見えてしまうため、目隠しをしたい場合はスモークタイプのポリカーボネートがオススメです。また、今回選んだ板は遮熱性能が追加されたポリカーボネートとなっております。もともと、サンルームの気温が高くなりがちとのご不満があり、遮熱のシートを後から貼ることができますかとご質問をいただいていました。あとから貼ることも可能ですが、張り付けるために施工費がかかるよりは、あらかじめ遮熱タイプの素材を選んで工事すればいっぺんに希望が叶うためおススメです。もちろん素材の費用はそのぶん高くなりますが、あとからシートを張るよりも確実で見栄えもよく安く工事することが可能です。

 先端が大きく湾曲している造りをしていますが、ポリカーボネートは非常に頑丈な素材であるため、手でカーブに沿うように押し付けて止めることでカーブの通りに曲がります。そのほかにも曲げる場合は熱加工といって、ヒートガンという強力なドライヤーのような道具を使って熱で折り曲げる方法があります。これは均一に曲げることが難しいため別注となってしまうのですが、よほどの場合でなければ今回のようにポリカーボネートの曲がる範囲で施工することが多いです。

取り合いの部分にはコーキングで防水処理

取り合いのコーキング コーキング作業

 板を取り替えた後はフレームとポリカーボネートの板との取り合いにコーキングを打っていきます。外壁にコーキングをする際はのちの塗装のことも考えて変性シリコンのコーキング材を使いますが、今回のように塗装の必要がない部分には通常のシリコン製のコーキング材を使っていきます。コーキングを打つ前には下地処理としてプライマーと言われる液体を塗布します。プライマーは接着剤をよりくっつきやすくするために使われる液体ですが、これをコーキング材を打つ前に塗布することでコーキング箇所との密着性を良くして、隙間が生じることを防ぐことができるとともに、その後のコーキングの持ちを良くするという効果が見込めます。コーキング材の耐用年数は一般的に7~8年となっているので、耐用年数分をしっかり持たせるために下地処理は重要な工程です。透明の液体であるため塗ったかどうかの判断が付かず、業者さんによっては塗らないという業者さんもいるので、ちゃんとした施工がされているか確認した方がよい項目の一つです。

プライマー 

 周りに貼っている緑のテープは養生用のマスキングテープで、コーキングを打つ前に貼り付けます。コーキングはドロドロとしているので、打った後に形が崩れることも珍しくありません。そのためこのようにマスキングテープで余分な部分を養生することで、コーキングを打った後に外せば綺麗な仕上がりになります。DIYでコーキングを打つ方はよく省略することが多いようですが、ここをしっかりと貼るだけで仕上がりの美しさが全然違うので、マスキングテープは必ず使って作業をしたいところです。

新しい屋根に生まれ変わりました

ポリカ板交換完成

 コーキング作業も無事に終了し、新しいポリカーボネートの屋根に生まれ変わりました。ボロボロになっていたこともお困りでしたが、今回の施工で雨漏りが止まってN様にも喜んでいただけました。施工前に何社か問い合わせをされたとのことですが、ポリカの曲げる施工に乗り気ではなかったのか、弊社以外の業者さんからは断られてしまったとのことでした。無事に工事を終えることができて本当に良かったです。

私たち街の屋根やさんでは、新型コロナウィルスへの感染対策としてマスクの着用や手指の消毒を徹底して実施しております。お問い合わせの際はご安心していただければ幸いです。

 記事内に記載されている金額は2021年05月28日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。

このページに関連するコンテンツをご紹介

お客様に最高のリフォームを届けるための街の屋根やさんの10のお約束

お客様に最高のリフォームを届けるための街の屋根やさんの10のお約束

 街の屋根やさんではお客様に対して私達の基本姿勢を表明するために10のお約束を定めています。このお約束はお客様が私達に対して安心して工事を頼めることと満足度の向上を目指して策定いたしました。 また、工事中、お気遣いなく普段通り過ごせるようにマイスター制度も実施しております。 【…続きを読む
知ってお得!屋根の便利な豆知識

知ってお得!屋根の便利な豆知識

 普段に何気なく眺めている屋根ですが、近所のお住まいを見渡しただけでも、様々な形、様々な材料が使われていることが分かと思います。 また、グーグルアースなどでは世界中の屋根を眺めることができます。素敵なデザインのものもあれば、ユニークでかわいらしいものもあります。屋根の勾配とデザイン屋根の勾配が緩やか…続きを読む
街の屋根やさん多摩川
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒182-0025
        東京都調布市多摩川3-68-1
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん多摩川支店のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 神奈川県 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      世田谷区八幡山でマンション廊下の長尺シート張替え工事

      【施工内容】

      その他の工事

      国分寺市東元町にて棟板金の補修工事を行わせていただきました

      【施工内容】

      その他の工事

      狛江市東野川で劣化して雨漏りしているカーポートの波板をポリカーボネートで張替え工事しました

      【施工内容】

      その他の工事

      その他の施工事例一覧→

      武蔵野市と近隣地区の施工事例のご紹介

      武蔵野市吉祥寺本町にてスレートからスーパーガルテクトへの屋根の葺き替え工事を行わせていただきました

      【施工内容】

      スレート屋根工事

      練馬区上石神井にて、経年劣化による反りや剥がれが生じたパミール屋根をスーパーガルテクトで屋根カバー工事

      【施工内容】

      屋根カバー工法

      三鷹市牟礼にて飛散した棟板金の交換工事を行わせていただきました

      【施工内容】

      棟板金交換

      その他の施工事例一覧→

      屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

      お問い合わせ・資料請求
      新型コロナウィルス
      対策について
      オンラインでの無料相談・ご提案について
      • 屋根リフォームの流れ
      • 徹底したお住まい調査
      • 不安ゼロ宣

言
      • 屋根のお役立ち情報
      • 当社のご案内
      • 屋根の資料請求
      点検・調査・お見積りなど無料で承ります!お電話でのお問い合わせは0120-989-936へ。8時半から20時まで受付中!メールでのお問合せは24時間受付中。

      点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

      株式会社シェアテック
      街の屋根やさん東京
      東東京支店
      〒132-0023
      東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
      TEL :0120-989-936 
      E-mail : info@sharetech.co.jp
      品川支店
      〒141-0031
      東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
      多摩川支店
      〒182-0025
      東京都調布市多摩川3-68-1
      Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
      ページトップへ戻る