無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 練馬区豊玉上にてウレタン塗膜防水で雨漏りを改善、今後の雨漏り.....

練馬区豊玉上にてウレタン塗膜防水で雨漏りを改善、今後の雨漏り防止として外壁タイルの目地シーリング補修も実施

【施工前】
シート防水からの雨漏り

【施工後】
ウレタン塗膜防水での雨漏り修繕

【お問い合わせのきっかけ】


担当:富田


 練馬区豊玉上にお住まいのお客様より雨漏り補修に関してのご相談をいただきました。以前他の業者様にも調査をしてもらっていたようですが、念のためいくつかの業者に確認したいということでした。
 今回調査を行ったところ、陸屋根のシート防水が剥がれ排水も著しく悪くなっている状態でした。また今回の雨漏りとは無関係ですが、タイル外壁の目地にも劣化が見られ、早めの補修がオススメという状態でした。
 雨漏りの原因と今後しておくべきメンテナンスについてご説明したところ、一度にまとめて補修をしておきたいという事で工事のご依頼を頂きました。今後長く安心して生活できるよう、屋上防水・屋根塗装・タイル目地の打ち替え補修をまとめて行いました。
 練馬区豊玉上にお住まいのお客様より雨漏り補修に関してのご相談をいただきました。以前他の業者様にも調査をしてもらっていたようですが、念のためいくつかの業者に確認したいということでした。
 今回調査を行ったところ、陸屋根のシート防水が剥がれ排水も著しく悪くなっている状態でした。また今回の雨漏りとは無関係ですが、タイル外壁の目地にも劣化が見られ、早めの補修がオススメという状態でした。
 雨漏りの原因と今後しておくべきメンテナンスについてご説明したところ、一度にまとめて補修をしておきたいという事で工事のご依頼を頂きました。今後長く安心して生活できるよう、屋上防水・屋根塗装・タイル目地の打ち替え補修をまとめて行いました。


担当:富田


【工事内容】
防水工事 屋根塗装
【工事詳細】
使用材料
防水:DSカラー・ゼロ 屋根:サーモアイSi(クールライトグレー)
築年数
築17年
平米数
防水10.2㎡ 屋根47.5㎡
施工金額
詳しくはお問い合わせください
保証年数
8年
【工事内容】
防水工事 屋根塗装
【工事詳細】
使用材料
防水:DSカラー・ゼロ 屋根:サーモアイSi(クールライトグレー)
築年数
築17年
平米数
防水10.2㎡ 屋根47.5㎡
施工金額
詳しくはお問い合わせください
保証年数
8年
足場アイコン屋根足場アイコン3階建て屋根塗装防水工事

築17年3階建て住宅での雨漏り

練馬区豊玉上のお住まい タイル外壁

 調査にお伺いしたのは練馬区豊玉上の築17年になる3階建て住宅です。近年窯業系サイディングが多い中、タイル外壁で仕上げられた大きなお住まいです。

 外壁タイルは特にマンションやアパート、ビルにも多く採用されていますが、その特徴はなんといっても高級感です。窯業系サイディングやモルタルは温かみが感じる一方、外壁タイルは重厚感あふれる仕上がりになります。タイルは吸水性が非常に低く高耐久ですので、長期にわたってメンテナンスが簡単です。イニシャルコストは高くなりますが、10年、20年と年月が経つほどにタイルの良さが身にしみてわかるかと思います。

タイルの目地劣化

 外壁タイルは塗装の必要性がありませんが、全くメンテナンスが必要ないという訳ではありません。特に注意いただきたいのが目地です。タイルのような硬い素材をそのまま隙間なく貼っていくと、建物の揺れに追従できず割れてしまうことがあります。そのような事がないよう目地と呼ばれる隙間を作り柔軟性の高いシーリング等で埋めています。しかしシーリング材自体の耐久性はそれほど高くなく時には5年程度でひび割れや亀裂を起こしてしまうことがあり、雨水浸入やタイルの剥落に繋がる事もあります。また同じようにタイルを接着させているセメントの割れにも注意です。一つ一つの素材は高耐久ですが、建物の揺れや飛来物による破損等で被害が生じる可能性も十分にありますので、定期的な点検は心がけましょう。

室内への雨漏り シート防水

 今回のお悩みは雨漏りです。3階室内の上部から雨水が浸入してしまい、クロスの剥がれに繋がってしまったようです。状態を見る限り数日で起きた雨漏りではなく数か月単位での雨漏りかと思います。

 実は雨漏りにも2パターンあり、発生直後に気付ける雨漏りの場合は比較的軽微な被害で抑えられますが、気づきにくい雨漏りの場合は下地木材が腐食したりクロスやボードが剥がれて初めて気づくという事があります。これは普段チェックしていても構造内部を雨水が通っていると発見は非常に難しく、被害が大きくなってしまいがちです。

 私たち街の屋根やさんが調査を行う前にも他の業者様に見て頂いたそうです。お客様は以前、屋上に落ち葉が溜まるという事で清掃のための階段を取り付けたようです。他の業者様に確認いただいた際にはその階段の取り付け部から漏水を起こしているのだろうと指摘を受けたようですが、念のためもう一社と私たち街の屋根やさんへ相談をいただきました。

排水ドレン周辺の剥がれたシート防水

 屋上(陸屋根)はシート防水が施工されていましたが、しばらく防水メンテナンス等はされていないようです。陸屋根に簡単に出入りできるお住まいもありますが、今回のように階段で上り下りするのは億劫でなかなかこまめな点検が出来なかったと思います。
 排水溝部分には土が溜まり排水が滞ったことから更に土や枝が堆積し、まともに水が流れない状態にまでなってしまっていました。シート端部も剥がれてしまったのか、隙間から苔が繁殖して出てきている様です。これではシート下部に雨水が入り込んでしまい、雨漏りに発展しても仕方ありません。

ゴミが溜まった排水 急勾配の傷んだ屋根材

 排水溝がここまで埋まってしまうと降雨時にはプールになってしまっていた事でしょう。状態としてはひどいように感じる方もいらっしゃると思いますが、陸屋根はこのような状態になってしまうことがしばしばです。というのもやはりほとんど勾配がなく、排水口にも限りがある他、箱形の形状だからごみが溜まりやすいです。定期的なメンテナンスをされていても詰まりが起こることもありますので、頻繁な点検が必要不可欠です。

ご提案内容

 今回の課題はまず雨漏り修理です。内装の補修を行おうにも雨漏りを補修しなければいけません。また点検時に確認したスレート屋根も経年による塗膜の劣化が確認できました。化粧スレートはセメントが主原料の為、塗膜が劣化すると吸水しやすくなり、乾燥・吸水を繰り返すことで浮きや反りを起こします。正常でない状態が続くことで割れやすく雨漏りを起こすリスクも高まりますので、定期的な塗装メンテナンスが必要です。今回タイル目地の打ち替え補修も同時に行うために足場も仮設しますので、この機会に屋根塗装もご提案させて頂きました。
 再度足場を架設する費用面や近隣への配慮等をご確認いただき、工事のご依頼を頂きましたので早速着工いたしました。
 

品目 数量 単位 単価 金額 備考
仮設工事       225,275
作業用足場架け払い 259.2 架㎡ 600 155,200
養生用メッシュシート 259.2 架㎡ 150 38,880  
急勾配屋根足場 47.5 架㎡ 650 30,875  
屋上防水工事       306,000
既存シート撤去処分 1 35,000
洗浄・接着剤除去 1 32,500
下地調整剤塗布 1 25,000
改修用ドレン 1 カショ 33,500 33,500
ウレタン塗膜防水 1 130,000
笠木脱着 1 50,000
屋根塗装工事       149,625
高圧洗浄 47.5 150 7,125 13~15MPa
下塗り 47.5 850 40,375
中塗り・上塗り 47.5 2,150 102,125
外壁改修工事       250,100
外壁タイル目地打ち替え 126.0 m 1,350 170,100
軒天・雨樋・他鉄部塗装 1 80,000
           
           

陸屋根防水工事

足場仮設 屋上への材料荷揚げ

 工事に着手するにあたってまずは足場の仮設を行いました。屋根塗装工事の際に塗料や水の飛散も考えられることからメッシュシートは取り付けますが、風に煽られやすいことから不要時にはメッシュシートをたたんでいます。

シート防水撤去 下地プライマー塗布

 防水工事です。まずは既存の捲れてしまっているシート防水を撤去していきます。既存のシート防水の上に新規防水層を形成する方法もありますが、剥がれや捲れがみられる場合は新規防水層に悪影響を及ぼす可能性があるため、撤去してしまった方が後々が安心です。シート防水には接着剤が使用されており下地にも付着していますので、綺麗に除去・洗浄を行い下地を綺麗に整えます。この際に笠木板金も取り外し笠木下地も防水処理を行うように進めていきます。
 下地処理後まずは樹脂モルタルで下地を平滑に均し、プライマーで密着力を高めます。ゴミが溜まっていた排水口は内部が劣化し漏水を起こす危険があることから、改修用ドレンと呼ばれる一回り小さいドレンを差し込み、内部までカバーを行います。排水口が一回り小さくなるという事は、場合によって排水が間に合わない、水が溜まりやすい状況を引き起こす可能性もあるため、現状に問題がないのか他の補修方法が適しているのかを確認していきます。

改修用ドレン取り付け ウレタン塗膜防水工事

 もちろん改修用ドレンと下地の間からも雨水が入り込まないようコーキング材での防水処理を施します。その後、いよいよウレタン塗膜防水を行います。立ち上がりからムラなく厚みを変えることなく平滑な防水層を形成していきます。ウレタン塗膜防水は屋根や外壁の塗料よりも厚膜に仕上がりますが乾燥に時間がかかります。1層目・2層目の間に充分な乾燥時間を置いて十分な厚みの防水層を形成していきます。

ウレタン塗膜防水工事完了

防水工事完了

屋根塗装工事

高圧洗浄 下塗り作業

 続いては屋根塗装工事です。屋根といっても外壁といってもおかしくないくらい立つことができない急勾配屋根です。そのため手が届く場所は上から高圧洗浄を行い、下に行くにつれ屋根足場を使いながら洗浄を進めていきます。塗膜が傷んでしまった屋根材は特に吸水し苔や藻の付着も著しくなっています。しっかり高圧洗浄で付着しているものを落とし塗装までに屋根材を乾燥させます。
 乾燥後に屋根材が白くなってしまったというお住まいは非常に多いのですが、白く見えているのが素地で塗膜保護がされていない部分になります。
塗膜保護がされていない=苔や藻が付着する⇒洗浄後に素地が現れるのは当然ですので、苔や藻の付着が目立ち始めたら塗装を検討しましょう。

急勾配屋根の施工 中塗り塗装

 屋根塗装にかかわらず塗装の基本は3回塗りです。下塗りで塗料の密着性を高めたり素地の補修を行い、中塗り・上塗りで塗膜保護を行い美観を整えます。その中でチェックしておきたいポイントとして、下塗りと仕上げ塗料の相性が挙げられます。
 通常塗料は下塗りや仕上げ塗料セットで製造されるか、同メーカーで相性の良い塗料を組み合わせます。その為セットの下塗り塗料を使わないにしても同メーカーの塗料を使用したほうがオススメです。今回使用したのは日本ペイントのサーモアイSi(クールライトグレー)です。下塗りはセットのサーモアイシーラーですが、セットで使用することで高い遮熱機能を発揮する塗料です。
 様々な遮熱塗料もありますが、サーモアイは仕上げ塗料では反射しきれない熱を下塗り塗料でも反射し遮熱効果を高める効果があります。

屋根塗装工事完了

屋根塗装工事完了

 クールライトグレーは全日射反射率54.0%、近赤外線日射率77.3%と高い効果を持ちます。サーモアイは全40色ですが、白に近ければ近いほど高い遮熱効果を発揮します。もちろん遮熱塗料に限らず白に近い色の方が遮熱効果が高いのですが、遮熱塗料は更に高い性能を発揮することが可能です。

シーリング撤去 プライマー塗布

 続いて外壁タイルの目地補修です。目地部分に打設されているシーリング材は日々劣化し続けています。傷んでしまったシーリング材は剥がれる恐れもあるため、補修前に取り除いておきます。その後プライマーを塗り打設するシーリング材の密着性を高めます。

シーリング打設 目地シーリング補修工事

 その後新規シーリング材を打設し奥まで充填するようコテで押えていきます。ある程度乾いたところで養生の為のマスキングテープを剥がし工事は完了です。
 すべての工事完了後最終チェックを行い足場の解体、周辺の清掃を行い工事は完了です。今回の工事によって雨漏りも改善、今後起こりうる雨漏りも防止することができました。

 記事内に記載されている金額は2021年05月13日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。
屋根塗装348,000円~(消費税・諸経費別)

このページに関連するコンテンツをご紹介

ウレタン防水とは?メリット・デメリットとバルコニー・ベランダや陸屋根(屋上)への施工工程

ウレタン防水とは?メリット・デメリットとバルコニー・ベランダや陸屋根(屋上)への施工工程

 バルコニーやベランダ、陸屋根(屋上)への防水対策として現在最も一般的なのが、ウレタン防水です。  「ベランダにウレタン防水をすすめられたけれどどんな工事なの?」  「ウレタン防水の耐久性は?見積りをもらったけれど費用は妥当?」  「他の防水方法と比べてどうなの?」 とお悩みではありませんか?  …続きを読む
屋根工事と雨漏り補修に必要なシーリングやコーキングの種類と使用法

屋根工事と雨漏り補修に必要なシーリングやコーキングの種類と使用法

 一般的な戸建て住宅だけでなく、ビルなどの建物においてもさまざまな箇所に使われているのがコーキング剤やシーリング材と呼ばれる充填剤です。容器に入っている時は半固体状の粘弾性を持ち、乾燥して固まるとゴムのような弾性を持つ物質になります。主に建築資材と資材の隙間に充填され、それらの接触による破損を防ぐ…続きを読む

このページに関連する漫画コンテンツ動画をご紹介

漫画で読むならコチラ

動画で見るならコチラ

街の屋根やさん東京
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒132-0023
        東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん東東京支店のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 神奈川県 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      立川市柴崎町でフクレが出たバルコニーのウレタン塗膜防水工事

      【施工内容】

      防水工事

      青梅市新町でRC造の2階建て屋上をウレタン通気緩衝工法で防水工事

      【施工内容】

      防水工事

      立川市錦町で割れてしまったバルコニーの床をウレタン防水工事でメンテナンス

      【施工内容】

      防水工事

      その他の施工事例一覧→

      練馬区と近隣地区の施工事例のご紹介

      練馬区上石神井にて、経年劣化による反りや剥がれが生じたパミール屋根をスーパーガルテクトで屋根カバー工事

      【施工内容】

      屋根カバー工法

      板橋区加賀にて棟板金に釘の浮きや錆が発生、下地材に樹脂製貫板を使用した棟板金交換工事を実施

      【施工内容】

      棟板金交換

      練馬区高松にてスレートから石粒付き金属屋根への葺き替え工事を行いました

      【施工内容】

      スレート屋根工事

      その他の施工事例一覧→

      屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

      お問い合わせ・資料請求
      新型コロナウィルス
      対策について
      オンラインでの無料相談・ご提案について
      • 屋根リフォームの流れ
      • 徹底したお住まい調査
      • 不安ゼロ宣

言
      • 屋根のお役立ち情報
      • 当社のご案内
      • 屋根の資料請求
      点検・調査・お見積りなど無料で承ります!お電話でのお問い合わせは0120-989-936へ。8時半から20時まで受付中!メールでのお問合せは24時間受付中。

      点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

      株式会社シェアテック
      街の屋根やさん東京
      東東京支店
      〒132-0023
      東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
      TEL :0120-989-936 
      E-mail : info@sharetech.co.jp
      品川支店
      〒141-0031
      東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
      多摩川支店
      〒182-0025
      東京都調布市多摩川3-68-1
      Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
      ページトップへ戻る